【倫理問題】中国研究所「人間の細胞を持つブタ作ったし、猿とブタのキメラも誕生させた…でもすぐ死んだ」ネット「おいおい!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


サルの細胞を宿したブタが中国で誕生していた。
中国科学院動物研究所傘下の幹細胞与生殖生物学国家重点研究室(SRLab)の研究チームは、2019年11月28日、学術雑誌「プロテイン・アンド・セル」で、「カニクイザルの胚性幹細胞(ES細胞)を用いてカニクイザルとブタとのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表した。

スポンサーリンク

ヒトとブタ、サルとブタのキメラに対する倫理的問題

体外受精させたブタの胚盤胞4359個にカニクイザルの胚性幹細胞を注入し、これを雌ブタに移植したところ、子ブタ10匹が生まれ、うち2匹が同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている「キメラ」であることが確認された。

スポンサーリンク

2017年には、ヒトの細胞を持つブタが誕生

この研究は、異種間器官形成によってヒトの移植用臓器をブタやヒツジなどの大型動物の体内で培養させるという研究テーマのもとで行われたものだ。

2017年1月には「ヒトの細胞を持つブタを誕生させた」との米ソーク研究所の研究成果が明らかにされているが、この研究チームでは、倫理上の観点から、ヒトとよく似たカニクイザルを用いることにしたという。

研究チームは、ブタの体内でカニクイザルの細胞を追跡するため、緑色蛍光タンパク質(GFP)を生成するように遺伝子改変したカニクイザルの細胞を培養。この遺伝子改変細胞から胚性幹細胞を取り出し、受精から5日後のブタの胚盤胞に注入した。

キメラとして誕生したブタの心臓、肝臓、肺、膵臓、皮膚、子宮では、カニクイザルの細胞が確認されたが、キメラ率は0.001から0.0001と低かった。

スポンサーリンク

大型動物でヒトの臓器を培養するための道を…

誕生した子ブタはすべて1週間以内に死亡した。
研究論文の共同著者であるハイ・タン氏は、その原因について「キメラとの関連性は低く、ブタには難しいとされる体外受精が影響しているのではないか」との見方を科学技術専門メディア「ニューサイエンティスト」で語っている。

キメラ率が低く、出生率も低く、誕生した子ブタの生存期間もわずかであったものの、研究チームは、「異種間器官形成のさらなる進化に寄与し、大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらくものである」として、一連の研究成果の意義を強調している。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010004-newsweek-int

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
そんなことしていいの?自然に背いてこの世にあり得ない生体作り出して、何かの映画みたいに大変な事になって、誰が責任取るのよ?
名無しさん
こういう部分の倫理観って、中国には関係ないんだろうね。良い意味でも悪い意味でも。
名無しさん
すごいな、人間のためならやりたい放題でいいのか?
じゃあ、絶滅危惧種も絶滅しちゃいそうだし、こういう人たちに体外受精してみたらいいかもね!
名無しさん
このブタの命への尊敬はないのだろうか。
こんなことのために命を作り出され、数日で死んでしまうなんて、かわいそうでならない。
こんな実験なんて必要ない。
実験に関わった人たちは地獄に落ちてほしい。
名無しさん
ヒトでなきゃ何してもいいのか。神の領域。


名無しさん
科学者の腕試しでこの先、人類、愛しい動物たちは滅びるのか。
リスの子が木から落ちたとき、母リスが
慌てふためき駆け寄って、子リス抱きしめる映像を見た。
愛は人間だけのものではないし、地球は人類だけのものでは無い。
名無しさん
これの行き着く先として頭は豚、首から下は人間の人工オークが考えられる。
内臓だけではなく皮膚や骨格まで効率的に利用できるだろうから。
効率と利便性の行き着く先が、時としておぞましい世界に成り果ててしまう可能性を感じてしまう。
名無しさん
そんな、豚とのキメラの臓器を将来移植するのか??
その前に、試験管とかで自分の細胞使って臓器を作れるようになったりしないのか、、、
子を宿して産むって、なんか生命の神秘の部分だから人が入っていい領域でないと感じてしまう。
たしかに我が子が難病だったとしたら、どうにか治したいと思うかもしれない。だとしても、人の踏み入れてはいけない世界だと思う。
名無しさん
科学至上主義の考え方は本当に危険だと思う。科学だってやっていいことと悪いことがある。科学だから何をやってもいいわけではない。科学実験の限界点を決めた方がいいのでは。
名無しさん
神の領域…
そこまで手を出してはいけない気がします。
人間でもここまでできるのだから
かつて、人間も神によって、このように作られたのか…とも想像してしまう。
名無しさん
動物なら何してもいいって言うこの風潮、やめてもらいたい。他国の問題ではない。先日日本でも鶏がどんなふうに殺されているかという記事が掲載されていた。あれもひどすぎる。


