【都市伝説】JR中央線の怪『電車に轢かれたはずの人が消える』実在する二つの踏切の謎【みなさんの経験談】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


現代都市から失われゆく風景がある。社会や技術の変化により、いつのまにか消えてゆく街中のモチーフ。
例えば「電話ボックス」「給水塔」あるいは昔ながらの「低層団地」などだ。

都市の怪談は、その舞台となった場所のイメージが重要だ。
「夜中に灯る電話ボックス」や「古い団地の廊下」が消えるのは、それにまつわる怪談が消えていくことでもある。

「踏切」もまた、失われつつある都市風景の一つだ。
安全のため、往来をスムーズにするため、踏切を廃止しての立体交差化があちこちで進んでいる。

スポンサーリンク

事故多発スポットとして名高い、二つの踏切

JR中央線は、昔から人身事故が多いことで知られている。
その中でも事故多発スポットとして有名だったのが、西八王子と武蔵小金井にある某踏切だ。現在はどちらも姿を消している。

西八王子踏切の事件

例えば西八王子の踏切については、こんな話が伝わっている。

自殺の名所だったこの踏切で、一人の男が電車に飛び込んだ。
衝撃で体がバラバラになるという悲惨な死に方だったが、なぜか頭部だけがどこにも見当たらない。

後日、それは線路脇の高校のプールにて発見された。
切断された勢いで飛んできた生首が、ぷかぷかと水上に浮かんでいたのである。
それからというもの、水泳中の生徒が溺れるなどの怪現象が続出したため、プールは撤去されてしまった。
だから同校には、いまだにプールが設置されないままなのだという。

八王子市民なら誰もが知るメジャーな怪談……というより都市伝説である。
もっとも、これほどの事故なら(規制のゆるい昔なら)報道されているはずだが、いくら探してもそれらしき記録は出てこない。
踏切で事故が多発していたこと、その学校にプールがないことは事実にせよ、当該エピソードは事実無根のデマに過ぎないのだろう。



「深夜になると、あそこに首のない人影がぼうっと立つ、なんて噂がありますね」

現在そこは踏切を撤去し、跨線橋がかけられたため、往時のような事故・自殺は解消されている。
現在は厳重なフェンスやボードで囲われており、線路内に立ち入ることは不可能だろう。

そこでふと、乗ってきたタクシーの運転手さんから「線路の奥をよく見てください」と声をかけられた。
薄闇に目をこらすと、線路の向こうに、かつての踏切の残骸がひっそりと佇んでいるではないか。

「深夜になると、あそこに首のない人影がぼうっと立つ、なんて噂がありますね」

なるほど、現在のロケーションに合わせて、怪談も更新されているようだ。
ただしひどくおぼろげな、記憶の残像を見ているような怪談ではある。

武蔵小金井駅…轢かれたはずの人間が消失する「開かずの踏切」

武蔵小金井駅そばの踏切もまた、人身事故が多発する場所だった。
もっともそこは日本有数の「開かずの踏切」だったので、自殺よりも線路内に取り残されての事故の方が多かったかもしれない。怪談の噂についても、「人魂や怪しい光が浮いている」という些細なものばかりではあった。

むしろ有名な「幽霊騒ぎ」は、この開かずの踏切が消え、高架化された後に起こった。

2019年3月、運転士が「ホームから線路に飛び込んだ人を見た」として、特急あずさ33号を緊急停止させた事件だ。
ネットニュースなどで大きく扱われたため、地元民以外にも広く知られることとなった。

人身事故が起きたと思いきや、轢かれたはずの人が消えている……。
こうした鉄道の「幽霊騒ぎ」は、実はあまり珍しいケースではない。日本全国であれば、報道されているだけでも数年に一度の割合で類似事件が発生している。
ただ興味深いことに、武蔵小金井駅では高架化前の2000年代半ばにも、同じ騒ぎが起きているらしいのだ。



