暮らしの物語

スポンサーリンク
暮らしの物語

現役大学生が考える『おじさんくさい』『おばさんくさい』の定義

「おじさんくさい」「おばさんくさい」。こんなにショックな響きはそうそうありません。 自分はまだ若いと思っていたある日この言葉を向けられてグサッ……というパターンが多いかと思いますが、若い人には当てはまらないなんてことは決してありません...
暮らしの物語

「東京から出られなくなる」帰省するため次々と夜行バスに乗り込む若者「こうやってイタリアではコロナが蔓延した」物議に

首都圏の自治体などが外出自粛を要請した週末を前日に控えた27日夜、東京・新宿の高速バスターミナル「バスタ新宿」では、荷物を抱えたマスク姿の若者らが次々と夜行バスに乗り込んでいた。 「東京から出られなくなるかも」。新型コロナウイルス...
暮らしの物語

【キワキワネーム】あなたは大丈夫?外国語で悪い意味になる注意すべき名前

外国語で悪い連想になる名前と名づけについてご説明します。 タイガという読み方の名前が気に入ったので、息子に名づけようと思っています。ただ、著書でドイツ語圏で要注意の名と書いてあったのが気になります。どんな注意が...
スポンサーリンク
暮らしの物語

『新型コロナウイルスは空気感染しない』なのに換気が必要な理由…ネット上でマスクの効果が物議に

「空気感染はしないといわれているのに、なぜ換気が必要なの?」。国は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、手洗いやせきエチケットに加え、適切な換気を呼び掛ける。どんな効果が期待できるのか。 感染経路は飛沫感染と接触感染…空気感染は「報...
暮らしの物語

新型コロナで『巣ごもり消費』広がる、ネットショッピングと出前で感染リスク回避

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出せず家の中で消費する「巣ごもり消費」の傾向が、再び強まっている。 季節商戦では、大手百貨店でホワイトデー商品のネット通販が前年比約20%増の売り上げに。 日用品の通販や、飲食の出前...
暮らしの物語

「何で自分は運が悪いんだろう」運が悪い人には5つの特徴があった!原因と対処法!

世の中、運のいい人と悪い人がいます。 「最近ツイていない」など一時的に運気が下がっているのではなく、もともと「運が悪い人」とはどんな人なのでしょうか? 風水の第一人者Dr.コパに、「運が悪い人の見分け方」について教えてもらいまし...
暮らしの物語

「気付いたら服に月10万円」洋服レンタルで女性の着回し問題を解決した滋賀の女性起業家

女性服レンタルのベンチャー企業「ブリスタ」(滋賀県草津市)の会長を務める梶原裕美さん。 商談や会食などイベントごとに着られる約350ブランド、4千着のワンピースやジャケットを会員の顧客に貸し出す。 「レンタルなら収納スペースがいらず...
暮らしの物語

【混浴可能な年齢問題】公衆浴場に現れた「恐怖の親子連れ」…子供は何歳まで入浴OKなのか

SNSで話題に上がり、度々議論を呼んでいる「混浴OKな子どもの年齢はいくつ?」問題。 小学校低学年までならOK、小学校を卒業するまではOK、いや、中学生だったとしても、子どもが親と入りたがればOKでしょ?と、ネット上ではさまざまな意見...
暮らしの物語

【SNSで大ブーム】ワークマンで即完売「焚火ウェア」人気は結構当たり前の理由だった!

昨年、プチプラファッション市場に一石を投じ、注目を一手に集めた「ワークマン」。今年もMart世代に嬉しい、おしゃれにきまるのに機能性もバッチリなアイテムが! パーカーピクニックやキャンプなど、アウトドア人気が高まっている今、家や街でも...
暮らしの物語

子供の頃に勘違いしていたことを語れw

子供は間違える生き物。 とにかく間違える。 代表的なところだと「誤って川に落ちた」を、「謝って川に落ちた」とか。 僕は、おどるポンポコリンのBBクイーンズの頭モジャモジャの人を、ずっと俳優の鹿賀丈史だと思っていた。 『鷹...
暮らしの物語

【人気&おすすめの副業】月1~2万円のお小遣い稼ぎから10万円超がっつり副収入まで

政府が副業を後押ししていることもあり、最近は副業や兼業に関する話題が増えています。 年明けにも、2020年度に政府が、東京圏に住んで地方で兼業や副業をする人に交通費を支援する制度を始めると報じられています。 副業には在宅でできる...
暮らしの物語

地元民が誇る都道府県別自慢ランキング!あなたの出身地は?

あなたは出身地のどのようなことを誇りに思っているだろうか。 食事や自然、伝統や祭り、街並みなど、地域によって自慢できることはさまざまだろう。 では、地元を最も誇りに思っている都道府県はどこなのか。最新版「都道府県の自慢度ランキン...
暮らしの物語

【神付録】大ブレイクのポケトル!機能性抜群の「ミニ水筒」が雑誌付録で登場していた!という話

今年大ブレイクを果たした120mlサイズのミニボトル。 流行のミニバッグや通勤バッグにもかさばらないのが特徴で、女性を中心に人気を博してきました。 しかし、「迷いに迷って買ってない」という人も多いのではないのでしょうか。 そんな中...
暮らしの物語

【サラバ鬱病!】うつ病になりやすい人の典型的なパターン【みなさんの経験談】

うつ病になる人とならない人の違いは、どこにあるのでしょう? そもそも、うつ病はなぜ起きるのか。 相談者の「うつの原因はなんですか?」という非常に多い質問。結論を先に言うと、「合わせ技一本」で起きます。 うつ病がたっ...
暮らしの物語

【カラオケで上手く歌う方法】そもそも歌がうまい人は何が違うのか

仲のよい友人と一緒にカラオケに行って、大きな声で歌うとストレスが発散できて気分がすっきり。 だけど一つ残念なのは自分の歌がなかなか上達しないこと。 一緒に行く友人の1人は、声量があり、ビブラートもしっかり利かせて、いつもカラオケの採...
スポンサーリンク