名無しさん
人間の勝手で産まれて死んでしまった豚、可哀想すぎ。
生命の誕生は神の領域で、人がむやみやたらと手を出すべきではないと思う。なんでもやればいいというわけではない。
名無しさん
すごくいけないことをしているような気がするけど神様にでもなったつもりなのかな
研究だなんだと色んな事をやってみるのはいいけど犠牲にしているのは命
名無しさん
本当にやめて欲しい。
人間がコントロール出来ない程の凶暴かつ毒性の強い生物が誕生してしまったらどう責任を取るのか?
新たなジャンルの覇権を取りたいのも分かるが倫理的にもアウト。
世界はこの件についてより深い関心を持ち中国を監視する必要がある
名無しさん
中国って利己主義を極めてるなぁ。
自分が良ければそれでいい人たちの集団だから治安の悪さや汚染のレベルも群を抜いてるよね。
目に見えるネットとかの規制はすごいけど、目に見えてない部分の闇が深過ぎる国。
何かあった時に同じ人類のやったことだから自業自得って言われると激しく腑に落ちない。
名無しさん
なんという愚かな事をしているんだ…この研究に関わった人間は絶対に許されない罪を背負ったときうことを認識しなければいけないと思う…人間に出来ない事はない。だからこそやらないという選択肢があるはずなのに…頭がいいのに、愚かな行動をとる哀れな人間達ですね…
名無しさん
人類は慣れるのが早いから、近い将来デザイナーズベイビーを選択するのが富裕層の常識になりそう。神の子と使える者の二極しかなくなる。正にヒトラーの予言のように


名無しさん
これはいかん!こんな事はしてはいけない。人間の臓器を他の動物で作ってまで生存させなくていい。人間なんだから。長くても短くてもそれがその人の人生。生き方の内容が大事。中国は倫理が欠乏しすぎ
名無しさん
〈大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらくものである」として、一連の研究成果の意義を強調〉
結果オーライではいけない。モラル、倫理を遵守しないと取り返しのつかないことになる。自分で責任の取れないことは絶対にしてはならない。個人の尊厳・安全を守る立場である中国政府に強く望む。
名無しさん
習近平は恐らく皇帝になりたいのだろうな。
神仙思想或いは不老長寿、まぁはっきり言って妄想ファンタジーの類いでしかないが、現代科学の粋により何処まで迫れるか、迫りたいのだろう。
という事はそろそろ寿命という事でもあると推測される。つまりもう直ぐ中キョウはトップが代わる。
その時どちらに中キョウの舵が切られるのか。
より強権大国へと進むのか。
それとも世界と手を取り合う方向に進むのか。
いずれに進んでも、他民族弾圧に対する暴発が発生し、テロを生むだろうから数十年は荒れるだろう。
我が国への影響も免れ得ないだろうが、習近平というある意味類稀な独裁者亡き後の中キョウは全世界からかなりの圧力で抑え込みを喰らう筈だ。
新しい世界秩序に向けて我が国は未来を見据えた行動を目指す必要があるのだが、はてさてそこまで見ることの出来る政治家や経済界トップがどれだけ居ることやら。
名無しさん
さすが中国、他の国では躊躇するところにスピーディに着手しますね。
様々な問題はさておいて、技術競争のような視点ですとこの倫理観は圧倒的に有利だと思います。
恐ろしいですね。
名無しさん
この様な実験は国際規定を設けた方が良いと思う。技術が進化したからといってヒトがこの様な事を行い、生まれてきた命が粗末にされてしまうのは悲しい事だと思う。動物だからいいとかいう問題ではない。モラルの面から考えないと将来地球上の生物に異変ばかりが起きてしまう気がする。
名無しさん
人間の持つ倫理観はある一定以上の科学の進歩を妨げると思う。遺伝子に関する技術は特にそう。人間のクローンも夢の話ではなくなってきたと思うし。数多くの議論の上に多くの人々が納得できる結論を出した上で技術開発してほしいと願う。


