オカルト系の物語

スポンサーリンク
オカルト系の物語

【事故物件サイト管理人・大島てる氏が語る】あるオーナーの悲劇「練炭自殺の現場にマンションを建てたら…」

以下、大島てる氏のお話です。 事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」 私は平成17年(2005年)から、事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」を運営しているのですが、こうした仕事をしていると、ときには事故物件のオーナーから「サイ...
オカルト系の物語

【臨死体験】 心霊現象か否か…幽体離脱や花畑…生死をさまよった経験者が語る『ネット上の皆さんの不思議体験』

最新の研究によれば、10人に1人の割合で臨死体験しているという結果が出ました。皆さんはどうですか? 臨死体験にまつわる話は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。魂が体から浮き上がり、そして光に包まれる…などなど。 ...
オカルト系の物語

【ナスカ地上絵】描かれている鳥、3点を特定!周辺に生息しないはずの生物【謎】

北海道大総合博物館などの研究グループは20日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」に描かれた鳥の絵16点を鳥類学の観点から分析し、うち3点をいずれもナスカ周辺に生息しないペリカン類やカギハシハチドリ類と確認したと発表した。地上絵が描か...
オカルト系の物語

「創価学会に一度入ると抜けられない」その理由とは?

公式発表によると、827万世帯が入信している創価学会。人数にすると約2043万人であり、日本人のおよそ16%が学会員ということになる。この数字は入信時に登録する「統監カード」を基にしているが、実際は水増しの可能性が高い。なぜそんなことが...
オカルト系の物語

【平成のオカルトブームを振り返る】なぜあんなものに怯えていたのか…ノストラダムスの予言や人面魚など7選

平成30年の間、さまざまなオカルトブームがあった。 あのときのブームはいったい? 至極の平成オカルト7選 平成を通り過ぎていったオカルトブームの数々。今も記憶に残る事象を取りあげてみます。振り返ってみると、なんで当時はあんなに怯え...
オカルト系の物語

「古代マヤの宇宙飛行士」説がアメリカで再浮上したのはトランプ政権が関係していた

人気ポッドキャスト番組『ジョー・ローガン・エクスペリエンス』の司会者が今年2月、「古代マヤの文明は宇宙から来た人々が築いたもので、7世紀マヤの国王パカル一世の棺には宇宙船に乗る宇宙飛行士の姿が描かれている」という説を紹介し、「主流の考古...
オカルト系の物語

【未確認生物】デザイナー・小山哲さん(56)がヒマラヤで目撃した体長150センチの異形イエティ【UMA】

先日、インド軍が、ヒマラヤの山中で伝説の「雪男(イエティ)」の足跡を発見したと写真付きでツイッターに投稿し、世界中のUMA(未確認生物)ファンが大騒ぎしたことは本紙既報(5月3日発行)の出来事だが、ヒマラヤでイエティと思われる生物を目撃...
オカルト系の物語

【怖い話】堀ちえみさん、家電が次々と壊れる怪奇現象「不思議。ちょっと怖かった」

2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が5日、ブログを更新。ステレオ、テレビなど家電が次々と壊れていく現象が起こり、「ちょっと怖かった」と明かした。 4日夜のブログで「夫が長年愛用していたBOSEのス...
オカルト系の物語

霊能者・宜保愛子さん没後16年「心霊番組」がテレビから消えた理由とは?

かつて日本中にブームを巻き起こした霊能者・宜保愛子さん(享年71)を覚えているだろうか。 今から16年前の2003年5月6日にこの世を去った彼女を偲ぶ人は今なお多い。 1980~90年代にかけて数多くの心霊番組、オカルト番組で活躍し...
スポンサーリンク