15年前の事件

Kさんという人から興味深い情報をうかがった。

2004年か2005年のことだという。
午後11時40分頃、 Kさんの乗った電車が「お客様が飛び降りたため」のアナウンスとともに、武蔵小金井駅で緊急停止。
しかしいくら捜索しても、周辺には人影一つ見当たらない。
それだけでも奇妙だが、なんと翌日また同時刻・同駅で「線路上の人を見て電車が緊急停止したが、捜索しても無人」という事態に出くわしたというのだ。
2019年のニュースを見たKさんは、「あの時の幽霊が、また現れたのかも」と思ったらしい。

心霊現象ではない可能性も

ただ、これは心霊現象ではない可能性も高い。

鉄道の「幽霊騒ぎ」で消えた人物については、その後の調査や監視カメラの確認で、「実際に生きた人間が線路上に落ちたのだが轢かれず、その後に逃げ去っていた」と判明するパターンも多い。
当時の武蔵小金井駅ならば、開かずの踏切で立ち往生した誰かが、間一髪で衝突をまぬがれ、そのまま逃げたとも考えられる。

真偽のほどはともかく、こうした出来事を人々が「幽霊騒ぎ」と見ること自体が重要なのだ。
Kさんの体験もSNS時代であれば、即座に怪奇ニュースとして拡散されていただろう。

スポンサーリンク

「境界」が魔を生み、怪異が生まれる

よく指摘されることだが、怪異とは「境界」で発生するものだ。
橋の上や夕暮れのような、あちら側でもこちら側でもない空間・時間に、魔が生じる。

踏切はまさに「境界」の典型例だ。

その中で立ち止まるものなどおらず、人々はただ、いそいそと線路を横切っていくだけ。
ただ通過するためだけの、どこにも属さない空間なのである(なにしろ留まれば死に繋がってしまうところなのだから)。

跨線橋や立体高架と違って、いてはいけない境界上に人がいる。
当たり前すぎて気づきにくいが、踏切とは、そうした危ういバランスで成立している場なのだ。
だから飛び込み自殺や、線路上に取り残されることでバランスが崩れたとたん、たちまちそこに怪談が生成される。

冒頭で述べた通り、こうした境界の場とは、経済効率としては無駄な余白なので、都市の発展につれて排除されていく。

参照元 https://news.yahoo.co.jp/articles/41821d64df35049dcca55ac90f818d3314ca5501?page=1

スポンサーリンク

みなさんの声

名無しさん
もう、40年くらい前の事になるが高尾駅迄通学していた時に西八〜高尾間で飛び込み自殺された先頭車輌に乗っていた事がある。しかも、先頭車輌の乗客は私ひとりだけ。
今でも、警笛の音と運転手の叫び声、車輌がゴトンと跳ねた感覚忘れられない出来事です。
あまり思い出したくないケドネ。
こう云う記事を見ると蘇ってしまう。
名無しさん
30年くらい前、金曜日の夜に各停で浜松から静岡へ。安倍川鉄橋で静岡側の辺りで、車体下部に物凄い衝撃。ガンガンと言いながら何かが当たる感じ。電車は急停車して、運転士と車掌が走りながら探したが、見つかりませんとか話していました。結局見つからずに発車。動物かと思ったら、翌日の新聞に若い女性の遺体がかなり飛ばされていたとの報道。さらに会社に行ったらパートさんのお知り合いの娘で二度びっくり。失恋して飛び込んだみたい。衝撃の激しさと車体下部を引っかかりながら飛ばされている音が昨日のことの様。静岡新聞に出てます。だから車で人にぶつかり分からないと言う人がいるが嘘。電車の衝撃は物凄かった。
名無しさん
一時期の新小岩駅は悲惨でしたね
大量の警備員が配置され、人件費よりホームドアを設置した方が長期的に安くつくので総武快速で一駅だけホームドアがつきました。
ホームドアがついてからは起きていないようです。
名無しさん
轢かれたはずの人が見つからないのは3年前だったかな?
茅ヶ崎駅のが有名では?
確か、運転手もホームにいた人も、線路で遊んでいた子供を轢いたのが見えたはずだけど、子供は全く見つからなかったとか言うのが新聞にも載っていたような(>_<)
名無しさん
中央線もすごいですが、私の街を走る東武東上線も自殺者が私鉄でダントツです。
心理学の先生の話だと、オレンジ色の電車は自殺を誘発しやすいとか…


名無しさん
24年程前に小金井北口でタクシー乗務していましたが、ムサコ踏切はそんなに飛び込みなかったですよ。
最近はどうだか知りませんが、当時は圧倒的に国立の弁天踏切での飛び込みが多かっですね。
ドライバー達の間で幽霊話としてのぼらないのは歩行者専用の踏切だった為です。
心霊関連の書籍なんかでも紹介されていたと記憶しています。
名無しさん
子供のころ、自転車で西八王子~八王子間を線路に沿って走って行くと、ほとんど必ずどこかしらの踏切に献花の花が置いてあったし、武蔵小金井駅は数年前に、1日に2回人身事故が発生したこともあった。何か呼び寄せるものがあるのかな。
名無しさん
私はJR上野駅で目の前で飛び込まれたのもあったし,地下鉄飯田橋駅では自分の乗る車両が遺体に乗り上げたのもあった。
中央線沿線の高校に通っていたから総武線東中野駅の衝突事故も目の前で見たし,過去2桁の数の人身事故を目にしてきた。
その惨憺たる現状は見るに堪えないし,事故処理をする人たちの苦労も見てきたから意図的な飛び込みは本当にやめて欲しいです。
名無しさん
電車ってさ、夢や希望、人々の生活や幸せを運ぶ乗り物だと思うだ。
電車に飛び込むって事は、黒い電車にしようとしてるのか?
何だろ。止めてほしい。
名無しさん
201系が好きだったので115系や183系臨時あずさと併せて西八王子周辺にはよく撮り鉄に行きました。
人身事故が多かった時期と当時の主力車両201系の引退時期が被ったせいか人身事故で飛び込まれて痛々しい姿のまま急遽引退の車両も有りましたね。
名無しさん
この私は高校が三鷹なので、記事の西八や武蔵小金井の話は聞いたことございます。
三鷹駅前が再開発される以前は、南口側のやや吉祥寺寄りの線路沿いに、旧くからのふとん店がありました。その木造の旧店舗に、三鷹事件の無人列車が暴走して突っ込んだとの由です。幸いにして、死者ゼロで、事故当時の若いお嫁さんが後に同店の名物お婆ちゃんとなって、三鷹事件の生存者(?)として幾度も取材を受けたと聞き及びます。こちらは自殺騒ぎとは別で、結果としてはハッピーエンドな逸話ですが、東京の中央線ついでにご紹介いたしました次第です。


名無しさん
八王子高校プールの生首は飛ばされた方向、角度からして上り電車に轢かれたという事でしょうか?
だとしたら、地図を見る限り運転士からは視界に入る踏切ですね。
急に踏切に進入して来てブレーキ間に合わず、という事ですね・・・・。
御命御大事に。
名無しさん
2019年3月武蔵小金井の件は、お隣の東小金井線路からホームに上ってきた人が自分が列車を止めたという趣旨の話をして立ち去ったとの報道。どうやら武蔵小金井で立ち入って隣の東小金井まで歩いて行ったようだ。
割とこの手の話は多い。
名無しさん
中央線の人身事故というと国立〜立川間の西五条踏切が名所だったと思うんだが。
磁場が狂ってるとかいう説もあったし。
名無しさん
現在も自殺の多い京浜急行だが、私が小学校の時は、杉田第一踏切の人身事故が、あまりにも多すぎて、電車のダイアも乱れ、京浜急行は、踏切を人力のワイヤーにし、電車が遠くに見えると、踏切にある小屋の中から、安全なら白い旗、人が入ったら赤い旗を大きく振って電車の運転手に伝えていた。杉田駅は下りの普通電車が駅に停車すると、踏み切り担当社員が、ワイヤーの踏切を下すが、その間に、すり抜ける人がかなりいて、そのうちに上りの特急にひかれるケースが多かった。覚えているのは、一度に女性二人が人身事故で、肉体と血液が飛び散り、踏切の前で、電車の通過を待っていた中年おばさんのエプロンに血と肉片が付いて、線路内、線路側面が、変色してしまい、路線区の社員も、どう手を付けて良いのかを、かなり時間をかけて話していた。どの肉片が、どっちの人のかがわからないようだった。しかし、中年のおばさんは、おどろくほど、冷静だった。
名無しさん
心霊現象は経験ないので否定も肯定もしません。
やっちゃいけないことを戒めとして伝わっているような内容でもない。
怪談話としてまた亡くなったと人を冒とくしなければいいと思う。
生首がそんなに飛ぶとは思えないけどなあ。
どこかの首塚で何百キロも生首が飛んできたことがあった伝えもあるが。
名無しさん
国立駅からひとつだかふたつ立川寄りにあった踏切も、事故多発で幽霊話もあったしお地蔵様が立ってました。中央線は昔から多かったよね。


名無しさん
以前線路際に住んでいて、近くの踏切で事故や自殺は数回あった。引っ越す直前にあったのは中学生男子の飛び込み自殺。数日後、遺体があった近くの線路わきの道路標識の下には花が飾られていた。自殺した生徒は近隣の学生ではなく、親の車で連れて来てもらって手を合わせる級友もいた。
越して数年後にそこを通りかかると花があった。自殺の事情は知らないが、そうやって弔ってくれる人が周りにいたのになぜ飛び込んだのかと思う。
名無しさん
中学生の頃、夏休みに出掛けるので武蔵小金井駅の改札口を通ったら停まらないはずの特別快速が通常の停車位置とはずれた場所で停まっていました。ホームに行くとなにやら異様な雰囲気で、そのうち電車が少しバックしたらそこには轢死体があって周囲に生臭い空気が流れていた事を思い出しました。その後、後続の電車に乗ったはずなんだけど遺体をどうやって回収したのか運転再開までどの位掛かったのかは全く覚えてません。翌日の新聞には中年女性の飛び込みと報道されてました
名無しさん
まだ踏切のある武蔵小金井周辺に住んでいた頃は多かったな。受験を終えて中央線に乗ると人身事故、知り合いは遊びに来る前に駅で転がっている生首と目が合い食事を止めた記憶が。
名無しさん
八王子市民だけどこの踏切の自殺の事は知らなんだよ。
八学(だよね、場所的に)のプール云々も知りません。
ただ25年前に京王線の先頭車輌でおじいさんが飛び込んだのを見ちゃいました。駅は百草園、特急なので通過駅ですね。
隣のOLさん腰抜かして立てなかったのを覚えています。
水泳の飛込みみたいに手を前に出して・・怖かった。
高幡不動に止まって最初に駅員に言われたのが、飛び込んだのを証明してくださいでした。
運転手さんも淡々としていたのを良く覚えています。
まあ、なんにしても命を粗末に扱わないで欲しいですね。
名無しさん
どこの路線でも人身が発生する場所は、大体決まっていますよね。それが踏切だと、やはり呼ばれるんだろうな。西武池袋線だと椎名町〜東長崎でよく発生するんだよなぁ。
名無しさん
西八王子のこの踏切のごく近くに実家があります。
高校生の時、よくここで飛び込み自殺があり、ある夜中に『うちの娘見ませんでした?』『今飛び込みがあったのですがこの赤い靴は見覚えありますか』『あー…(叫び)』とゆう声を聞いたこともあり怖くて眠れなかったこと覚えています。
飛び込んだ後の姿を目の当たりにしたこともあります。
カーブしているので飛び込み易かったのでしょうが、今はそれが出来ないようになっているのでホッとしています。


名無しさん
今でこそ電車が止まるようになったけど、人が電車と接触して止まるようになったのは、ここ20年ぐらいじゃないだろうか。極力電車を止めないように事故処理をしていたいような気がする。
名無しさん
17年くらい前5日連続で人身事故ありました。
また、人身事故を先頭車両で前方を見ている時に目撃しました。
あと、土砂崩れが発生して、八王子あたりの山かなー、と思ったらまさかの四谷辺りでした。
中央線はおもいれ深い路線です。
名無しさん
人身事故多発地帯は中央線、京急線、小田急線、西武線、東武東上線です!最近は、小田急、京急が特に多いです。
名無しさん
昭和20年代の半ば頃、今津駅近くの阪神電車の路線のすぐ北側の住宅に住んでいた。時々電車が異様な軋り音をたてて急停車することがあった。飛び込み自殺で、現場は実にむごたらしく、遺体がかたづけられた後も長く肉片が散乱していた。
名無しさん
結構似たような話は各地にあるよね(笑)
俺ちゃんの聞いた話によるとバラバラになった身体の腕の部分がプールに落ちて、プールに入る人間は水底に引きずり込まれると聞いたけど、違う地域だな。
名無しさん
大阪のJRの大和路線、志紀駅から、八尾駅、久宝寺駅間の、快速への自殺が多い。MAXスピードで踏切りに突入するからな。多いときは月に三回。コロナで自殺者が増えそう…。高架にしてほしいのにいまだに踏切り、鉄道会社は何を考えてるのか…


名無しさん
武蔵小金井の踏切は、そんなに事故は多くなかったと思うなあ。
なんせ、開かずの踏切で、待ち時間があまりに長すぎて、渡ろうとする人間があまりいなかったし。
名無しさん
丸ノ内線の四ッ谷駅もいわくつきよねー。地上に出る駅なんだけど、年に何回かははじっから女性が飛び込んだ!ってホームにいた人が通報して、探したけど誰もいない。って言うの。昔の話じゃなくて、平成になってもあったからなー。
名無しさん
高架になっても、地上踏切のお化けが出る。
ちょっと面白い。
高い位置になってるのに迷わず出られるのか?
とか考えちゃうな。
名無しさん
八王子〜西八王子間と国立〜立川間の踏切は昔から多発してましたね…武蔵小金井は開かずの踏み切りすぎて確か事故は少なかったはず。
名無しさん
30年ほど前、夜箱根の峠走る時、峠の途中にポツンとある電話ボックスは、特に心霊スポットでなくても気持ち悪かった。
特に、通り過ぎてバックミラーに映った瞬間、特になにもないのだけど、ぞくっとしたのを覚えてる。
名無しさん
新型コロナの影響で不景気や社会不安のせいか、最近は頻繁に人身事故のニュースを目にするような気がします


名無しさん
子どもの頃、小金井の婆ちゃん家に行くとき、あの踏み切りを渡って行った。長い踏み切りなのに、すぐ踏み切りが鳴るからとにかく嫌いだった。なんかしょっぱい思い出が甦ってきた。
名無しさん
時代を感じますな。
電話ボックスなんか絶滅危惧種やし。
せやけどあの古臭い感じが怖かったんよね。
名無しさん
立川によく遊びに行くのに中央特快青梅特快利用するけ東京始発で着いて電車待ってたら人身事故で遅れていますってよく遭遇する…
名無しさん
神戸住吉駅新快速飛び降り事件も、小説で読んだときビックリしたが、どうも実話のようで驚いた。
名無しさん
首が飛んだって言えば、昔札幌の丘珠空港で、ゲートに到着してエンジンを切ったばかりのYS-11機のプロペラにメカニックが接触、切断された首が近くの待合室の窓まで飛んだのは本当とか。
名無しさん
「稲川さん、あるんですね。こういう事って。」
そんな話を、聞かせてくれました。


名無しさん
普段なら鳴らない場所で長い警笛にブシュッと鈍い音と共に減速と共に何かを乗り上げた感触が車輪から伝わるんだよな
名無しさん
中央線の怪
中学時代に「恐怖の味噌汁」と同時によくクラスで言い合っていた。
名無しさん
水泳嫌いの生徒に対してはプールが無いことは売りになるので、いまさら建設は出来ませんよね。
名無しさん
武蔵小金井のあずさの事故は結局、隣の東小金井で見つかったはず
名無しさん
中央線の人身事故今ではだいぶ少なくなりましたね
名無しさん
地下鉄ホームに幽霊が出たら、踏切とかより怖いかもしれない。


名無しさん
そのあと来る、鉄道会社の賠償請求も恐い恐い
名無しさん
鉄道ネタでは無いけど大阪は怪談が妙に多い。
名無しさん
残念ながら、その怪談話を作ったのは私の1年の頃の担任です。
保健体育のA先生。
もう退職されてるんじゃないかな。
名無しさん
小金井工業高ですか?
それとも多摩科学技術高校?
名無しさん
他に中大附属も最寄り駅ですね。
名無しさん
小金井北高校もあるね


名無しさん
電車にはドライブレコーダーないのかな?
名無しさん
怖いな~怖いな~
名無しさん
その高校に通ってました。ついでに言うなら、かつて生首がぶっ飛んだであろう踏切跡を跨ぐように作られた歩道橋を三年間、朝夕渡って、脇にある寺の墓所を横目に通学してました。
件の都市伝説は一年生の頃知りましたけど、心霊現象的な事は何も起こらず…
まあ当時は自殺者のせいでプールの授業が出来ず、女子のスク水が拝めないなんてふざけんな!って思ってましたね。懐かしいです。
名無しさん
福岡県の柳川市にある柳城中学は武士の生首がたくさん並べてあったとこだから、プール何度作っても壊れるからプールの授業がないよ。
柳川藩は、江戸時代
豊臣秀吉や織田信長くらい
刑罰が、すごかったと聞く
名無しさん
こういう都市伝説、あっておかしくはないし…
ただ、自ら選んでこういう死に方をした人の霊が、なぜここに、という感がある。本来は自分を死に追いやったひとの前に…
なのだろう。
逆に、現世に未練を残すなら、鉄道自殺など選ぶべきでは…
名無しさん
西八王子の踏切は自殺踏切と呼ばれていた。
近くに某宗教団体の支部があり、裏切り者が処分されると噂されていた。


名無しさん
頭だけ線路脇の増水した用水路に落ちて、後日下流で発見とか、車輪の直撃で粉々とか。当然探しても見つからず、諦めるまで長時間の抑止。
名無しさん
中央線の高尾から少し山に入ったところに古虎渓という駅があるけど、ここに古虎渓ハウスという有名な心霊スポットがある。
名無しさん
中央線は人身事故が多いから運転手の精神やられてて飛び込みの幻覚見るのかもね
名無しさん
よくYouTubeで関西のタレントさん
北野誠さんの心霊動画、ラジオ配信を楽しく視聴しているが、廃墟や心霊スポットが無くなると幽霊は何処に行くんだろうと言ってたな。
不思議な世界だ!(笑)
名無しさん
本当の怪談はバラバラになった被害者を拾い回っている警察官の会話だろう。
「おーい、アタマ見つかったか?」
「右腕は線路際にあったぞ」
「下半身は、そこだ」
名無しさん
プールに生首なんて…
怖いと書こうと思ったら
コメント欄がてんこ盛りだった


名無しさん
八王子高校か
名無しさん
そろそろそんな季節かなお盆までGO!!!
名無しさん
ガンツの部屋に飛んだんじゃん?
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

JR中央線はガンツのような人身事故がたまに起きます。
僕は当サイトとは別に「人生パルプンテ」というサイトを運営していますが、そっちで2019年3月に起きた武蔵小金井駅人物消失事件を取り上げています。

ホームから人が線路に飛び込み、電車が非常停車。
しかし飛び込んだはずの人物が忽然と消えてしまったのです。
運転士も人の飛び込んだ姿を目撃しており、ネット上では幽霊ではないかと物議を醸しました。

本当にガンツのような事件でした。(事故かな)

ただでさえ中央線は人身事故が多い。
怖い話ですが、もしも不思議な力が働いていて呼び込まれたのだとしたら悲しい話でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オカルト系の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント