なぜオシャレな人ほど服が少ないのか?その4つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク


今はプチプラで洋服がたくさん買える時代。クローゼットが常にぱんぱん!とお悩みの方も多いのではないでしょうか? でも、洋服の数を増やすのが簡単な今だからこそ、実はおしゃれな方ほど服の数が少ない、という意見もよく聞かれます。

スポンサーリンク

オシャレな人ほど実は服が少ない…その4つの理由

ここではおしゃれな人の服の数が少ない4つの理由について、お伝えしていきます。

自分の好きなもの、似合うものを厳選している

自分の好みや、似合う洋服を分かっている、というのはとても大きなポイントです。

おしゃれな人はきれいめフェミニン、ベーシックなカジュアル、辛口で大人っぽい雰囲気、など「こうなりたい」という具体的なイメージを持っています。そしてそのテイストに沿って買い物をするので、あまり着ないものを買ってしまい、服の数だけ増えてしまう……という失敗はそもそも少ないようです。

また、自分に似合うものを分かっている、というのも同じぐらい大事なポイント。似合うシルエットや色、サイズ感が分かっていて、自分らしく着られる洋服を厳選しているため、数が少なくても常に素敵に見え、おしゃれ感のある着こなしに仕上がります。

好きなもの、似合うものを把握していて、自分なりの基準がしっかり決まっていると、間違いのない洋服選びができ、数も少ないまま保つことができます。



値段や流行につられて安易に買わない冷静さ

プチプラで可愛い洋服が多く、情報もひっきりなしに入ってくる今、服を増やすのはとっても簡単。ネット通販はスマホからでも簡単に利用できる上、「今なら1000円引き!」「SNSで大人気!」「有名人が着ていた可愛いプチプラアイテム!」など誘惑は山のようにあります。

女性は特にショッピングでストレス発散、という方もいるほど、お買い物自体が好きな方も多いですよね。

ですが、そんな中でも服の数を少なく抑えられる人は、値段や流行などの誘惑に惑わされない冷静さを持っています。

アラフォー世代の大人になったら「ベーシックが8割、トレンドが2割」くらいがやりすぎずおしゃれに見える、一番ちょうどいいバランスという説もあるほど。マイ定番のアイテムを大事に、プチプラのトレンド服をむやみに買わないことも、結果おしゃれ見えにつながりそうです。



長持ちする良質なもの、着回せるものを見抜く目がある

洋服自体が質の悪いものだと傷みやすく、型崩れして着古した感じに見えてしまったり、ほつれたり……と長持ちしないため、すぐ買い替えが必要になってしまいますよね。

でも服を少なくキープできる人は、素材などを理解していて、長持ちするような高クオリティの洋服を選ぶ目を持っています。また、素材別に丁寧にケアしながら、一度購入したら大事に着ている方も多いです。

また、着回しできるアイテムを選ぶのにも長けていて、いろんなシーンで使えるような洋服を上手に揃えています。数が少ないからといって、いつも同じ着こなしでおしゃれ感がない、というマイナス要素はあまり感じられません。

このアイテムを追加したらワードローブにどういう変化をもたらしてくれて、どういうコーデができるようになるのか、というゴールまで、何パターンかイメージしてからはじめて購入を考える、という方も。選び抜かれたアイテム同士が揃っているからこそ、どう組み合わせても素敵に見えるのかもしれません。



処分時期を見極めて、ちゃんとさよならができる

洋服は着ていくうちに、どうしても劣化していきます。ですが、そのクタッとした着心地がよかったり、思い入れがあったり、もったいなく感じたりしてなかなか手放せない……という方も多いのではないでしょうか。

ですが服の数を少なくキープできる人は、洋服の状態を日ごろから細かくチェックしていたり、体型や今の気分に合わないし、もうあまり着ないかも、という服も把握しているため、時期がきたらきちんと手放すことができるそうです。

少ない数をキープしたクローゼットを保つには「ひとつ買ったらひとつ手放す」というのもよく耳にする方法ですよね。いまいちかも、と思う洋服をいつまでも持ち続けない潔さも、大事なポイントといえそうです。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00020934-nallabout-life&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
大事なのは着る服じゃなくて誰が着るかなんや…
名無しさん
所持している服の数じゃなく、所持している服を把握しているかが大事だと思う。
名無しさん
服が少ない云々は別としても、捨てる勇気は必要とは思う
名無しさん
おしゃれな人ほど服が少ないってのは違う。
ミニマリスト目指してる人的にはそうかもしれないけど。
ミニマリスト目指してる人は少ない服を着回せるのは理想かもしれないけど、みんながみんなそういう考えではありません。
名無しさん
お洒落な人は沢山服を持っています。そして何気ないもの、過去に流行ったようなものでもさらりと今時感をもたらして着こなしています。
着る人の雰囲気や顔や体型がお洒落に見えるかどうかのポイントだと思う。
そして今時のものをさりげなく取り入れるのも上手。
いつも同じ進化のない感じの人は全然素敵に見えないし、お洒落だと思ったことがない。


名無しさん
多く持ちすぎると逆に買ったこと自体忘れ年月が経ち着ないうちに容姿が老けて似合わなくなりやむなく処分したなんてよくあるような。似たような物を何枚も買ってしまったり場所をとって部屋が散らかったり。確実に着る、自分に似合う物を少しだけ持つのが管理も簡単で着ていく物を決める時間もかからずいいと思います。
名無しさん
TPOで良い物とプチプラの物と使い分けたらいいと思う。
高い物だからおしゃれってわけでもないし、好きなものを着て楽しめればいい
名無しさん
年齢に合った服装をするようにはしている。
でもセンスがないから…。
オシャレな人は、服が少ないとか、逆に多いとか、関係ないと思う。
私は服が少ないほうだけど、職業柄仕方ない。
仕事とプライベートでは服装が違う。
でもそんな人、幾らでもいる。
逆に沢山の服を持っていて、自称オシャレさんが、個性が強すぎて、周りからはダサいという評価があったりもする。
私はオシャレでなくていいから、年相応の格好ができていればいい。
できているのか、そこが不安なんだけど…。
名無しさん
本当にセンスのあるお洒落な人は、自分を知ってるから、買い物の失敗は少ない。
そして好きな服を、大切に着て、手入れをして、保管も丁寧にする。
だから昔の服でも今風に素敵にコーディネートする。
結局在庫は山程だと思う。
保管のスペースがあるお洒落な人はそれで良いのでは?
名無しさん
無駄には持ってないかもしれないけど、それなりに色々買って、失敗もして知識を得ているからこそセンスが磨かれているはず。洋服は厳選していても、アクセサリーやストール、靴、バッグは色々揃えていると思う。


名無しさん
お洒落な人は自分に何が似合う似合わないを知っていて。
流行に左右されるコトもないから、身に付けてるモノが過去に流行ったとしても、今風に見えてしまう。
真逆な人は、流行のものを身に付けていたとしてもダサく見える。
センスって言葉が凄く大事。
名無しさん
昔は質の良い物を買っていましたが、結局流行に合わず3年着るのが精一杯。なので今はプチプラを1~2年で着回してます。
名無しさん
着たい服を着ればいいじゃないの。
名無しさん
いつも同じ服を着ている人をお洒落と思った事は、一度もない
名無しさん
私はオシャレじゃないけど服は少ないよ。
下着も靴下も。一つ買っては一つ捨てる。物増やしたくないから。
終活してるわけじゃないけど…(笑)
身の回りの物や家の中は常にキレイにしておきたい。
名無しさん
そもそも社会人なら、私服というかオシャレ着で外に出ることが少なくなる。
学生のときのように安く豊富にではなく、価格は高くても質の良いものをという考えになるのが普通。


名無しさん
若い時、特に25、6歳までは色々な服、色々な格好に挑戦し、たくさんの服を買った方が良い。
そうすれば、何が似合うか、ではなく自分にはどんな色が似合わなくて、こんなシルエットは絶対にダメだ、ということが明確にわかるだろう。
授業料は多少、高くなるかも知らんが。
名無しさん
ココ・シャネルが亡くなった時、彼女が生活していたホテルのクロゼットには、驚くほど少ない枚数の衣服しか、残っていなかったが、生前そのことに気づいていた人はいなかった。
と言う記事を読んだことがあります。
組合せ・着回しがきく色やデザインだったのかなあ、と思います。
名無しさん
自分がオシャレというつもりはないけど、
服はそれなりに持ってた方が着回せるというか色々な場面に対応できる。
まあ、男であれば白シャツがあればいいかもしれないが、それだけでは面白くもないので。
名無しさん
お洒落な人は、洋服を大事にして着ている。値段に関係なく、どう、洋服を着こなすかを考える能力を持っている。この点を付け加えて欲しい。
名無しさん
若い時は沢山服買っていいんじゃない?
40過ぎたら自分に似合う服とゴミになる服が分かってきて増えなくなりました。だからオシャレな人ほど少ないんじゃなく、分かってきた人ほど少ないと言えると思う。
名無しさん
仕事着が私服だと、仕事着とお出掛け着を揃えないといけなくて、ある程度数が増えてしまう。


名無しさん
最近は安くて質良いこともある
いろいろな服にチャレンジできるようにプチプラがあるんだから別にいいでしょ
名無しさん
流行とか関係ない無難な服装ってのはあると思うけど、それじゃオシャレじゃないし、
でも派手だったり特定のジャンルの格好が似合う人が、この記事のようにやっちゃうと、ワンパターンでいつも同じように見えてちゃうし、結局オシャレとは思えなくなる。
名無しさん
正直夏なら服の枚数は少なくても良いけど、冬はヒートテックとかあっても寒さが辛くて重ね着のために夏の三倍かそれ以上衣類がある。
おしゃれのために服の数を減らして風邪ひいたらいやですし、もう年だから拗らせやすいから余計に。
名無しさん
とりあえず安いから買うのをやめると厳選するようになる
名無しさん
良いものを大事にして長く着てみたいけど、私の子育て期間は、プチプラ服を使い捨て状態です。
名無しさん
洗濯したり、特に白だが、同じもの何回も着ると黄ばんでくるから、いろいろ多めになるし、少ないと飽きてもくるのがある。


名無しさん
服は3、4枚で回してます。洗濯は毎日必ず。
でも、全然オシャレじゃないです。
ユニクロ、GUです。
平日は職場と家の往復(自転車)なので、十分です。
ただ、服がスペースを取らないから、収納楽です!
名無しさん
おしゃれな人は芯がブレず自分を良く理解していて体型が変わりません。
気に入ったものを長く着られる理由の一つでしょう。
名無しさん
おしゃれな人は、服持ってると思う。。。
クローゼットいっぱいは嫌だなぁ。ある程度いっぱいになったら、部屋着にしたり、廃品回収に出します。
名無しさん
おしゃれは本人の都合でほぼ決まっている。
それをこうあるべきと講釈垂れるのはおしゃれなことなんだろうか。
多様性を許容する我慢?も必要なのかも。
名無しさん
かわいい女子は何を着てもかわいい。
流行も関係ない。
名無しさん
厳選して買っても飽きるから


名無しさん
服も経験値。色んな服を着た経験があるからこそおしゃれになる。センスは育てるもの
名無しさん
厳選した少数の服を着回す利点とおしゃれとは何かを切り離して記事にしたほうがいいと思った
名無しさん
この人フランスの影響を受けすぎじゃない。
フランス人の平均はシーズン事に数着しか着ないとテレビでやってた。
名無しさん
若い頃は好きな服を買っていたが、子育てするようになってから、周りから浮かない服を選んでいる。良くも悪くも目立って得することは何もない。
名無しさん
なんでも一括りにするのは・・・・
名無しさん
お洒落と言われている芸能人は、たくさん持ってると思うけど


名無しさん
会社ですごくお洒落な人と一緒に買い物に行った時、必ずなんでも試着すると言って全ての店で試着していた。シルエットが大事なんだとか。
納得した物しか買わないので失敗がないらしい。
私はサイズ合って大体が予想出来たら買っちゃう人なので、試着って面倒だけど大事なんだなと思った
名無しさん
似合うに勝るオシャレ無し。
名無しさん
ここで言うオシャレって?
私の基準だと、オシャレには沢山の服や靴などが必要な感じなんだけど。
名無しさん
服には当たり外れがあるんです。
当たりになかなか出会わなくて。
ハズしてばかり。それは全て箪笥の肥やし。
名無しさん
手持ちの服が少ない
〜その手持ちの服が主にジャージ
それでもオシャレという事でいいんだな?
名無しさん
服は買っても着なかったり
今は 一年ごとに買い替えたら買い物が楽しくなりそうと思ったけど なんだか着れるのに捨てるのも気がひけるし、買い換えるなら500円ぐらいになっって欲しい


名無しさん
私は、少なくても5着くらいです。
買い増して持ったとしても、せいぜい10着までと決めています。
もともと、それほど服は買わない。
いくつかの帽子とか、数本のネクタイなどと組み合わせを変えてコーディネートしてます。
いつもはスーツが多いので、週末などに着る服は、そのくらいで足ります。
名無しさん
吟味してよい品物を買い、何年もお手入れして使う気力がない。
フォーマルと仕事用の一張羅以外は、UNIQLOで試着しながらそのシーズンの最低限のアイテムを揃え、シーズンオフに店頭のリサイクルボックスにサヨナラします。
名無しさん
服のアイテムが少ない人は着たきり雀感が強くてお洒落どころか貧乏臭く見える
お洒落が好きな人は金に糸目をつけないで日頃から何着も贅沢に着こなしている
ハイブランドをセンス良く選んでる人は目の保養になってさすがと思う
名無しさん
オシャレな人=服少ない→こりゃちがう
素材の良いものだけを厳選する→これもちがう
もう、質のいいデザイナーズはあいつで赤字になってます
ファストファッションの時代もおわり、ライフフェアいかに機能的で多機能かといったものが時代のながれになってるとおもう
そのながれのなかで、質とか量とかの概念でオシャレをはかるのは無理
名無しさん
本当にお洒落な人は、シンプルで上質なものを把握できるだけ持っている。
名無しさん
一度着たら、もう二度と着ないからでしょ。売るか捨てるか。


名無しさん
服で部屋が狭くなるのは嫌だからな〜
名無しさん
結局ね…
流行りの服だろーが何だろーが、スタイルの良い人が着れば何でも似合うのよ。
チビデブがオーバーサイズのトップスにワイドパンツ履いたところで、オシャレには見えない。
切ない…
名無しさん
そうかな?
オシャレな人は少ない服のバリエーションでもアレンジで少なさを感じさせないだろうけど、オシャレな人は大抵服持ちだよ
名無しさん
少ない服で自分の体型や髪型、肌色に合った服のチョイスと着こなしが出来るか出来ないかがオシャレポイントって意味なら合ってるかな。
素材の足し引き、サイズ感や上下のラインの足し引き。
名無しさん
短足のオカメ面では・・・
名無しさん
そうは思わない。


名無しさん
Tシャツとジーパンかトレーニングパンツ
運動して痩せ体型維持
あれこれ買うよりもこれでいいような
名無しさん
「ロンリのちから」って番組(Eテレ)に使われそうなタイトルだ。
名無しさん
服はいっぱい持ってるけど、似たようなのばっか買っちゃうな笑
名無しさん
若い人が2年くらい着るのは構わないけど中高年がそんなに長く着たら貧乏くさいだけ。何しろ中身が古いんだからせめて着るもの新しくしとかないと目も当てられない。高価な物を何年も大事に着るより安くて良いものを毎年買い替えた方がいい。
名無しさん
おしゃれな人は着る服が似あうのでなく、何を着ても似合う体形をしている。
名無しさん
おしゃれな人は服を持っていない、
っていうのは今の流行フレーズです!


名無しさん
着回してるだけで基本的に買う金がない!
名無しさん
服をたくさん持ってる人が嫌いなのかな?
名無しさん
おしゃれかどうかは別として、ちゃんと計画性のある人間なんや…
名無しさん
某漫画で読んだけど、曜日別で1週間のコーディネートにセットした服の上下がクローゼットに並んでた。もうああいうのでいい。
名無しさん
おしゃれな人イコール服が少ないは、どうかな?
おしゃれな人は、似合う服を分かっている、手持ちの服を把握している、合わせやすい服を上手に使うと思うが、数は人によりけり。
いつも決まった何パターンかでまわす、ミニマリストは別の話。
名無しさん
いつもおんなじ様な服を着ている
これは、日本ではマイナスらしいよ。
おしゃれピーポーではないと認定するらしい。
名無しさん
フランス人は、服を4着何たらって本ありましたね〜。
…本音は、クローゼットにズラーがいいです。
何が楽しくて貧乏なんて好むもんかあああ。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

要するに安物買いの銭失いは絶対しない人ですね。
オシャレな人はアホみたいにプチプラに手は出さない。

少なくとも僕の周囲の友人はそうです。

特に、バッグとか財布とか、そういうアイテムは絶対にド〇キで買ったりしません。
僕は寝間着とかパンツくらいは買っちゃいますけど。

服が少ないというか、無駄な服やアイテムが無いんでしょう。

僕は無駄な服が多いタイプで、後になって「何でこんなもん買ったんだろう」になっちゃうんです。
だから、ある程度値の張る好きな服屋さんに行ってから、安い服を見に行く。

結局どっちでも買っちゃうんですけどね。

直したいな~無駄遣い!
本当に無駄!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント