オカルト系の物語

スポンサーリンク
オカルト系の物語

行ってはいけない場所『禁足地』なぜ人は惹かれるのか?

テレビなどでも怪談特集が組まれるような季節になってきた。オカルト的恐怖とは別に、思わず畏怖の念を感じる場所、それが「禁足地」(足を踏み入れてはいけない場所)だ。 これらは果たしてどんなものなのか。具体的にどこが該当するのだろうか…。 ...
オカルト系の物語

【画像】日本の最恐心霊スポット5選&体験談

とても暑い今年の夏。肝試しにでも行って、涼しい気分を味わうのものいいだろう。 そこで、“行ってはいけない”と言われる、5つの“最恐スポット”を紹介する。 雄別炭鉱(北海道) 住所:北海道釧路市阿寒町雄別22線道道667号線(釧...
オカルト系の物語

【過去か未来か】タイムトラベル出来るとしたらどこに行く?何をしたい?【ネットの声まとめ】

誰しも一度は、タイムトラベルをしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。 過去に行って自分が生きていなかった時代に行ってみるのもよし、未来に行って将来の自分がどんなことをしているのか見てみるのもよしと、妄想は膨らみますよね...
スポンサーリンク
オカルト系の物語

【感染者ゼロの岩手県】「六芒星」が新型コロナから県民を守っている?一関で噂広がる…「いにしえから疫病とは無縁の地域」

新型コロナウイルスの感染者が、全国で唯一確認されていない岩手県。 その理由を巡り、南の玄関口の一関地方でまことしやかなうわさが広がる。 「世界遺産・中尊寺周辺にある『六芒星(ろくぼうせい)』の結界=?=がいにしえより地域を守って...
オカルト系の物語

【うつろ舟】当時の茨城県民「なんか海岸に円い乗り物が出たっぺよ。中っから美女が出てきたけど言葉通じねんだコレ」

享和3年(1803年)、常陸(ひたち)国(茨城県)の海岸に円盤のような乗り物が漂着し、その中から見慣れぬ服装の美女が箱を抱えて現れた。 言葉は通じず、舟の中には謎の文字が書かれていた―江戸時代のさまざまな文書に記された「常陸国うつろ舟...
オカルト系の物語

意味がわかると怖い話『独り暮らし』

仕事を早めに切り上げて帰ることにした。 今朝、寝坊してしまって慌てて家を出る時に、どうにも玄関の鍵を締め忘れたように思うのだ。電車に飛び乗ってから、ふと不安が頭をもたげて、一日ずっと心配だった。 独り暮らしはこういう時に困る...
オカルト系の物語

【都市伝説】JR中央線の怪『電車に轢かれたはずの人が消える』実在する二つの踏切の謎【みなさんの経験談】

現代都市から失われゆく風景がある。社会や技術の変化により、いつのまにか消えてゆく街中のモチーフ。 例えば「電話ボックス」「給水塔」あるいは昔ながらの「低層団地」などだ。 都市の怪談は、その舞台となった場所のイメージが重要だ。 ...
オカルト系の物語

絶対に出るとされている最恐の幽霊屋敷ベスト3(ヨーロッパ編)

この世には、科学の力でも説明できない不可解な事件が数々存在する・・・・・・。 これからあげるお屋敷は、忌まわしき噂がある、いわゆる“いわくつき物件”。 その家で起きたと言われている恐るべき怪奇現象や心霊体験、ましてや殺人事件のエピソ...
オカルト系の物語

【バルカン半島のノストラダムス】20年前以上に新型コロナを予言していたおばあさんがネット上でぶっ叩かれている

“バルカン半島のノストラダムス”と呼ばれる盲目の予言者、ババ・ヴァンガの生前の“予言”が、オカルトマニアの間で「新型コロナウイルスを的中させた」と話題になっている。 数々の予言を的中させた預言者『ババ・ヴァンガ』 ブルガリアの“国民...
オカルト系の物語

【東日本大震災にまつわる不思議体験】あれから9年「亡き妻から届いた言葉」遺族の心を癒す非科学的な現象

2011年3月11日に発生した東日本大震災。 その死者・行方不明者は、1万9千人以上に及んだ。 あれから9年。未曾有の大震災で突然大切な人を失った人々の心を、絶望の淵から救ったものは何だったのか。 そこには、これまで語られることが...
オカルト系の物語

日本最恐の心霊スポットと言われた「犬鳴村伝説」そのストーリー【みなさんの体験談と見解】

福岡県の山間部「犬鳴峠」には、もう使われなくなった旧道と廃トンネルがある。 かつて、その「旧犬鳴トンネル」のそばに、こんな看板がたてられているとの噂が流れた。 「この先、日本国憲法つうじません」 日本最恐の心霊スポット その...
オカルト系の物語

『実話に基づくホラー映画』の数々…怖いんだけど実際どれくらい事実に忠実なのか【まとめ】

世の中には「実話に基づく」ホラー映画が数多くあるけれど、実際どれくらい事実に忠実なのか興味のあるところ。 実在の人物や実際の経験に基づいたホラー映画を、コスモポリタン アメリカ版からご紹介します。 『ポルターガイスト』(1982年)...
オカルト系の物語

『ムー』40周年!ロズウェルUFO事件、ノストラダムス、アポロ月面着陸疑惑…僕らを魅了し続けるその企画の数々

今年、ミステリー雑誌『ムー』が40周年を迎えた。UFOや古代文明、未確認生物……。同誌は一般的に「オカルト」の一言で片づけられてしまう様々なテーマを、真剣に検証してきた。編集長の三上丈晴氏が、’19年に読者から高支持を得た3大企画を紹介...
オカルト系の物語

7歳男児の葬儀中に『生前大好きだった風船』が涙する母親のもとへ…「ここにいるよ」涙腺崩壊

世の中には科学で解明できない超常現象が起こることがあり、その是非が議論になる。 そんな理解できない現象は人を不安に陥れることもあるが、一方で、勇気づけることもあるようだ。 亡くなった息子の大好きな風船 フィリピンのアルバイ州に...
オカルト系の物語

『人生の最期の7日間』に起きる不思議な現象「中治り現象」「お迎え現象」医師が認める知られざるその正体【みなさんの経験談】

高齢社会がここまで進んだ今、人々の「人生の最期」への関心は、静かに、しかし確実に高まっている。高齢の親と同居する働き盛り世代も多くなり、「臨終」への不安や疑問は、当事者のみならず、その家族にとっても深い関心事になっているからだ。 だが...
スポンサーリンク