初期のヘビに足があったことが新化石から判明「進化により後ろ足がなくなった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ヘビは7000万年にわたり後ろ足を持っていたが、その後の進化の過程で失われた――。新たな化石を分析した結果として、20日の米科学誌サイエンスアドバンシズにそんな論文が発表された。

ヘビは1億7400年前~1億6300年前に出現。その後の進化で手足のない生態に適応したが、これまでの限られた化石記録からは変化の様子が分かっていなかった。

従来の説ではヘビに手足があった期間について、四肢のない現在の体形に適応するまでの過渡期に過ぎないとの見方もあった。

しかし、新たに発見された保存状態のよい化石を分析した結果、長期間にわたり後ろ足があったことが判明した。

分析対象となったのは、ナジャシュ・リオネグリナと呼ばれる初期の種。研究者はアルゼンチンのパタゴニア北部で8個の頭がい骨を発見し、そのうち1個はほぼ無傷の状態で見つかった。

ナジャシュには頰骨(きょうこつ)弓などトカゲに似た原始的な特徴がある一方、頭がい骨から頰骨につながる骨がない点を含め、現在のヘビに近い特徴も併せ持つ。あごの関節の一部などにはヘビとトカゲの中間的な特徴も見られる。

ナジャシュは7000万年の間、後ろ足を備えた体形で安定的に生息していた。この事実からは、後ろ足がヘビの役に立っていて、単なる過渡期ではなかったことがうかがえる。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-35145757-cnn-int

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
残ったのがニシキヘビのあの爪か。
無くなったという事は今の蛇体のほうが都合が良かったんだろうが、どの辺に利便性があったんだろうね。
名無しさん
爬虫類の究極の進化系が恐竜であり、一部は絶滅を生き延びて鳥類に発展したのだとおもうが、その後も爬虫類のままであり続けた究極の爬虫類が蛇なのではないかという気もする。
名無しさん
蛇足は、間違いでなかった。
名無しさん
まあ、足のないトカゲ「アシナシトカゲ」もいますから・・・
ではヘビとトカゲの生物学的違いはどこにあるでしょう?
今はインターネットがあるから答えがすぐにわかるけど、
昔は調べるのが大変でした・・・。
(答えはトカゲには「まぶた」や「耳孔」があるが、ヘビにはない)
名無しさん
アメリカでは進化論を小学校で教えない州が多く、最近増加傾向にあるといいます。対象がヘビだけに今後のトランプ政権にフォローとなるかアゲインストとなるか展開楽しみです。
足のあるヘビは、イブが知恵の実を食べる前のヘビの姿なんですかね。


名無しさん
>ヘビは1億7400年前~1億6300年前に出現
蛇に足が無くなったことより、どこから蛇になったのかに興味がある。
最初あしがあったのなら同じ爬虫類のトカゲがスマートになって蛇になったのか、別の爬虫類が蛇に進化したのか。
毒をもつ蛇も多いし、いろんな柄み大きさもある。
複数の爬虫類から一斉に蛇になったのか、最初の一種類から蛇になりそこから枝分かれしたのかに興味あり。
(万年前ね)
名無しさん
人間にもしっぽがあったし、今を基準に物事を考えてはいけない。あくまで、進化と退化の途中に私たちが生きているだけ。
名無しさん
これぐらい大昔なら蛇に脚があったとしても「そういう事もあり得るだろうなぁ」と思う。近所のおばちゃんなんか、スーパーマーケットで特売してるスキ焼き用肉をレジに持っていった際に、パッケージが凹んでいるとか言って値切ろうとしてたけど、きっとこういうおばちゃんの心臓には毛が生えている様な気がした。コレも一種の進化の過程かもしれないね。
名無しさん
やはり長期間か。
遺体が化石として現代まで残り発掘されることの激レアさ加減を考えると、数が少ないだろう過渡期的個体の化石などまず見つからないからね。
後ろ足のあるヘビは進化の中間形態というよりも1つの絶滅系統として立派に存在したわけだ。
名無しさん
それより冬眠っていつからあったのか知りたい、出ないと氷河期次代を乗り越えられないだろ 暑い時代にそんなの必要ないしそれこそが進化なのだと思う。
名無しさん
前足も後ろ足も完全に捨てたヘビという動物は非常に特異な存在ですね。
恐竜の場合、2足歩行に進化する過程で前足が退化するか、翼として進化させて翼竜や鳥類に進化したりしていますね。
哺乳類の場合、前足の無い生物は存在しなくて、水生哺乳類は後ろ足を退化させて失っていますね。


