レオン

スポンサーリンク
暮らしの物語

なぜオシャレな人ほど服が少ないのか?その4つの理由

今はプチプラで洋服がたくさん買える時代。クローゼットが常にぱんぱん!とお悩みの方も多いのではないでしょうか? でも、洋服の数を増やすのが簡単な今だからこそ、実はおしゃれな方ほど服の数が少ない、という意見もよく聞かれます。 オシャレな人...
雑学の物語

【方言問題】東京では通じない…関西人が「標準語」だと思っていた言葉【他の地域の人達は?】

ふだん過ごしている土地を離れて人と話すときや、出身地が違う人と話しているとき、ふとした瞬間に、相手が「……ん?」という表情を見せることがあります。「その言葉ってどういう意味?  方言?」と言われて初めて、自分がいつも使っている言葉が実は...
エンタメ

てっきり男性が描いてると思っていたら実は作者が女性だった人気少年マンガ

2019年11月初旬、「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社の関係者に「女性はジャンプ漫画の編集にはなれませんか?」と質問した人の投稿がTwitterで話題になり、少年マンガの編集に必要とされる資質や編集者採用における男女差など、さまざま...
スポンサーリンク
オカルト系の物語

7歳男児の葬儀中に『生前大好きだった風船』が涙する母親のもとへ…「ここにいるよ」涙腺崩壊

世の中には科学で解明できない超常現象が起こることがあり、その是非が議論になる。 そんな理解できない現象は人を不安に陥れることもあるが、一方で、勇気づけることもあるようだ。 亡くなった息子の大好きな風船 フィリピンのアルバイ州に...
エンタメ

【炎上】作家・小川糸さん「死ぬのは怖くないよ」ネットで批判殺到

作家・小川糸さんに、ホスピスが舞台の小説『ライオンのおやつ』で描かれる死生観と、東京とドイツの二拠点生活についてお話をうかがいました。 人は誰でも死ぬ。恐怖を取り去る物語を書きたかった 作家・小川糸さんの新刊『ライオンのおやつ』(ポ...
未解決事件

【名古屋市西区主婦殺害事件】発生から20年『残された夫と息子の今』『捜査員の執念』当時40代くらいの女の犯人は今どこに

1999年11月13日、名古屋市西区で当時32歳だった主婦が何者かに刃物で刺されて殺害された事件は発生から20年が経ちます。「捜査の役に立てば」と現場となったアパートの部屋を20年間借り続ける夫、当時の手帳には妻への思いが綴られていまし...
暮らしの物語

フェレットに噛まれ長期闘病の末に41歳で死亡した警察官…感染症「蜂窩織炎」どんな病気?

フェレットにかまれた大分県警の男性警部補が感染症の「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」を発症し、かまれてから16年以上たった今年1月に亡くなりました。蜂窩織炎とはどのような病気で、フェレットではなく、犬や猫にかまれても発症する可能性があるので...
エンタメ

CHANEL、GUCCI…世界中が注目する「オシャレすぎる小学生」8歳のCOCOさんの素顔を母親が語る

ご両親がビンテージショップを経営する原宿を舞台に4歳でインスタグラムを始め、現在は8歳にして67万人のフォロワーを抱えるCOCOさん。世界的なファッショニスタやアーティストにも注目され、CHANELやGUCCI等、世界中のハイブランドや...
動物の物語

【虎とヤギの悲しい友情物語】いつも一緒だったのに仲違いをし喧嘩に…虎に嫌がらせを続けたヤギが死亡【ロシア】

ロシアで、トラとの間で奇妙な友情を育み有名となった雄ヤギのチムール(Timur)が死んだ。飼育していたサファリパークの園長が8日、明らかにした。 ロシア極東の港湾都市ウラジオストク(Vladivostok)郊外のプリモルスキー(P...
人間関係の物語

顔が可愛いのに彼氏がいない女子の特徴

恋をスタートさせるときに、「顔がかわいい女子」がやっぱり有利なんでしょ……と、人は思いがち。 ですが! 実際に「顔がかわいい子」に話を聞いてみると、どうやらそんなこともないそうです。「全然モテない」「ダメんずにハマって終わる……」など...
スポンサーリンク