スポンサーリンク
時事ニュース

【渋谷クラスターフェス】主催者、国民主権党・平塚正幸氏はテロリストか?ただの目立ちたがり屋か?

人気アニメシリーズ・ドラゴンボールのキャラクター「ベジータ」のモノマネで知られるお笑い芸人のR藤本さんは2020年8月9日にブログを更新し、JR渋谷駅前で行われた「クラスターフェス」について言及した。 新型コロナウイルスの感染が拡...
エンタメ

『アクタージュ』原作者逮捕で「相方が…」「連載は?打ち切りか?」物議…マツキタツヤこと松木達哉容疑者(29)強制わいせつ

『週刊少年ジャンプ』(集英社)は8日、同誌で連載中の役者漫画『アクタージュ act-age』(作画:宇佐崎しろ)の原作者・マツキタツヤ氏が強制わいせつ容疑で逮捕された報道を受け、公式サイトを更新した。 サイトでは「この度、週刊少年...
エンタメ

山下智久(35歳)芸能界引退か?女子高生モデル(17歳)と飲酒&ホテル持ち帰り淫行報道、ネット上で「ヤバい」物議過熱

7月30日、KAT-TUNの亀梨和也(34)と山下智久(35)は港区のバー「X」で午前4時過ぎまで、共通の知人を交えて飲み会を楽しんでいた。 亀梨と別れた後、山下は都内の高級ホテルへ 7月30日午前4時30分過ぎ、亀梨との酒席を楽し...
スポンサーリンク
エンタメ

「吉岡里帆に激似」Twitter投稿『どんぎつね風』写真が話題になった橘ひと美さんに厳しい声

昨年10月、Twitterに投稿した「どんぎつね風」写真がきっかけで「吉岡里帆に激似」と話題になり、ものまね番組の出演オファーまで舞い込んだ橘ひと美(25)。 今年1月まではアイドルグループ・uijinのメンバーとして活動していた。 ...
暮らしの物語

パンチパーマ再注目って本当?普及委員会「型崩れしないし遊び心もある」ネット上のパンチパーマに対する声

社会人の身だしなみや学校の校則などで何かと話題になる「髪形」。今、ツーブロックと呼ばれる髪形をはじめ、理容店で散髪する「バーバースタイル」が再燃している。岐阜県内では、より高度な理容技術が求められるパンチパーマに再注目する人も。関市には...
エンタメ

【炎上】イジメ題材の実話マンガ『息子がいじめの加害者に?』に批判殺到

ある日突然、小学生の息子がいじめの加害者だと言われたら、あなたはどうしますか? 降って湧いたようないじめ騒動に巻き込まれた実話マンガ『 息子がいじめの加害者に? 』が話題になっています。 発端は、同級生の母親からのメールだった ...
時事ニュース

安倍総理が執務室で吐血…菅官房長官が安倍晋三氏の『健康不安説』を否定、ネット「やっぱり体調不良か」

菅義偉官房長官は4日の記者会見で、安倍晋三首相の健康不安説について「私は連日お会いしているが、淡々と職務に専念しており、全く問題ないと思っている」と否定した。 首相は第1次政権末期に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し、約1年で退陣した経緯...
時事ニュース

【復活】廃部寸前の小山西高校野球部、坊主制度廃止で髪型自由にしたところ部員続々入部!

今市との接戦を制した小山西。丸刈りをやめ、今春から髪形を自由にした。 甲子園経験もある古豪だが、部員減に苦しむ。昨秋の新チームは9人だった。「このままでは先がない」と琴寄元樹監督。選手とも相談し、丸刈りをやめた。「成果」はすぐに表...
エンタメ

【自業自得】酒井法子さん、わかりやすい因果応報でとんでもない事態に…

「久しぶりの連続ドラマになるはずでした。でも、その話はなくなってしまったんですよ……」(芸能プロ関係者) '90年代に出演したドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)で歌った主題歌『碧いうさぎ』が大ヒットし、女優としても歌手としても、ス...
エンタメ

小島瑠璃子(26)、キングダム作者・原泰久氏(45)と『福岡連泊愛』熱愛報道、「離婚?」「関ジャニ村上は?」様々な声

時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。 女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ま...
エンタメ

『あいのり』桃、ブログ「辛いことがありました」泣き顔ショット公開でネット民の反感を買ってしまう

フジテレビ系の恋愛バラエティー番組「あいのり」に参加し、先月6歳年下の一般男性と再婚したブロガーでタレントの桃(35)が29日までに自身のブログを更新。泣き顔を公開して「辛いことがありました」と明かした。 桃は「悲しい気持ちになっ...
エンタメ

【物議】小学生YouTuberゆたぼん、誹謗中傷に対し法的措置へ「学校では教えてもらえへんのか?」に反論の声

小学生ユーチューバーとして活動している「ゆたぼん」さんが、誹謗中傷に対して法的措置を進めていると、自身のYouTubeチャンネル「少年革命家ゆたぼんチャンネル」で明かした。 「自分が嫌やと思うことは人にしたらアカンやろう?」 ゆたぼ...
時事ニュース

【新型コロナ予言?】30年前の岐阜新聞「2020年、人類の半数が伝染病に」ぶっちゃけどう思う?【ネットの声まとめ】

30年前、1990年5月2日付の岐阜新聞朝刊に掲載された見出しと記事が、会員制交流サイト(SNS)上で話題となっている。「2020年、人類の半数が伝染病に」-。新型コロナウイルス感染症が世界的に大流行している今日を予測していたかのような...
暮らしの物語

【売り切れ続出】進化する人気付録つき雑誌のクオリティ「使う派」と「使わない派」の意見

宝島社をはじめ、多くの出版社から発売されている「付録つき雑誌」。 近年ではそのクオリティも上がってきており、コンビニエンスストアなどで売られている冊子に付いたリュックなどは「実はこちらが付録だったとは気づかなかった」という人もいる...
時事ニュース

へずまりゅうの両親が気の毒すぎる…「首を吊ることも考えました」逮捕まで息子がユーチューバーとさえ知らず

「悩みすぎて、首を吊ることも考えました……」 沈痛な思いを打ち明けるのは、あの“迷惑系ユーチューバー”の両親だ。 息子の名は、原田将大(しょうた)容疑者(29歳)。「へずまりゅう」(以下、へずま)の名でユーチューブに投稿を続...
スポンサーリンク