名無しさん
近年ダーウィンの進化論に対して懐疑的な見解が盛り上がりつつあるが、異説を唱えることはできても、やはりどう考えてもダーウィンの進化論を否定するには無理がありすぎると思うんだよなあ。
名無しさん
蛇って、砂漠にも海にもいて生息域が広いよね。胴があんなに長くなった形態が有利に働いたのかな。偶然とそこから生まれる必然との絡み合いのようで、自然の営みはつくづく面白い。
名無しさん
進化は適者生存というよりも不適者絶滅という感じで、致命的に生き延びられないような変化をしなければ、あとは生き延びたり絶滅したりは運不運に依る模様。
蛇は残った後ろ足が役に立ったのか、単に邪魔にならなかったので生き延びてただけなのか、というと後者かもしれない。
名無しさん
“ナジャシュは7000万年の間、後ろ足を備えた体形で安定的に生息していた”これも訳が間違ってる気がする。ナジャシュではなく移行期の蛇の話じゃないか?
名無しさん
進化って凄いなぁ。。
脚がなくてもいいや…∞…脚がない方がいいや…っていうのが、長い年月をかけて後々の別の個体に、遺伝子に受け継がれて今の姿になるってこと??
このまま人間社会がSNSとかを中心にコミュニケーションをとり、言葉がなくても円滑に進むようになったら、声が出なくなって、口がなくなっちゃうとかそゆこと??
…あ~、無知って恥ずかしい。
名無しさん
俺はミミズとトカゲは触れるけど、なぜか蛇には触れない。
結果的にでしかないが、手足が無くて、でかくて、噛みつく可能性もあるあんな奇妙な生き物がいたら、生き残る可能性がはあるのかもしれないね。
人間でいうと、イケメンか、安倍氏に近い人が生き残るみたいに。


名無しさん
前足が無くて後ろ足だけってのも、面白い。歩く姿を見てみたい。
名無しさん
まぁ別に驚くほどの内容ではない。
元々、蛇に足があって何を驚く必要性があるのか。
名無しさん
今もニシキヘビの仲間には、後ろ足の痕跡があるものが居る。
名無しさん
なななんだとっ
只今、足のあるヘビをたっぷりと想像中
楽しい!!
まだまだワクワクさせてくれる事がたくさんありますね。
名無しさん
やたら胴体の長いトカゲ、だったのかな。
名無しさん
基本的には、目も、鼻も、口も、耳も、手も、足もそれぞれその元はあるんですね。確かに、人間も、足の小指は間接が退化していますよね。ほとんど使われていないから。


名無しさん
人間にもしっぽがあったんだから蛇に足があっても不思議ではない。
名無しさん
蛇足!!
蛇に足があったこと自体知らなかったのに、昔はあった、しかも結構ずっとあったと言われたら結構な衝撃
蛇足は蛇足ではなかったということですか・・
名無しさん
人間も7000万年後には足がない可能性もあるのか。考えるアシはどうなる。
名無しさん
先週の事をよく覚えて無いのによくもまぁ、こんな昔の事が分かるのだね。
科学の力は凄すぎる。
名無しさん
人間が手足を無くする進化をしてたら、どうなってたのかな。
名無しさん
蛇も大きくなると力が強いしね…
特定取らなきゃいけないし、餌もウサギとかになるからめんどくさい。
ミルクやカリキンくらいがかわゆす!!


名無しさん
妙に胴が長くて申し訳程度に足が生えてるのをみてみたい…
名無しさん
足のないトカゲもいるらしいからヘビかトカゲか見極める必要があると思う。
名無しさん
足があるなら、それは蛇では無いのではないでしょうか
名無しさん
初期の蛇に足があった。とするならば、胴体と尻尾辺りに骨盤はあるのでしょうか?
不思議な記事です。
名無しさん
足があったということは這うのではなく歩くのですかね?
名無しさん
うちの高校ではヘビには足があったと教えていた。
その時は信じなかったけど本当だったのか!


名無しさん
聖書でアダムとイブをたぶらかしたのがヘビで罰として手足がなくなって這うようになったみたいな話しがあった気がする
名無しさん
私は北海道のおじじですが小学校3年生の時に2本の後ろ脚のある青大将という蛇の死骸を発見して当時の高校に持ち込みましたが、キャアとか何持ってきたんだとかって叱られて、つまみだされました。
小学生ではありましたがこれは絶対誰かに知っていただくべきと思い蛇をもってうろつきましたが、子供の悲しさで高校生のお姉さん達はキャアキャア言うだけで・・・今でも残念です。
名無しさん
想像するだけでこのよう終わりのような気持ち悪さ。かくも神は想像を絶する醜悪をお造りになられるのか
名無しさん
これはキリスト教徒には受け入れられない事実なのではないだろうか。
確か、創世記ではエバに知識の木の実を食べさせたので地を這う様になったんじゃなかったかな。
どうする、キリスト教信者。
名無しさん
足があったら、真っ直ぐ攻めて来ますね。
咄嗟に後に逃げるしかないのでは?
名無しさん
ダチョウも一億年後には羽は完全に無くなっていると思う。


名無しさん
どう言う理由で手足が無くなった知らないがあった方が何かと便利と思うけど。
生物の世界は不思議なことだらけで何故って考えると面白い。
哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類は手足4本なのに何故ヘビだけ無くなってしまったのか?。
今夜は眠れそうにない。
名無しさん
エデンの園を追い出された時期が判明しますね
名無しさん
じゃあ逆に7000万年後には、また足が生えてるかもね
名無しさん
蛇足
名無しさん
良くは分からんが、蛇には足が有ったのが常識かと思ってたけど……???
名無しさん
歩くより匍匐がいいとどこで気づいたのか…


名無しさん
私が生きている間に サルが人間に進化したヤツを見てみたい。 いつ進化するん? 徐々になん?いきなりなん? 進化論は 無いんと違うか。
名無しさん
まだまだ不思議な事がいっぱいありそう(^^)
名無しさん
昔は足があったのは当然では?
元々無くて、後から生えてトカゲになった・・って奇跡の進化すぎる。
名無しさん
普通に足がついてたと思ってましたよ
むしろ今頃判明ですか?意外です
名無しさん
頭がい骨で判断できるのか、すごいな!
名無しさん
別に驚かない
鳥に進化していくのだから


名無しさん
>初期のヘビ、7千万年にわたり足があった
それただのトカゲだろ
名無しさん
蛇足じゃ無かったんだな…。
名無しさん
古代の蛇が足を失ったのはエデンの園だったと言う人が出てきそうですね。
名無しさん
こんなどうでも良い事に労力を費やすなら、
どうしたら環境汚染を防げるかに費やした方が良い。
名無しさん
そんな昔の事を言われても嘘でもなんとでも言える真実はわからない
名無しさん
彼にとっては蛇足ではなかった訳だ。


名無しさん
それなら
ナメクジやカタツムリにも足があったはず
名無しさん
蛇は足が無いから可愛いんです。
足がある蛇なんて蛇じゃありません。
爬虫類OK虫NGの私にとってムカデの様なヴィジュアルは絶望的ですし、全国の蛇ファンの夢を壊します。
即時この記事を削除し、この事実を隠蔽する事を全国の蛇ファンの為に強く望みます。
名無しさん
画像拡大しないと判らないほど小さい足なんですけど。
名無しさん
ことわざの意味が変わってしまうような発見ですね。
名無しさん
この間生き物は進化していないって記事を読んだぞ。
真っ向対決だな。
名無しさん
逆に人間にはなかった…


名無しさん
こういうのとかブラックホール宇宙に結構あるとか楽しいなぁ。
名無しさん
そのうち隕石が落下でもして、地球を汚したい放題汚した人類が絶滅して、また気の遠くなる時間をかけて違う種族が繁栄するんでしょうね。
化石にもなれないんだろうなあ、私は。
名無しさん
いやヘビに足があったことよりも、今の姿でスピーディーに前進できちゃうことの方が遥かに驚きなんだけど…
多様な進化の中でもあいつらほんと我が道をいった感じがする。
名無しさん
本物の「蛇足」があったなんて…
名無しさん
一昨日の晩に白蛇のゆめを見たので年初ジャンボ宝くじを買いました。当たったら1割は寄付します。
名無しさん
足が退化した理由がわかる気がする。


名無しさん
だからって言う感じです
それは違う生物だったかもしれないよ
名無しさん
7千万年後、私たちも二本脚では無いのかも。
名無しさん
私の頭にも、昔は髪というものが生えていた。
名無しさん
苦手なんだよなぁ。
手足があれば、平気かもしれない。
名無しさん
そーっすか、、それよりこれから先
人類が7千万年繁栄し続ける方が難しいですね。
名無しさん
エデンの蛇ナハシュの言い伝えはあたっていたわけね。
アダムと女を欺いた罪で腹の上で歩けと言われた。
蛇には足があったが神に呪われて腹ばいになり塵、すなわちアダマを食べるようになると宣告され、アダムは塵にすぎないと言い渡された話し。
宇宙人の好物ってひょっとして人間だとか?


