気付いてあげたい愛犬の死の予兆…亡くなる前に見せる変化や異変【みなさんの経験談】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


愛犬の死は、飼い主さんにとってつらく悲しいもの。犬が亡くなる前に、なにか「予兆」があるのであれば、飼い主さんとしては知っておきたいですよね。

今回は「犬が亡くなる前に見せる行動の傾向」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

スポンサーリンク

犬が亡くなる前に見せる、体の変化や行動の異変

亡くなる原因にもよりますが、犬が亡くなる前に見せる変化としては以下のようなものがあります。

・食欲が落ちる、もしくは廃絶
・食欲低下に伴う尿量の低下
・寝ている時間が多くなる

また、「死の間際」には、以下のようなことが見られることも。

・意識レベルの低下(強い刺激には反応するが、反応が少なくなる・もしくは反応しない)
・呼吸が不規則となる(浅い呼吸、短時間の呼吸停止、深く速い呼吸)
・けいれんのように手足をバタつかせる
・下痢をする

こうした変化が見られることがありますが、これには亡くなる原因や個体差があります。

必ずしもこのような変化に当てはまらないことがありますし、このような予兆がまったく見られずに、あるとき突然亡くなってしまう場合も。

スポンサーリンク

弱ってきた愛犬に対して、飼い主さんが家でできること

愛犬に異変が見られ弱ってきたときに、飼い主さんがお家でできるケア方法をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

床ずれ防止

床ずれの防止として、とくに大型犬などは体位をこまめに変えてあげるようにしましょう。

水分補給

亡くなる前の犬は、食事や水分を拒否することがあります。

水分がきちんと飲み込めるのならスポイトで水分を与えたり、コットンなどに水を含ませて、歯肉など口をぬぐって軽く湿らせてあげるとよいでしょう。

気持ちを落ち着かせてあげる

意識が遠のいて飼い主さんの声にほとんど反応しない場合でも、ちゃんと耳は聞こえています。
いつものように愛犬に優しく触れてあげたり声をかけてあげることで、愛犬の気持ちを落ち着かせてあげることができます。

これらのケア方法は愛犬の状態にもよりますので、獣医師と相談すると安心でしょう。

スポンサーリンク

いざ、愛犬の死に直面したとき…

どんなに愛犬がいま元気だったとしても、動物には寿命があり、いずれ動物には亡くなるときがきます。

愛犬が亡くなる可能性がある場合、もしくはいまはそうでなかったとしても、「いざ死に直面したときにどうしてあげたらよいか、どのように看取ってあげたらよいのか」を家族で話し合っておくべきです。

たとえば、最期のときまで動物病院にお任せするのか、家で看取るのかなども、事前に話して決めておきたいですね。

スポンサーリンク

「愛犬の看取り方」を決めてあげられるのは、飼い主さんだけ

愛犬の看取り方を決めてあげることができるのは、いつも近くにいる飼い主さんです。

また、多くの方は愛犬の死の間際に起こりうる変化を見る機会が少ないです。そのため、死の間際に起こりうることを少しでも理解しておくと、愛犬が亡くなりそうになったときに落ち着いて対応ができますし、覚悟もできます。

愛犬の状態をよく知っている獣医師とも、お家でのケア方法はよく話し合っておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

愛犬の病気にいち早く気づけるように

愛犬の病気にいち早く気づくことができるようにするには、やはり定期的な健康診断を受けることがよいと思います。

また、いつもとは違う変化を見逃さないようにし、おかしいと思ったら動物病院を受診することです。

そして愛犬にたくさんの愛情を注いであげて、愛犬と一緒に生活する日々を大切に過ごしてください。

犬を飼っていると、必ず「お別れのとき」はやってきます。

愛犬の最期のときをしっかりと見届けられるように、飼い主さんは今のうちから覚悟を持っておくことも大切です。

参照元:httes.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00012295-inumag-lifeps://headlin

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
3匹見送ったけど、
不思議なんだよね~。
ちょうど休みだったり、
たまたま家族が揃っていたり。
ああ合わせてくれたんだなぁって。
一生懸命生きてくれたから
一生懸命生きようと思う。
そしたらまた会える気がして。
蘭丸
2年前に愛犬を看取りました。
1年介護の生活だったからお昼休みに一旦家に帰ってた。
調子が悪くなって、一週間頑張ってくれた。その間に覚悟もできたし、寝ずの看病だったけど、日曜日に逝ってくれた。仕事を休めない家族を気づかうように。
最後までいい子だった。
未だにあの子が忘れられなくてもっと何かできたんじゃ無いか?って考えてしまって次の子を迎えられない。
名無しさん
息を引き取る本当の最期の数秒…身体をおこし全身硬直させて息を引き取ります。
思い出すだけでも本当に辛く、だけどあの時に不思議と覚悟が自分の中でできてしまうという時間でした。
今までありがとう、苦しかったねと泣きながらそう思えました。
亡くなったのが自分が休みの日で、前日の夜中からずっと側にいてあげれたのが今でも幸せな時間でした。
今、犬を飼っている方々には、散歩が面倒な日もたまにはあるでしょうが、思う存分一緒にいてあげてほしいです。
亡くなってから、あれもしてあげたかったとか、うちに来て幸せだったかなとか、そればかり今でも考えてしまいます。
亡くなって3年が経ち、もう犬を飼うことはないです。
その子にまた出会えるなら飼いたです、それくらい愛してました。
名無しさん
ペットは死ぬ日は選べないけど、時間は選べる。
なんて話を聞いた事がある。根拠はない。
でも、うちの犬は昼過ぎから意識が下がったけど、私が家に帰る夜まで朦朧のまま頑張ってくれた。帰ってきた時呼びかけには反応しなかったけど、視線は合わずとも苦しそうにでも私の方に這いつくばってやってきてくれた。
そのまま小一時間で旅立った。
決して穏やか、安らかな最期ではなかったけど最後まで飼い主を愛してくれていたと思う。
もう5年も前の事。本当にありがとう
名無しさん
病気で入院していた子は、お見舞いに行くと喜んで喜んで…帰りたいんだろうなっと思って、家で看取った。
ちゃんと選んでいるように、皆がいる日に逝ってしまった。
病院に居れば、もう少しは長生き出来たかな…と思う時もあるけど、撫でてあげると幸せそうにしてたから、家で看取ってよかったと信じてる。


名無しさん
うちの子が亡くなり一年半経ちますが未だに毎晩涙が出ます。14歳で亡くなりましたが最後の半年くらいはかなりヨボヨボで、三カ月前にひどい下痢をして慌てて病院に連れて行ったら、血液検査の結果アルブミン値が異常に低く、生きているのが不思議だと言われました。それからほとんど寝ずに看病し、出来るだけ仕事をセーブして一人で留守番させることがないようにして、夜もつきっきりで、最後の数日は酸素ケースに入れたりもしましたがやはりダメでした。最期は私の腕の中では息を引き取りましたが、未だにもっと何か出来たのではないかと考えてしまいます。葬儀の時は人生で一番泣きました。そのあと数ヶ月の記憶は途切れ途切れのままです。きっと家族を亡くされた方はみんなはそうなのだと思います。叶うならもう一度会いたいです。早くあの世で再会したいと願いながら生きています。
名無しさん
先週、白血病の猫ちゃんが亡くなりました。
保護した時は、多分5、6歳だと思います。
全身黄疸が出ていました。
漢方薬を飲ませて、復活しましたが…
やはり、色々と悪いところが出てしまい
うちに来て 3年10ヶ月でした。
良く頑張ったと思います。
看取れた私は、寂しいけど幸せです。
名無しさん
頭では分かってるつもりだけど、たぶん無理。絶対ペットロスになる。この子がいなくなったらどうしよう。今のうちにめっちゃ可愛がっておく!
名無しさん
もう考えただけで涙がでる…。
今、11歳の我が家の愛犬に私の寿命をあげたい。
名無しさん
先代の愛犬が亡くなった時のことは今でも鮮明に憶えてる。
毛艶も目の力も無くなり、水すらも受け付けず意識は朦朧として、あぁ逝ってしまうんだなと思い、お礼の言葉をずっと言い続けてました。
亡くなった当日は自覚もなかったのか涙は出なかった。
荼毘に付した時にこれ以上ないくらい泣きました。
今の子も10歳。若く見えてももうシニア。
いつかの覚悟はしていますが、実際にその時に対面した時にはその覚悟を受け入れられるかな。
名無しさん
先月亡くなりました
11歳でした
4月に腎臓病がわかり数値が悪化しないよう服薬を続けていましたが10月に入った途端、数値が異常値になり入院して点滴と服薬をしてもらいましたが数値が一向に改善せずにお別れになりました
4月の段階で覚悟はしていたので今まで以上に愛してるとありがとうって言葉と気持ちで半年以上伝えられたのでそれは幸せだったのかと思っています。


名無しさん
ネコを看取りました。
半年間の闘病後のお別れでした。
体調にも波があり、その日がその日だとは思いませんでした。
ただ、思い返すと5日位前から、ほんとうに瞳が綺麗だった。
深く澄んでいて、清らかで。
この世のどんなものにも、例えられない美しさ。
一生、忘れない。
名無しさん
シェパード飼ってたんですけど、祖父が亡くなった日、知るはずもないのに、狼のような遠吠えをしてて、不思議な感じでした。
名無しさん
亡くなった時の事書こうとしたけど泣きそうになって書けない
名無しさん
十数年前の12月、癌で月の中旬頃には獣医に「今日、明日に亡くなってもおかしくない。もって2、3日でしょう。」と言われていた実家の愛犬。
母が「あと10回寝んねしたら、お姉ちゃん(私)とお兄ちゃん(弟)が帰ってくるよ。」「あと5回寝んねしたら〜」「あと2回寝んねしたら〜」…と毎日犬に言っていたら、私と弟が帰省した大晦日まで生きていてくれました。
そして、私達が帰宅して約1時間後、家族揃ってガヤガヤ賑やかに晩御飯の準備をしている中、気が付くと息を引き取っていました。
偶然なのかもしれませんが、頑張って帰りを待っていてくれたんだな…と思い出す度に目頭が熱くなります…。
こういう話、結構あるそうですね。本当に不思議です。
名無しさん
二年前、愛犬の死を看取りました。
自分の腕の中で息を引き取りました。
呼吸が止まる瞬間、前足で自分の手を『グッ』と抱き締めて、次の瞬間息を引き取りました。
単なるペットではなく、家族でした。
今頃空の上で自分のことを見てるのかな…。
名無しさん
三年前に愛犬看取りました
私の腕の中でいってしまいました
今猫の介護してます
今年いっぱい持つかな?
動物飼った以上は来るで有ろう死
私の腕の中で又いって欲しい
頑張って最後迄看病します。
吐いて下痢して
寝てばかり食欲も余り有りません
だけど頑張れ、にゃんこ


名無しさん
うちには17歳と16歳になるトイプードルがいます。2匹とも一生懸命、我々家族と共に日々の生活を送っています。この何気ない当たり前の日々が幸せなのだと思います。
名無しさん
うちの愛犬のビーグルが現在リンパ腫なってから、抗がん剤治療で1年と4カ月ほど経ってます。また最近、副腎と肺にも別の癌が見つかって、別の抗がん剤を飲ませてます。それでも、自力で2階と1階の階段を上り下りしてます。
寒さと歳のせいか、毛布やコタツの中でよく寝てます。特に午前中はぐっすりです。
14歳という年齢で心配ですが、元気で頑張って生きて欲しいと欲しいと最近よく思います。
名無しさん
私も1度看取りましたが、やっぱり辛いですよね。ひたすら頑張ってくれたけど、これ以上生かせておくのはこの子が辛いだけですよと病院で言われて、安楽死という決断をしました。
ギリギリまで辛いのに頑張ってくれてありがとう。精一杯お世話したつもりですが、それでももっともっと可愛がってあけだら良かったなと思います。また飼いたいなぁと思うけど、あの辛さを思い出すとなかなか次が飼えないです。
名無しさん
9月26日に13年以上連れ添ってきた愛犬が亡くなったけど、やはり急に食欲が落ち、最後は一切食べなくなって嘔吐と下痢で全てのものを体外に出しているようでした。そして、弱っていく中「もう楽になっていいよ。今までありがとうね。○○(亡くなった犬が産んだ子の名前)の面倒はちゃんと見るから安心してね。」と声を掛けたら弱っている体で懸命に近づいてきて抱き上げると安心したのかそのまま…でした。
本当に人の言葉が分かるし、時を選んでいるかのようでした。
名無しさん
今2匹飼ってます。
たくさんの愛情を毎日もらっているので、最後までそれ以上の愛情で返したいと思います。
名無しさん
犬じゃなくてハムスターだけど、亡くなる前にいつもと違う場所で寝ててそのまま…ってことがよくある。
犬猫と違って寿命は短いし人間の言うこともわかってくれないけど、やっぱり可愛いしすごい癒されるから最期まで出来る限りのことはしてあげたいと思う。
そして最期はもちろん悲しいけど悲しみよりも感謝の気持ちの方が大きい。


名無しさん
実家にいる犬がもう12〜13年で目も見えない反応も鈍い、歩く時もヨロヨロとしてフローリングで滑ってしまう、ほぼ寝てるのと、先代の犬も結局なんだかんだ頑張って17年も生きてくれたけど、亡くなる時は本当に悲しかったからな…
名無しさん
長年一緒にいたわんこを家で見送りました。
寝たきりになり、いつ旅立ってもおかしくない中、家族みんなが揃っている日曜日を選びみんなに見守られながら安らかに旅立ちました。
ほんとに最期まで家族思いのいい子でした。
わかっていたけど辛すぎてもう次は迎えないと決めています。
名無しさん
本当に悲しい。
家族、自分の子供がいなくなるみたい。身体の一部がもぎ取られたみたいになる。
もう、同じ思いをしたくないと思ったのに犬達と猫がいる。
今からその時を考えると本当に嫌だ。
名無しさん
2年前のちょうど11月に12歳の愛犬を亡くしました。
10月の予防接種の時に聴診で軽い心臓病がわかり、薬でコントロールしておこうと決めたばかり。
獣医さんも驚くほどあっという間でした。
亡くなる当日の朝、洗濯物を干す私をずっと目で追っていて、その1時間後に急に息が早くなり、痙攣し、ヒューと一声鳴いて息を引き取りました…
5歳と2歳の息子と一緒に看取りました。
初めて私が飼ったワンコで、いつか来るだろうと思ってた別れがこんなに早く来ると思ってませんでした。
その
名無しさん
駄目だ。
動物を飼ってる身としては必ずお別れの時は来るのわかってるけど、この様な記事を読んでしまうと寂しくなってしまう。
名無しさん
ちょうど一ヶ月前、17歳の愛犬を看取りました。
最後は介護の末でした。
ごはんも食べなくなり、水も飲めなくなってからはやはり早かった。
なんとなく危ないかな?って予感がして、家族みんなが集まった夜でした。
よく頑張った。
本当によく頑張ってくれた。
看取る直前の自分たちの対応はこれでよかったのかな?もっと何か出来た事があって、そしたらあともう少し一緒に居れたんじゃないかな?とか、ふとまだ胸を締め付けられる時はあるけれど。
きっと悲しい顔ばかりじゃ心配させちゃうよね。
一緒に過ごした幸せだった時間を思い出して、少しずつ進むね。
だからさ、夢でいいから会いに来て。
大好きなボーロとチュールいっぱいあげるよ。


名無しさん
中日和(なかびより)をご存知でしょうか?
病気で寝たっきりだったのに、ご飯を少し多く食べたり、立ち上がって歩いたり。
少し元気になった数日後に亡くなる。
人間だけではなく、動物でも中日和はあります。死ぬから覚悟しておいてと言われてる感じですね。
名無しさん
不思議なことに、真夜中だったにもかかわらず、心配で見にいった時に息を引き取ったんだよね。待ってたとしか思えなくなる。寂しいけど幸せな経験。
名無しさん
今まで合計8匹を看取りました。病気で急死した子もいれば20年近く生き抜いてヨボヨボのおじいちゃんになって老衰で亡くなった子も。いろいろそれぞれです。辛くて涙が枯れるというのは嘘なんだと最初の子が亡くなった時知りました。それでも犬が好きで飼い続けました。どの子のことも忘れたことはないです。命の尊さを教えてくれたのは彼らなので、また新しい命を大切に守り育てています。それを繰り返しています。お別れは本当に辛くて何匹買っても慣れることはないです。会えるものなら全ての子に今すぐ会いたいです。
名無しさん
つい先日に愛犬を見送りました。
苦しかったはずなのに最後は穏やかな顔をして旅立ちました。
腎不全で長くないだろうと言われてたので覚悟してたつもりでしたが、お願いだから逝かないでと思ってしまいましたね。
まだまだ寂しくて堪りません。
名無しさん
2年前に11歳でメスのダックスを亡くしました。
気付いた時にはガンで「この歳では手術はムリ」と言われ、それから1年は覚悟の毎日てした。
最後の1週間は歩くのもやっとで、でも外に行くとバランス崩しながらも頑張って歩いてくれました。
しかし、その時は突然に。
朝から呼吸が荒く辛そう、でも力強く自力歩行してて。
会社から帰ってきてもちゃんと出迎えにきてくれました。
それから5分。「ごはん食べようか!」と抱っこしてあげた数秒後でした。全身の力が抜け、頭がだらんと垂れ、小さな声で「わん、わん、わん」と3回泣いて逝ってしまいました。
長い間、ありがとう。また会おうね!
名無しさん
私も3年ほど前に愛犬を看取りました。私の腕の中で息を引き取りました。心臓が止まる感覚が、今も忘れられない。
亡くなる1ヶ月くらい前から急激に体調を崩し、夜中も何度も下痢したり具合が悪くなったりして、その度に起きて対応して、そのまま仕事行ったりしてたけど、不思議とあの子の為なら何でもましたね…仕事の間も、もし私のいない間に亡くなったらと、帰るまで不安でした。
ですが、たまたま仕事に2連休があって、不思議と少し前からもしかしたらこの日を待ってるのかな、と感じていました。
そして実際休日の初日に逝きました。家族もほとんどみんな帰ってきていて、みんなに見守られて亡くなりました。
休日二日目には火葬し、私はその見送りもできました。本当に待っててくれたんだなぁ、最後まで良い子すぎやしないかと、今考えても愛犬への愛情は当時と変わることはありません。


名無しさん
5年前に愛犬を看取りました。
今思えば逝ったのは夜中。日中母が仕事してるので家族(と言っても母と二人暮しなので私と母)が揃うのを見計らって逝ったのかな。
母と二人で愛犬の名前を呼びながら撫でながら逝かせてあげられたので後悔していません。
でもやはりもっともっと撫でてあげればよかった・・・もっと名前呼んであげれば良かったと後悔してます。
未だに新しい子を迎えられずにいますが今はちゃんと前向いて歩いてるからねって毎日あの子の写真に向かって伝えてます
名無しさん
人が亡くなるときと同じですね
名無しさん
先週の金曜日に愛犬が亡くなりました。
亡くなる2日前からおしっこが出なくて、病院に出してもらおうと行って、それが末期だとは分からなかったのが後悔しかない。3日前に急に歩けなくなって、呼吸荒くなって、随分前からハアハアとずっとしていたので毎月2回は検査、ホルモンの薬を頑張って飲み続けて、進行具合も教えてもらえなかった。クッシング症候群、亡くなる前日にわかった。痛み止めも効かない、呼吸荒く苦しく、酸素濃度足りなくて病院の酸素室でひとりぼっちで亡くなりました。末期だと分かってれば連れて帰ってた。抱いて死なせたかった。いつも留守番させて寂しい思いさせて、キャリーに入って病院通いが散歩代わり、もっともっと抱いてあげれば良かった。親の死よりきついです。こんなに泣けるなんて。ごめんね。
名無しさん
約1年半、腎不全と戦い、今年7月Mダックスを見送りました。
14歳でした。
我が家に来て約8年。
犬を飼うのが初めてのうえに、約5歳という成犬だったので、戸惑う事が多くて大変だったけど、家族が増えて、毎日ホントに楽しく、幸せな8年でした。
旅立つ何日か前にハウスの中から、じっと私を見つめていたんですが、
あれは、お別れが近いことを私に知らせていたのかなって。
覚悟はしてましたが、寂しいです。
夢の中でもいいから、もう一度会いたいなあ・・・って思ってるんだけど、
なかなか来てくれない(笑)
いつかまた、会えるといいな。
名無しさん
保護した愛猫が亡くなってもうすぐ2年経とうとしています。
まだ1歳半の元気な子だったのに、私が帝王切開で10日ほど入院し帰ってきた数日後食欲がなくなり、次の日に急いで病院に連れて行くも呼吸が荒くなり嘔吐繰り返し、そのまま亡くなってしまった…原因は分からず。(恐らく心筋症。)
あまりにも突然で危篤時に私は処置室で取り乱して号泣。私の前で泣いたことがない夫が、愛猫の亡骸を前に声をあげて泣いた。
今でもたまに苦しい最期の姿を思い出し、やりきれない思いをしています。
名無しさん
ペットロスになりそう
弱っていく姿を見るのはつらい
死んだら寂しい
どうやって乗り越えたらいいですか


名無しさん
うちの子は急にその日が来ました。私が大学生で、夏休みに帰省していたときのことでした。いつも通り夕方の散歩を終えて家に戻ったのですが、家の門から中に入りたがらない。その時はどうしたの?いつもそんなこと言わないのに、散歩足りないの?なんていいながら何度か促して家に入らせました。夕食も残さず食べたのですが…夜中うぉぉんと、初めて聞く、悲しげな声で呼んだのです。何事かと飛び起きて行くと、もう立ち上がれず、横になったまま目で私を追い、しっぽを振って、何かを訴えかけて…すぐに毛布で体を温めて抱きかかえていたけど…夜中で獣医も電話つながらず、明け方私の腕の中で息を引き取りました。もう14年も経つけれど、思い出すと涙が出ちゃうなぁ。
名無しさん
昨年、最愛の愛犬が12歳で旅立っていきました。今でも辛いです。悪性リンパ腫の癌の末期が見つり、抗がん剤の治療が始まり、食欲が出てきて少し歩けるようになって効いてきたかな?って思えた直後、病気が発覚してから2週間程の事でした。先生は薬が効けば長くて1〜2年以上、短くても半年延命できると言っていて、病気発覚ですらショックでさしたが、半年でもいいから少しでも長く生きてほしいという思いでした…があまりにも突然の事でまさか。っと受け入れられませんでした。暫く実家に帰省しようとしていた前日に…1人で静かに旅立ちました。1日違いでした。どうして待ってくれなかったのと、最愛の愛犬を看取れなかったこと、腕の中で暖かく見送れなかったこと。失った悲しみが自分を占領してしまい本当に半年近く感情が麻痺していました。きっと、私や家族が悲しんで泣くから、旅立つところを見せたくなかったのかな…。いつでも愛しているからね。
名無しさん
今15歳、肉球が乾燥しているのかフローリングが滑って歩き辛そうなのでマットを敷いたけどここ数ヶ月は9割方寝てる。
正直その瞬間を見るのは怖い
名無しさん
もうすぐ14歳になるチワワの飼い主です。初めて飼った子です。皆さんのコメント読んで号泣。今から私大丈夫かなとロスが心配です。今を大切にします。
名無しさん
もう3、4年ほどたつけど…そんな感じの予兆あったなぁって思う。
でも、犬は飼い主が看取ってくれる時間帯を待っていることが多いと思っています。
私のときは亡くなる直前までお風呂に入っていて上がってきて、ほんの数秒してから亡くなりました。
呼吸は不規則でほとんど反応を示してくれませんでした。
おやつをおいてあげても反応は薄かったです。
思い出すだけでも悲しい。
足が悪く、便の処理などで半ノイローゼ気味になっていて、もっと優しくしてあげていればっていつも後悔していますよ。
名無しさん
19日に愛犬がなくなりました。数日間前までウキウキ、ルンルンしてたのに…最期は息が辛そうで、いつも大人しい子だったのに最期が聞いたことない辛い声を出しました。こんな記事を見て身近すぎて投稿しました。


名無しさん
同じ所を徘徊しだして
次第に歩けなくなり寝たきりになり
目は白内障で見えず
毎日夜鳴きをし
時々痙攣を起こし失禁
そんな状態で2年間、仔犬の頃から17年間も一緒にいてくれたことは忘れられない
ありがとう
名無しさん
15歳の誕生日を迎えて四日後に亡くなりました。
突然、血尿が出だして薬を飲んで治療をしながら、二週間後いつもと変わりなくご飯もおやつも食べて排便もしたあと、夕方眠りについてそのまま息を引き取りました。
あんな親孝行なワンちゃんはいない。。。
しばらくは毎日泣いていましたが、
〝いつも癒してくれてありがとう〟
〝たくさんの思い出をありがとう〟
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
名無しさん
うちの子は2ヶ月前生死の境を彷徨いました。頭も上げられなくなり、息も荒く、もう逝ってしまうかも…!と悲痛な思いになりましたが、奇跡的に回復し、今は信じられないぐらいに元気です。あの時、もっと遊んであげればよかった…と酷く後悔したので、今はすごく甘やかしてしまってます。犬もそれを感じてるのか、ものすごく甘えん坊になりました。
名無しさん
まだ5歳なのにいつか来るお別れの日を時々考えてしまいます。耐えられる自信がありません。考えるだけでも悲しいのに。
名無しさん
自分の犬も4年前のクリスマスの朝に旅立ちました。せめて年を越して欲しかったですが、こればかりはわかりません。なぜまたクリスマスの日なのか。たまに道で柴犬を見ると!うちの犬を思い出してしまいます。19年もよく生きたね!!!
大往生ですね。
名無しさん
私も七年前に、看取りました。
私が大病したあとは、私のペースに合わせて一緒に歩いてくれて、便の処置の時は、立ち上がりがしにくい私に背中をかしてくれました。
夜中に寝室に、愛犬が来た!と思っておき上がると、玄関に作った寝床ですやすやと眠っていましたが、次の日、私が仕事から帰り、しもを、きれいに洗ってやり、水を飲ませたあと、逝きました。私を待っていてくれたと、今も思っています。
皆泣きました。我が家での最後の愛犬となりました。


名無しさん
先日17歳のチワワ2匹が天国へ旅立ちました。
同じ日に生まれて1日違いで亡くなりました。
うちでとりあげた1わんこは生まれつき上顎に穴が開いて医者には3日もたないでしょうと宣告されその日に色々な病院を探して運命ともいえる先生に出会い手術を3回して食事ができるまでになりました。そんな子が病気もせず17年生きてくれてありがとうの気持ちです。
2わんことも前日まで元気だったので気持ちの整理がつきません。それほど苦しまず最期は家族が見守る中私の腕の中で息を引取りました。この子達のお母さんわんこも見送りましたが毎回まだ何かしてやれたんじゃないかと思ってしまいます。
名無しさん
思い出すと、けなげさに涙が?私が飼い主で幸せだったのかなあ‥?もっと生きられたかもと思うと‥‥大好きだったんだよ‥ありがとう、ごめんね、、、
るるるん
知人が、親が亡くなった時より辛いと言ってましたが、その通りでした。ずっと一緒に暮らしてた祖父母や父親を亡くした経験がありましたが、そんなのは比ではありませんでした。きっと動物は、自分の子供のようだからだと思います。
どの道もお散歩で通った道なので、一人で歩きながらお空の愛犬に話かけています。きっと怪しい人と思われるでしょうが。
お骨が家にまだあるので、今度一緒に散歩しようと思います。もちろん見えないように、大きなバックに入れてです。
経験した方なら気持ちは分かると思います。
名無しさん
16日に愛犬を亡くしました。
亡くなる1日前に突然全く食べなくなり、
水も飲み込めなくなって、
立ち上がるのも支えないと辛いようでした。
そんな状態でも自分の脚でトイレに行き、
最期は親が出かけて私と2人きりのときに
亡くなりました。
親がいたら思い切り泣けなかっただろうなと
思うと、
2人きりになるタイミングを見計らって
旅立ってくれたように感じます。
また会いたい。
名無しさん
去年の9月26日と10月26日にウェスティの兄妹を見送りました。お兄ちゃん犬は扁平性上皮癌で妹犬は腎臓病で亡くなったんだけど…お兄ちゃん犬は最初目に目もらいができたんだと動物病院で言われてて治療したのにだんだん癌が大きくなって最後は両面と鼻に転移してしまって失明耳も聴こえずそれでもあの子は最期の最期迄ご飯頑張って食べてました。いつも通ってた病院で癌って言われたのが信じられなくて違う病院連れて行ったら安楽死させればって言われてショックででも安楽死できなくていつもの病院に戻ってウッディ君はまだ生きるって意思があるからご飯を食べてるんだよって言われて我に返ってそれからウッディの大好きな食べ物やドライブ沢山して3ヶ月弱であの子は永遠の眠りにつきました。妹犬はウッディが居なくなってからご飯すら食べずに丁度1ヶ月後の10月26日に旅立ちました。一年違いの兄妹でした。
名無しさん
17年と13年のマルチーズを旅たち17歳のワンコ認知症の徘徊するおばあちゃんになり老衰で亡くなりました。13歳のオスわんこ母親に抱かれて亡くなりました。時々彼らは私に夢を見せます。
若い時の元気な姿です。
もしかして寄り道しまくり迷子になり天国にいってないとか?成仏してないのか?と心配です。
自分が病気になり副作用もキツく歩くのもやっとで頻繁にも実家に行けずもっと可愛がれたはずだと今でも後悔してます。
亡くなりもうすぐ10年。
忘れられないし今でも会いたくて涙がでる。
2度とその悲しみを体験したくないからペットは一切飼わず。ペット禁止の賃貸にいます。


名無しさん
うちでも三匹看取りましたが
人間以上に死期がわかっているのじゃないかなということ
飼い主や家族に挨拶してからあちらに行こうとしてるとしか思えないのです
え、犬が?気のせいでしょと仰る方もいると思いますが
犬は人間と長い間コミュニケーションを
取ってきた動物であり集団で生きる動物なのでこういうこともあるのかなと思っています
名無しさん
1年前に14年寄り添った子が亡くなりました。食欲旺盛で散歩が大好きだった我が子。仕事から帰宅するのがよるになりご飯あげたら全く食べません。おかしいな?と思いリード見せても反応なくいきなり腰が抜けた感じになり歩けなく意識もモウロウとして寝たきりになり
次の日仕事休んで1日一緒にいたらその夜身体をさすられ目の玉がクルクル回りだし息を引き取りました。私の帰宅を待っていたんだと思うと胸が苦しいです。
名無しさん
うちは先月ポメラニアンが旅立ちました。今思えば自宅で看取ってあげれば良かったと後悔しています。もともと体調は良くなかったので覚悟はしていたのですが,夜になり急変したので,つい慌ててしまって,いちばん近い動物病院に駆け込んだのが間違いでした。すぐに手術が必要だと言われ,藁をもすがる思いでお願いしたら,今度は手術前に内金を入れるように言われ,次の日に死亡しましたが,死因の説明も簡単に済まされ,今度はその日のうちに残金を全部支払うように言われ,そんな病院に駆け込んだことをとても後悔しました。もともと自宅で最後まで看取ると決めていたのに,容態が急変したのを目の当たりにして軸がぶれてしまいました。
名無しさん
昔、飼ってた、ワンちゃん、半身付随になって痩せ細っていつ旅だってもおかしくない状況だった。ある日、たまたま何かで2階に行ってたら、ウォーンと一声聞こえて、慌てて降りて行くともう、亡くなってた。凄くショックだった。なぜ、二階に行っちゃったんだろう、、、と後悔した。
名無しさん
うちの子は16歳で亡くなりました。
私が、高校生位の時から一緒で、色々乗り越えられたのもこの子のお陰でした。
私が、寂しくてベタベタしても仕方ないなぁーって感じに受け入れてくれて。
亡くなる前日が寝不足だったせいか、その日の夜は気付いたら寝てしまい、ちゃんと看取る事も出来なくて悔しかったです。
食いしん坊だったのに、腎臓病末期で病院にも見放され最後は苦しい思いさせたんじゃないか?と思っちゃいます。
今は、新しい子を迎えましたが、今日わ何のご飯作ってあげようかなっ?おやつ作ろうかな?ていう気持ちが何故だか余りおきなくなりました。
今も、先住犬に会いたくてたまらない。
名無しさん
13年間一緒に過ごしてきた愛犬
腎臓を悪くして1ヶ月半毎日通院するような状況で覚悟はしていました
在宅中は寝たきりな体をさすると視線を向けて
気持ちいいって言っているみたいな表情
昨年のお盆休み前の早朝に隣のベットで寝ている私を起こすような変な吠え方
そろそろ空へ行くよって合図みたいでした
しかもその日は私の誕生日
なんだか不思議すぎて忘れられません


名無しさん
皆さんのコメントを読んでいるだけで、涙がとまりません。今、もうすぐ七歳になる愛犬と三歳になる愛猫と暮らしています。可愛いくて可愛いくて、溺愛しています、愛犬もシニアクラスに入ってきます。愛犬が、亡くなる事考えるだけで気が狂いそうです。絶対ペットロスになりそうです。皆さん、どうしたらいいのでしょうか。助けて下さい。
名無しさん
母親が病気で入院する少し前に、うちの子は旅立ちました。亡くなる前は御飯を残したり、ぼーっとしてるときがあったかな?
変に気を遣って、亡くなる時間を選んだのかどうかはわかりませんがその後ホスピスに入った母親を看とるために介護休暇をとり、亡くなるまでの数ヶ月、一緒にいることができました。
今は天国で一緒に遊んでることと思います。
私はまだまだそこにはいけませんけど、待ってくれてると思っています。
亡くなるのは確かに悲しいけど、車であちこち出かけたいっぱいの思い出をくれました。
出来る限りのことはしてあげられたかな、と思ってます。
名無しさん
9月15日に愛犬を亡くしたばかりです。12歳でまだまだ生きると思ってたのに、急性腎不全になり1週間で天国にいってしまいました。今でも朝起きた時や帰って玄関開けた時にあっ、もういないんだ…と思います。私の事をいつも全力で愛してくれていました。真っ黒い大きな瞳を思い出すと、会いたくて愛しくて胸がキリキリ痛みます。初めてもらってきた日、子供たちと一緒に成長した日々、最期のお別れの時思い出全てが宝物です。
名無しさん
色々掛け合わせて、見た目をどうこうするのではなく、寿命を伸ばす事に頑張ってほしい
名無しさん
この間、実家の愛犬が危篤状態になりました。13歳の中型犬です。
危篤の報を受けた時は涙ぼろぼろで、実家に帰るまでの3時間半が長すぎてずっと泣き腫らしてました。幸いにして一命は取り留めたのですが、死ぬときはあれ以上の悲しみが待ってるんだと思うと想像したくもありません。
犬は人間と同じ家族ですからね。
名無しさん
11月22日『ペットに感謝する日』に旅立ちました。3日位で急変して、溶血性貧血だったようです。来年位かなーって思ってたのに、まだ現実感がありません。
ギリギリまで水も飲みたがり、獣医さんから頂いた高カロリーのゴハンも食べたがり。
最後に歩けないけど散歩うんちして、帰宅してすぐに父ちゃんの布団の上で逝きました。
自分でもわかっていたようで、最後の朝には気分が良かった様でいつもよりハードに甘えてきましたよ。今まで見たことない位、澄んだキレイな目をしてました。
『いい夫婦の日』でもあったから、先に逝った夫犬がかっさらっていったのかも。
いや、そうに違いない(笑)。
オーイ!虹の橋の向こうではせめて、バカップルやってくれるなよー!
ありがとね!また会おう。


名無しさん
おじいちゃんの家で飼ってた犬が最期、
もう病気で歩く事すら出来ない状況だったのに…何故か突然歩き出して、たまたまた庭先にいたおじいちゃんの前まで来て、おじいちゃんも「どうしたんだお前」ってびっくりしてじゃれたりしてたら直ぐに目の前でそのまま倒れて死んじゃったけど、
そんな不思議な事があったな。
自分もたまたまたそこに居合わせてたけど、死ぬ直前ってなんか犬自身も察するのかな…?
あれは本当に不思議な出来事だった
名無しさん
12年前、実家で買ってた犬。
私の成長を16年も見守ってくれた。
卒業式、入学式、入社式、成人式…
いつも一緒に写真撮ってた。
結婚して長男が生まれて3年。
もうすぐ逝っちゃうかも…と母に言われ
会いに行ったら数時間後に息を引き取った。
次の日、次男の妊娠が発覚。
11才になった次男は、その犬に性格がそっくり。
生まれ変わりかも…と
今もずーっと一緒にいれるようで嬉しいです。
名無しさん
一番好きな物を食べない
水もミルクも飲まない
そばにいて欲しいと訴えかける
一緒にいて、手を添えて
色々話しかけてあげるしかない
犬はわかってくれている
猫は違う。真逆
猫はそっとして欲しい
名無しさん
みなさんのコメント読みながら泣いている私‥
大丈夫か?
まだ生きているのに、今から泣いている私。
天国に行ってしまったら100%立ち直れる気がしない。
名無しさん
我が家の愛犬は、眠るように息を引き取りました。
長年、可愛がった愛情をそそいだ。つもりだけど、
十分に、愛情をあげていたつもりだけど、ちゃんと不自由なく家にいれたかな?とか、悩んでしまった。
けど、大丈夫だった。と自分に言い聞かせている
名無しさん
1代目はいつもいた私のヒザに上がり眠るように息を引き取った。しんどいはずなのに何度も何度もヒザに上がろうとする姿で涙が止まらなかった。場所を探すらしい。2代目は生まれつきの病気。ペットロスになり、今の3代目が助けてくれた。今でも1代目と2代目の骨壺は家にありどうする事も出来ないし普通にある。今思ったけどやっぱり不自然だと思うので今年中になんとか考えてあげないとと思う。


名無しさん
最後は、クゥーン・クゥーンと鳴いてたので抱いてたら息がしなくなりそのまま…
親が亡くなっても泣かなかったが愛犬が亡くなると号泣してしまうとわぁ…
豆柴犬だと思ってたら小豆柴犬で小さくて可愛いかったのにぃ
名無しさん
3匹見送りました
子供の様に可愛子達
3匹ともお休みの時でした
親孝行な子達でした
不出来な親で申し訳なかったと悔やみます
今日は最初に行った子の祥月命日
お骨を抱えて寝ようかなぁ…
名無しさん
うちのワンコは脱走が多くなった。ボケたわけじゃないし、前は扉が開いていても脱走するような子じゃなかったのに。野生の本能で多分死期を悟って、逝く準備してたのかなと。
名無しさん
亡くなる前日はベランダにお座りしてずっと夕日眺めてました。大好きなサツマイモスティック食べて夜明け前に亡くなりました。ちょうどその日は皆揃っていたので最後のお別れを言いたかったのかも知れません。
名無しさん
最期はおウチで。
何も出来ないけど、これだけは決めてます。
名無しさん
うちは別れが辛いだろうから生き物は飼わないようにしています


名無しさん
犬は半年どころか数ヶ月で変わっていく。
耳が遠くなり、食欲は落ちて、寝てばかりだったのに、よいしょと立ち上がって散歩に行こうとする姿が愛おしかった。
たむ
5歳の我が家の愛犬。
初めてのワンコ。
いつか亡くなるとは分かってるけど、愛おしすぎて、辛くて今は想像できない。
耐えられないだろう、ってことは分かる。
名無しさん
去年見送った愛犬の最後
全部当てはまってた…
老衰でした
また涙が出てしまった
名無しさん
なるべく、ギリギリまで苦しい姿を見せない。
それが、一緒にいたパパやママへの思いやりなら
そんなに気を遣ってくれなくても良かったのに、、、
名無しさん
今、飼っているトイプーちゃんがいます。
いつか来る最期の日を思うと…涙がでました。
名無しさん
友達のわんこは、1番好きな母親が帰ってきて
くぅ〜んて泣いてなくなりました。
最後に一言だけ。


名無しさん
酸素の機械って必要だったのかしら…
名無しさん
記事読むだけで思い出して涙目になる
名無しさん
運命
名無しさん
先住犬は在宅看護でした。獣医さんと相談して決めました。老犬になった頃には家族は個々に住んでいたので順番に預かって経過をみていました。点滴をしながら殆ど寝ているような中でも排泄は自力で頑張っていました。妹が高校生の時に貰ってきたのですが最期は妹一家の見守る中、早朝に旅立ちました。
名無しさん
主人を愛した愛犬は、主人の目を盗んでそっと息を引き取ります。
これが彼、彼女らの愛情表現だと思ってます。
名無しさん
ここのコメントのように、これだけ愛されている犬がいる事が嬉しい。
うちの犬も最後まで元気で暮らせるように全力でお世話する。


名無しさん
愛犬が亡くなるなんて考えたくない
今は帰省する時しか会えないから、
前みたいにたくさん撫でて、お風呂に入れたり日向ぼっこしたり一緒にこたつで寝たりしたい。
早く年末になって会いたいな
名無しさん
最期まで飼い主に看取られるペットは幸せだと思う、殺処分される行き場を失ったペットがかわいそすぎる
名無しさん
家にいる若い方が突然歩けなくなりました。
亡くなって一ヶ月。いまだに引きずってます。
昨日ムービー見てたら涙が出ました。
亡くなるほんの数時間前。
仕事から帰りいつものごとく散歩へ。
亡くなったコはトイレだけ済ませて帰ろうかと思ったら、なぜか全力で走ってトイレまで。いつもはそのまま帰るのに、一緒に行くって散歩に行きました。いつもは一緒に行かない次男もいて、4人で散歩。
仲良しの、ワンコの家の前を通り、いつものように勝手に家の敷地内に行き、『いないよ〜』なんて言いながら
帰ってきました。
最後の散歩がわかってたのか、そこから急にグッタリ。
ご飯も食べなくなり、長男も帰ってきて
そこから2.3時間で
みんなの中でお空に行ってしまった…
あっという間のサヨナラの時間でした。
名無しさん
出来る事ならば
一緒に虹の橋を渡りたい。
甘えん坊だから…
名無しさん
こう言う記事を目にし読むと思い出して涙が出て来る。
名無しさん
寝たきりになり、意識も低下、そして黒い便がでたら、お別れは目前です…


名無しさん
近所の雑種犬が老いて寝てばかりだったが、
ある日の夕方、立ち上がって
夕日に向かって遠吠えをしていた。
急に元気になったのか!?と思ったら、
次の日、寝てた場所にダンボールが置かれてて
その上に花が供えられていた。
夜、亡くなったらしい。
遠吠えをしながら空を見つめていた最後の姿が忘れられない・・。
名無しさん
犬を迎え入れた時の喜びより、亡くなった時の悲しさは遥かに遥かに勝る。だから、犬は大好きだけど、飼えません。
名無しさん
犬に対する意識がまだ日本は低いので、職場や飼った事のない人の言葉に傷付くことも多々ある。冷静な時に周りに理解を求めるのも必要です。
名無しさん
犬や動物が大好きなので
皆さんのコメントで涙が止まりません。
動物飼いたいけど別れが辛すぎて飼えてません
名無しさん
犬はかわいそうなんだよね。犬だから。
犬のおかげで一人でもさみしくない。
死ぬときはちゃんと見守ってあげよう。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

記事自体は犬や猫を飼っていらっしゃる方にとって当たり前のような内容だと思います。
だけど頭の片隅に絶対的に置いておかなければいけないもの。

ああすればよかった、こうすればよかった、もっと遊んであげたかった。
悲しみと共に後悔も襲ってくる。

僕もそうでした。

悲しいけど避けては通れない。
予兆があるなら見逃してはいけない。

内容が「死」なので不謹慎かもしれませんが、みなさんの声を読んでいて、こんなにも愛された子たちがいて、今も愛されながら過ごしている子たちがいると思うと嬉しくなりました。

僕は巡り合わせを信じている人間です。

あなたのもとへ現れたワンちゃんや猫ちゃんは、あなたに会うべくして生まれてきた。
そして、あなたの愛情を溢れるほど受けて旅立っていく。

そしてまたいつかあなたの前へ現れる。

そんなことを信じています。
僕はまだ待っている途中ですけどね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント