オカルト系の物語

スポンサーリンク
オカルト系の物語

『ムー』40周年!ロズウェルUFO事件、ノストラダムス、アポロ月面着陸疑惑…僕らを魅了し続けるその企画の数々

今年、ミステリー雑誌『ムー』が40周年を迎えた。UFOや古代文明、未確認生物……。同誌は一般的に「オカルト」の一言で片づけられてしまう様々なテーマを、真剣に検証してきた。編集長の三上丈晴氏が、’19年に読者から高支持を得た3大企画を紹介...
オカルト系の物語

7歳男児の葬儀中に『生前大好きだった風船』が涙する母親のもとへ…「ここにいるよ」涙腺崩壊

世の中には科学で解明できない超常現象が起こることがあり、その是非が議論になる。 そんな理解できない現象は人を不安に陥れることもあるが、一方で、勇気づけることもあるようだ。 亡くなった息子の大好きな風船 フィリピンのアルバイ州に...
オカルト系の物語

『人生の最期の7日間』に起きる不思議な現象「中治り現象」「お迎え現象」医師が認める知られざるその正体【みなさんの経験談】

高齢社会がここまで進んだ今、人々の「人生の最期」への関心は、静かに、しかし確実に高まっている。高齢の親と同居する働き盛り世代も多くなり、「臨終」への不安や疑問は、当事者のみならず、その家族にとっても深い関心事になっているからだ。 だが...
スポンサーリンク
オカルト系の物語

【怖い話】亡くなった母親が立っていた…みなさんの「この夏ひんやりした出来事」

TOKYO FM「シンクロのシティ」のコーナー「Voice of Tokyo」では、ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。 その声を聴き、リスナーと共に考えるのは...
オカルト系の物語

【昭和都市伝説】口裂け女は、いつ生まれたの?出身はどこ?なぜ瞬く間に日本中に広まったのか?

夏といえば何を連想するだろうか。海?花火?お祭り?バーベキュー?音楽フェス? 考えるだけでワクワクする楽しい催しがたくさん思い浮かぶ。しかし、このうだるような暑さに最もぴったりなものといえば「怪談」ではないだろうか。 「真夏の都市伝説...
オカルト系の物語

【未確認生物】ネッシーの謎がついに解明か?科学調査の結果が来月発表される

「ネッシー」の謎がついに解明されるのか。 英北部スコットランドのネス湖で今なお目撃情報が後を絶たない「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームが大規模な調査を行い、ついに正体を特定したと主張した。その内容は明らか...
オカルト系の物語

【事故物件サイト管理人・大島てる氏が語る】あるオーナーの悲劇「練炭自殺の現場にマンションを建てたら…」

以下、大島てる氏のお話です。 事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」 私は平成17年(2005年)から、事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」を運営しているのですが、こうした仕事をしていると、ときには事故物件のオーナーから「サイ...
オカルト系の物語

【臨死体験】 心霊現象か否か…幽体離脱や花畑…生死をさまよった経験者が語る『ネット上の皆さんの不思議体験』

最新の研究によれば、10人に1人の割合で臨死体験しているという結果が出ました。皆さんはどうですか? 臨死体験にまつわる話は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。魂が体から浮き上がり、そして光に包まれる…などなど。 ...
オカルト系の物語

【ナスカ地上絵】描かれている鳥、3点を特定!周辺に生息しないはずの生物【謎】

北海道大総合博物館などの研究グループは20日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」に描かれた鳥の絵16点を鳥類学の観点から分析し、うち3点をいずれもナスカ周辺に生息しないペリカン類やカギハシハチドリ類と確認したと発表した。地上絵が描か...
オカルト系の物語

「創価学会に一度入ると抜けられない」その理由とは?

公式発表によると、827万世帯が入信している創価学会。人数にすると約2043万人であり、日本人のおよそ16%が学会員ということになる。この数字は入信時に登録する「統監カード」を基にしているが、実際は水増しの可能性が高い。なぜそんなことが...
スポンサーリンク