名無しさん
トカゲの骨格をを見つけたということですね
カムカム
魚のホウボウには足みたいなのがあるよね
名無しさん
自分の子供が足がなかったってことなのかな
親へびはどう思ったのかな
虎子
プラネットアースで蛇がイグアナを襲って食べるのは衝撃的だったな
名無しさん
カエルの成長過程とは反対か?
名無しさん
足があったら蛇じゃない 龍が空想上の生物じゃなくなる


名無しさん
蛇も人間化しておしゃべりしたかった。
名無しさん
8個の頭がい骨のうち1個だけじゃただの奇形じゃね?って思ってしまう。サルやチンパンジーがそのうち人間に進化するとも思えないから(動物園なんかで飼われるともっと進化のスピードも早くなりそうだけどやっぱり人間になるとは思えない)、進化論ってあくまで「論」だよね?と思うようになった。まあ全部「創造論」で片づけちゃうと「なんでもかんでも宇宙人」と変わらないから続報求む!
名無しさん
確か蛇の骨格に退化した四肢の痕跡があったはずですよ
名無しさん
たしかポケベルも持ってたはずだよ
名無しさん
そういやおたまじゃくしが蛙になる時も後ろ足から生えるな
人間目線から言ったらやっぱり手を使う生き物だから手の方が重要そうだけど
普通の生物からしたら移動に使う後ろ足の方が大事なのかな
名無しさん
足が付いたヘビはトカゲではないのか?


名無しさん
神様に取り上げられたんだろう。旧約聖書に書いてあった。
名無しさん
蛇足は蛇足ではなかった?
名無しさん
私も生きている間は足がありました。
名無しさん
頭からだいぶ離れた位置にちょこんとあるこの小さい足が役に立ってたのか
名無しさん
ほんとに蛇足があるのか
名無しさん
実物見た日には、夜も眠れない…。
夢に出そう。


名無しさん
蛇足の意味が変わってしまうね
名無しさん
「蛇足」という言葉があるけれど、昔の蛇の姿としては正しい訳か。
名無しさん
蛇に足あったらそれはトカゲっていうのでは
アダモ
蛇足は正しかったのか
名無しさん
口開けて「うひょーー」って言いながら二足で走ってたら超かわいい
名無しさん
人間もそのうち真ん中の足が無くなる或いは退化するかもな。


名無しさん
だいぶ前給料日には
カネがあった。
名無しさん
何ら不思議ではない。
名無しさん
そうなんだ。人間はこの先どうなるんだろうね。
名無しさん
それはトカゲではないのか……?
名無しさん
じゃエデンの園の蛇はどうなっていたのかな。
名無しさん
あの故事成語、蛇足は嘘ではなかったのか。


名無しさん
皆さん学術的コメントでいらっしゃって…
ミミズはどうなんだろうか…
俺はアイツが大嫌いなんだが、もしも嘗ては脚があったなんてなったら、今は無かろうがこの先コンクリートの上だけで生涯暮らすと自分に誓わねばならん。
名無しさん
ビジュアルが欲しいな。
名無しさん
進化なのか?
名無しさん
トカゲじゃね
名無しさん
後ろ足だけ…?
前足はなかったの…?
面白い
名無しさん
足の有る
蛇もいたかな。


名無しさん
蛇に足…
それはもはや蛇ではなく、トカゲでは?
名無しさん
そんな事実は蛇足にすぎない
名無しさん
蛇足に気づくまで7000万年かかったのか。蛇ってあんまり頭良くないな
名無しさん
だそく【蛇足】
昔は常識だった事が、時を経ることにより真逆に変化してしまうこと。
名無しさん
移動のために足が役立ったとは思えない..。交尾か?!
名無しさん
トカゲだね!


名無しさん
お隣の国の人々にはつい最近まで尻尾があった。
名無しさん
トカゲの間違いじゃないの?
名無しさん
ナメクジ感あるな
名無しさん
蛇足は正しかった…?
名無しさん
これは興味深いニュース!
名無しさん
とりあえず可愛い
名無しさん
聖書(?)に出てくる「神様が激怒して蛇から足を切り落とした」って部分の信憑性が増すな
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

最近、やたらと進化論を否定する人が増えてきたと思いませんか。

キリンの首が長いのは?という話は有名です。

首が短いキリンの化石は発見されている。
高い所に生えている葉を食べるために進化したのであれば、なぜ首が長くなっていく途中のキリンの化石がないのか。
いきなり長くなっている。

それに対して多くの人が突然変異だと言う。

人間が猿(猿人)から進化したならば、なぜ今も猿はいるのか。
突然変異で二手に分かれたとするならば、猿からいきなり人間が生まれたことになる。

どう思いますか。

自分は人間なのに親が猿ですよ?

友達なら言うべきか言わないべきか物凄く悩みます。
けど、言ってあげるのが本当の友情。

「お前のお父さんって・・・あれ猿だよね」

違いますね。

「てか猿だな!お前の父ちゃん!」

傷つきますね。

言葉のやり取りって難しいな・・・。

そうだそうだ、ヘビの足の話でしたね。
足があった方が便利だと思うのは僕だけでしょうか。

僕だったら「いらね~」なんて絶対に思わない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント