もし猛獣や野生動物と鉢合わせになったら…覚えていてほしい3つのこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク


あなたは大型の野生動物と遭遇したことはありますか?
都心の一等地ならまだしも、山が近くにある場所に住んでいる方にとって獣害は他人事ではありません。

また、趣味でキャンプや川釣りや登山などに出かける際に是非気を付けていただきたいのが大型動物との遭遇です。

人間がクマやイノシシに襲われる事件は後を絶ちません。

野生動物との遭遇は「最近はかなりよくあること」だそうです。
野生動物が生息する地域まで人間が街を広げてしまったせいで、在来の野生動物たちは街に出てくるしかなくなったのです。

野生動物たちは、人間との共生の道を選ぶしかなくなりました。

スポンサーリンク

獣害被害を防ぐための注意点と対策

人間は野生動物のエサを沢山生み出しています。
野菜や果樹を栽培したり、生ゴミを撒き散らすので、カラスやネズミやリスなどの小動物がやってきます。

野生動物との共生の仕方を学ぶべきなのはむしろ人間の方なのかもしれません。

野生動物にエサをやらない

動物が近づいてくる場合、「エサをくれるかもしれない」と思っているケースも否めません。
サルなどにエサをあげる人がいますが、これは非常に危険な行為です。動物は人間が食べ物をくれると思うようになるとエサが欲しくて人間を待ち伏せするようになります。

野良猫を思い出していただけると分かりやすいかと思います。
自宅前に現れる野良猫にエサをあげ続けると、やがてその猫は家に居つくようになりますよね。

サルやムジナが近づいてきた場合、意図的に攻撃してこないにしても、食べ物を貰おうとして偶然噛んでしまうかもしれません。
また、何も知らない人間に近づくことも充分あります。

自分が野生動物にエサを上げたせいで、誰かが傷つく可能性もあるのです。

野生動物にはエサを与えないようにしましょう。



小型犬は野生動物の視界に入らないようする

小型犬を連れているときに野生動物が後をつけてくる場合、犬を獲物として狙っている可能性があります。
吠えて刺激すると危険性も大きく増します。
犬をジャケットの内側に隠して狙われないようにするなどの対策が必要です。

大型の肉食動物に遭遇したときは、その場でしっかり立ち、相手から絶対に視線を外さないようにしながら、身体を大きく見せたほうが良いでしょう。

ほとんどの場合、相手は人間に特に興味を持っているのではなく単に自分にとって脅威になる存在か、あるいは食べ物を持っているかを確認しようとしているだけです。
とは言っても、動物の意図が何なのかを認識する必要はあります。

山でクマに遭遇したときは、動作を止めてジャケットで頭を覆い、身体をできるだけ大きく見せ、威嚇的な声を発するようにしてください。
動物に近づかずにその場でしっかり仁王立ちしましょう。
その上で、「一歩後退しては立ち止まる」を繰り返すと効果的かもしれません。



絶対に走らない

野生動物から走って逃げるのは、大きな間違いです。
走ると、獲物を狙う捕食者のメカニズムを誘発します。
あらゆる捕食動物は走るものを追いかけるメカニズムを持っています。
動物は本能をコントロールできないので、人間が自制しければなりません。

人間の心理として「今すぐ走って逃げてこの場を去りたい」と思うのは当然の心理ですが、絶対に背を向けたり、走って逃げたりしてはいけません。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00010004-biz_lifeh-sci&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
勉強になりましたが実際に出くわしたらテンパってしまうと思う。
名無しさん
通勤途中に、この記事のおかげで、今後は適切な対処ができそうです。ありがとうございました。
はなはな
集落を離れて山の中を歩くときは鈴と団体行動かな…猪は家の近くを歩くし一番危ないらしく夜中は気をつけてマス。鹿は気配に気づいて逃げていきますね。夜中家の前にいて逃げてった。
名無しさん
昔野生の猿に追いかけられた事があります。
その時は何故か階段が片側にしかないアパートの二階に逃げてしまい、追い詰められたのですが、こちらも本能なのか、目を合わせたまま背中を見せずに少しずつ少しずつ階段の方へ移動し、3、4メートルくらい猿から離れた瞬間にダッシュしました。
ちなみに階段の一番上から時をかける少女並みにジャンプしましたが綺麗に着地できる訳もなく。
尻でドドドド…とバウンド。
無事に逃げ切りましたが、
自分の尻が猿のようになっていました。
(しかもめちゃくちゃ痛い)
トホホなエピソードです。
Die
サルやイノシシ、野犬や熊には出会う可能性があるわけで、そういう時には3つの約束を思い出すといいかもしれない。
多分、思い出せない。
名無しさん
熊に遭遇した時の対処法が知りたかった。
まぁ、背を向けて走らないのは鉄則だと思うけど、腹ペコだったらどうするの?


ちょっと一言
ピクニックシート(お弁当の時に地面に敷くシート)を取り出しやすい所に携帯しておき、熊に遭ったら大きく立ち上がるようにバサバサッと広げると、熊は嫌がって逃げるそうです。
動物園でやってみる映像も見ました。
他の動物も、似たようなものだろうと。
名無しさん
目線を合わせたらダメなのは鉄則よ。
chi
鹿やイノシシの害が増えてるのはオオカミが戻ってきたら少なくなってくると思うんだけど、犬とか外出してる人あかんようになるかもな。
名無しさん
ピエールに出会った時の対処法が知りたい。
名無しさん
眼を合わせたまま、無言で踊り狂ってみたらどうなるんだろうと、時々思うんです。うちの動物達は漏れなく、意味不明ダンスを見たら「びくっ」ってなって、めっちゃ怯えて後ずさったのですが…
名無しさん
大台ケ原という三重県の山でサルの群れに囲まれたことがある。こっちはソロ。あれは今までの人生の中でもトップクラスの恐怖だった。


名無しさん
動物の目の前で傘を広げるのが有効。傘があればだけど。
名無しさん
我々日本人が遭遇しそうな可能性がある危険な野生動物はヒグマ・ツキノワグマ・イノシシ…ってところかな?彼らがこの写真みたいに向かってきたら反射的に走ってしまいそうで怖い。果たして冷静に行動できるだろうか?
名無しさん
どんな動物でも
目をひと突きしたら絶対にひるむだろうなっていつも想像する。
でも実際はパニクるし、もみくちゃにされるだろう…
名無しさん
深夜帰宅途中に綺麗な女子に遭遇しました。こんな時は?どうしたらいいの。
名無しさん
ひったくりや強盗など質悪い本物の
害獣に出会った時の対処方の方が大事では?
普通のossan
なるほど、気をつけよう


たこ焼き屋
警察官の職質と同じだな。
名無しさん
クマが出たら死んだフリをしようって小学生の頃言ってたけど、迷信なのかな?
名無しさん
結局、守れそうなの1つしかなくてゴメンよ。
名無しさん
ハイキングコースってあるよね。
yamada
野生動物か
名無しさん
森のクマさんに出会ったら?


名無しさん
武井壮のやり方で戦う
名無しさん
いや、本番は絶対走る
名無しさん
ジモンさんのコメントが聞きたい
名無しさん
動物愛護団体の連中はどうすんだろ?喜びながら食われるのかな
名無しさん
ディカプリオの『レヴェナント』みたいにボロ雑巾のようにされないか心配
名無しさん
カラスは俺より頭がいいと思う


jpn
狂犬病や破傷風などリスクが大きいので野生動物には関わりたくないですね。
名無しさん
走ったらダメならスキップだー
名無しさん
クマスプレー
トウガラシスプレー
名無しさん
食べ物持ってたら差し上げてしまいそう。カツアゲと一緒。
名無しさん
最近までは出会ったらどうしよう、と悩んでいた。
しかし、ゲームで、レッドデッドリデンプションというのをやったら、あ、違うなwと思った。
あれやっていると、ぎゃおーと聞こえたら、馬もろともやられるんだよ。は?と思ってたらクーガーとかで、えーwと思った。
また、熊が出た。これはわかる。バンバン!と撃っても向かってきて重傷負いながらもまだくたばらないのか、とバンバン!と撃って撃退。ふぅ・・・と思って皮剥に移行中、不穏な影がシーン中に見えるワケ。あ、また次の熊来たと、ここもまぁわかるが、さらに次の、さらに次のと視界に映る。皮剥が終わったら、4匹ぐらいの熊に追いかけ回されるということあって、なんじゃこりゃwと、wマークやるもその時は必死に逃げたが、これもまた新規の5匹目の熊が視覚からガオーとしばかれて転倒した所後続の4匹に次々と襲われ、終了・・・
死角から一気に狩られるパターンも覚えておくべきw
るぞにか
野生のクマ達も、冬ごもりから目覚める頃かな。山に行く人は、気を付けて下さい。


田舎にも住んでみたい
クマなどに遭遇するような
土地に生きているなら、銃を携帯したい。
名無しさん
死んだ真似をするとかえって危ないと言います。
名無しさん
ダンソン!フィーザキー!!
名無しさん
とりあえず餌をやらない。
名無しさん
数年前、民家に接する山際のお寺で墓掃除をしていたら、振り返ったら自分がさっきいた場所にニホンカモシカがいました。発見する瞬間まで気配や音にも気づかなかった。
ずっとそこにいられても困るので手をパンパンとはたいたらゆっくり逃げて行った。極端に人を恐れる様子もなし。
この経験から、やはり野生動物には突然遭遇するんだと認識。
場合によってはカモシカでも襲ってくるだろうし、熊やイノシシだともっと怖い。
山歩きは好きですが、一人でふらふらしない方がよい、傘など武器になるものも持ってた方がいいと思いました。
名無しさん
銃を持つには狩猟免許が必要で猟友会に入らなければいけないな。


名無しさん
まず場所で嫁と出会った時には全力で走れ
絶対に追ってこないから奴らは待ち伏せ専門だ
家で待ってるから
名無しさん
知ってるけどさ、いざ出くわしたら立ち止まって体を大きく見せるなんてできないよね。体を丸めて逃げてしまうだろうよ。
sae
画像のように熊がこちらに向かって走ってきたら、
もうとりあえず走って逃げるわ。
で、追いつかれて噛まれちゃう…
…それから先は怖くて想像したくない…
名無しさん
鹿なら食べる
熊と猪は食べるかどうか微妙
皮が硬くて料理がめんどうなイメージ
誰か解体してくれたら食べる
オオカミとかコヨーテを食べたいと思わない
ライキット
猛獣や野生の動物に遭遇したり、警察に遭遇して走って逃げるのは禁物だ。必ず追っ掛けて来るぞ!
名無しさん
画像の様なグリズリーと出くわしたら、一瞬で死を覚悟しなさい!!!
それができて、わずかに生存する可能性ができる事でしょう。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

猫は懐くのでいいですけど、イノシシは懐きませんし、野生のサルはあからさまに餌狙いですからね。
クマに懐かれても困りますし。

怖い話です。

91歳のお爺さんが畑仕事をしていてイノシシと遭遇し、持っていたクワで撃退するというニュースがありました。
91歳のお爺さんがクワで戦って撃退するケースもあれば、若くて銃を所持した猟友会の人がイノシシに襲われて亡くなる場合もある。

イノシシに餌をあげる人はいないでしょうけど、農作物を狙ってきますし、雑食性もある。
非常に攻撃的なので、もしかしたらイノシシが一番危険かもしれません。

クマは意外と臆病ですからね。

暖かい時期は登山やキャンプや渓流釣りなど、山に出かける機会が多くなります。
皆さんお気をつけください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント