フェレットに噛まれ長期闘病の末に41歳で死亡した警察官…感染症「蜂窩織炎」どんな病気?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


フェレットにかまれた大分県警の男性警部補が感染症の「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」を発症し、かまれてから16年以上たった今年1月に亡くなりました。蜂窩織炎とはどのような病気で、フェレットではなく、犬や猫にかまれても発症する可能性があるのでしょうか。

スポンサーリンク

皮膚の傷から細菌が増殖して発症

大分県警によると、男性警部補は当時、大分市内の交番に勤務。2002年6月26日、「近くの公園にフェレットがいる」との通報を受けて出動し、フェレットを発見して捕獲しようとした際に手をかまれました。その年の9月、蜂窩織炎と診断され、その後は治療のため、休職と復職を繰り返しましたが、今年1月に大分県内の病院で亡くなりました。41歳でした。

県警は死因を公表していませんが、地方公務員災害補償基金大分県支部が、かまれたことと死亡との因果関係を認めて、今年7月26日付で公務災害と認定しました。

「蜂窩織炎」について、獣医師の増田国充さんに聞きました。

Q.蜂窩織炎とはどういう病気でしょうか。

増田さん「感染症の一つで、皮膚に生じた傷から細菌が増殖することで発症します。原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌が代表的で、表皮(皮膚の表面)の下の層である皮下組織を中心に問題が生じます。人間の場合、顔や脚に発生しやすく、とりわけ肌の露出が多くなる夏場に多発する傾向にあります。肌が赤くなったり、腫れたり、痛みや熱い感じが急速に拡大したりして、発熱や頭痛、悪寒、関節痛、全身のだるさなどを伴うことがあります。

治療は、原因となっている細菌を特定し、その細菌に効果を示す抗生物質を使います。合わせて生じている症状があれば、それも同時にケアをしていきます。ただ、病変が広い範囲で、さらに時間が経過している場合は改善しにくいことがあり、重症化することもあります。致死率は、一般的にそれほど高くありませんが、持病がある人、特に免疫関連の病気がある人は注意が必要です」




犬や猫への感染は?

Q.人間も動物も蜂窩織炎になるのでしょうか。今回はフェレットが話題になっていますが、猫や犬なども感染しますか。

増田さん「蜂窩織炎は人間に特化した疾患ではありません。今回のニュースでは、警察官が感染、発症したことが大きな話題となりましたが、動物も蜂窩織炎を発症することがあります。たとえば、犬の『若年性蜂窩織炎』は、幼齢期に体の外からのさまざまな要因に対する十分な免疫ができていないことによって、広い範囲で細菌感染による病変を生じるものです。他の動物も蜂窩織炎を発症する可能性があります。

今回は、フェレットによるかみ傷からの発症でしたが、フェレットだけでなく他の動物にかまれても同様に感染症を生じる可能性があります。野生の動物に限らず、ペットも感染する可能性はあります。たとえば、猫同士がけんかしてかまれた場合、皮下で細菌感染をすることがあります」

Q.今回、死因は非公表ですが、かまれたこととの因果関係は認められています。蜂窩織炎になって、16年たってから死亡する場合もあるのでしょうか。

増田さん「蜂窩織炎は問題の生じている範囲の広さや、原因となっている細菌などによって治療に対する反応が異なります。また、先ほどの説明通り、免疫に関連した持病を持っているか否かによっても回復の仕方が異なります。蜂窩織炎は病変部の範囲が広い場合が多く、原因の一掃が難しくなります。

このため、時間が経過している状態ほど治療も大変になることが多いのです。今回のように、16年経過して残念ながら亡くなってしまうことは、あまり多いケースとはいえませんが、あり得ます」




予防法と注意点は?

Q.予防法はありますか。ワクチンなどはないのでしょうか。

増田さん「蜂窩織炎を生じる病原体は非常にたくさんあります。従って、すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンというものは残念ながら存在しません。野生動物、あるいは家庭で飼育している動物にかまれないように注意することが予防法となります。人間の場合は、主に夏場、皮膚を露出した脚で発生しやすいといわれます。野山に入るときや田畑の作業を行うときに皮膚を出さないようすることも予防策となります」

Q.動物にかまれたり、ひっかかれたりした場合の注意点を教えてください。どのような場合に蜂窩織炎を疑い、受診すべきなのでしょうか。

増田さん「動物によって生じた傷(かみ傷やひっかき傷)が強い熱を持つ、痛みが強いといった違和感がある場合、あるいは全身の倦怠(けんたい)感や発熱といった症状も生じているようであれば、速やかに診察を受けましょう。

動物が被害を受けた場合もほぼ同様です。かみ傷やひっかき傷は、今回の蜂窩織炎だけでなく、皮膚のある箇所に集中してうみがたまる『膿瘍(のうよう)』や、それ以外の感染症を引き起こす可能性があります。また、不調が表に現れにくい場合があるため、気が付いたときには症状が重くなっていることもしばしばあります。早めに受診されることをおすすめします」

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00053020-otonans-life

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
41歳と言うことは、咬まれたのは20代半ば。その後、休職と復職を繰り返されたそうですが、まだまだこれからという年齢で、本当に無念だと思います。
過去のことを言っても仕方ないかもしれませんが、16年前、なぜフェレットが公園にいたのだろう?
ペットが逃げ出したのか、捨てられたのか…。
飼い主は、自分の不注意(もしくは故意)の出来事から、一人の命を奪う結果になったことを知っているのでしょうか?
どのように感じているのでしょうか?
亡くなられた警察官のご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
無念だろうな。
名無しさん
フェレットに噛まれた6月から蜂窩織炎と診断される9月までの間、体に変化はなかったのだろうか。
自覚症状が何もなく、遅れた頃に現れたとしたら、早期発見早期治療は難しいと思う。
名無しさん
私も3年前に蜂窩織炎になったことがあります。
大病した治療後ということもありますが
発症した4、
名無しさん
峰窩織炎経験者です。
私の場合は、原因不明でした。
最初は足の痛みから始まり、炎症で、左足(発症側)は、右足の倍に近いくらい腫れました。
その後、高熱で、熱が40°になり、仕方なく病院へ行きました。即座に血液検査等で、原因を特定して、点滴&左足を冷やし、炎症を抑制するための薬を投薬してもらいました。
入院時、熱を測ったら、41°台になって、本当にヤバかったです。
この方も、相当高熱などにうなされてるはず。
大変だったと思います。
御冥福を祈りつつ、こういうことがないことを祈ります。


名無しさん
たまに入院してくる方がいますが、ものすごく赤くなって腫れて熱をもち、痛みも強く水泡もできたりしてとても辛そうです。
16年も苦しみ亡くなられたということは抗生剤も効かなくなり傷も化膿して治らなかったのでしょうか…
フェレットが逃げたとかで捕まえて噛まれてしまったのでしょうけど警察官は本来人間の安全を守るお仕事なのでしょうけど逃げた動物を捕獲したりドブなどに落ちた動物を助けたりとか通報されたらなんでもやらないといけないので大変なお仕事だなぁと思ってしまいます。
飼い主も勝手に捨てたりしないよう責任をもって飼って欲しいです!
まさかフェレットで命をおとすと思っていなかったでしょう、、、
ご冥福をお祈りいたします
名無しさん
最近読んだ記事で、米国で飼い犬になめられたオーナーが、犬の唾液中にあるバクテリアが傷口から体内に入り肢体が壊死し、変色し両膝から下と片腕を途中から切断しなければなかったとあった。自分も飼い猫をうっかり踏んずけてしまうという事故を起こし、驚いた猫にふくらはぎの下方をブスリと爪を立てられ、腫れだし赤く熱を持って救急クリニックへ行くはめになった。ちょうどアキレス腱の走る箇所で、激痛で歩行不能。2種類の抗生物質が効かず、3種目を飲みつつ、もしかすると血の塊が出来ているかもしれないし、それはエコノミークラス症候群と同じことで命取りになるからと超音波検査までやられて、まともに歩けるようになるまで1週間以上かかった。私はこれくらいで幸運と言わざるを獲ない。。こんなお若い方が、長く体調を崩され、このような事が原因で命取りになるとは。。。御家族の無念さはいかがばかりか。。。心よりお悔やみ申し上げます。
名無しさん
日本に存在する野良フェレットの数を考えても確実に野良犬野良猫に噛まれて蜂窩織炎になる確率の方がはるかに高い。
このお巡りさんがフェレットに噛まれて蜂窩織炎で亡くなるなんてものすごい運が悪いというか…。
確実にフェレットの方が少ないでしょうしね。
蚊に刺されて蜂窩織炎になった記事も読みましたので身近な症状です。
蚊に刺されていつもと違うなぁって思ったら病院にかかれってことですね。
野良猫をすぐ抱っこする人もいますが同じく危険です。十分信頼を得てから触らないとですね。
名無しさん
逃げたきたのか故意に放されたのか分からないけれど、そのせいで、1人の尊い命が失われた事に変わりはない。41歳、家族がいる人かも知れない、誰かのお父さんかも知れない。事故的な出来事とはいえ、さぞや無念だったのではないか。あの時、あの場にフェレットが放されてなければ、この方は今も元気だったかも知れない。動物を飼う側の、責任を問われる事案だと思う。


名無しさん
息子が小さかった時蚊に刺されでなった事あります。
くるぶし辺りに刺されたのが約1週間で膝下くらいまで腫れ、その頃には足が痛いと言う様になり、看護師の母に見せたら「とにかく早く病院に行け」と言われたので皮膚科で処方してもらい薬局に行くと「今ここで薬を飲んで、飲んだ事も確認させて下さい」と言われました。
亡くなった警察官の方はお気の毒だと思いますが、そこまで酷くなるにはいくつか異変があったと思います。
名無しさん
16年前に噛まれたことと、今回の死亡の因果関係はどうやって証明したのだろうか?蜂窩織炎は原因は様々で比較的よくある疾患なので、その辺ははっきりしてもらわないと、必要以上に罹患者が心配するのでは。
名無しさん
因果関係が、可能性としてはあると認めてしまうと、全ての疾病は過去の症例と因果関係ある事になってしまわない?警察官だから公務災害を認めたの?その辺しっかり、時間かけて調査してから明らかにして欲しかったな。
亡くなったのは気の毒だけど、年数経ちすぎてて腑に落ちない。
名無しさん
糖尿病や副腎疾患、エイズや膠原病など免疫に関わる病気だとリスクが高いですが、持病がなければリスクはかなり低いと思います。動物に関わる仕事で何度も噛まれていますが、病気には幸いにもならずにいます。破傷風のワクチンは接種しています。
名無しさん
これを見ると飼い主も触らしてくれない理由もわからなくもないな…噛み付く恐れもあるが、飼い主からしたらいろいろ理由があるのかと思う…たまに冷たい飼い主がいるけど、こちら側は何故触らしてくれないのか、謎だけどやっぱりこういうニュースを見ると理解できるかも…。


名無しさん
この頃くらいからフェレットが流行り始めたと思う。確か以前の記事では脱走フェレットの捕獲ですよね。捕獲は捕まえる人の安全第一に行われるよう彼の死を無駄にしないよう強く望む。ご冥福をお祈りします。
名無しさん
この男性警官の死を重く受け止め、動物捕獲の時は爪や牙に対応出来る物はつかったり、ヘルメットを被るなりして欲しい。猿や狸のような動物が出没すると警察に通報しますが軍手だもんな。男性警官が感染した病気は知りませんでしたが、野生の動物に噛まれたから何らかの病気になるんじゃないの?ぐらいは思ってました。
名無しさん
フェレットは脱走が得意なようで、以前公的機関に勤務していた頃に捨てフェレットの相談が時折あった
外にいたのを保護したけどどうしたらいいか?という問い合わせが年に一、二件ある
警察経由で飼育者を探してもらうのだが、フェレットは以外と凶暴で引っかいたり咬んだりが当たり前
引き渡すときも暴れる暴れる
こういうニュースを聞くと迂闊に動物に手を出すものではないと思った
名無しさん
アトピー治療で長年免役抑制剤を服用しているせいか毎年蜂窩織炎になります。毎年の事なのでふくらはぎや膝裏又は鼠径部のリンパ節に痛みや腫れなどの違和感、発熱が出たらすぐに病院に行って点滴をします。発症して2、3日放置すると足が真っ赤になりパンパンに腫れて40度近くの高熱と激痛で動け無くなり仕事も最低1週間程休む羽目になりますので異変を感じたらすぐに病院に行く事をおすすめします。
名無しさん
身近に蜂窩織炎に2度かかったことのある人がいますけど、元々かゆみを伴う肌荒れがあり、そこに手のバイ菌がはいったことによってかかりました。
普段から手をきちんと洗う、怪我をしたらすぐに患部を流水にさらすことも大切かもしれません。


名無しさん
ペットとして飼っている人もいる動物なので、特にフェレット特有の恐ろしい病原菌があるということでは無い点は安心しましたが、お仕事で果敢に捕獲に試みられて亡くなることになるなんて、警官の方が本当に気の毒でなりません。ペットを飼われている方、特に危険動物や外来生物を飼われる方は絶対逃がさないできちんと管理してもらいたいです。
名無しさん
娘が4歳の時、アトピーの掻き壊しから蜂窩織炎になり、10日間入院しました。発熱があり、風邪かなでも膝の赤みが気になるなと思い病院に行きましたが、虫さされの診断で帰宅。翌日、まだ解熱せず、膝の赤みが太ももまで広がり、触るだけでも痛がり、泣くのでおかしいと思い再診すると即入院でした。
名無しさん
なったことあります。
足は腫れ風邪のひどい状態に似てます。
ぜんぜん動けないのに歩けないのに、入院もさせてくれません。
熱を抑える薬をだされるだけ、2週間寝ていて治りました。
この記事を見ると死ぬのかと恐ろしくなりますね。
ほんとなの?16年間どういう状態だったのだろうか?
名無しさん
子供が蜂窩織炎で入院してた。しかも最初行った病院で誤診されて救急ダイヤル?に相談しても大丈夫って言われたけど、絶対大丈夫じゃないと思って遠い緊急外来行ったら即入院。でもまさか死ぬかもしれない病気だったなんて、、、こわすぎる
名無しさん
本来、動物などを捕獲する仕事は、都道府県や市町村の環境や保健衛生部署の仕事ではないの?
警察の仕事では無いと思うが。


名無しさん
友達のじーちゃんが、それでよく入院してた。名前が特徴的で覚えてたよ。おまわりさん、長く苦しんだね。令和を知っても別に喜びもしなかったのではと思うと切ない。誰かがやられる前に食い止めた。褒めてあげてください。
名無しさん
これって警察の仕事かと思う。
国民も何でも警察に頼むのは酷かと…。
名無しさん
16年ずーっと調子が悪かったのだろうか。病院もまただねって抗生剤処方したりしてたのだろうか。大きい病院でがっつり治療したら治ったのだろうか。と勝手な想像だけどきつすぎる。
名無しさん
亡くなった警察官の病状経緯を知りたい。
名無しさん
噛まれたらすぐ病院を受診することです
人間に噛まれたときも危険です
名無しさん
虫刺されが原因で罹患する可能性も有るんだそうだ。


名無しさん
捕獲する時にグローブしてなかったのか
これ職務中の事故なんだけど殉職で二階級特進にならないのだろうか
名無しさん
動物に噛まれたらなるイメージだけど、動物に噛まれてなくても、傷口にバイキンが入ったら誰でも蜂窩織炎になりえます。
名無しさん
まさかフェレットに噛まれて体調不良になるとは思わなかったから受診が遅れたりしたのかなぁ…
野生動物を捕獲して飼おうとしてた人いたけど、よくこの記事読んで欲しい。
名無しさん
運が悪かったんでしょうね。。
仕事で野生動物に触れる時は厚手の手袋を着用しましょう!
名無しさん
ムダ死に 今頃発表しても意味がない
16年前に警鐘しておけば良かったのに 残念
名無しさん
他に疾患があったのでは?


名無しさん
かわいいのに怖い病気を持ってる子は人間界にもいます…
名無しさん
本当にかわいそう。
安易に変わった動物をペットにして、無責任に捨てている人は、反省してやめてほしい。
この警察官の死亡報道がなされて良かった。
そうじゃなかったら、こんなことで殉職してしまう警察官がいることを知らないままでした
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
気の毒でならないです…。
名無しさん
網持ってなかった?素手で捕まえようとした?
名無しさん
ご冥福をお祈りします
気を付けよう
名無しさん
足の蜂窩織炎を繰り返し、足を切断した方を知っています。この方も何度も何度も繰り返したんでしょう。ご冥福をお祈りします。


名無しさん
なくなった方は無念で残念ですが、運が悪すぎる。
フェレットが悪いわけではない。
動物に噛まれないように注意するしかないですよね。
名無しさん
元々そういう体質や自病があったのであれば仕方ないこと。残念です。
名無しさん
クレイジージャーニー等の動物捕獲する番組で、しょっちゅう爬虫類に噛まれている加藤さんは何か対策してるのかな?
名無しさん
蜂窩織炎で死亡するわけではありません。
名無しさん
蜂窩織炎の他に持病があったのかな…
名無しさん
噛まれてから16年以上経過してから発症したようにとらえてしまう。


名無しさん
激レア。
名無しさん
原因違うんじゃないの?
名無しさん
無念だろうね
名無しさん
曙がこの病気でとんでもないことになってる
名無しさん
人間のメスに噛まれた場合でも発症するのかな?
名無しさん
蜂窩織炎の原因となった細菌は何?


名無しさん
例えば、糖尿病で体調不良から免疫低下の末に罹患する人もいる。別に動物がらみで起きたものでもあるまい?
名無しさん
関係ないんじゃない?
名無しさん
このフェレットちゃんは関係無いんだね!
名無しさん
>家庭で飼育している動物にかまれないように
噛まれまくってるけど・・。もう手遅れな人、多すぎないか?
名無しさん
フェレットが悪いわけじゃないよ
名無しさん
怖いなぁー


名無しさん
このニュースのタイミングで、4分間のマリーゴールドにフェレットがでてきたの。なんで?思った。
名無しさん
殉職ってやつか。
名無しさん
わたしの父もこの間蜂窩織炎で入院した。しばらくして父は退院したので、命に関わる病気だとは思わなかった。
名無しさん
大丈夫だ 問題ない
名無しさん
蜂窩織炎で死ぬ事があるだなんて知らなかった…怖っ!ご冥福をお祈りします。
名無しさん
えっ、そんな病気があるんですね、16年以上も治らない?ご冥福をお祈りします。


名無しさん
運が悪かったね
名無しさん
フェレットは嫌い
臭いしにくたらしい。
名無しさん
たまに相撲取りが罹患したという話を耳にするが、そんなに恐ろしい病気とは知らなかった。
名無しさん
これなら一匹残らずフェレットを処分した方が良い。
名無しさん
動物を素手で触るのはやめるべき。
特に野生化してる可能性があるなら尚更。
安易に考えてはいけない。
名無しさん
蜂窩織炎は噛まれたからなる病気ではない。
日常生活で着いた、ピンホール程の傷から発症する事だったある。
この警官は噛まれてから受診する迄にだいぶ時間が経っているし、適切な処置をしてたのか?
糖尿病とかなかったのか?


名無しさん
フェレットを捨てたのか、逃がしたのか、、
飼い主は罪だと思います。
熱帯高気圧
フェレットが原因菌を持っていた訳では無いよね。
フェレット迷惑だわー。
名無しさん
狂犬病とは違うのですね。因みに野良犬だけでなく野良猫やコウモリでも狂犬病が発症するって知っていますか?昔、ザ世界仰天ニュースでやっていましたね。
パトマッシュ
いたちごっこに、ならないようにね。
フェレットだけに
名無しさん
フェレットだけにフォーカスするのは、誤った認識。野生動物には、むやみに手を出してはいけない事を前面に出して下さい。
名無しさん
フェレットに噛まれた事が原因じゃねーかも知れねーじゃねーか。
名無しさん
41歳でお亡くなりになった警察官のご冥福をお祈りします。
フェレットは外来種。飼い主に100%の責任。
逃げられた?こんなこと毎回繰り返してる。
責任の所在を明らかにするため、せめて全てのペットを登録制にする、もしくはICを埋め込んで誰のものかわかるようにする、などを法制化してもらいたい。
こんな死に方したら、残された家族はやりきれない。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

不幸な事故です。

ご本人もフェレットに噛まれて死亡するとは夢にも思わなかったでしょうし、長い闘病生活の辛さは筆舌に尽くしがたい。

フェレット・・・可愛いですよね。
飼いやすいのでペットとしても人気です。

もともとペットとして飼われていて逃げたのか、捨てられたのかわかりませんが、野生化すると病原菌を持つ場合がある。

最初から完全室内飼いならば大丈夫でしょうけど、屋外屋内を行き来できる環境でペットを飼っていらっしゃる方は要注意です。

今は野良犬を見かける機会はありませんが、可愛いからといって安易に野良猫に近づくことも避けなければいけない。
すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンが無いという現実は怖い。

病原菌って何で存在するんだろう。
なんて考えるわけですが、野生生物と人間との一種の境界線なのかもしれません。

警官を噛んだフェレットだって、自分の身を守ろうとしただけで、たまたま病原菌を持っていただけ。
不幸としか言いようがない。

人間だって、動物を虐待する心無い者が存在する。

野生生物との「共存」とは僕らが考える以上に難しいものであって、必ずしも必要なものではない気がします。

それぞれのテリトリーがあり、それぞれの生活をしている。
もちろん心優しい飼い主さんが現れるのであれば動物にとって幸せなことですが、野生動物にそんなことは予測できない。

警官がなくなった件は本当に悲劇としか言いようがないです。

ご自身はもちろん、現在ペットを飼っていらっしゃる方には感染しないよう是非気を付けていただきたいと思います。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント