スポンサーリンク
時事ニュース

芸能人にアンチ坂上忍が激増中!逮捕歴のある「毒舌ブレーク男」の芸能界終了説

“毒舌タレント”としてブレークした坂上忍(51)が思わぬ逆風にさらされている。業界内では早くも賞味期限切れ説まで取りざたされているばかりか、最近はアンチ坂上を自称する芸能人が激増しているという。すべての始まりは、坂上がMCを務めるお昼の...
暮らしの物語

GWトラブル集「殺意」「離婚危機」「BBQ最悪」ツイッターには「#10連休いらない」

平成から令和への改元もあり、10連休となった今年のゴールデンウイーク。家庭内では想定外の事態が勃発していた。なかでも多かったのは、「休めるどころか、地獄だった」という主婦の嘆きである。 ツイッターには「#10連休いらない」のハッシュタ...
暮らしの物語

【病気対策】タバコを吸わない人の肺がん急増!豆腐と納豆で予防可能!

社民党の又市征治党首が、肺がんの切除手術を受けることを明らかにしました。又市氏は、「4月末の検診で見つかった。早期の発見だったと思う」とし、療養等に1ヶ月程度を要すると話しました。 肺がんの50%は、タバコの影響が少ない! 肺がんは...
スポンサーリンク
暮らしの物語

皮膚ガンの可能性は…気になるほくろは取ってもいいの?その見分け方

Q ほくろが気になる。取ってもいいの? A 普通のほくろなら構いませんが、皮膚がんの恐れもあるので、見極める必要があります。 Q 皮膚がん? A 皮膚にできるがんの総称で、国内では毎年2万人以上が発症します。「ほくろの...
時事ニュース

【つるの剛士、悲痛の声】大津市・園児2人死亡事故「園長先生の記者会見は見てられない」

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の丁字路の県道交差点で車2台がぶつかり、うち1台がはずみで保育園児の列に突っ込んだ。滋賀県警によると、近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園に通う伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)=同市大江...
動物の物語

猫の「にゃー」という鳴き声、平安時代は「ねんねん」だった…それはそれで可愛い!

猫の鳴き声といえば「にゃー」を思い浮かべる人が多いと思うが、こう表現するようになったのは江戸時代以降だという。 平安時代は「ねんねん」、鎌倉時代は「ねうねう」など、時代によって猫の鳴き声の表現は異なっていた。江戸時代以降、猫がペッ...
人間関係の物語

【感涙】病気で歩けない友達を6年間背負い続けた12歳の少年「真の友情!」

病気で歩けない友達を6年間、背負って校内を移動していた12歳の少年が、「真の友情だ!」と話題になっている。 中国の新華社通信(3月19日付電子版)などによると、四川省眉山市の小学校に通う6年生の張沢君(12=仮名)は4歳の時、「重...
オカルト系の物語

【怖い話】堀ちえみさん、家電が次々と壊れる怪奇現象「不思議。ちょっと怖かった」

2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が5日、ブログを更新。ステレオ、テレビなど家電が次々と壊れていく現象が起こり、「ちょっと怖かった」と明かした。 4日夜のブログで「夫が長年愛用していたBOSEのス...
食べ物の物語

【高血圧芸人】サンドウィッチマン伊達 「カロリーゼロ理論」流行に「めんどくさい」と本音を吐露する…

お笑いコンビ・サンドウィッチマンが6日、『しゃべくり007』(日本テレビ系/毎週月曜22時)に出演。伊達みきおが、自身の提唱したトンデモ理論「カロリーゼロ理論」が流行ったことによって思わぬ弊害が生まれていることを明かした。 “最近...
オカルト系の物語

霊能者・宜保愛子さん没後16年「心霊番組」がテレビから消えた理由とは?

かつて日本中にブームを巻き起こした霊能者・宜保愛子さん(享年71)を覚えているだろうか。 今から16年前の2003年5月6日にこの世を去った彼女を偲ぶ人は今なお多い。 1980~90年代にかけて数多くの心霊番組、オカルト番組で活躍し...
スポンサーリンク