全米が泣いた!人間不信だった老犬と郵便配達員の交流…心温まる物語

スポンサーリンク
スポンサーリンク


米テキサス州で、1匹の老犬が亡くなった。老犬と飼い主、それに郵便配達員を巡る心暖まるストーリーに、共感の輪が広がっている。

テキサス州に住むチミノさん一家は2013年、動物保護センターからメスのジャーマンシェパートを引き取り、「グレッチェン」と名付けて飼い始めた。

飼い主のクリス・チミノさんによると、グレッチェンは最初、なかなか馴れなかったという。

「あの子は人間に不信感を持っているようでした。生い立ちはよく分からないのですが、最初の反応から判断して、あまり良い経験はしていなかったようです」

グレッチェンはチミノ家の人々には馴れていったが、知らない人間には警戒感をあらわにした。
しかし、郵便配達員のフェルナンド・バルボーザさんには、少しずつ心を開いていき、すっかり懐いてしまった。

スポンサーリンク

老犬グレッチェンと郵便配達員フェルナンドさんの出会い…そして別れ

フェルナンドさんは5年前に、配達員の仕事を始めた。犬が大好きで、配達ルートの家で飼われている犬の名前をすべて覚え、いつもドッグフードを配達車に常備し、配達先の犬に与えていた。

グレッチェンも、いつも優しく話しかけ、“お土産”をくれるフェルナンドさんが大好きになり、毎日、郵便配達車の音が聞こえると外に飛び出していくように。

4月2日、いつものようにフェルナンドさんが配達をしていると、チミノ家の郵便箱に旗が立っていることに気が付いた。投函する郵便物がある印だ。郵便箱の中にはドッグフードの袋が入っていて、次のようなメッセージが添えられていた。

「グレッチェンが昨日亡くなりました。あの子が食べ切れなかったドッグフードを、あなたの配達ルートにいる他の犬たちに分け与えてほしいと頼まれました。グレッチェンは、ドア先であなたに会うのをいつも楽しみにしていました。ドッグフードをもらって、いつも幸せでした。ありがとうございます。チミノ家より」

これを見て胸が痛くなったフェルナンドさんは、ドッグフードとメッセージの写真を撮り、娘のアイリーンさん(22)に写真とメッセージを送った。

「ううう、私の友達が昨日亡くなったことを今知ったよ……グレッチェンは大きなジャーマンシェパードだったが、熊の縫いぐるみみたいだったんだ」



娘のアイリーンさんがツイッターへ投稿し急拡散

アイリーンさんはすぐにこのメッセージのスクリーンショットをツイッターに投稿。こうツイートした。

「父は郵便配達員で、配達ルートの飼い犬にドッグフードをあげるのが大好きです。配達ルートの犬が亡くなったと今日、父から聞きました。飼い主の方がこんなメッセージを添えてドッグフードをくれたそうです」

このツイートは、人々の心の琴線に触れ、急拡散。18万人以上がリツイートし、5000人以上がメッセージを寄せている。

老犬グレッチェンの手紙

クリスさんのツイッターにも、多くのお悔やみと励ましのメッセージが寄せられた。愛犬を失った喪失感がいくらかでも和らいだようで、グレッチェンが尻尾を振りながらフェルナンドさんを待つ短い動画と共に、アイリーンさんにこう返信した。

「フェルナンドさんに渡したグレッチェンの手紙がツイッターに投稿されたと聞きました。あの子に皆さんが示してくださった愛情と支援が、わたしたちにどれほどの意味を持っているか。何と言っていいか分かりません。あの子は本当に最高でした。この短い動画は、あの子がフェルナンドさんを迎えるところです」



参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000009-nkgendai-life

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
4/17(水)9:33
うぅ~朝から涙がにじみ出ました。犬や猫との友情は成立すると思います。優しい飼い主や人間の友達に出会えて、後半は幸せな人生を送れてよかったですね。
名無しさん
4/17(水)9:39
何気なく読み始めたら…涙が止まらないじゃないですかぁぁ。辛い時期があった事も忘れる位、沢山愛されて幸せだったと思います。
名無しさん
4/17(水)9:44
毎日配達が楽しかったでしょうね…お互い無くてはならない存在だったんでしょう。悲しいね(T^T)
名無しさん
4/17(水)10:51
心が温かくなる話とはこういうことなのでしょうね。動物が人と人との気持ちを動かしてくれる。
グレッチェンも毎日エサを貰える以上に
自分を愛してくれる飼い主以外の
人に出会い、グレッチェンの余生を幸せな晩年だったと思いながら亡くなっていき、それを
飼い主が配達員にグレッチェンの意思を繋ぐ事が
出来ることもまた素晴らしい。
私は保護をして一瞬動物を助けたと思いがちですが
実は動物の生き方を通じて楽しかった
想い出やこちらが泣いていたら心配してくれる動物に
助けられているなとしみじみ思う事があります。
動物は人間よりずっとずっと純粋です。
グレッチェンとの日々はこの配達員のかたの
人生の大きな幸せにも繋がっていたのだと思います。
名無しさん
4/17(水)10:58
保護犬を迎えて3日目です。まだまだ警戒しているようですが、人間に恐怖感は無いようです。多くの人、近所の犬との出会いを経験し、彼が穏やかに長生きできるようにしていきます。この記事の子のように楽しみを持たせてあげたいですね。
1230
4/17(水)9:45
わんこを『友達』という配達員さんと、飼い主さんのメッセージが素晴らしいです。どうか安らかに…。


名無しさん
4/17(水)10:40
日本だとまず餌をやらないでと怒る人が多いと思う。またそこで戯れてたら
何してるん的な目が気になる。
人ごとだと美談だが。
善意で物事受け取る人たちの輪に入りたい
名無しさん
4/17(水)10:15
ニャンもワンコも人を見る力は相当なものが有ります。そしてその能力はとても素晴らしい事件を起こします。
名無しさん
4/17(水)10:07
なんて素敵な交流なんでしょう。グレッチェンも幸せだったでしょうね。
涙があふれそうだったので、目薬を差してごまかしました。
一成カンパニー
4/17(水)10:03
愛情を持って接すれは必ず心を開く日が来ます。動物も人間の子供も同じです。
名無しさん
4/17(水)9:50
泣けました。辛い環境から、最後は愛されて良かったですね。
みんながそうだと戦争なんか起こらないのかな?とふと、思いました。
名無しさん
4/17(水)11:16
配達員の方が犬を 友人 として認識している処に感動しました。場所が場所なら他人のペットに余分な餌を与えるのはどうなの?とか、
プライベートに送られたメールを世界に公表した娘さんは承諾を得てやったのか?とか色々なツッコミは出そうな気がします。
配達員さん、飼い主の御家庭、誰もが受け流してくれたから美談で終っている感がします。


名無しさん
4/17(水)12:00
産まれてきた時から幸せであって欲しいと思いますが。良い家に迎えられ、くるのが楽しみになる配達員と出会い、幸せな晩年でしたね。これが日本だと、どんなドックフードだ、お腹壊しただとか、トラブルのもとにしかならんだろうな。
世知辛い。
名無しさん
4/17(水)9:38
犬、最高
名無しさん
4/17(水)10:55
人間不信だったとは思えない位優しい目をしていますね。辛い時もあったけど、みんなに愛されて旅立つことができて、グレッチェンも幸せだったでしょうね。
名無しさん
4/17(水)10:56
涙がこぼれるね。幸せに暮らせて、温かい郵便やさんにも愛されて良かったね。
名無しさん
4/17(水)10:17
朝っぱらから泣かせないでよ…素敵です、ワンちゃん天国で安らかにね。
名無しさん
4/17(水)12:53
だめだ!お茶してて読んでしまって泣けてきて、ここで泣いてたらまずいのでこらえるのが大変。
素敵なお話です。いつかは別れがきても幸せな時間が何よりの宝物ですね。
グレッチェン君、安らかにね。おやすみなさい。
書いててまた泣けてきます。


名無しさん
4/17(水)13:10
家族の方も、亡くなった事をどんなふうに伝えたら、一番わんちゃんの気持ちが伝えられるか考えたのですね。わんこがいると、交わるはずのなかった人との繋がりができる。道はさんで会釈したり、心の豊かさをもらっている。
名無しさん
4/17(水)16:35
出会いがあれば、別れたも必ずある。わかっているのにやっぱりツラい。別れる寂しさを超えるくらいの愛情や信頼関係で結ばれていた幸せを胸にこの先も、希望を持って進んでいってほしいです。
206RC
4/17(水)9:48
電車で読んだけど、やばかった…涙が出た
名無しさん
4/17(水)15:48
つらい思いをしてきただろうに、最後はまた人間を信じてくれたのですね。
優しい人に囲まれて幸せな最期を迎えられてよかったね。
名無しさん
4/17(水)12:17
配達のバイトをした事があるけど、配達エリアは大体決まってるので、庭先に居る犬や猫と友達になれる事が多いです。ハードな仕事でしたが、ちょっとした癒しになってました。
名無しさん
4/17(水)11:31
友達って表現が泣ける。ひどい目にあったかもしれないけど、この人がいて良かったよね。


名無しさん
4/17(水)11:41
私も愛犬を亡くしたとき、周りの人の温かさに救われたなぁ。ぜひ動画で元気な頃の姿を見てみたいわ。
名無しさん
4/17(水)15:29
ワンちゃんもとても幸せでしたね我が家でも愛犬を亡くしたばかりでした
読んで心が厚くなりました
名無しさん
4/17(水)13:19
涙が出ました。郵便局員さんも、寂しいだろうなあと思うと。。
名無しさん
4/17(水)10:07
グレッチェンも優しい人達に巡り会えて幸せだったろうね。
mafu
4/17(水)11:58
引き取られるまで辛いことが沢山あったようだけど、グレッチェンの余生が楽しい日々で良かった。
名無しさん
4/17(水)13:49
心温まる素敵なお話ですね。グレッチェンも
ありがとうって旅立つ事が出来たと思います。


名無しさん
4/17(水)10:00
晩年は優しい飼い主さんや郵便屋さん、それに沢山の人達に愛されて幸せでしたね。さらっとしたほのぼの話しなのに、涙が止まりません。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
4/17(水)12:55
本当に素晴らしい話。そういう人が政治家になったらもっと素晴らしいアイディアとかでそうだけど。
名無しさん
4/17(水)9:45
読んでる途中から涙で文字が…
名無しさん
4/17(水)15:36
泣ける。ワンコは家人意外の人でも顔を覚えるのかな。
いつも通りがけに見かけるワンコにおはようって挨拶してたらシッポ振ってくれるようになった。
ある日ロープが外れてたのか走り寄って両前足を掛けてくれたのよ。
でも遠くで見掛けたらしい飼い主さんが大声で呼んで慌てて戻って行った。あのあと叱られたのか翌日からあまり反応返してくれなくなったんだよね。可哀想な事したと今もたまに反省する。
名無しさん
4/18(木)7:20
命って尊い犬が楽しみにしてように配達員も楽しみだったんだな
p☆p☆p☆
4/17(水)10:43
泣きそう。天国でまた会えるのを尻尾を振って待っているんじゃないかな。きっとまた会える。
グレッチェンが幸せな日々を過ごせて良かった。


名無しさん
4/17(水)16:53
>全米に共感の輪が広がっている。全米だけではないよ…。
日本でも…。
いや、世界でも…。
グレッチェンは世界の人の記憶に残りますね…。
亡くなっても思い出してもらえる。これが一番の供養ですね…。
名無しさん
4/17(水)14:03
出て来る人達がみんな良い人。グレッチェンの最期が安らかであった事も何より。
名無しさん
4/17(水)13:54
郵便配達の人が、勤務中によその犬にドッグフードやってたら、日本だったら苦情を言われそうだなぁ~そういう意味でも、アメリカがちょっとうらやましい気がする。
仕事が楽しくてしょうがないだろうなぁ~。
心温まる記事をありがとう!!!
過干渉の母親と無関心の父親から産まれて
4/17(水)11:02
配達員にダッシュしていって全力でじゃれてバイバイして、わずか数分の動画やったけど、そんな話があったとはなあ。
名無しさん
4/17(水)10:44
今の日本に必要なこと
名無しさん
4/17(水)10:57
涙で前が見えない。。。


名無しさん
4/17(水)10:26
シェパードって、かっこいいよね。歳はとったけど、配達員に少し恋をしていたかしら?
名無しさん
4/17(水)10:47
賢くて優しそうなシェパードやね。
名無しさん
4/17(水)10:57
動画が無くともストーリーだけで泣いた
雪大福
4/17(水)15:51
涙腺が…。歳をとったのかな。
名無しさん
4/17(水)11:01
目がやべぇ(;ω;)
名無しさん
4/17(水)10:53
何気なく読んだら涙が出て困った!生い立ちは虐待か何かあったのかな?
いい家族と優しい配達員さんに
出会えてよかったね。


名無しさん
4/17(水)10:57
写真みましたが、フェルナンドさん優しそうな方でした。
fzknn
4/17(水)12:20
涙腺がゆるくなっているのでこういう記事は困ります。
名無しさん
4/17(水)13:13
甲斐犬飼ってます。涙出ました。
名無しさん
4/17(水)10:36
全犬がわんわんした
名無しさん
4/17(水)10:03
まーた全米も泣いたとかwありえん思って一応記事を読んでみる。。。。結果泣く私。
クストリッツァ
4/17(水)12:51
悲しいけど、この人情話、凄く好きです。良いです!粋だね、本当に。自分はこの配達の人、粋な人だと思います(涙)(涙)(涙)


名無しさん
4/17(水)13:34
心が温まるニュース、涙出ました。
名無しさん
4/17(水)12:15
涙が…
名無しさん
4/17(水)12:00
私も犬を飼っているので、散歩先で、あらーかわいいねぇって声をかけてくれると私も犬も嬉しい。だから自分もほかのワンちゃんを見かけたら、わーかわいいって伝えるようにしている笑。
犬や動物に対して優しい人ってほんとに素敵だよ。
この郵便配達の人みたいな人、うちの近くにもいてくれたらなぁーと思う。
犬もすっごく嬉しいと思うし、私もそれみたら嬉しくなるなぁ。
いい話だなー
名無しさん
4/17(水)11:17
ダメ……電車乗ってるから…ダメうううう
名無しさん
4/17(水)12:28
絶対に自分の家の犬には、やらないで欲しい。アレルギーがあるし、第一他人は信用出来ない
名無しさん
4/17(水)16:29
逢った事ないけど、もう逢えへんと思ったら涙出てくるなー歳とったらこういう話はあかんなー・・・


名無しさん
4/17(水)12:57
感動やな笑
duiaooa
4/17(水)10:53
犬を飼っている立場ですが食事制限をしている飼い犬もいるのでどうかなぁと思いました。
この話はドッグフードでまだいいのですが
以前飼っていた犬にガス業者の人がパンなどあげていたので
肝臓を悪くして亡くなりました。
なので、私には素直にいいお話だと思えませんでした。
名無しさん
4/17(水)12:42
おっさんがお昼に弁当食べながら涙してしまった。
名無しさん
4/17(水)11:01
郵便配達のおじさんも犬好きで優しくしていたんだろうけど、飼い主さんも優しい人だね。
通りすがり
4/17(水)13:07
全私も泣いた。
ホワイト餃子☆
4/17(水)12:09
ええはなし・・ええはなし(ToT)


名無しさん
4/17(水)11:49
私はこの話を知っていますがかなり話を盛っています。
尾ひれ背びれがついて
美化されています。
人間不信ではないですし
まだ死んでません!
埼玉の話です。
名無しさん
4/17(水)9:44
えぇ話やけどよその犬に勝手にドッグフードあげるのはちょっと…
名無しさん
4/17(水)13:07
前に飼ってた犬はいつも家に来てくれるクリーニング店のおじちゃんが好きだったなぁ。犬が死んだ時おじちゃんに伝えたら泣いてくれて、私も一緒に泣いた。
それを思い出した。。
‡‡‡‡‡
4/17(水)10:55
昔住んでいた家の近所の犬を思い出してしまった…。ボクサーのミックスで見た目ゴッツくてガッチリ体型で怖い感じなのに通りかかるといつも挨拶しに来てくれる穏やかな雄犬。飼ってるわけではない、よその家の犬との交流というシチュエーションにブワッと当時を思い出した。自分が引っ越してから1度も会ってないままで時々元気かなって思っていた。
気づけば20年近く経ってた…もう生きてはいないんだろうなぁと、思ったら涙が…。あの広くて逞しくて肉厚なオデコや筋肉質な肩周りを撫でたときの感触と嬉しそうな表情思い出したわ〜。(`;ω;´)
名無しさん
4/18(木)1:55
タイトルからどのような記事だろうと読み進んでいくうちに、途中からは涙を拭き拭きでなかなか進めなくなってしまいました。ただでさえ犬猫系の記事にはいつも感動させられるのですが、つい先日愛犬を亡くしてしまい、愛犬との想い出ともダブり涙が止まりません。
当たり前ですが、動物も人間と同じようにそれぞれに感情があります。
私達と同じようにこの世に生を受けたからには、私達人間が少しでも多く動物たちに楽しく幸せな時間を与えてあげたいですよね。
私達が動物を愛する以上に動物は私達を癒し、幸せな時間を与えてくれているのですが…。
piypiytori
4/17(水)11:08
餌をやる事はどうかと思うが、犬だって気持ちがあるから犬好きかどうか何て直ぐに見抜く力があるよ!餌何てあげなくても撫でて貰うのを楽しみにしてる犬も沢山います。


名無しさん
4/17(水)10:31
いつも思っていますが、たとえ姿かたちが人間じゃなく、言葉も言えないけれど、ちゃんと【感情】というものを人間同様持っている者を【ショップ】という所でお金で売買されることが、早くなくならないかなあ。
名無しさん
4/17(水)11:36
この子もすごく幸せだったんでしょうね。朝から涙涙鼻水ですわ。
名無しさん
4/17(水)10:19
ウルっと来た
kpp
4/17(水)12:41
その動画を見たい
名無しさん
4/17(水)9:47
うー涙出た。犬との別れは本当に本当に悲しい。亡くなった犬に会いたくて会いたくてたまらない。
名無しさん
4/17(水)12:10
涙が出ます!


名無しさん
4/17(水)13:09
最初は吠える犬をなだめるためのドッグフードだったかもしれないが、何度も訪ねるうちに情がわいて来ていろんな家の犬と親しくなった感じかな。犬は人の顔をよく覚えているのでいつも感心する。
名無しさん
4/17(水)12:08
犬って良いよね。
:::
4/17(水)11:16
うちの犬は、大工さんが軽トラで作業しに来るたびにおやつ貰ってたので、軽トラ見かけると尻尾振るようになってた。
名無しさん
4/17(水)11:26
「全米が泣いた」ってキャッチフレーズもう50年使ってるな
choco
4/17(水)12:32
あの子からこのドッグフードを頼まれました。これを受け取っていただければ、あの子は、あなたの配達ルートにいるその他大勢の犬の1匹で終わることはないでしょう。この意味が全然わからないんだけど?
だから全然泣けないんだけど?
誰か教えてください。
名無しさん
4/17(水)11:21
皆さんと同様、心温まる記事に涙しました。配達員さんとの友情、飼い主さんの愛情、このワンちゃんは幸せだったと思います。


名無しさん
4/17(水)10:16
アメリカの自宅ポストって目印たてると郵便物回収して発送してくれるんだね いいなあ
でも宅配の荷物の置き引き多発とか動画をよくみるので
その辺が心配だね 古きよき週間なのかな
名無しさん
4/17(水)11:33
犬は無償の愛を永遠に人間に与える。それは、共にした人しか分からない。
だから、人間は犬を見習うと良い。
愛犬家の私は、クリスファミリーとフェルナンドさんを尊敬します。
グレッツェン。
どうか安らかに。
名無しさん
4/17(水)22:48
いいお話ありがとう。実家にも外に犬がいてよく来る郵便配達員がかなりのコミュ症で笑顔もなく挨拶も会釈しか出来ない青年だけど、犬が大好き。うちの犬がその配達員さんが来ると地区中響き渡る鳴き声で大喜び。必ず真顔&無言でナデナデして配達に戻る。父が郵便局の人と知り合いがいてどうやらエリア全ての犬を必ずナデナデしてるとか。「犬と遊んでるから配達がいつも遅い」と有名らしい(笑)
pikabu
4/17(水)15:31
なんでゲンダイにこんな良い話しが載っているんだ。涙が出そうになったじゃないか。狡いぞ。
名無しさん
4/17(水)11:33
心温まりすぎて、目頭が熱い。こんな記事をどんどん載せてくれ!
名無しさん
4/17(水)13:17
電車の中でこれを読んでしまった!!涙堪えるのがキツかったよ、、、
でもいい話をありがとう。
全ての犬猫が幸せな一生を送れますように。


名無しさん
4/17(水)13:00
本当に朝からやめてください。涙が止まらなくなるので。
名無しさん
4/17(水)15:19
良い話だが、勝手にドッグフード与えられたら困る飼い主多いんじゃないか?体重コントロールしてる犬、アレルギーある犬、色々と他人にはわからないしね。でもこの記事の感じでは飼い主と配達員の間で話しついてるのかもね。フードあげていいですか?とかさ。
名無しさん
4/17(水)10:03
勝手に餌あげたらあかんやろ。そんな大した話でもないし、
泣くやつキモイ。
名無しさん
4/17(水)10:09
胸にジーンとくる、いいお話でも、うちの犬は食物アレルギーあるから
勝手にドッグフードあげないでね。
名無しさん
4/17(水)12:16
吠えられるのがいやだったから、エサやって手なずけてただけ。
名無しさん
4/17(水)11:35
電車の中で思わず涙が!


名無しさん
4/18(木)5:27
他所の家の飼い犬に勝手に餌を上げて怒られないのかな?
名無しさん
4/17(水)12:25
日本なら勝手にエサやるな!で終わってた話だねこの犬人間に生まれかわったら人間不信なんて甘え!ってボロカスに言われるだけだから
犬のままいた方がいいね
名無しさん
4/17(水)11:16
涙が出て止まりません。飼い主さんの愛、郵便やさんの愛。天国から、感謝のメッセージを送ってるて思う
ピョコ
4/17(水)13:14
以前他で配達員がそのうちの飼い犬達と庭で寝転びながら戯れて遊んでる動画を、飼い主が投稿したのも思い出したよ。
名無しさん
4/17(水)9:54
この話の何がいいって、当事者(飼い主、配達員)は自分からSNSに投稿してないことなんですよね。不幸自慢する奴には同感できないから。
名無しさん
4/17(水)10:17
我が家の愛犬は消化器官が弱く、ドライフードを消化しきれず吐いてしまうので獣医師の指導により飼い主の手作りごはんが基本です。アレルギーはありませんが、市販のおやつやウェットフードは着色料、保存料、発色剤不使用のものを必ず確認して与えています。時々、散歩中に他の犬の飼い主が同意なしにおやつを与えようとするのですがとても迷惑です。我が家の愛犬は飼い主のOKが出るまではニオイを嗅いでも食べずに待つよう躾ているので、得体の知れない物を食べてしまうことはありません。でもアレルギー体質の犬もいるし、病気で療法食の犬もいます。犬と仲良くしたい、触れ合いたいのなら必ず飼い主の同意を得てからにしてくださいね。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

人間と動物の絆って本当に不思議なものですね。
こういう話を知れば知るほど、何か言葉なんかではとても表せないくらいの縁のようなものを感じます。

現在、愛犬と幸せに暮らしている方々もそうです。
出会うべくして出会ったのでしょう。

グレッチェンは、その生い立ちからなかなか懐かなかった。
次第に家族に慣れて、優しい配達員さんにも心を開いた。

グレッチェンは年老いた体で配達員さんを毎日待ち続けた。
両想いだった。

二人の幸せは長いものではなかったが、グレッチェンは幸せな気持ちで旅立つことができた。

配達員さんはグレッチェンを「友達」と呼んでいます。
海外らしい話です。

多くの方が言っていますが、これは必ずしも日本で通じる話ではないですよね。
「勝手に餌を与えないでください」という飼い主さんは多い。

決してそれが悪いわけではなく、ワンちゃんにはそれぞれ年齢や持病・体質に合った餌のやり方がありますから、飼い主さんもワンちゃんの健康面のケアをしっかりしている。

グレッチェンの飼い主であるチミノ家の方々の了承の元、毎日餌をやりコミュニケーションを取っていたので。

絆。

世知辛く物騒な世の中ですが、動物は僕ら人間の心をほぐしてくれる。
人が人としてあるべき姿に戻してくれる。

優しくなれる。

「飼い主」とは名ばかりで、実はかけがえのないものを沢山もらっているのは人間の方なんですよね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント