【神戸連続児童殺傷事件】酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aの親の現在は?母親「24年、地獄です」対し「両親も怖い」「おかしい」の声

スポンサーリンク
スポンサーリンク


おぞましいあの事件から24年、独善的な手記『絶歌』が世に出てから6年。
今も酒鬼薔薇聖斗こと元少年A(38)は、自分の正体と犯罪衝動を隠しながらどこかに身を潜めている。そんな元少年Aの親は今――。

【1997年5月】元少年A、土師淳君(当時11歳)山下彩花ちゃん(当時10歳)を殺害

「地獄です。24年、地獄です。下の子らも学校をやめないといけないし。普通の、一般家庭が、ですよ……。地獄です、ほんまに」

時折、目に涙を浮かべながら取材に応じた元少年Aの母親は、「地獄」という言葉を繰り返した。しかし、事件によって地獄に突き落とされたのは、彼女だけではない。元少年Aに殺された土師(はせ)淳君(当時11歳)や山下彩花ちゃん(当時10歳)の親もまた、事件以来、出口の見えない地獄を歩き続けてきた。

2人が死亡、3人が重軽傷を負った神戸連続児童殺傷事件。14歳だった元少年Aは、当時から自己顕示欲の塊だった。

神戸市須磨区内の中学校の正門前で淳君の頭部が発見されたのは1997年5月。その口には、酒鬼薔薇聖斗と名乗る人物からの手紙が挟まれていた。

〈さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ ボクは殺しが愉快でたまらない〉

さらに、地元新聞社に送った声明文では自らを“透明な存在”と称して、

〈もっと怒りと執念を持ってぼくを追跡したまえ〉

などと挑発したのだ。

淳君の頭部が発見された約1カ月後に逮捕された元少年Aは関東医療少年院に送られ、2004年3月に仮退院。翌年1月に本退院となり、社会に戻ってきた。



関西の地方都市に住む両親

以降、彼の行方は杳(よう)としてしれず、時折、「あの町に酒鬼薔薇がいるらしい」といった真偽不明の噂が流れるばかりだった。

しかし、社会復帰から10年がたった2015年、事件の「第2幕」が開く。

淳君の頭部を自らが通う中学校の正門前に晒したことについて、〈告白しよう。僕はこの光景を、「美しい」と思った〉などと語る手記『絶歌』を出版。それだけでは自己顕示欲が満たされなかったようで、HPまで開設した。そこには、元少年A本人と思しき覆面姿の半裸写真や、ナメクジのコラージュが掲載されており、彼の「治療」が失敗に終わったことは誰の目にも明らかだった。

そんな元少年Aの両親は現在、関西のある地方都市で暮らしている。オートロックもエレベーターもない、築50年以上の古びたマンション。玄関のドアが開いていたので「すいません」と声をかけてみると、中から出てきたのは、年老いた小柄な女性。彼女こそ、元少年Aをこの世に生み落とした本人である。彼女の名前を確認した後、質問を投げかけようとすると、

「こちらにお入り下さい」

と記者を玄関の中に招じ入れた。近所にあらぬ「噂」がたつのを気にしているのだろう。



【母親談】元少年Aと連絡は?兄弟は?今どこに住んでいる?

――元少年Aと連絡をとっていますか? 

「ないんですけど」

――今、彼はどのような暮らしをしている? 

「わからなくて……」

――ここには来ていない? 

「何も聞いていません」

――今、彼はどこに住んでいる? 

「全然、わからないんですよ。そういうのは弁護士の先生に全面的にお任せしているんで」

――お二人の暮らしぶりは? 

「もう、年金生活ですので。最低限の生活です」

――元少年Aの兄弟はどうしている? 

「生きてます」

――お二人とも? 

「元気にしています」

――ご遺族の土師さんに対しては? 

「死ぬまでに一回は会ってお詫びしたいというのは、弁護士の先生には伝えとるんですけど。直接、お詫びをしない限りはずっと、私は、もう、ずーっと、沈んだままです」

――関東医療少年院を出てからは元少年Aに一度も会っていない? 

「うん、そうですね」

――手紙も来ない? 

「来ません。縁切ったんちゃいます? 私らと」

こうしたやり取りの後、“事件以後はあなたにとってどのような時間だったか”と聞いたところ、母親は冒頭のように「地獄」の2文字を口にしたのだ。

参照元:https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03181056/

みなさんの声

 

名無しさん
地獄??当たり前でしょ?
元少年が普通に生活してるのも良くないよね。
被害者がいるんだぞ。
名無しさん
お詫びしなよ、会ってお詫びしないのは貴女でしょ と言いたい。
何が普通の一般家庭が地獄・・・だよ。
被害者ヅラしないで欲しい。
貴女の育て方が明らかにおかしかったわけでしょ。
名無しさん
名谷に当時住んでいたけれど、普通の、一般家庭が地獄ですってこれは絶対言ってはいけないと思う。謝罪ができれば気持ちが軽くなる様な言い方しない方がいいのに、昔からこんな感じですよね。


名無しさん
会話噛み合ってる?
直接謝罪すれば解放されるみたいな言い方は違和感やな
名無しさん
そこ、私も違和感を感じました。
被害者やご遺族に誠心誠意、謝罪するのではなく自分の気持ちが楽になりたいから、って
名無しさん
この母親、昔からこんな感じですね。
名無しさん
加害者関係者が地獄なら被害者側は?
被害に遭われた親族は地獄なんて言葉じゃ言い表せないのでは?
可愛い盛りのお子さんを、殺害されて24年しか経ってない、インタビューなんかに答えないでそっとしてあげなよ。
謝罪されたって、亡くなった人は戻らない。
下の子は学校を辞めなければって・・・亡くなった子達には学校に行く事すら出来ないのに。
縁切った連絡取ってないって、親の責任最後まで果たしなよ。
名無しさん
うろ覚えですが、少年Aの親ということで、本を出版されましたよね。
その時の記事で、印税の一部を被害者の親御さんに・・・とあり、「一部なんだ・・・この事件で利益を得るのか・・・」と、驚いたことを思い出した。 後に本人も出版、親子ですね。 謝罪にもいかれたことないうえ、被害者意識もおありのようで、親子そろって怖い。


名無しさん
本を出版して印税がっぽり入ったのよね。いかにも苦労してますみたいなフリが不愉快。
名無しさん
印税から被害者に1円も払わずに逃げている奴の話を信じるほど暇じゃない。
名無しさん
私も親とは縁切ってるけど、似たような感じだったな?
お金もらって取材とか平気で受けそう。
名無しさん
タイトル見た瞬間、あぁ、この親にしてこの子あり…と感じました。本当に申し訳ない、謝罪したいと思っていたら、地獄ですなんて言葉、出ないと思います。
絶歌を出版した時点で彼は反省してないことは明白だし、彼を助長した出版社や周りの人間なども、また然り。被害者家族を思いやる気持ちがまるでない。
こんな人間が周りを取り巻いていたら、やはり、加害元少年は一生他人に思いやる気持ちを持たず、反省もせず、もしかしたら、また犯罪を犯すのではないか…と思います。
名無しさん
確か「少年A〜この子を生んで」という手記を出版されてます。
父親は惇くんが行方不明の時点で近所の捜索に協力した後、ゴルフの練習に行ったとか、母親はAが産まれて1ヶ月くらいでトイレトレーニングを始めようした…など、親として落ち度のない自分たちをアピールしてるようで、違和感が強かったことを記憶してます。
加害者の家族として御苦労は多いのでしょうが、被害者に対しての罪悪感より自己憐憫の方が目立つような感覚は現在も変わっていないように感じとれます。


名無しさん
随分前に加害者両親の手記を少し立ち読みした。
自分たちの心配だけ。
下の息子2人の事情聴取の時間が長いとか。
マスコミが騒ぐから2人をどこかに預けなければならない。
離れるのが辛いみたいなこと書いてあった。
今も変わってないみたいだね。
地獄が続いているのは被害者家族だよ。
名無しさん
加害者が出来上がったベースの全てが、この自己中な両親の考え方だと思います。
たぶん、話しても内容の本質が伝わらない相手かなと想像します。
名無しさん
この方は息子を虐待していましたよね。それも原因の一つと思っています。専門家は生育歴と事件の関連について、しっかり検証してほしい。
名無しさん
なぜあんな風に育ってしまったのかが知りたい。
他のご兄弟に罪はない。幸せになっていて欲しい。
ご両親はもっと子どもに興味を持ってあげて欲しい。
何歳になっても子どもなのだから。縁を切ったのはあなたたちでは?
自分たちは謝罪して終わらせたいように見えます。
一緒に背負ってあげて欲しい。
罪を憎んで人を憎まず。そのための刑罰なはずですが、とても許せるものではないでしょう。だからこそ、自分がしたことで家族が苦しんでるのを目の前で見せ続けて欲しい。彼には家族なんてどうでもよかったのかも知れませんけどね。
名無しさん
海外なら犯罪者が出版し儲けたお金はそのまま被害者に渡ることになっている国もあるが、日本はこの有り様だ


名無しさん
この母親の言葉に物凄い違和感があります。
今だに一般家庭と思ってる事に驚きました。
一般家庭の子が殺人なんてしますか?
地獄なのは被害者のご家庭ではないですか?
謝罪しないと沈んだままって、謝罪出来たからって何だというのでしょう。
子育てしていく上で普通が如何に難しいか痛感しました。
伝える事が本当に難しくてもどかしいと感じた事が何度もあります。
子どもに絶縁されたからと言っても親は一生親なのです。
名無しさん
少年法で守った結果がこれ。被害者の遺族、加害者の家族みんな不幸。年齢関係なく、罪は罪で裁いたらいいのに。更正なんて法律を作った人達の偽善でしかない。そんな無駄に時間かけても意味ない。少年であっても人の人生終わらせたら、自分も同様の処罰を受けるべきだと思う。それが最低限の償い。
名無しさん
コンクリート事件については毎日のように思い出していてトラウマになってしまいました。
サカキバラもそうですが、奴らはもっと非道で許せない。
同じく少年法で守られた彼ら。命で償うのは最低限の償いに賛成します。
未成年でもあれだけのことをしでかしたことは「未熟な」人間だからでは済まされないし、過失ではないのだから「いけないこと」は分かっているはず。
あのような輩は年少でも更生出来ないでしょう。
名無しさん
神戸連続児童殺傷事件で調べてみたらいいですが、この少年の異常性は何も変わっていないと思う。それを法律と人権派の弁護士が少年を守り社会に戻した。また何かがきっかけでスイッチが入るかもしれない。国や弁護士は無責任だと思う。この事件で国は少年法自体廃止して、被害者の気持ちにそった刑法に変える必要があったと思う。今からでも遅くないけど。女子高生コンクリートの事件もそうですが、あまりにも被害者がかわいそうに思う。


名無しさん
ここまで人格破綻させてる人にカウンセリングだけで治療出来ると思う方がおかしい。法律的に今のところやりようが無いのでしょうが…。せめて精神病棟に一生閉じ込めて置いて欲しいです。退院したくても退院出来ない人も居て病床数は世界屈指なはずだから。
名無しさん
いや本当に昔なら勘当すれば良かった話で、いまうるさい団体や世間の目があるから簡単には縁を切ることができないから辛いよね。
全部親のせいにされるし親の責任になる。
ぶっちゃけ自分の息子が猟奇殺人するとは夢にも思わないし、どうやって防げば良いのか私にはわからん。
さらに言えば批判ばっかりやし、どうやったらそういう事件をふせげるのか議論せれてないのがすごく気になるし、殺人したら子供でも名前だすべきやと思う。
名無しさん
刑罰で、まず「更生」がくるのに違和感がある。まずは、犯した罪に応じて「罰を受ける事」が先ではないか。罰を受け”その罪を償った(あくまで法律上は、という事であって、被害者に対するしょく罪は一生だと考える)”後に、”更生させる”べきではないかと。それが同時進行だったり、更生が優先されるのには違和感が拭えない。
特に、罪を犯した人間が未成年だった場合は、この傾向が強くなるのにも。刑事罰ではなく、”家裁による保護更生の為の処置”だという事もあるんだろうが、未成年であれ何であれ、「悪い事をすれば罰を受ける」という当たり前の事を無視して更生を優先するのは、もう無理があるのではないか
名無しさん
「性善説」を元に“更正”させる事が先に来る。
誰もが、最初から悪かったワケでは無いと。
しかし、現実として「見込み」の無い人も現れる。そこは仕方無いから割り切って対処しなければ、被害者が報われない事だけは回避しなきゃならないでしょう。


名無しさん
神戸連続児童殺傷事件でwikipedia見たらいいと思いますが、更生がどうとかのレベルじゃないと思う。万引きした少年捕まえて、今は真面目に働いてますならわかるけど。ここまで異常だと他の方が書かれてますがカウンセリングでどうにかなる話ではないと思う。映画のハンニバルとかそういうのイメージするんだが、それを実際に少年がおこなえることに恐怖を感じるし、子供という存在を少年だからと固定観念で見てしまうのは人の甘さだと思う。その甘さでまた悲劇が起こるからいら立つわけで。
名無しさん
法学が、復讐としての刑罰を「野蛮」と気取っているから、やはり刑罰は更正が軸になってしまう。
復讐権を損害賠償と置き換えても、払える人間は少ないから実質性はない。
結局、他人が知らないところで何年か不自由な生活をしようが、被害者は何の得にもならない。
名無しさん
まあ、それ以来、犯罪歴がないなら、一応は更正の効果はあったのだろう。
名無しさん
事件によっては更生とかの問題じゃないんだよね。
社会的に必要無いならそれなりの対処が必要だと思う。
加害者に人権なんて必要無くて良いわ。
名無しさん
「絶歌」を出版させた出版社にも問題あるよね。
確かに話題性はあるから売れるかもしれないけど、会社の評判も下げる 諸刃の剣。
表現の自由 と言う言葉はあるけれど、表に出るだけで不愉快な感情を抱かれる人物なので 止めた方が良かったと思う。


名無しさん
出したのは太田出版だけど、裏で糸を操ったのは幻冬舎の見城徹です。
私は幻冬舎の本は買わないことに決めています。
名無しさん
出版社もですが各書店もうちでは売りません!
って断ってほしかった。
せめて神戸市では売るなよ!と書店に並んでるのを見て腹がたちました。
名無しさん
バトルロワイヤルも太田出版
名無しさん
何となく親も親かなと感じさせるような記事だ。
本人はいくら未成年でも社会に出してはいけなかったね。
次がいつ起きるか不安で怖い存在でしかない。
名無しさん
自分が親になって、息子が殺人を犯かす人間にならない様にと思って育てている。
この事件のあった時代よりゲーム・インターネットが普及して、いくらでも残虐な映像が見られる時代になってしまった。
もっと危ない思考の子どもが増えていると思うし、自分の命すらも軽く考えてる子が多い。
自分の子どもがいつ酒鬼薔薇聖斗になってもおかしくない時代なんだという危機感でいっぱいになる。
人の命・自分の命の大切さ、今の時代の残虐さ、愛情をどのように伝えればそのままに感じ取ってくれるのか。
おかしな親、おかしな教育じゃなくても、アイデンティティが確立するなかでの何か一つでも間違ってはいけない何があったのだろうと思う。
一人の正しい人間を育てることは簡単ではない。


名無しさん
更生する理由を彼は否定しているのでは無いだろうか。更生するのではなく、殺人をしなければ良いと考えていると思う。更生プログラムが失敗と世間に認識されたら少年法は変わる。そのタイミングを彼は虎視眈々と狙っているように思える。
名無しさん
24年間地獄です。仕方ないとは言え、加害者の親だけど、しんどいでしょう。
被害者の親も、それ以上の苦しみです。
まぁ、笑ってるのは、少年法に救われた加害者本人だけです。
この現実がいちばん腹立たしいですね。
名無しさん
関東医療少年院に7年も居たのに矯正も更生も出来ていない。それだけ演技してたのかな。
働いてるなり一応の社会生活は送ってるのだろうか?
もし普通に社会生活送ってるなら屁理屈言ったり、あー言えばこう言うみたいな鼻持ちならない態度で人の事を小バカにしながら接してるんだろうか。自分の職場に居たら堪らないな。
名無しさん
確か当時、愛を知らない家庭で育った為思考が歪んだとして異例の更生プログラムが組まれたんだよな。疑似の親と兄弟役を作って。
実際にはどのような家庭環境だったのだろう。
名無しさん
インタビューの内容を見る限り、現状認識能力や自他の境界線の欠如が母親の言動からは読み取れます。
加害者の青年としても、もはや親と関わる事で却って話が拗れたり、激昂して第二の事件に発展する事が濃厚なので、今後一切関わらない事を弁護士に伝えているのでしょう。


名無しさん
被害者家族にまだ謝罪してない事に驚きました。
被害者の方が、会ってくださらないのかなぁ?
加害者家族が「地獄」……って。
子供が切り刻まれて、殺されて、晒された。
まさに「地獄絵図」とはこう言う事をいいます。
法律的に色々と矛盾や、納得出来ない事もありますが、今更、この記事で、誰も救われないのは事実。
名無しさん
当時、淳君のお父様が書いた手記を読みました。それを踏まえて、この少年Aの親御さんはどの面で何を言っているのか、としか思えません。
名無しさん
息子がなにかを偏愛している傾向にあることに気づかなかった親の責任もあると思う。
多分あの事件を彷彿とさせる類いの書籍 テレビドラマ コミックスなど刺激性の強い何かの影響を好んで、14歳の少年は模倣したのでは無いか。自分を発信できるスマホやpcの類いもレアだった時代だし。
自分の子供の精神的な歪みや違和感にはもっと敏感になるべきだったと思う。
名無しさん
たまに動物虐待の話を聞くと、アノ男かも、と思ってしまいます。兎に角、所在が分からないのですから、間違って何も知らない保護団体が、動物与えてしまう事も有るんです。
こんな酷い事をした男を庇う事で大衆や無実な動物を危険に晒す可能性が有るのですから、この国の法律には納得出来ない。
名無しさん
親と言えども、別の人格を持った人間です。自分の子供がそうなったとしても、恐らく見抜けないだろう。自分の親父も変わった親父でしたが、その影響か、自分の子供と手を繋ぐことすら出来なかった。いくら生計を共に過ごしていてもわからない物は分からない。


名無しさん
地獄は…
被害者家族の方だよ。24年間どころか、これからも続くんだよ。
それを理解した発言ではないね。
もっと自分の息子が犯した罪の大きさをかみしれば、こんな思いが滲み出るわけがないよ。
名無しさん
子供もね、一人の人間なんだよ。人権というものがあるなら大人も子供も同じ権利を有しているのよ。そこに差はないのよ。少年法ってのはそんな人間が誰でも持ってる人権に差を付けてるのよ。逆に言えば子供を人権を持った人間として扱ってないのよ。同じ人間として同じ権利を与えるためにも、少年法ってのは改正しなきゃいけないのよ、本当はね。
名無しさん
加害者側の親の立場や気持ちになっても、被害者側になっても…どちらになっても本当にやるせない。加害者側の親も本当にやるせないね…ここを批判するのは違いますよ。それは加害者側の方の家族は地獄です。本当に辛い思いしてる。それを加害者の親だから当たり前と取るのは違う。そうなってほしいなんて思って育ててない。当時のご両親のコメントやその時の話は本当に悲しいものでした。我が子がそうしてしまったときにどんな思いになるだろうと…やるせないね…
名無しさん
どこまで大人と同じ刑罰を科すのかって事が論点ですかね。
仮に14歳と決めたとして、13歳12ヶ月目の子には死刑がなくて14歳1日目の子には執行するのか。8歳でも人を殺せば無期懲役なんでしょうか。
母親と父親に毒されている可能性がある。
先天的に思考に偏りが出やすい子たちもいるだろうし。
児童自立支援施設にボランティアに行った経験があり、一年半程度の入所で退所の頃にはかなり素直に見えた経験がある。
一個人の私感では厳罰化より退所後も定期的に見てもらえる仕組みがもっと出来れば良い。仕事の面とかでも。


名無しさん
被害者家族の気持ちを思えたなら、地獄という言葉は、例え思っていても使ってはいけないのではないでしょうか。
少なくても、寝れる場所があり、ご飯を食べらて、人と会話が出来る程の気力があるのですから。
私は優しい人間ではありませんので、自分の家族が被害者だったらと思うと、このお母様の言葉に嫌悪感しかありませんでした。
名無しさん
親にも問題があるなんて言われてるけど、私は詳しくは知らない。けど、家族がこんな事件起こしたら、加害者家族だって大変だろう。
だけど、親を責めるコメントって結構あるんですね。謝っても「謝ってスッキリしたいだけだろう」とか、謝らなかったらそれはそれで「反省してない」って言われるだけですよ。いくらでも何してもいい標的が欲しいだけの格好の餌食になるのは気の毒ですね。
名無しさん
少年Aの親って、当時手記を出版して売り上げを被害者の遺族に渡すと言いながら、最終的に受け取って貰えなかったと全額自分達の儲けにしていたんじゃなかったかな。
事件や事故の被害者団体に寄付する選択肢もあったのに。
名無しさん
どんなに苦しんでいようが産んだ親含め許せないだろ。いつだか自分たちの住む近くで暮らしてるとネットに出ていて気が気でなかった。実名もなく普通に暮らしてるんだもん。重罪事件に少年法なんかいらない。
名無しさん
太田出版はテラスハウスにも関わっていたし、金になればなんでもやる会社。


名無しさん
事件を思い出すたびに小さい息子を加害者·被害者にしてはいけないと強く思う
愛情を注ぐ、倫理や常識を教える以外に何をすればいいのか悩む
名無しさん
でもこの母親も、遺族の大反対を押し切って本を出版してたよね?他人の気持ちを顧みない自己顕示欲の強さは親譲りだと思うけど。
名無しさん
被害者に謝罪をしたいと弁護士に伝えているのに、自分の子とは本人が避けていると言い聞かせ、自分らも都合良く関わりを避けているようにしか見えない。親として肉親として、ずっと事件を引きづり、風化させることなく一生をかけて償わせることを本人に言える、やらせるのは肉親の役目では?被害者や残された遺族の方が地獄。
名無しさん
この家庭が普通な訳ないけどな・・・
名無しさん
この子にしてこの親だよね・・・
記事が真実の母親のコメントであれば
母親にも大きな責任がある事すら理解をしていないよね


名無しさん
被害者、加害者にも家族はいて不幸になってるかもしれない。
ある人権団体が彼の入院先を大勢で襲撃した事は世間に触れられないが?
名無しさん
「心にナイフを忍ばせて」を読んだ時も思いましたが少年法ってなんだろう?
なんか自分達も被害者の様な言い分。
「地獄」?被害者からしたら、こいつら何言ってんの?だろう。
加害者の本を読んでないので内容は知らないけど、読む価値のない物だと思う。
名無しさん
もう24年?そんなに経つんですね。こんな凄惨な事件があったんですよね。毎日毎日報道されましたね。未成年が起こした事件、未成年だから起こせた事件?当時繰り返し繰り返し議論されていたようなきがします。地獄というのはわかりますが、その内側はその家族にしかわからない。今どこでどんな暮らしをしているか?わかっているんですよね??親子ですもの、まずそこから息子さんをみてあげてください。お母さんなんですから、もちろんお父さんも。
名無しさん
本当に弱っているのはご遺族の方々です
きちんとした償いをされているのであれば、それを公表なさっては?していればですけど
名無しさん
最悪な結末(事件)にならないように、社会的な専門家が、閉鎖的な思考のある母親、と子供を護らなくてはいけない。
被害者も加害者も救われない


名無しさん
母親もどうだろ?
他人事かよ?
名無しさん
弟君は確か徳島県のN市の中学に通っていた。母親もここが生まれ出里と噂が流れた時期が有った
名無しさん
家庭での教育が悪かったんだろうね。
今時の親達と一緒でしょ。
子供が警察のご厄介にならないようにできるだけ他人に迷惑をかけないように生きる事を教えてないのだろう。
自分の子供なのだから最後まで親が責任もたないと。
成人までなのは金銭面だけで犯罪者になったら教育してきた親の責任。
名無しさん
日本人てちょっとわからない!事件を起こした本人だけに取材に行けばいいじゃない?
名無しさん
ご遺族に謝罪しないで下さい
記憶を蘇らせるだけで遺族は救われません
本人がどこで何をしているかも分からないのが?ですね


名無しさん
親なら産んだ責任とってこの社会の〇〇を何とかしてくれよ…
こんなのが活動的に生活しているなんて恐ろしくて。
名無しさん
謝れば楽になれる、
解放されるみたいなあれだな…
謝罪の場はこの先もないほうがよいな
名無しさん
間違いなくこの母親の育て方があの悪魔を作り上げたのだから地獄だろうが何だろうが受け入れるしかない。
名無しさん
加害者を孤立させて大丈夫なんだろうか不安だなぁ
名無しさん
こんな子供が生まれ育つって、先祖は何したんだよ……どんだけ因縁積んできたんだろ…


名無しさん
この人、外に出ても変わってなかったんだ・・・
精神が変な気がする。怖すぎる。。。
名無しさん
酒鬼薔薇聖斗のような男を社会復帰させる日本の刑法には疑問しか感じない。今からでも遅くはない、裁判をやり直して極刑にしてほしいと思う。
名無しさん
この犯人を未だに元少年Aと記述するのは適当だろうか?
実名で載せるべきでは無いか?
出版までして世間でのうのうと暮らしているのに。
名無しさん
問題は、『少年A』の今の名前を把握している人がいるのかということ。
(事件当時の名前を晒したとしても、意味があるのか疑問)
名無しさん
彼の治療が失敗に終わったみたいな事が書いてあるけど、これだけの凶悪犯罪者の更正に成功した例が逆にあるのかよ?無抵抗な子供を残忍に殺した様な奴に少年法の適用なんてそもそも要らない。悪質過ぎるだろ。日本て調子の良い所は海外を見習ってとか言うくせに、こう言う事には国内法を遵守しろとか言う奴いるよな。こんな凶悪犯罪者は海外なら未成年であっても終身刑か死刑だろ。これらの事例を踏まえた上で少年法の改正は絶対に必要だと思う。東京足立区で女子学生コンクリート殺人も元少年が再犯で捕まってただろうがよ。司法も少しは殺された人の事も考えろ!と思う。


名無しさん
幼い頃から精神障害と診断された子供はいます。親がいくら頑張ってもその子に芽生えた思考はなかなか変えられない。そして大抵彼らは死を口にします。
とても難しい。IQは普通、一見普通の子です。みんなが殺人者になるわけでもないし。成長する過程で気づく親は本当に子供を観察し、注意してる親。でも、なかなか出来ることではないです。
名無しさん
加害者側が地獄なら被害者遺族は地獄以上です。増して『絶歌』なんて本まで出して。被害者遺族は可愛いお子さんを2度殺されたと同じです。加害者の母親は直接会って謝りたいなら何故実行しないのでしょうか?この加害者は本を出版する事自体、更正はできていないと思います。出所させるべきではなかったでしょう。
名無しさん
少年法は要らない。
こと殺人等の凶悪犯罪には実名報道は必要。
特に精神的に支配欲、自己顕示欲が強い奴の殺人は時効も要らない。
少年法で守って、未だに反省もなくこの世の中に普通に生活されてると思うと恐ろしくてかなわない。
いい加減、少年法は撤廃するべき。
名無しさん
確か被害者の男の子に対して「自分より小さいからこの子なら…」と思って殺害現場に誘った、と供述していると何かで読んだ。
自分に刃向かうことの出来ない状況で、自分の欲を達成する。
絶歌を「元少年A」で出版し実名を伏せ、HPで顔を隠して身体だけ掲載している時点で、酒鬼薔薇は彼の中で生き続けているだろう。
自己啓示欲の強い人は、その欲が静かになる事は一生難しいと思う。


名無しさん
被害者家族は当然だけど加害者家族が地獄ってのもリアルな声なんだろなぁ…
家族のせいだけであそこまで異常な犯罪ができるとは思えないし
ホントに普通に楽しく過ごしてると思っている家族の中からサイコパス的な殺人事件を犯す者が出るとは普通思わないし…
どちらの家族が…じゃなく
元少年Aの周りの人みんな地獄なんだと思う
名無しさん
人殺したら未成年だろうがなんだろうが顔と名前を公表するようにして欲しい。年齢関係ない。やったことは非道な事なんだから。
名無しさん
交通事故等の不可抗力で他人の命を奪った場合を除いて故意に悪意を持って計画的に犯した殺人に関しては年齢、被害者の数、状況一切を問わず、極刑にすべき。
名無しさん
出版社は所在と連絡先を知ってるんじゃないですか?
出版ともなれば印税の振込先も明確だろうし、調べれば幾らでも表に引っ張り出せる情報社会ですからね。
いま時代はこう言う殺人狂がウヨウヨしてるのに簡単に刑期を終わらせる、
社会に出れば司法も行政も知らぬ存ぜぬを通したがる、コチラに責任はありません!と言う様に。
名無しさん
医療少年院っていったいどの様な治療施すんだろうか?2015年社会へ復帰。この男は歳を嵩んでも何も治って無いと言う事。当初首を切り落とし学校門の上に頭部を置きまさしく悪質非道なる犯罪者。少年にて逮捕され少年法で守られ反省、更生ノ輿地等で少年院に入り異常なる犯罪者は医療少年院にて治療だが少年院でも重犯罪であれば高等、刑務所もあるがそれなりに刑期も長い。成人年齢になっても高等少年院、少年刑務所であれば出さない方が良かったかも。反省も無い自らの犯罪が過るのであればもっと物凄い事を企むだろう!親とて本人からの連絡等が無いとは言うが取材であれば本当の事を言わないだろう。言ってしまうとつけこまれるので!何らかの連絡は取っているはず。


名無しさん
酒鬼薔薇は、人間として生まれてこなかった異常者で、親がどう育てようと変わらなかったのかもしれないと思う。
自分が産んだ子が、偉人になることも、犯罪者になることも、親の育て方で決まるとは言い切れないと思う。
大抵の人はまっとうな人生を歩んで欲しいと願うし、どうしようもない親から生まれた子にも、立派な人はたくさんいるから、育て方より持って生まれた資質の部分が大きいと思う。
だからといって、酒鬼薔薇やその家族の責任は大きいし、被害に遭われた方には、酒鬼薔薇の持って生まれた資質などなんの関係もないですけど。
名無しさん
被害者及び遺族のの人権の納得いく救済がなされるまで、加害者に人権などない。
そんなに美しいなら今度は自分の首でも飾っとけ。
名無しさん
一生監視し続け、やつがどこにいるのか常に明らかにしておく必要があります。
更生など全くしておらず、いつ同様の事件を起こすかわからないような輩です。
生涯を生き地獄の中で過ごすべきはこの犯罪者です。
名無しさん
地獄と云う自分勝手な言動、未だに加害者本人も親も実名を隠して報道する意味は何故、取材に応じてくれないからか、都合の良い言い訳に呆れる、此の様な他人を殺傷する事に異常性のある人物が出現しない世の中を形成する意味でも、緩い現行の少年法の改正を望むところです。
噂で、関東圏で暮らしてると話も 再犯も見守ってもらいたい。やまゆり園19人死亡した植松被告や座間9人殺害事件白石隆浩被告、京都アニメーション放火殺人事件36人がお亡くなりに成った。おぞましい事件が被告の親の少なくとも影響が原因してるのか


名無しさん
この事件とこの母親の子育てについて書かれた本を読みました
生後1ヶ月でトイレでうんちをさせたと記録してたそうで、この生育歴がモンスターを産んだという内容でした
小六の時点で同級生をエアガンで撃ち、猫を解剖してたそうです
育て方がこどもに与える影響について、もっと広く知らせるべきだし、不適切な環境から子どもを救うすべはないのでしょうか
加害者になるまでは、子供は被害者です
「あなたのこどもを加害者にしないために」という本です
名無しさん
下の兄弟には深く同情するが、親には一切同情できない。
縁を切るのではなく、親として探し当てて、ちゃんと悪魔を始末して欲しい。
名無しさん
死者の権利より加害者の権利
法律はそうかもしれないけれど、社会はそうじゃない
社会が地獄だと言うのならば、日本から出て行って誰も知らない場所で生きていけばいいだけだ
だが、日本に居る以上はこうなるのは仕方があるまい?
だって、それなりのことをしでかしたのだから
名無しさん
いや〜〜〜…
どんな家庭、どんな親のもとで育っても、Aは異常な人間になったと思うよ
脳の器質的な問題が多いように感じる
治療は無理だよ 欲求を抑えることを学べるのかな、こういう人種は
名無しさん
まあ、自分の子供が世間を震撼させる犯罪者になったら、親としては自分を責め続けるだけの地獄だろうな。


名無しさん
被害者遺族や加害者家族は正に地獄だろう。
犯人はどういった生活をしているのか?駄作の印税で食っているのか?コイツに神の天罰が下る事を強く望む。
名無しさん
被害者男児と同い年だが、当時近所のおばちゃんが犯人の顔写真載ってるって言ってFOCUS持ってきたなぁ。とにかく今聞いても便所のネズミもゲロを吐くような事件だった
名無しさん
実は冤罪だった説とかあった
真犯人は車で学校周辺をうろついていた大人の男性だったとか
今は、結婚して子供もいるという噂もある(奥さんは酒鬼薔薇聖斗のファンだったらしい)
ネットの情報だから嘘か本当かわからないけど
このHP(しばらくして見られなくなった)の本人らしき肉体のコラージュ
すごい腹筋が割れていた
こうやってちょくちょく話題になるときっと本人は喜んでいるのだろうなと思う。
顔写真はすごく寂しそうな顔をしていたのが印象的
知人にもいるけど虐待とかされるとそういう顔(目つき)になっちゃうよね
名無しさん
加害者家族ではなく、本人を探し出して直撃取材をして欲しい。
名無しさん
だからさぁ、家族のためにも死刑にしなきゃいけないんだよ。
こいつが生きてる限り、悲劇は終わらないんだ。
そもそも罪もない子供を何人も残虐な手口で殺して切り刻んだのだから、こいつも罪を償って「白」となった時点で、同じようにぶつ切りにすべきなんだ。


名無しさん
どんなにまともに育てても遺伝子の多様性を生むシステムには抗えないし、とんでもない異常個体が産まれる可能性は誰の子供にもある。
親を責めるのは違うのでは?
名無しさん
これほど残忍な犯罪をおかした酒鬼薔薇が社会に野放しにされていると思うと本当に恐ろしい。
名無しさん
さかきばらの姓だった同級性が、クラスでからかわれていたのを思い出します。
子供こそ残酷な生き物なのかもしれません。
名無しさん
「中から出てきたのは、年老いた小柄な女性。彼女こそ、元少年Aをこの世に生み落とした本人である」
何という表現をする記者だろう、、雑誌だろう。
この母親も一人の女性、人間だよ。
胸くそ悪くなる。
名無しさん
サカキバラの親は地獄と言うけれど被害者の親はもっと地獄。
当時、淳君がいなくなり皆んなで順番で土師さんのお宅に留守番に行った時もたまごっちの世話をしていたと本で読んだ。
この親がサカキバラを作り出した張本人で一番悪い人間。


名無しさん
世の中には償える罪もあるが、あの事件は償うことが不可能な大罪である。
綺麗事は言いたくない。
一生背負ってきなさい。
名無しさん
この件、少年法で誰かが幸せになったのだろうか?
名無しさん
まだまだ地獄ではないやろ。
加害者本人とあんたら家族は生きてるんだからさ。
地獄なのは身勝手な理由で命を奪われた被害者とその家族。
被害者側からすれば、「何ぬるい事を言っとんねん」だろ。
ホンマ胸糞悪いわ。
謝罪も自分が楽になりたいからだろ?
そんなもんは謝罪でも何でもない自己満足だわ。
名無しさん
少年法は時代にそぐわない無駄な法律。すぐに撤廃すべきだ。
名無しさん
親なら地の果てまで行ってでも探し出し、同じように首をはねろ。


名無しさん
この親にしてこの子ありだな。被害者に謝りたいと言っていながら自分たちの生活は地獄と言う。K親子に似てるかもな。
名無しさん
未成年の事件は成人したら名前は公表するべき。
名無しさん
日本にもメーガン法を導入してほしい。隣に住んでいたら?怖過ぎるでしょ。
名無しさん
それだけ罪が重かっただけ
こんな呆けた事言ってるなら死んでも苦しむだけ
名無しさん
このお母さん、事件起きた時に被害者のお宅でたまごっちやってたんでしょ。


名無しさん
人殺しをするような人間に育てた親にも責任があるのに、地獄とは何て他人事なんですかね~縁切るとか言わないで最後まで真面な人間にする責任をとって下さいよ!
名無しさん
もう、次の事件起こしてるんかなぁ。
名無しさん
被害者遺族の方がもっと地獄だということがどうしてわからんのだ
名無しさん
じゃあ地獄でわびろ
こいつに関してはまったく可哀想など思わん
名無しさん
遺族はあなた以上の苦痛を味わってる


名無しさん
親も親だな
気持ち悪い
名無しさん
コイツの糞親 兄妹親戚 全員 イケシャーシャーと取材に応じるよな。俺なら糞のコイツを消す。
名無しさん
普通の一般家庭て何?
お前が怪物を産んで育てたんだよ 地獄というなら自殺してるはず

関連書籍

父と母 悔恨の手記 「少年A」 この子を生んで…… (文春文庫) [ 「少年A」の父母 ]

価格:660円
(2021/3/19 14:12時点)
感想(23件)

絶歌 神戸連続児童殺傷事件 [ 元少年A ]

価格:1,650円
(2021/3/19 14:13時点)
感想(26件)





スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント