スポンサーリンク
暮らしの物語

「トイレを譲って頂けませんか?」腸の難病、潰瘍性大腸炎の患者会『かながわコロン』がトイレカードを作成【ネット上で物議】

「トイレを譲って頂けませんか? 病気のため、便意や尿意を自らの意思で抑えきれません。」 腸の難病である潰瘍性大腸炎の患者会「かながわコロン」が、こんな文言が書かれたトイレカードを作成した。外出先での急な便意に悩む患者への普及と周囲...
暮らしの物語

ドコモショップ「解約だと来店予約できない」話題になった件は本当だった…「一部店舗で事実」と認めるも疑問の声は止まらない

「ドコモショップのオンライン来店予約システムで、『新規契約』を選ぶと予約枠が多数表示されるのに、『解約』を選ぶと予約枠がほとんどなくなる」――8月上旬、こんな内容の記事がネットメディアに掲載され、「ドコモは解約されたくないから、解約の来...
雑学の物語

ほっこりする・・・人生に疲れた人に見てほしい『天皇陛下の親父ギャグ集』

大勢の市民が天皇ご一家を出迎えた、8月19日の那須塩原駅前。集まった人たちからドッと笑い声が上がる場面があった。 天皇陛下がハンカチでお顔の汗を拭きながら、笑顔で「ハンカチ王子」とつぶやかれたのだ。 陛下の親父ギャグ好きは今に始...
スポンサーリンク
雑学の物語

【いまさら聞けないLINE術】ラインで誤送信したときの「削除」と「送信取消」の違い

メールより手軽なLINEは、ビジネスシーンでもよく活用されます。しかし、手軽なだけに気をつけたいのが誤送信などの操作ミス。「間違って送ってしまった!」という場合のお助け機能をご紹介します。 送信メッセージの「削除」「取消」とは? ...
人間関係の物語

「タメ口おじさん」大量発生中!タクシー運転手や警察官などなど…イラっとした瞬間

年配のタクシー運転手から「その場所、よくわかんないからさ、道案内してくれる?」 渋谷駅の近辺にて「あのさぁ、ハチ公前ってどう行ったらいいの?」 見知らぬおじさんにタメ口で話しかけられる。こんな経験は、多くの人がお持ちではないでし...
暮らしの物語

「ワン ワン ワワーン」駐車場に設置された「犬語」の看板が話題に!何て書いてあるの?【福岡】

福岡に犬語で書かれた看板があると、話題になっています。 看板が設置されているのは、福岡の天神やキャナルシティに近い市街地にある駐車場です。犬語の看板は日本語で書かれた看板とセットに掲示されていて、どうも日本語の内容がそのまま犬語に...
動物の物語

夏の終わり…「澄んだ空を見たい」と願うセミの最期の物語

生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう。 老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、成虫としては1時間しか生きられないカゲロウなど生きものたちの奮闘と哀切を描いた『生き物の死にざま』から…。 死を待つセミは何を見...
オカルト系の物語

【昭和都市伝説】口裂け女は、いつ生まれたの?出身はどこ?なぜ瞬く間に日本中に広まったのか?

夏といえば何を連想するだろうか。海?花火?お祭り?バーベキュー?音楽フェス? 考えるだけでワクワクする楽しい催しがたくさん思い浮かぶ。しかし、このうだるような暑さに最もぴったりなものといえば「怪談」ではないだろうか。 「真夏の都市伝説...
食べ物の物語

【食費節約】夏休みにお金を使いすぎた方々へ…「貧乏人のスパゲティ」のすゝめ

直球すぎるネーミングがユニークな「貧乏人のスパゲティ」は、イタリアの家庭ではおなじみのメニュー。ではいったいどんな料理かといいますと、ゆでたスパゲティに粉チーズをからめ、目玉焼きをのせただけの超シンプル料理……なのですが、味は絶品! と...
雑学の物語

ギザ10は現在どのくらいの価値があるのか

お財布の小銭を整理していたら、懐かしの「ギザ10」が紛れ込んでいました! ギザ10とは、側面にギザギザの溝を加工した10円硬貨のことです。 小学生の頃、「ギザ10は珍しいから高値で買い取ってもらえる!」と話題になり、大人も子どもも、...
スポンサーリンク