レオン

スポンサーリンク
暮らしの物語

「食品や包装を通しての新型コロナ感染の証拠は存在しない」米食品医薬品局が言及

米食品医薬品局(FDA)は4日までに、新型コロナウイルスが米国内で販売されている食料品の安全性に脅威を及ぼしている証拠はないとの見解を示した。 同局の食料担当部門の幹部が電話会見で述べたもので、食品供給は人間や動物にとって安全性を維持...
暮らしの物語

財布のミニ化が止まらない!ミニ財布は家計を救う?

ここ最近で一気に拡大した電子マネー。 キャッシュレス&スマホ決済が進む中、みんなが選ぶ財布にも変化の兆し。 「軽くなった」中身に合わせてミニ化が進行中だ! 財布やお金に意識を向けることの重要性 あなたは今、自分の財布にいくら入っ...
エンタメ

【悲報】浅野忠信ハゲる…衝撃の薄毛画像に「江頭?」「剃ってる?」騒然

俳優の浅野忠信(46)が2日、自身のインスタグラムを更新。 薄毛の衝撃のオフショットを投稿し、反響を呼んでいる。 インスタグラムに薄毛オフショットを投稿 浅野はインスタで流行している、自粛中などの人たちが24時間限定で、面白い...
スポンサーリンク
エンタメ

松居一代、コロナ禍で苦言「日本人はくっつき過ぎ」久々の登場も「あなたは粘着して警察の世話になった」批判殺到

女優の松居一代(62)が1日、自身のブログを更新。新型コロナウイルスが世界的に流行する中、日本人の距離間について「くっつき過ぎ」と苦言を呈した。 松居は「ソーシャルディスタンスは大切」のタイトルで記事をアップし、「やっと…ソーシャ...
暮らしの物語

現役大学生が考える『おじさんくさい』『おばさんくさい』の定義

「おじさんくさい」「おばさんくさい」。こんなにショックな響きはそうそうありません。 自分はまだ若いと思っていたある日この言葉を向けられてグサッ……というパターンが多いかと思いますが、若い人には当てはまらないなんてことは決してありません...
エンタメ

東大生が本気でオススメする「勉強になる漫画」ベスト3!偏差値35から1年で東大合格!

「本や教科書を読んでいるのに、なかなか身に付かない」 受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 「かつての僕は、まさにそうでした」 こう語るのは、2浪...
人間関係の物語

「キラキラネームなのはわかってます」子供の名前をバカにされた女性が激怒!それに対するみなさんの反応

フリガナなしで読めない珍しい名前が「キラキラネーム」と呼ばれ、度々ネットで話題となります。 ときには「子どもが苦労する」と批判的な声も上がりますが、子育て情報サイト「ママスタ」の掲示板にも、「子どもの名前をいとこに馬鹿にされた」という...
暮らしの物語

「東京から出られなくなる」帰省するため次々と夜行バスに乗り込む若者「こうやってイタリアではコロナが蔓延した」物議に

首都圏の自治体などが外出自粛を要請した週末を前日に控えた27日夜、東京・新宿の高速バスターミナル「バスタ新宿」では、荷物を抱えたマスク姿の若者らが次々と夜行バスに乗り込んでいた。 「東京から出られなくなるかも」。新型コロナウイルス...
オカルト系の物語

絶対に出るとされている最恐の幽霊屋敷ベスト3(ヨーロッパ編)

この世には、科学の力でも説明できない不可解な事件が数々存在する・・・・・・。 これからあげるお屋敷は、忌まわしき噂がある、いわゆる“いわくつき物件”。 その家で起きたと言われている恐るべき怪奇現象や心霊体験、ましてや殺人事件のエピソ...
エンタメ

志村けん新型コロナ感染で濃厚接触者を特定、自宅待機へ「誰だ?」物議…研ナオコ「またバカ殿一緒にやりましょう」感染経路不明

お笑いタレントの志村けん(70)が、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断され、都内病院で入院・闘病を続けていることがわかった。 所属事務所が25日に経緯と現在の健康状態について発表した。 なお病状の公表について所属事務所としては、個...
エンタメ

消息不明の唐田えりか今どこに?祖父が胸中告白「遊女のような扱い」「東出に言いたいことは100ほど」

謝罪会見を行った東出。 宙を仰ぎ、唇をかみ、苦悶の表情を浮かべ、言葉を詰まらせながらもレポーターの質問に答えた。 会見後に向かったのは、生まれ育った実家。 一方で不倫相手の唐田はドラマを降板し、姿を消したまま……。 祖父は孫...
暮らしの物語

【キワキワネーム】あなたは大丈夫?外国語で悪い意味になる注意すべき名前

外国語で悪い連想になる名前と名づけについてご説明します。 タイガという読み方の名前が気に入ったので、息子に名づけようと思っています。ただ、著書でドイツ語圏で要注意の名と書いてあったのが気になります。どんな注意が...
オカルト系の物語

【バルカン半島のノストラダムス】20年前以上に新型コロナを予言していたおばあさんがネット上でぶっ叩かれている

“バルカン半島のノストラダムス”と呼ばれる盲目の予言者、ババ・ヴァンガの生前の“予言”が、オカルトマニアの間で「新型コロナウイルスを的中させた」と話題になっている。 数々の予言を的中させた預言者『ババ・ヴァンガ』 ブルガリアの“国民...
エンタメ

お金持ってそうだけど結婚したくない独身有名人ランキング

やはりというべきなのだろうか…。関西テレビの「胸いっぱいサミット」(毎週土曜日12時放送)が21日、20代~30代女性300人に大調査「お金持ってそうやけどこの人とは結婚したくないわ~独身有名人ランキング」という企画を放送した。 1位...
エンタメ

鷲見玲奈アナ、中学時代のいじめを告白「モテるから学年全員から無視」という女子特有の恐ろしい現象

テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサー(29)が18日、レギュラーを務める、同局「家、ついて行ってイイですか?」(水曜後9・00)に出演。いじめを受けていた過去を明かした。 陰湿ないじめ…1週間で7人から告白「男に媚びやがって」 学生時代...
スポンサーリンク