2019-11

スポンサーリンク
エンタメ

男が選ぶ「なりたい顔ランキング」TOP10!歴代最高齢で首位を更新したのは納得のアノ人!

モデルでタレントのMattが人気を集めたり、男性YouTuberが自身のスキンケア術をSNSで披露したりと、美容に関心を持つ男性が年々増えている。美意識が高まっている現代の男性たちは、同性のどんな顔に憧れを持っているのだろうか。そこでO...
エンタメ

アンタッチャブル復活に驚きと感動の声『全力!脱力タイムズ』で約10年ぶりのコンビ共演を果たす!漫才披露!

お笑いコンビ・アンタッチャブル・柴田英嗣(44)が29日放送のフジテレビ系バラエティー番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。2010年2月から約1年間にわたって休養に入って以来、コンビでの活動は行われていなかったが...
暮らしの物語

洗濯のプロが伝授!香害?実はNG?柔軟剤の正しい使い方!素朴な疑問も解決!

洗濯の時に柔軟剤を何気なく使ってませんか? 生地をふんわりとさせたい、好きな香りをつけたい。臭いにおいを誤魔化したいなど使う理由は様々でしょうが、その使い方、本当に「正しい」といえるでしょうか? ここでは、柔軟剤の正しい知識と使い方を伝...
スポンサーリンク
動物の物語

気付いてあげたい愛犬の死の予兆…亡くなる前に見せる変化や異変【みなさんの経験談】

愛犬の死は、飼い主さんにとってつらく悲しいもの。犬が亡くなる前に、なにか「予兆」があるのであれば、飼い主さんとしては知っておきたいですよね。 今回は「犬が亡くなる前に見せる行動の傾向」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説...
食べ物の物語

「もう一度味わいたい!」ブルガリアヨーグルトに付いていた袋入り砂糖『フロストシュガー』という魔法の粉

数年前まで大容量のプレーンヨーグルトに添付されていた砂糖袋。顆粒状で溶けやすく便利だったあの砂糖が半年ほど前、ネット上で話題になりました。現在も製糖会社が一般向けに販売しているというのです。ヨーグルト以外の使い方や特徴について取材しまし...
暮らしの物語

【スマホの基本】画面ロックをしないと起こる危険なこと&設定方法

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能があるのはわかっているものの、サライ世代の方からは、電話とカメラ、メール、LINE以外は使いこなせていないという声をよく聞きます。 今回...
雑学の物語

「この紋所が目に入らぬか」自分の家の『家紋』知らない人が急増中!実は面白い家紋の世界!

知ってますか? あなたの家の家紋―。バリエーションも含めれば2万種近くもあるといわれる日本独自の紋章「家紋」。戦国武将や有名大名のみならず、世界的に見て名字が非常に多い日本には大半の家に存在する。しかし、研究者によると、自分の家の家紋を...
エンタメ

武井壮の「年収5000万で一生塩おにぎり」or「年収500万で何でも食べ放題」究極の選択がアホすぎる

タレントの武井壮さんがツイートした「究極の選択」アンケートに、「究極の選択になってない」「金銭感覚ズレ過ぎ」などツッコミが殺到しています。そして武井さん本人はどっちを選ぶのかと思ったらまさかの……! 武井さんは11月21日、「究極...
動物の物語

初期のヘビに足があったことが新化石から判明「進化により後ろ足がなくなった」

ヘビは7000万年にわたり後ろ足を持っていたが、その後の進化の過程で失われた――。新たな化石を分析した結果として、20日の米科学誌サイエンスアドバンシズにそんな論文が発表された。 ヘビは1億7400年前~1億6300年前に出現。そ...
雑学の物語

「正直ちょっと怖い…」キリスト看板!いったい誰がどんな理由で、どうやって貼っているのか!?

郊外の道を流していると結構な頻度で目にする、警告色で染め抜かれた聖書の言葉たち。この「キリスト看板」は誰がどんな理由で、どうやって貼っているのか? その一団に同行して、看板設置の瞬間を見届けた。(北林慎也) 「神の御言葉」を世に伝える...
暮らしの物語

なぜオシャレな人ほど服が少ないのか?その4つの理由

今はプチプラで洋服がたくさん買える時代。クローゼットが常にぱんぱん!とお悩みの方も多いのではないでしょうか? でも、洋服の数を増やすのが簡単な今だからこそ、実はおしゃれな方ほど服の数が少ない、という意見もよく聞かれます。 オシャレな人...
雑学の物語

【方言問題】東京では通じない…関西人が「標準語」だと思っていた言葉【他の地域の人達は?】

ふだん過ごしている土地を離れて人と話すときや、出身地が違う人と話しているとき、ふとした瞬間に、相手が「……ん?」という表情を見せることがあります。「その言葉ってどういう意味?  方言?」と言われて初めて、自分がいつも使っている言葉が実は...
エンタメ

てっきり男性が描いてると思っていたら実は作者が女性だった人気少年マンガ

2019年11月初旬、「週刊少年ジャンプ」を発行する集英社の関係者に「女性はジャンプ漫画の編集にはなれませんか?」と質問した人の投稿がTwitterで話題になり、少年マンガの編集に必要とされる資質や編集者採用における男女差など、さまざま...
オカルト系の物語

7歳男児の葬儀中に『生前大好きだった風船』が涙する母親のもとへ…「ここにいるよ」涙腺崩壊

世の中には科学で解明できない超常現象が起こることがあり、その是非が議論になる。 そんな理解できない現象は人を不安に陥れることもあるが、一方で、勇気づけることもあるようだ。 亡くなった息子の大好きな風船 フィリピンのアルバイ州に...
エンタメ

【炎上】作家・小川糸さん「死ぬのは怖くないよ」ネットで批判殺到

作家・小川糸さんに、ホスピスが舞台の小説『ライオンのおやつ』で描かれる死生観と、東京とドイツの二拠点生活についてお話をうかがいました。 人は誰でも死ぬ。恐怖を取り去る物語を書きたかった 作家・小川糸さんの新刊『ライオンのおやつ』(ポ...
スポンサーリンク