名無しさん
カズオ・イシグロの「私を離さないで」を思い出した。
臓器を取られて殺されるのが決まっている命が自分だとしたら…そんなこと、生命が生命にやって許されることではないと思う。「動物だから解らない」ということはない、ペットを飼っている人なら解りますよね?犬も猫も本当に感情豊かで色々なことを考えてる。
名無しさん
中国は進んだ技術の上澄みだけ持ってきて研究という積み重ねがないから倫理観が成熟する時間がないんだろう。
これは中国だけの問題じゃなくて、いきなり魔法のような技術から近代化が始まる、これから発展する新興国すべてに当てはまる。
世界はとんでもない方向に進んで行くかも知れないね。
名無しさん
人の臓器を作り出すことが目的としてもなんかYESともNOとも言い難い実験だね。
実験の成果が未来の希望だとしても途中経過を見たらとても支持出来ない物は過去にもあっただろうし、それを知るか知らずにいるというものは沢山有るんだろうな。
実験国がどこかではなく、この実験の最終的な成果の賛否に答えは無いのではないだろうか
名無しさん
賛否両論あると思うけど…
現代医学にしても相当非人道的な実験によってもたらされた事は否めない。
人が享受する過程で批判や非難は度々起こるが、それが必要となり当たり前になるまでそう時間は掛からない。
多分中国はこのまま臓器や事故で失った部分の代用品を出してくると思う
そして世界はその技術を借り又は研究し倫理観に反しない技術を構築するだろうと思う。
まぁその前に貧乏人には関係ない話し
だから私も含めて気にする必要は無いでしょうけどね。
名無しさん
実際、キメラを使って出来た自分の遺伝子を持つ腕や足、内臓があったとして不慮の事故で両腕両足を無くしたらキメラだろうが再生手術をお願いしてしまいそうだよ俺は。
象からマンモスを再生させるのは皆んな讃えてるように感じるけど同じ事だよね。ジェラシックパークも恐竜復活を扱ってるし。
とまぁ表現の仕方や中国絡むと否定的になりがちだけどアリっちゃアリだよね。中国は今、ウイグル人の内臓抜いて移植手術バンバンやってるけど豚使えばウイグル人被害に遭わないで済むし。
そもそもそんな事するなって話だけどね。
本題の豚のやつ、仮に人に移植出来るようになったら今は人に無害な豚インフルエンザとかの病気が人も感染するようになって危険だからやっちゃいけないんじゃなかったっけ?
名無しさん
これは断固反対。
一方で、例えば人工衛星や再生医療、バイオテクノロジーなどに対しても、「神の領域」という今回と同様な意見があったのでは。
そう考えると、神の領域は、時代とともに変わつていくと思うと、このような実験もやがて許されてしまうんではないかと危惧する。


名無しさん
キメラと聞くと倫理的問題が大きく感じるが、例えば弁膜症に使う牛や豚の生体弁などは、大きく問題と報じられることはない。もしこれが完全に牛の心臓をヒトに移植するという話なら?皮膚なら?足なら?角膜なら?眼球なら?
倫理的にどう判断するか難しいけれど、ヒト対ヒト以外の移植はいつかは出てくると思ってる。
大公
数年後バイオハザードに出てくる様なモンスターが戦場に出てきそうで怖いな。
そして、連中は普通に自国内でバイオハザード起こしそうだな。で、モンスターが跳梁跋扈→自滅→荒廃した大陸で冒険者と呼ばれる連中が活躍→その中から勇者と呼ばれる存在が現れる→その勇者こそ後のロトの勇者
なるほど、ドラクエの舞台はかの国だったのか。
名無しさん
批判してる人がかなり多いけど、この技術が完成すれば臓器移植が必要な人が助かる率はかなり上がるね。
ただ倫理的にはあまり宜しくないので臓器培養より優位性が無ければ流行らないかもね。
キメラを作るのは個人的には生物の理解が深まると思うのでいいとは思うけどしっかり管理だけはして欲しいね。
名無しさん
不自然な事してまで人間は存命をしたいのか?それは間違いだと誰もがわかってるはず。なのに介入してしまう研究者、金持ちと同じ考えなのか?金持ちは金の贅沢しすぎて使いどころが無くなれば権力者に憧れる。世界を支配したくなる。研究者も同じ、究極の研究は人間が人間の研究、もう止められない。
名無しさん
自分は頭が硬いので、こーいった事は許されない!と感じてしまうが、これを発表したという事は恐らく発表してないところで人体でもやっていそうだなと思う!
名無しさん
これが自然に背く事なら、人は病気にかかって薬や手術(臓器移植)に頼り延命する事は良いのか?それとこれは話しが違う?
江戸時代にもそう言った人がいたでしょう。
全ては社会が受け入れていったから、倫理的に問題ないと思い混んでいるだけです。
もし自分や大切な人が難病に侵された時、神様の意志にそぐわないからと言って切り捨てられますか?助かる可能性のある最先端の医療があるのに、仮に唯一豚の臓器で助かるとすれば、選ぶ道は一つ。それ以外は、自分や最愛な人のいのちを掛けてでも、意志を貫く勇気があるのでしょうね。


名無しさん
中国に技術が手に入ると恐ろしい実験をしてるかもと思った。健康の為に赤ちゃんを食べるとか臓器売買とか中国はあるから、既にクローンでやってる気がして怖い。世界に批判されても中国だと民族弾圧とかも一歩もひかないし、中国の実験ニュースは、素直に受け止められない。
名無しさん
倫理がない国は怖いね。
実は日本のペット社会も同じ、無理は繁殖で異常が発生している。
また掛け合わせにより犬などが常に激痛を伴っているという報告もある。私たちもペットの法改正が必要。桜なんて優先順位低すぎる。
名無しさん
動物達の負担が大きいように思います。
お母さん豚も移植で身体大変だったと思うし、赤ちゃん達も…。
人だけが生き続けるなんて出来ないし、限度を超えてまでしてほしくないです。
名無しさん
この実験が進んで成功すると人間に移植可能な臓器を持った豚が生まれたりするの?
例えば心臓の大きさや機能だけは全くもって人間そのものみたいな
そんなことあるのかねえ
こういう実験が将来病気の人を救うんだろうけど無駄に動物を苦しめないで欲しい
名無しさん
倫理や道徳はどうなっている?
自分たちがやったことがやがてどんな影響をもたらすのか、そもそもやるべきことなのか
そこを判断しないまま、欲求の赴くままに行動したら幾ら頭が良くても破滅の道を歩み兼ねない。
名無しさん
中国成金向けに、、今いるペットが亡くなった時のためにあらかじめそっくりのクローンを作って売ったりしてなかったっけ?
やむを得ない治験的なものもあるだろうけど
こうした種の動物実験は断固反対だ。


名無しさん
中国やロシアの技術躍進は時にものすごいスピードで進みますが、為すべき手続きを全部すっ飛ばしてるからなんでしょうね。
知られていない闇がいっぱいありそうです。
名無しさん
怖すぎる。
命は限りがあるから尊い。確かに不老長寿は人と言うか、生命の根源的欲望。でも、動物は受け入れるけど、知恵がついてる人間はなんとか夢を叶えようとしてしまう。
人はロボットになりたいのか、ロボットを人にしたいのか、永遠に生きる業は怖い
名無しさん
生命倫理の議論が成熟していない段階でこうした研究を進めるのは危険だと思う。
動物実験がある程度許容されている医療分野の研究といっても、流石に冒涜的に感じて嫌悪感が凄い。
名無しさん
本気で気持ち悪い。その存在ではなくそれを生み出そうとする人間が居ることが。
医療の発展だの様々な分野に繋がるのかもしれないがそこまでしなきゃいけないの?それは俺が今は健康だから思うんだろうか。
名無しさん
確かに恐ろしい気持もあるが、もし自分の大事な人が死んでしまうかもしれない。豚で培養した内臓を移植することで助かったって話があったら、きっと感謝するとも思う。
いやモラルはないと思うけどさ。否定もしきらないかな。
名無しさん
これを進化という感覚が分からない!確かに他の生物の臓器が移植しやすくなったりするのかも知れない。しかし、そこまでして生にしがみ付きたいか?


名無しさん
医療の進化とともに、倫理が問われる。
病になった臓器を今回のように作成することもできるかもしれない。
けど生命に対してどこまで人が手を加えてよいのか?
名無しさん
「ライガー」「ライゴン」「レオポン」などなど、キマイラ動物はすでにたくさん存在している。人類はとうの昔に「神の領域」に踏み込んできた。
「倫理観」の問題が語られるようになったのは、それらが誕生してからのことで、いわゆる「後追い」となってしまっているのが現実。
何百年かのちには、臓器も皮膚も何から何まで移植を繰り返す技術が完成して「不老不死」が実現しているかもしれないと思うと、ゾクゾクするのと同時に、得体の知れない恐怖感も覚える。
ただ、そんな時代がきたら、世界中で紛争のタネとなっている「宗教」というものは、その存在意義を失うだろう。
それが、いいのか悪いのかは別として。
名無しさん
研究者の性質として試したい気持ちはわからないでもないですが
重大な罪を犯してしまったような気がして恐ろしいです。
名無しさん
戦前、日本でも異なる種類の鳥を使ってキメラを作っていた人がいるようです。そういった研究は当然戦後は倫理的問題から無くなっていきました。(戦時中は人体実験もやってましたからね)
中国はどういうつもりでやっているのか…日本でも豚で人間の臓器を作る実験をやると言っているので人のこと言えませんけどね…。
名無しさん
倫理観云々言ってる人達は記事読んでるのか?いざ自分の家族が心臓移植が必要になったってときに研究できてないのでできませんわ〜って言われてどう思うのかな。
自我を持った人間に対して人権をどうするのかといった問題が生まれるのであって、動物に臓器を培養させることに問題があるのやら。
動物かわいそうと思うなら毎年絶滅してる種や、普段食べてる家畜に対しても何かアクション起こしたらいい。
名無しさん
これって、かなり怖いニュースでは?
チベットとかの人で実験やってそう、、、、
若い素体の人体標本を大量供給できる国だからね。


名無しさん
これでどうこういう人。私達が飲んでいる薬は動物実験を経ています。沢山の動物たちが犠牲になっています。
この実験も根本的な意図は同じです。
意見は色々あると思うけど…
それは良くて、この事例はだめ??
難しいですよね。
名無しさん
かつてはアジアに対し思想の先駆者であった中国が、人間あるいは生物の尊厳に関し、いとも簡単にその敷居を超えることに恐怖を覚えます。
名無しさん
人はこれ以上、神の領域に踏み込んではいけないと思います。
自然への感謝。
全ての命への尊敬。
自然災害やテロや…
何もかも人間至上主義でやってきたツケが、じゃんじゃん回ってきてるじゃないですか。
名無しさん
論理感無視した研究者ってもはや異常でノーベル賞を夢見て必死にやってはいけない事を理屈垂れて研究しているんだろうと思う。
名無しさん
人間の細胞を持つブタがいても、不思議でもありません。そうゆう時代に突入しました。怪物を作らなければいいのですが。
名無しさん
無神論者だけど、こういった生命を操る事は神の領域を侵しているとしか思えない。
たかが数日だけ生きるために誕生させられるなんてあり得ない。


名無しさん
中国にはそんな気さらさらないだろうが誰かがやらなきゃいけない残酷な事をしてくれている
もし実験の成果で、画期的な新薬や治療法を安く利用出来るようになればどうせ皆使うでしょ
俺には批判出来ないわ
だから筋道通した上で批判出来る人は人格者だと思う
名無しさん
神の領域とか最初からない、人間が踏み入れては行けないとコメント欄で見ましたがなぜそうなるのか?探究と発展のためなら多少の犠牲は仕方ない。それで新しい発見があるかもしれないから。
名無しさん
その内大変な事になる
神の領域に踏み入れて、尚且つ医療での行為じゃないような気がする。
クローンの人間が生まれたらどうするのか本当に怖い!
名無しさん
怖い・・言いようのない怖さが有ります
一党独裁・監視社会ですから、民衆の意見など反映されず
野放しになった、最低限度の倫理の破壊が危惧されます
モモヒキ
豚として生まれても食用だったりで短命だったとは思うけど
豚にも猿にもなれなかった命
育たず短時間で死んだのはこの子のためには良かったと思う…
名無しさん
でも移植を待ってる患者さんも多く、
脳死移植が少ない日本でこそ取り組むべき技術では?
ただ研究の結果は公開して倫理的監視は常に出来る様にしてだけど。


名無しさん
そんな方面の研究なんか根絶やしにして、自分の細胞から自分の移植用臓器を作り出す研究を進めたほうが、倫理的にも正しいのでは。
名無しさん
残念ながらこういう倫理観のない国のほうが、一部の科学や化学は発展していく
もしくは、大失敗で大惨事
他の先進国は、自縄自縛状態で亀の歩み
名無しさん
諸手を挙げて賛成は出来んが、今の技術も何かしらの犠牲の上で成り立っているのは動かし難い。難しいな
名無しさん
支那は基督教的な、人類不信感(唯一神のみが正しく人は時に邪悪になる)が無く、基督教国以上に自然を人類の配下の、可能であれば何をしても良い、という哲学が有る。故に、基督教国と異なり、クローン、臓器移植(親に貰った体を毀損するのは親不孝という考えは、紳士上流階級の思想ー儒教ーであり、実は支 那に於いては儒教は自分が立身してから信奉すべき生活信条に過ぎず貧しい時分身分が不安定な時には此の思想に従う義務は無い、と一般に考えられている)編集ベイビィ、キメラ生物此れ等は何が悪いのか、というマインド風土である。故に西欧諸国がバイオ科学について一々倫理的検証をして実行の可否を吟味してから、実行を行う、というところで足踏みする間、支 那は、科学的に実行可能である限りどんどん実行し、本記事の様に次々に成果を出してくるであろう。
名無しさん
凄いなぁって感じるけど
やっていいこと、悪いことがあると思う
名無しさん
このようにして新たな生物が中国から誕生するわけか。
そのうち恐怖心が一切なく苦痛も感じない戦闘用の人間を誕生させるかもしれないな。


名無しさん
何のためかどんな可能性を持っているかを考えずに批判するのは浅はか
人の遺伝子を移植した動物の子孫の胚が人間に移植できるとしたら
自身や大切な人が明日までの命かもしれない疾患で臓器移植が必要
10年待つか安全性が確保されたこの方法でつくられた臓器を移植するか
その選択でそれでも10年待つと言えるなら批判すればいい。
面白半分にこんな実験はしない。
名無しさん
私は倫理観というものがあまり理解できない方なので、人間の病気が治るためとかなら今後も研究盛んに続けるべきだと思う。
ただ、安全性がとても気になる。
名無しさん
ダメだと思いつつも食用の牛やブタや鳥もいるわけで。
臓器を待ってる人たちも現在ではブタから欲しがらないと思うけど、アリな世界になってきても死を選びますかという問題。
もっと言えば自分と身内は死を選ぶとしても、交通事故や医療事故の加害者になった時の選択項に並んだ時、被害者に死を選びますか。
名無しさん
新しい病気が発生して動物や人類に影響があるのでは?
とか、未知の生物を誕生させるのは怖い
名無しさん
いずれ誰かがやらなきゃいけないこと
それ中国がしてくれてるだけ
生物の仕組みを完全に解き明かすためには残念ながら必要なこと
名無しさん
これがなんで動物虐待ではないの??
人間のために動物が存在するなんておこがましい。
ご飯でいただくときは感謝して残さずいただいてるけど、それでも心が痛いのに…。


名無しさん
現代の科学、化学においてできない事ではないでしょうけど、敢えてやらない実験なのでは?
クローン実験も凍結されてるしね。
名無しさん
出来ることと、やって良いことは違うという小学生の道徳からやり直したほうが良い。
胸が痛む。
名無しさん
何が正しいか全く分からない。
この話題に関して、命の尊厳…と言う方はヴィーガンになるしかないし、
家畜産業が成り立つ論理があるのだから、この生命工学もアリといえばアリではないのだろうか。
家畜は殺しても良くて、生命工学が殺してもダメという論理は成り立たない。
それにしても、恐怖とその中に埋もれる見てみたい欲望とが自分の中に感じるニュースだ。
名無しさん
人間の延命治療でさえ疑問を感じているこの頃。寿命は寿命として受け入れるという考えには至らないのだろうか。あまりにも自己中すぎる。
名無しさん
中国ってなんでこう倫理観が低いのか
人間優位、その人間でも貧富の差によっては優劣がある
富める者の為に、貧しい物があるような考え宦官だとか、纏足だとか、一人っ子政策だとか、中国に纏わる歴史は人権侵害、権力者や富裕層優位
裕福な人間の長寿の為には禁忌をもおかすんだろうな
団塊ジュニア
武田邦彦先生が言っていたが、顔が豚で体が人なのは、豚なのか?
怖い時代になってきた・・
だけど、臓器を待っている人もいると思うと、難しい・・


名無しさん
倫理上とんでもない、と文句言っても出た利益は西欧諸国も享受するか後追いするかだから結局は先にやったもん勝ちでしょ
神がどうのこうのと綺麗事言っても人間は便利には勝てないよ
名無しさん
この中国という国はどんな道徳をもって育って来たのか不思議になる。
何故よからぬことをあえてやる?
そこから何か別のものが発生したらどうするつもりだ?
名無しさん
ペットだって畜産だって色々掛け合わせて出来てるし近い動物同士だからOKって訳でもないでしょうし。
否定してる人も知らない間に色んな恩恵を受けてますよ。
名無しさん
ナチスドイツを例に出すまでもなく、クレイジーな研究は、後の世に多大な恩恵をもたらす。
様々なデメリットは、人類史における必要なコストと考えるしかないさ。
どだい現代に生きる我々だけが、人類のクレイジーな歴史の恩恵だけを享受して、何のリスクも負わないなんて、ムシが良すぎる話なんだよ。
名無しさん
こういう研究は怖いけどすごく興味ある
中国以外の国で公にこういう研究できる国は少ないから頑張ってほしい
名無しさん
意義を主張しても、先に法を作らなければ絶対やるでしょ、軍事転用。
というか・・・収容所に入れてる人達の臓器が底を突きかけてるから人工で作ろうとしてるんだろうか・・・恐ろしすぎる。


名無しさん
食物連鎖の頂点が数を減らさないとこう言うおかしな事をする。
定期的に戦争が起きるのは生態系を守る本能なのかも。
名無しさん
倫理観がおかしいね
考えうる理由は臓器売買の特許のようなものでしょう。
死刑囚から提供してもらったと言いながら新疆ウイグルの人の臓器売買をしてみたり、拉致した人の臓器を人造臓器で問題ないとでも言って売りさばくつもりでしょう。
名無しさん
先進国ほど倫理観にしばられている間に差をつけられる。
未来では当然のことだとしても。
名無しさん
死ぬために生まれるとは…。
色々と考えされることだね。
名無しさん
試験管ベビーのときも似たような批判があった気がする。
20年もすれば、当たり前になるのかもね。
名無しさん
核開発もだけど、このような実験を規制しなくていいのかな?核より危険な気がするけど。


名無しさん
そのうち、ブタとひとのハイブリッド、ひとブタとか作るんだろうな、案外食べると美味しいかもな。
数年後には高級中華のテーブルに身体はぶた、顔は石原さとみのような食材が並ぶかも
名無しさん
これを日本でやっていたらコメントが違ったんだろうな。
日本人てフレンドリーに見られがちだけど自分じゃ気づかないところで人種差別してるんだよなーと思いました。
名無しさん
こういうのは倫理がどうのといった問題をあげるが、どこから神に背くのか線引きは難しいね。生き物だったらダメなの?虫ならいいの?ネズミなら?植物なんかはバンバンやってるんだし。
名無しさん
どの国でも研究と実験はしてるはず。
倫理的な議論が起こるから伏せているだけだろう。
日本も秘密裏にやっていても驚かない。
名無しさん
「神」の領域とか言ってる人いっぱいいるけど、そもそも信仰や宗教観などないのにこういう時だけ神を持ち出すことこそ違和感あり。
名無しさん
俺もあと40年もしたら寿命を全うしてるだろう
それまでにこんな実験が成功してあちこちに変異動物が出回るのは見たくないな


名無しさん
命の尊厳はないのか…?
これに関わってる奴らは地獄へ落ちてほしいと思う。
触れてはいけない領域ってことぐらい、なぜ分からないのか!
名無しさん
きっと公にしていない倫理観を無視した実験は昔から世界中であると思う。今回のは氷山の一角だと思う。
名無しさん
花は枯れるからこそ美しい。人間も限られた人生だからこそ価値がある。
科学が進歩して不老不死になったところで、なにが嬉しい?
名無しさん
なんでキメラを誕生させる必要があるのか全く分からない。動物の命が無駄なだけだと思うのは私だけでしょうか?
名無しさん
みんな「可愛い(*≧з≦)」って言ってる犬や猫だって色んなのと交配させた結果だろ。ダックスフントだってほとんどの子が腰を痛める。その度に「人間のエゴでごめんな」って可哀想になる。
名無しさん
素晴らしい研究成果。いつかは空飛ぶ人間を作れる日が来ることを信じたい。


名無しさん
倫理上の観点って、結局人の臓器を作ることを目標としてる以上は最終的には人の細胞使うよね。
名無しさん
この国で遺伝子研究なんかさせてはダメだと思う
そもそもモラルがない人にこんな神の領域の実験などさせるべきではない。
名無しさん
ただ、ただ、恐ろしい話。キメラなんて、映画や漫画の中の話だと思っていたのに。
それをやり遂げて、研究発表する中国もなんだかこわいです。
名無しさん
中国だけでなく全国でこの様な実験やってると思われるけど、こういった研究してる人達ってキモいっすねー。
不快な気持ちになります。
いくら人間の為って言ったってキメラ作るのはやりすぎでしょ。
人間、病気で死ぬ事も自然の摂理なのだから。
名無しさん
タブーに手を突っ込んでいる嫌悪感。
これって中国人だからできるのか、まだなし得ない科学への飽くなき探究心が極まると“悪魔に魂を売っても”平気な科学者の性なのか。
名無しさん
孫悟空と猪八戒が合体し、あとは沙悟浄が組み合わさるのも時間の問題


名無しさん
それぞれの立ち位地で、賛否両論あるかとは思いますが…
『どこに向かっているのかなあ…』
何をすべきとか、何を守るとか…
それらも、一体何の為に…
名無しさん
こういう研究は取り締まれないのですかね。この類の研究は世界的に絶滅させた方がいいと思います。
非常に残念な心象しか残りません。
名無しさん
ただの動物虐待だと思う。生命誕生の操作は何のために必要なのか。
ルック
神の領域に人間が手を出せば、必ず祟られる
化け物だけは作らないでくれ
化け物の命も同じ命
名無しさん
「大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらく……」
こんな腐った世の中なのに、こーまでして人を生かすことになんの価値があるのか分からない
jee*
科学の犠牲は今の所猿と豚だけど、その内金持ちの為のパーツ取りの人間もすぐに生み出されるのは確実。
何てったって中国。
キンペークローンも、もしかしたら可能かも。


名無しさん
現代人が実験動物の恩恵にあずかってるのは重々承知してるけど、これはやり過ぎだと思う。
名無しさん
倫理的な問題はあるが、自分が臓器移植が必要な状況になったらすがりたいかも。
名無しさん
グリーンピースとか、日本人は鯨をとるな!
という前に ホントに抗議しなきゃいけないのってこう言うのでしょ…と思う。
名無しさん
動物がかわいそう。
中国は何をしようとしているの?
怖い。
名無しさん
大きな成果が大きな罪になることがあるということを知らない人が多すぎる。
名無しさん
倫理的にやってはいけないことを止めさせないと、中国は後先考えずに何でもやって、そのうち取り返しがつかないことになる。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

僕は、「神の領域」という漠然とした訳わからん表現はどうでもいいのですが。

倫理的な問題ですよね。

こういう時にベジタリアンやビーガンの人達は物凄く発言力があるのかもしれません。
僕らは豚を食べますから、「人が食うために作るのはよくて、臓器のために作るのは駄目か?」とも問われるでしょう。

ただ、この生まれた子たちの存在は?ということを考える。
ブタとして生まれたわけでもなく、人でも猿でもない。
誕生させた生命がこの世の何者でもないという罪はあるでしょう。

違和感はあります。
物凄く意見が少なかったですが、僕と同じように「ナチスドイツの実験」を連想している方もいました。

しかし、成功すれば多くの人の命が助かる。
僕は医学に関して無知ですが、人間の臓器を他の動物の体内で生成しようとする際に、ブタが最適だというのは知っています。

非常に難しい。
それに、それこそバイオハザードのような「しっぺ返し」がありそうで怖い。

それにこの問題は、ゲスな話になりますが研究としては安価に進めることが出来るのでしょう。
iPSの補助金、支援金が2022年に打ち切られるとの発表がありました。

費用対効果が低いとか何とか言っていますが、再生医療としては最も人道的であり、身体的な負担も少ない。
ここにお金を投じなくてどうするというのが僕の思いです。

神の領域云々を語るなら、山中さんに「私の一存でどうにでもなる」と迫った女性戦略室次長の罪もなかなかだと思いますよ。
今後、この記事の研究が進み、多くのブタが犠牲になるとしたらこの女のせいだ!(※個人的意見)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント