オカルト系の物語

スポンサーリンク
オカルト系の物語

【怖い話】「卓也君」と「なーちゃん」

京都・蓮久寺の三木大雲住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされている、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。そんな自身の体験から、今回はある保育士から相談を受けた“奇妙な実話”を公開。...
オカルト系の物語

【オーパーツ】数百万年前の古代石の中に複数のボルトを発見!奇石収集家「金属ではない」【中国】

中国南東部江西省萍郷(へいきょう)市で今年の10月1日、ボルトのような物質が埋まっている石英石が見つかった。 石英は数百万年前の古代石とみられ、金属製ではないボルトのような物質は数本埋まっていたという。 ボルト状の物質は、岩の成分と...
オカルト系の物語

【ネットの声まとめ】2ちゃんねる発の都市伝説『きさらぎ駅』を再考する「発祥から16年」実話?創作?投稿者「はすみ」って誰

「きさらぎ駅」という架空の駅――この駅にまつわる怪奇談が10年以上、人々を魅了し続けている。 ことの発端は、2004年に匿名掲示板「2ちゃんねる」(現在は「5ちゃんねる」)のオカルト板「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ...
スポンサーリンク
オカルト系の物語

【謎多き実話】「ハーメルンの笛吹き男」異国の人間に連れ去られた130人の子供たち…なぜ消えた?様々な説【その真実は】

ハーメルンの笛吹き男。 なぜ130人の子供は消えなければならなかったのか… 。 あらすじ 1284年、ネズミの害に悩まされていたハーメルンに、奇妙な「まだら男」がやって来る。このあだ名は、さまざまな色の布をパッチワークした上着を身...
オカルト系の物語

【最新】ネス湖の怪物『ネッシー』10mの怪物を水中超音波で探知、追跡者「存在する最も強力な証拠」

英国内の不思議の一つである「ネス湖の怪物」を探知したという主張が提起された。 6日、英国の新聞ザ・サンなどによると、先月30日、スコットランド・ネス湖でクルーズ船を運航するロナルド・マッケンジー氏(49)の水中超音波探知機に巨大な...
オカルト系の物語

行ってはいけない場所『禁足地』なぜ人は惹かれるのか?

テレビなどでも怪談特集が組まれるような季節になってきた。オカルト的恐怖とは別に、思わず畏怖の念を感じる場所、それが「禁足地」(足を踏み入れてはいけない場所)だ。 これらは果たしてどんなものなのか。具体的にどこが該当するのだろうか…。 ...
オカルト系の物語

【画像】日本の最恐心霊スポット5選&体験談

とても暑い今年の夏。肝試しにでも行って、涼しい気分を味わうのものいいだろう。 そこで、“行ってはいけない”と言われる、5つの“最恐スポット”を紹介する。 雄別炭鉱(北海道) 住所:北海道釧路市阿寒町雄別22線道道667号線(釧...
オカルト系の物語

【過去か未来か】タイムトラベル出来るとしたらどこに行く?何をしたい?【ネットの声まとめ】

誰しも一度は、タイムトラベルをしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。 過去に行って自分が生きていなかった時代に行ってみるのもよし、未来に行って将来の自分がどんなことをしているのか見てみるのもよしと、妄想は膨らみますよね...
オカルト系の物語

【感染者ゼロの岩手県】「六芒星」が新型コロナから県民を守っている?一関で噂広がる…「いにしえから疫病とは無縁の地域」

新型コロナウイルスの感染者が、全国で唯一確認されていない岩手県。 その理由を巡り、南の玄関口の一関地方でまことしやかなうわさが広がる。 「世界遺産・中尊寺周辺にある『六芒星(ろくぼうせい)』の結界=?=がいにしえより地域を守って...
オカルト系の物語

【うつろ舟】当時の茨城県民「なんか海岸に円い乗り物が出たっぺよ。中っから美女が出てきたけど言葉通じねんだコレ」

享和3年(1803年)、常陸(ひたち)国(茨城県)の海岸に円盤のような乗り物が漂着し、その中から見慣れぬ服装の美女が箱を抱えて現れた。 言葉は通じず、舟の中には謎の文字が書かれていた―江戸時代のさまざまな文書に記された「常陸国うつろ舟...
オカルト系の物語

意味がわかると怖い話『独り暮らし』

仕事を早めに切り上げて帰ることにした。 今朝、寝坊してしまって慌てて家を出る時に、どうにも玄関の鍵を締め忘れたように思うのだ。電車に飛び乗ってから、ふと不安が頭をもたげて、一日ずっと心配だった。 独り暮らしはこういう時に困る...
オカルト系の物語

【都市伝説】JR中央線の怪『電車に轢かれたはずの人が消える』実在する二つの踏切の謎【みなさんの経験談】

現代都市から失われゆく風景がある。社会や技術の変化により、いつのまにか消えてゆく街中のモチーフ。 例えば「電話ボックス」「給水塔」あるいは昔ながらの「低層団地」などだ。 都市の怪談は、その舞台となった場所のイメージが重要だ。 ...
オカルト系の物語

絶対に出るとされている最恐の幽霊屋敷ベスト3(ヨーロッパ編)

この世には、科学の力でも説明できない不可解な事件が数々存在する・・・・・・。 これからあげるお屋敷は、忌まわしき噂がある、いわゆる“いわくつき物件”。 その家で起きたと言われている恐るべき怪奇現象や心霊体験、ましてや殺人事件のエピソ...
オカルト系の物語

【バルカン半島のノストラダムス】20年前以上に新型コロナを予言していたおばあさんがネット上でぶっ叩かれている

“バルカン半島のノストラダムス”と呼ばれる盲目の予言者、ババ・ヴァンガの生前の“予言”が、オカルトマニアの間で「新型コロナウイルスを的中させた」と話題になっている。 数々の予言を的中させた預言者『ババ・ヴァンガ』 ブルガリアの“国民...
オカルト系の物語

【東日本大震災にまつわる不思議体験】あれから9年「亡き妻から届いた言葉」遺族の心を癒す非科学的な現象

2011年3月11日に発生した東日本大震災。 その死者・行方不明者は、1万9千人以上に及んだ。 あれから9年。未曾有の大震災で突然大切な人を失った人々の心を、絶望の淵から救ったものは何だったのか。 そこには、これまで語られることが...
スポンサーリンク