『新型コロナウイルスは空気感染しない』なのに換気が必要な理由…ネット上でマスクの効果が物議に

スポンサーリンク
スポンサーリンク


「空気感染はしないといわれているのに、なぜ換気が必要なの?」。国は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、手洗いやせきエチケットに加え、適切な換気を呼び掛ける。どんな効果が期待できるのか。

スポンサーリンク

感染経路は飛沫感染と接触感染…空気感染は「報告されていない」

新型コロナウイルスの感染経路は、感染者のせきやくしゃみ、唾液と一緒に放出されたウイルスを吸い込む「飛沫(ひまつ)感染」、ウイルスが付着したものに触れた手で粘膜などを触ってうつる「接触感染」とされる。
ウイルスが長時間空気中を漂い、感染者から十分な距離を取っていてもうつる「空気感染」は報告されていない。
感染症を専門とする北九州市の山口征啓医師は「はしかや結核と同じように空気感染するなら、もっと集団感染の規模は大きくなる」と指摘する。



換気の効果

では、なぜ換気が必要なのか。
山口医師によると、集団感染が起こっているライブハウスやスポーツジムなどの換気の悪い閉鎖空間では、飛沫が短時間、空気中に漂うことがある。
「飛沫がふわふわと舞っている状況では、マスクと顔の隙間からウイルスが侵入するなど、せきやくしゃみで飛んだしぶきよりも多くの人が感染しやすい」という。
換気することで、漂う飛沫に含まれるウイルスは薄まり、屋外へ流れていく。
このため、吸い込む量が減ってリスクは低くなる。



日中は2~3時間ごとの換気を

厚生労働省は、換気扇を回したり、日中は2~3時間ごとに窓を開けたりすることを推奨する。
山口医師は「医療機関など窓を開けなくても自動的に換気できる施設やビルもあるが、基本的には窓やドアを開けて空気の流れをつくることが重要」と呼び掛ける。

参照元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010000-nishinp-sctch

スポンサーリンク

みなさんの声

名無しさん
文中に
「飛沫がふわふわと舞っている状況では、マスクと顔の隙間からウイルスが侵入する」
とあるけど、マスク着用を前提の話だよね。予防効果は、ないと聞いているけれど。
でも、自分が感染しているかどうか分からない今、感染拡大をさせないためにマスク着用だね。多少の感染予防も期待して。
名無しさん
マスク、家に10枚あるんだけど、自分がくしゃみ始めた時のために保管している。電車でも使ってない。電車乗ったら8割くらいマスクやってるだけど、みんな、たくさん持てるんだなあと感心する。
名無しさん
マスクの効果は「ない」のではなく「限定的」
つけ方が悪い奴が山ほどいるからね
武漢から帰ってきた直後に囲まれて取材受けてた阿呆を見ただろう?
あとフィルター屋から言わせてもらえば、マスクに限らず不織布のエアフィルターは物理的な衝突による捕集じゃなくて帯電による吸着がメインだから、目より細かいものもちゃんと捕集する。
じゃないとVFEやPFEの規格が通らないから。
電気集塵機が通り道の空間がデカいのに細かいチリやホコリを捕らえるのをイメージしたらわかりやすいと思う。
多分、HEPAフィルタークラスでも帯電を落としたら捕集率50%は越えないくらいだよ。
ただ結局のところ接触感染は防げないからどんだけ高性能にしても限定的でしかないんだよなぁ・・・
名無しさん
中国などでは「飛沫が空中を飛んでいる状態」でも「空気感染」と言う事がある。
先進国の標準定義だと、「飛沫(鼻水や唾液の水滴、および目に見えないい程の霧)」は「飛沫感染」に分類される。
一方で本物の「空気感染」は、乾いた飛沫の中にある飛沫核、まぁ菌の部分などが延々と空中に漂い感染力を持つタイプの物を言う。
はしかや水ぼうそうなどがコレで、水滴がついてない分とても小さくマスクなどでも防ぐのが難しい。特殊なマスクが必要になる。霧吹きはすぐにしたに落ちるので、感染する範囲は狭い。
ただし、空調などに乗れば思ったより遠くに飛び続ける事がある。
この飛沫はサイズが大きい為、一般のマスクでも防ぐことがある程度はできる。
名無しさん
マスク着用は全く効果がないとは言えないだろうけど、それは他の防御策を実行した上でプラスアルファくらいの効果と考えて良いと思う。
ウィルスそのものはマスクを透過するし、仮に一旦は防げたとしてもそれによってマスクに付着したウィルスに触れ体内に取り込んでしまっては元も子もない。
感染を100%防げる保証があるわけではないが、極力曝露量を減らすことを実践すべきだ。
仮に空気中にウィルスが浮遊していようと換気することでそれを希薄化できる。
すなわち曝露量を減らすことができるので換気には効果があるといえよう。


名無しさん
インフルエンザの家庭内感染について、香港の家庭を対象に「手洗いのみ」「手洗い+サージカルマスク」「どちらもなし」で実験した論文がある。
手洗いの方法やマスクの正しい使い方は共通して指導した上でのもの。
結果、手洗い+マスクでは最初の患者の発症後36時間以内に実施された場合には、何もしないのと比較して家庭内感染の有意な低下がみられたとある。
また、CDCの「パンデミックインフルエンザ予防のための地域社会伝播軽減ガイドライン」におけるマスクの位置づけは、咳やくしゃみによる大飛沫粒子をブロックすることにより、有症状者から健常者へインフルエンザウイルスの伝播を防ぐための物理的バリアであるとされている。
健常者の日常的なマスク着用については、特別なハイリスクの状況下以外では、インフルエンザ流行期における家または公共施設でのマスク着用を推奨していない。
名無しさん
顔を触らなくてもマスクを触ってたら一緒だよ。
普段あまり顔を触らない人でも、マスクをしてたら頻繁にマスクに触る。
マスクにウイルスついてたらそれをあちこちにばら撒くことになる。
食事のときに外したマスクをそこらへんにポイッと置く、ポケットに入れる、無造作にゴミ箱に捨てる。
気をつけないと逆効果になるよ。
名無しさん
飛沫の大きさが10分の1になると、空気中で沈降する最終速度が100分の1になります、すなわち小さいとエアロゾルとして空気に漂うということ。
たとえば、0.1mmの飛沫は1秒で1.2m落ちますが、0.01mmの飛沫だと1.2cmしか落ちません。
ただし、一つの飛沫当たりの体積(∝ウィルス量)は1000分の1になるので、薄い濃度だと感染はしにくいのではと思いますが、大量に空気中に漂っている場合は危険性はあるかも。
その場合、マスクの隙間から吸い込みやすいので、マスクの効果は少ないかもしれませんが。
名無しさん
無感染症状者である可能性があるからといって健康な人がマスク買う→マスク不足→花粉症患者や風邪の症状ある人がマスク買えない
これ。これが問題。花粉症の季節なのに、花粉症でもない無症状者の方々は買うのをやめることからはじめないか。
やみくもにマスクしてないと文句言うのもだいたい神経質にマスクしてる人だよ。
名無しさん
マスクが効果が無いとは、有効に使う為には様々な条件が必要だからなんだよね。
使い方が悪いと、何もしていないよりもリスクが高くなる事もあるのだから。
長時間の使用はしない。(午前と午後で同じマスクは使わないとか)
一度使ったマスクは再使用しない。
マスクをしていても、うがい手洗いは必ず行う。
捨てる時は、密閉した袋に入れ、外気に触れないようにする。
などなど。
正しい使い方ができなければ、効果は期待できない。
そもそも、長時間付けていると、マスクに付着した飛沫が乾燥し、そこからウィルスが移動しやすくなり、それを呼吸時に吸い込んでしまうリスクがある。
結局マスクをしても、別のリスクが生じるだけなので、トータルでのリスクを考えると、マスクはしてもしなくてもリスクに大差はないのですよね。
それでもしたがるのは、形あるものを付ける事で心理的に安心したいというお守り効果なんですよね。
名無しさん
マスクを付けて安心している人が多いと思う。
きちんと付けないとまるで意味のないものになってしまう。
鼻のところを折り曲げてない。マスクを上下に伸ばしていない。
そして、最悪なのは、装着後フィルター部を触る。
結局は接触感染となってしまう。


名無しさん
畑へ撒こうと木炭をハンマーで砕いたが、舞い上がった炭の粉がサージカルマスクと皮膚の隙間を通って鼻の穴黒くなった。
マスクのあまりの頼りなさに心配になっている。
でもしとくかぁ。
名無しさん
呼吸器感染症状のない人がマスクをすることで、感染予防効果があるとするエビデンスがあるなら示してもらいたいものです。今年に限らずマスク大好きな日本人が、その文化のない外国と比べ呼吸器感染症が少なかった、という報告も見てみたい。満員電車が日常的な国、とのことですが、同じ日本でも地方では別に満員電車は日常的ではない。都市部と地方でウイルス性呼吸器感染症の罹患率に差があるのかな。最新のインフルエンザ定点報告数は多い順に岩手、大阪、石川ですね。
名無しさん
いろんな話を合わせるとなんだか矛盾というか、無理があると言うか、、、
何かふに落ちないんですよね。
マスクは意味がある!と言えばいいのに。
飛沫がふわふわ、、、?
飛沫は1メートルって、言われてないっけ??、
ヒトヒト感染の可能性は無いと言いながら、めちゃひろまってますけど、と思ったし、きちんとしたエビデンスを元に、正確な情報を1箇所から出してもらいたい。
名無しさん
マスク、飛沫を直接浴びる距離では「感染予防」の効果はあるよ。なけりゃ感染者と接する医療関係者にマスク着用が義務づけられるワケがないでしょ。
だからオープンエアの街中でマスクをしてもほとんど何の意味もない。
自らの飛沫を飛ばさないため、という理由でマスクをするのも、咳エチケットを守れば済む話なので無用。
「自分が感染者かも」と結局全員がマスクをするのは茶番。
飛沫感染か空気感染(飛沫核感染)かは、およそどんなウイルスでも飛沫核の状態にはなり得る。なり得るがそうなったウイルスは短時間で死滅する。
その短時間の間でも、人が密集している閉鎖空間であればまとまった人数に感染させ得る。
それがライブハウスや満員電車で起き得ること。
でも満員電車の場合は、それでもなお接触感染のリスクの方が大きい。
あ、ちなみに「匂いの分子」はウイルスより遙かに遙かに小さいよ。
名無しさん
「マスクで新型コロナを完全に防ぐ事は出来ないが、感染の確率は多少は減る」
と、当たり前の事を言ってしまうと
マスクが医療関係者や高齢者介護施設関係者や何よりも上級国民に行き渡らなくなるので
一般人には「全く効果が無い」という話が出回っているのだと思う。
マスクが潤沢に供給されるようになったら「やはり一定の効果あった」となると思う。
名無しさん
私はニオイに過敏で、とくに香水の類はかなり離れていても感知してしまうのですが、
今般の事態を受けてマスクを着用するようになってもニオイの感じ方はとくに変わりません。
ニオイの粒子(?)とコロナウイルスとどっちが大きいのか知りませんが、
目に見えないレベルの物体はぜんぶ素通りしてる感じがします。


名無しさん
飛沫がふわふわ漂うって密室で空気が動く状況ってことなのかな
飛沫中の水分なんてすぐになくなって飛沫感染なら関係なさそうだけどな
やはり空気感染してるんじゃね
空気感染するけど感染力が弱いのか
飛沫感染だけど感染力が強いのか
名無しさん
飛沫感染を防ぐだけでも効果はあると思い、マスクはしています。
“多少”でも効果があるならした方が良いのでは?もちろんマスクを触った手はきちんと洗ってますし、それ以外でも手洗いはこまめにしてます。
最近「マスクは意味ないらしいよ」とわざわざ言ってくる人も多いのですが、その人たちは自分が無症状感染者の可能性考えないのかなと思います。
相手にうつさないためにもマスクはした方が良いと思うのですが…。
こうした記事で「マスクは必要ない」と勝手に解釈してしまう人も多いので…困ります。
名無しさん

>だが感染しているかどうか分からない今、感染拡大をさせないためにマスク着用だね。多少の感染予防も期待して。

だからさ~
他人にうつさない為としては効果があるが、自分が感染しない為の予防にはならないって、専門家が言っても予防効果があると思い込んでる奴って何なんだろうな。

名無しさん
マスクを着用していないと、正面からの飛沫が例えば1m向こうのものまで吸ってしまう、マスクをしてれば周囲20cmくらいのものしか吸わない、という意味で人の密集度合いによってはやはりマスクをしてるとリスクは下がると思ってます
名無しさん
「飛沫がふわふわと舞っている状況では、マスクと顔の隙間からウイルスが侵入する」
とあるけど、マスク着用を前提の話だよね。予防効果は、ないと聞いているけれど。
でも、自分が感染しているかどうか分からない今、感染拡大をさせないためにマスク着用だね。多少の感染予防も期待して。

典型的な「マスク信奉の盲信患者」
効果がないと聞いてるんだろ
ほとんどの日本人の「マスク使用者」が同類
期待して・・・「心のお守り」程度と心得よ
過信はやばい
名無しさん
外とか、空気が常に循環されてるような場所ではマスクの意味はほぼないが、密閉空間の場合はマスクの効果は多少あるとテレビで誰かが言っていた。


名無しさん
マスクの需要が供給を大きく上回っている以上、認められない事実があるだけでしょう。「マスクは必要ない」は願望であり、事実は「エアロゾル感染」なども存在するので「マスクは必要です」でしょう。
政治的な発言なので、微妙に内容が矛盾しているだけでしょう。
名無しさん
マスクに効果が無いっていうのは、今までの統計的調査で有意な差が見られたものがあまりないということでしょ??流行り??の言い方で言うと、エビデンスが無い。
根詰めて調べたわけではないけど、一応効果ありという結論のものもあるにはあるらしい。効果が認められなかった調査が多数。
個人的には、欧米ではマスクの効果が軽視されているから、逆にきちんとした調査があまりなされていないのではと思っている。
デンタルフロスの効果も証明されてないと思うけど、これは欧米でも多くの人がやっている。
マスクやデンタルフロスの効果は、上手くデザインされた研究によってそのうち証明されるのではと思っている。
名無しさん
マスクしてるから大丈夫と思い込むのも良くないと思う。
感染者全員がマスクを着用してなかったとは思えないし
名無しさん
リスクを0にするのは難しいが、しっかり調べたり対策することで0に近付ける事はできる。
名無しさん
巷ではマスクは予防効果はなく、感染者が他の人に感染させないためと言われている。
理由はウイルスはマスクの繊維よりも小さいからとのこと。
だから、予防効果が無いと言うのなら、同様に保菌者が咳をしたらマスクの繊維の間をウイルスは通り抜けてしまうのだから、他者に感染させないと言う科学的根拠は無いと思う。
予防効果が無いなら、感染させてしまうことを防ぐことは出来ないし、感染させるのを防ぐことが出来るのなら、予防効果もあるはず。
なのに、マスクの内側からウイルスを拡散させるのを防ぐことは出来るけど、外側からの侵入は防げないって科学的に考えて絶対におかしい。
名無しさん
マスクつけても、目が剥き出しなら意味がないよ…
予防に使いたいならマスクとゴーグル付けないと


名無しさん
マスクがあろうがなかろうが換気は大事。
手洗いうがいはもっと大事。
名無しさん
マスクに意味がないと言ったのは、マスク需要の為に必要な場所にマスクが回らないからと言う事もあるのでしょうね。細かく言うと性能の良いマスクなら防げるでしょうが、近くで咳込まれたたら、フル装備じゃないと感染防ぐのは難しいでしょうね。でもマスクをしてる方が、侵入する飛沫の量を多少はブロック出来るので、してないよりは症状が軽く済むかも知れませんね
名無しさん
ニュースを見てると東京の人はマスク着用率が低くくてびっくりしました。
マスクがないならないで工夫すればいいのに。
私の住んでるところは手作りマスク付けてる人多いです。
名無しさん
着用すべきマスクは、暇人しか買えないという現実を早くどうにかして欲しいよね。
名無しさん
マスクをしていると、ウイルスを触った手を無闇に口へ持って行きづらく成ります。
それだけでも効果は絶大デスね。
名無しさん
>「飛沫がふわふわと舞っている状況では、マスクと顔の隙間からウイルスが侵入する」
逆に言えば、マスクをせずに空気を吸えば、口から直接にウィルスのついたエアロゾルを大量に吸い込むわけだね…


名無しさん
「飛沫がふわふわと舞っている状況」では飛沫はすぐに乾燥する。乾燥した飛沫を飛沫核といい軽いので遠くまで飛ぶ新型コロナは乾燥状態でも生存する。つまり飛沫核感染がおこりうる。
さて、空気感染=塵埃感染+飛沫核感染という大阪大学の定義がある。
論理的に考えれば空気感染「しない」という論理的帰結には疑問がある。
名無しさん
いくつものライブハウスでクラスターが発生したことをもってしてもまだ空気感染はしないと言うのかこいつらは
名無しさん
もしも仮に空気感染「する」ならば、マスク予防は全くの無駄ですね・・・。
コロナウイルスの大きさは0.1ミクロン、マスクの目の大きさは0.3ミクロン以上なので素通りです。
名無しさん
>世界中でマスクがウィルス感染の予防になるというエビデンスはないです。
満員電車が日常の国に、満員電車なんて想定されていない世界の基準を当てはめられてもね
名無しさん
トイレで、大・小便した時に、お尻まわり周辺の粘膜が周辺空気に触れるけど、ウイルス感染の可能性が心配。
トイレ個室とか、多目的トイレで空気がこもり、そこで不特定多数の人が、呼吸もするだろうし、トイレットペーパーも露出してるし、何か不安だ。
名無しさん
マスクの裏表で目の粗さが違うとは思えないんだけど。
なぜマスクの口側の飛沫は抑えられて、外からくる飛沫は抑えられないんだ?


名無しさん
マスクに効果はまったくない。この言葉に反対するなら1度埃で煙ってる中に入れば誰も文句は言えなくなるでしょう。1分でも滞在するとpm2.5対応のマスクでも鼻の中が黒くなる、ウィルスはその埃やpm2.5より遥かに小さいですよ。そしておそらく、最近の感染者はみんなマスクしてただろうし。
名無しさん
前提ではなく、「マスクをしていたとしても」という言葉を前につけるんだよ。
名無しさん
「隙間から入り込む」が「マスクに予防効果がない」理由のうちの1つなんだろ
名無しさん
ウィルスの大きさはマスクより遙かに小さい
飛沫は短時間で水蒸気になり、ウイルス単体になる
以上
名無しさん
中国のプーさん、武漢入りした時はマスクしてたしな。
多少は予防にも効果あるんじゃ無いとかは思ってる。
名無しさん
ちなみにマスクしてると、してない時より極端に顔に触れる頻度高くなるからね
一度客観的に、マスクしてる人見てみ?
四六時中いじってるから
ちなみにマスクしても目は守られてないから悪しからず


名無しさん
マスクが「無意味」って言うならば医療機関でも病気じゃない医師・看護師はマスクいらなくねか。それでもしてるということはそういう事なんじゃないの
名無しさん
よく考えると感染者がマスク着用するとマスクの内側から外へウイルスの飛沫を拡散させない効果があるのに感染してない人がマスクしても外側から入ってくる飛沫は防げないのはどういうこと?
マスクの内側には強力なバリア構造があって反対にマスクの外側は通気性がいいってことですか?
そうならマスクを表裏を逆にしてつければ外からの飛沫感染をバリア構造で防げるかもしれないと思ったよ
名無しさん
マスクがないんだから仕方ない。
うつりたくないなら外に出たり他人と会ったりしない事。
名無しさん
マスクを着用していたとしても、が省略されてるだけかと。
名無しさん
マスクは呼気で鼻や口のあたりの湿度を上げて喉を守るんだよ
冬は乾燥するから加湿器使うでしょ
名無しさん
じゃあなぜ、マスクをしている日本の方がイタリアよりも感染者数、死亡者数が少ないのか。


名無しさん
>空気感染しないのに
中国政府は「エアロゾル感染が大いにある」と公表してるんだけどな?
名無しさん
マスクに飛沫感染の予防になるというエビデンスはありません。
効果があるというならそれを証明しなければいけません。
一方手洗いは確実に飛沫感染の予防になります。
多少の安心のために限られたリソースを無駄遣いするのは悪です。本当にマスクを使用しないとけない人が使用できないのですよ。
名無しさん
そう
しないよりマシです。
顔に触れないなどの副産物的な効果もあります。
一番はマスクの効能を信じ込みすぎて
「マスクすれば大丈夫!」
と、パチンコなどの娯楽や屋内でのライブなど、不要不急のお出かけをすることです。
名無しさん
WHOの言うことを信じてはいけないということです。
名無しさん
マスクをしていなければ、ダイレクトにウィルスを受けてしまいますな。
やはり、マスクは必須ですな。
名無しさん
マスク 売ってないからね。


名無しさん
仮にマスクに飛沫が付いて防いだつもりでも、マスクに飛沫が常駐してしまいやはり感染する
名無しさん
まずは、マスク単体の話に絞りましょうよ。
ゴーグルもしないととか、装着してると余計触ってしまうとか、使用方法や「右にならえで付けてるだけだろ?」って思ってコメしてるんだろうなぁ、、的な話は別にして、マスク単体を新型コロナの予防に対してどうなのかって話しだけにすれば、少しは混乱しませんよ。
ちなみに、マスクで出て行く飛沫を防ぐのは、飛び散らさない、遠くに飛ばさないという理由で、入ってくるウイルスを防ぎにくいのとは理由が違うので、内側と外側で性能が違う訳ではないんです。
マスクの利用方法が違うと言うのかな、、
名無しさん
地域社会伝播軽減ガイドライン」におけるマスクの位置づけは、咳やくしゃみによる大飛沫粒子をブロックすることにより、有症状者から健常者へインフルエンザウイルスの伝播を防ぐための物理的バリアであるとされている。

効果は限定的で医学的根拠もあいまいではあるが・・・その効果は完全否定まではしない
ではその認識で「マスク争奪戦パンデミック」まで起こしているのか・・・日本人特異の心理「自己感染防衛」だろ
その効果はなしが通説
名無しさん
マスクつけてる医療関係者でさえ感染しているという事実
名無しさん
医療関係者ってこの新コロナだけに対応しているの?
そのような専門もいるでしょうが、他の病気も見る場合もあるのでは
新コロナ診療で来た人が別の病気の可能性も高い
通常装備?の医療関係者の感染が高いのは仕方ないですね
診療・検査するのだから2mも離れた所からは対応できない
インフルとかなら予防接種(完全ではないが)もしているだろうが今回は何も予防処置ができない
通常ならマスクと手袋位では?
名無しさん
医療従事者は免疫力の弱った患者に自分の飛沫を飛ばさないためにサージカルマスクしてるんですよ
ウイルス防ごうと思ってサージカルマスクしてる人いませんよ

それじゃあ医療関係者はやばいよな


名無しさん
>医療従事者は免疫力の弱った患者に自分の飛沫を飛ばさないためにサージカルマスクしてるんですよ
ウイルス防ごうと思ってサージカルマスクしてる人いませんよ
え?そうなの?でも、、、、医師会では以下のように通達してるようだけど。。。。
『誰もがこのウイルスを保有している可能性があることを考慮して、全ての患者の診療において、標準予防策であるサージカルマスクの着用と手指衛生の励行を徹底すること』
名無しさん
こうした記事で「マスクは必要ない」と勝手に解釈してしまう人も多いので…困ります。

マスク盲信奉も困るがな
正しい「マスク効果」の啓蒙が何より寛容でしょう
そうしないから「マスク争奪パンデミック」に陥ってるのさ
名無しさん
空気感染の証言は中国のジャーナリストが又聞きで伝えてるけど満員電車のサラリーマンの感染者がごくわずかなのでそこまで神経使うことないような気がしますよ
感染臨床医の村中先生も否定的でした
名無しさん
医療従事者は免疫力の弱った患者に自分の飛沫を飛ばさないためにサージカルマスクしてるんですよ
ウイルス防ごうと思ってサージカルマスクしてる人いませんよ
名無しさん
「空気感染はしないといわれているのに、なぜ換気が必要なの?」
自分もそう思いました。
飛沫なら2m程度では落下しているはずで飛沫なら換気は関係ないはず。
空中を漂うのは、飛沫とは言わない。それは、エアロゾルや空気感染だ。
名無しさん
マスク、飛沫を直接浴びる距離では「感染予防」の効果はあるよ。なけりゃ感染者と接する医療関係者にマスク着用が義務づけられるワケがないでしょ。

マスクがなんでもええってもんじゃあなかろ・・・汎用品はあてにはならない
特には「輸入粗悪雑品」した方がましより、しない方はがまし
マスクではウイルスは防げまい・・・「特殊か毒ガスマスク」でないとな

マスクつけても、目が剥き出しなら意味がないよ…
予防に使いたいならマスクとゴーグル付けないと


名無しさん
ちなみに、マスクで出て行く飛沫を防ぐのは、飛び散らさない、遠くに飛ばさないという理由で、入ってくるウイルスを防ぎにくいのとは理由が違うので、内側と外側で性能が違う訳ではないんです。

誇張すればほとんどの日本人の意識が「自己感染防御」のお守りでしょう

マスクの利用方法が違うと言うのかな、、
名無しさん
日本では(特に都心部では)、インフルエンザや花粉症が流行する
晩秋~春にはマスク装着者が増えて、
外国人観光客(特に欧米人)には異様な風景だと見ていたらしいが、
今の日本とイタリアの新型ウイルス感染率の差はマスク装着者が多い事も一因だと思う。
イタリアの財政難による病院数の差だと言うマスコミが多いが
そもそも治療以前の段階で予防できているのだと思う。
名無しさん
無症状者でもウイルス持ってるようだし、まったくしゃべらない事もないし、まったく咳もしない、まったく自分の粘膜に触らない事などないでしょうし。
無意識の口鼻にもっていった手をそこらじゅうで触りまくるでしょうからでないでしょうか?
で、無症状の人だから元気で、ライブに行って絶叫したり、カラオケでノリノリで歌ったり、ジムでハァハァやれば、ウイルスは出ちゃうんじゃないのでしょうか?
名無しさん
日本では(特に都心部では)、インフルエンザや花粉症が流行する
晩秋~春にはマスク装着者が増えて、
外国人観光客(特に欧米人)には異様な風景だと見ていたらしいが、
今の日本とイタリアの新型ウイルス感染率の差はマスク装着者が多い事も一因だと思う。
イタリアの財政難による病院数の差だと言うマスコミが多いが
そもそも治療以前の段階で予防できているのだと思う。
名無しさん
前から思ってたんだけど、無症状の感染者はどうやってウイルスを撒き散らすんですかね?
無症状ってことは咳も出ないだろうし、喋らなければ唾も飛ばないし、人の多い所では口を閉じてればいいんじゃないですかね。
あと、素手でそこらじゅうベタベタ触らないとか
名無しさん
「マスクは予防効果が無い」と思っている人、そう聞かされた人、違いますよ。
マスクがウイルスを防ぐのでは無く、マスクの中にこもった水分によって、ウイルスは防がれているのです。
そもそもウイルスは、マスクなんて容易に貫通するほど小さいのです。
そこで、マスクの中にこもった水分にウイルスが吸着され、進入を妨げるのです。

個々人の勝手な解釈は多様だから信用は?
私の思いや意見も?
結論は・・・過剰な期待は何事もしない・・・それでパンデミックやパニックはよろしくないので落ち着きましょう

マスクは飛沫感染はある程度防げるが飛沫核感染を防げない。
さらに、マスクの表面で飛沫が乾燥するとマスクには乾燥したウィルスが付着しこれはマスクの目を抜けてくる。
そういうわけだからマスクには自分の感染予防効果はあまり期待できない。


名無しさん
単に不安だからと言う理由でマスクを使うだけなら、それはただの無駄使い。
それよりも、マスクを必要としている医療関係者や症状のある人達、又は花粉症の人達に、マスクが回る様に、自分は使わないのでマスクを買わないという選択をしてもらいたいかな。
万が一の為に買うという人は、今すぐ使う必要のある人の為に、遠慮してもらえれば・・・・・。
名無しさん
私の住んでるところは手作りマスク付けてる人多いです。

盲信奉信者が多い田舎ですか?
それで「お守り」を手作りしてるんですね
「村組織」は信仰が根強いですからね
何事も拝んでお守りしていれば安心
「マスク」もお札みたいなもんだな
きちっとした医療用マスクでもやばいのに「手作り」????もっとやいと思いますよ
名無しさん
「マスクは予防効果が無い」と思っている人、そう聞かされた人、違いますよ。
マスクがウイルスを防ぐのでは無く、マスクの中にこもった水分によって、ウイルスは防がれているのです。
そもそもウイルスは、マスクなんて容易に貫通するほど小さいのです。
そこで、マスクの中にこもった水分にウイルスが吸着され、進入を妨げるのです。
加湿器を使うと、ウイルスが水分子とくっつき床に落ちて舞い上がらない。
それと同じ事がマスクの中で起こって居るのです。
名無しさん
咳などで自分の出す飛沫は「水滴」の細かいもので、これはマスクの目に内側から引っかかり外に飛ばすことを防げる。
空気中を遠距離飛んでくる飛沫は水分が蒸発して飛沫核になっていてこれはウィルスの粒や喉や鼻の分泌物が混ざってできた細かい粒子でマスクの目を通り抜ける。
一方、水分がまだ蒸発しきらない近距離からの飛沫はマスクの目に引っかかる。
マスクは飛沫感染はある程度防げるが飛沫核感染を防げない。
さらに、マスクの表面で飛沫が乾燥するとマスクには乾燥したウィルスが付着しこれはマスクの目を抜けてくる。
そういうわけだからマスクには自分の感染予防効果はあまり期待できない。
名無しさん
顔に常駐させるほうが危険ですよ
世界中でマスクがウィルス感染の予防になるというエビデンスはないです。
マスクの効果を期待するのならガスマスクですね。


名無しさん
エビデンスがないって、状況を変えたくない奴らの常套文句だよね。そして喫煙者はエビデンスがないからと喫煙を続け肺癌になっていく。
名無しさん
網膜から吸収されちゃうのよ
名無しさん
空気感染とか飛沫感染とかどうでもいい区分で考えるからマスゴミ様はアホなんだよ
呼気が滞留したら駄目ってだけだろ
名無しさん
電車の中で、マスクしてない人に腹がたつ。手に入らないなら仕方ないが、する気ない人は、まんえんするのを期待してるよ。鬼だね。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

マスクに関して凄い熱量の議論になっていますが・・・。
ちょっとここまで熱くなるのも怖い。

僕も飛沫によってウイルスが舞っているのに「空気感染しない」ということに違和感を覚えていました。
その上での「マスクに予防効果はない」という説。

マスクの着用に関しては、「正確な使い方をしないと予防どころか毒にもなりますよ」という解釈でいいのでしょう。(マスクが接触感染の温床になる)
そしてマスクの着用は他人に感染させないためだということ。

でも、朝から長蛇の列を作り長時間開店を待ってマスクを求める人たちは「人のために」じゃなく「自分のために」とマスクを求めているように思えます。
結局、中には感染者がいるかもしれないので、着用してくれればそれでいいのですが。

マスクよりも、予防策として確実に出来ること。
それが、うがい手洗い、換気。

イタリアでの感染があそこまで拡大した要因は、マスクを着用する習慣がないのと、手洗いうがいに無頓着だからと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント