【鋼のメンタルを手に入れろ】「落ち込みやすい人」と「あまり落ち込まない人」はどう違う?落ち込まない人間になることは可能!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


怒られたとき、失敗したとき、家族や友達とけんかをしたとき…さまざまな理由で「落ち込む」経験は誰しもあるものです。そうした出来事があったとき、「落ち込みやすい人」と「ほとんど落ち込まない人」がいますが、ネット上ではその違いについて、「発想パターンが違うのでは」「完璧主義なのかな」「落ち込むとなかなか立ち直れない」「落ち込まない人になりたいけど難しい」などの声や体験談があります。

「落ち込みやすい」性質と上手に向き合っていくためのコツについて、心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞きました。

スポンサーリンク

思春期までの教育が影響

Q.そもそも「落ち込む」とは、心理学的にどのような状態のことでしょうか。

小日向さん「『落ち込む』という状態は、自分にとって不快を感じたり、不利益を受けたりするといった『ネガティブなストレスが加わった際に陥る一過性の憂鬱(ゆううつ)な感情』のことをいいます」

Q.落ち込みやすい性質は、どのように形成されるのでしょうか。

小日向さん「その人に特有の認知、行動、感情などの在り方のことを『パーソナリティー』といいます。パーソナリティーが個人の性格、価値観、倫理観などを形づくる概念となりますが、これは生まれつき持った『気質』と、成育歴の中で形成された『思考の癖』が絡み合って形成されます。つまり、『落ち込みやすい』という性質も含めて、その人のパーソナリティーです。

従って、一様にこれが原因というものはありませんが、自我が形成される思春期までの主たる教育者(親や教師)からの教育は、後天的な性格形成に大きな影響を与えるといえるでしょう。例えば、ダメ出しが多い教育を受けて育った場合、自己肯定感情が低く成長することが多く、社会に出て上司などから叱責されると、『ああ、やっぱり自分はダメ人間なんだ』と深く落ち込みがちです。また逆に、褒められてばかりで叱責を知らずに育った場合、少しの叱責でひどく落ち込む性格になりやすいです。

つまり、一般社会の通念と照らし合わせて『過度な』教育を受けると、社会に出た際、刺激に対して過剰に反応する性格形成につながりやすく、それは『落ち込む』ということにおいても例外ではありません」




それぞれの特徴とメリットデメリット

Q.落ち込みやすい人/落ち込みにくい人には、それぞれどのような特徴がみられるのでしょうか。

小日向さん「人生にうれしいことや楽しいことしか起こらない人は一人もいないので、落ち込むことは万人に生じる感情です。その際に『落ち込みやすい人』と『落ち込みにくい人』を分けるのは、起こった出来事ではなく、それをその人が『どう受け止めるか』という認知の仕方の違いです。

例えば、上司から叱責を受ければ誰でも落ち込みますが、その際に『次はミスしないぞ。付箋に書いて机に貼っておこう』などとポジティブに受け止めるのか、『自分には無理だ。この会社は向いていないから辞めたい』などとネガティブに受け止めるのか、ということです。また、こうした受け止め方だけでなく、落ち込んだ後のリカバリー方法を持っているか否かということも、落ち込みの深さを分けるポイントとなります」

Q.「落ち込みやすいこと」のメリットとデメリットとは。

小日向さん「人は基本的に変化を恐れる生き物です。つまり、自分にとって不都合な感情がなければ、そこにとどまってしまうのです。不快な思いをするからこそ反省し、次はそうした思いをしないように学習し、その結果、成長するのです。そうした意味では、『落ち込みやすい』という性格は、成長へのきっかけをたくさん持つことができるというメリットがあります。

一方で、落ち込んだ状態からはい上がるにはエネルギーを要するため、落ち込みを頻繁に繰り返したり、深いところまで落ちてしまったりすると疲弊してしまいます。このような状態になると、うつ病などの精神疾患にかかりやすくなるというデメリットがあります」




「落ち込みにくい人」になれる?

Q.落ち込んだとき、できるだけ早く気持ちを回復させるためにするべき意識や行動は、どういったものでしょうか。

小日向さん「先述の通り、落ち込んだときに回復を早めるためには、自身の『認知の仕方』の修正と『リカバリー術』の確立という2つのポイントがあります。認知は、自分にとって最もポジティブな気持ちになれるものであれば、どう思っても自由です。例えば、上司に叱責された場合に『次は仕事の手順を変更してやってみよう』と具体的にやり方を変えるもよし、『あんな無能な上司、いつか見返してやる!』と口惜しい気持ちをバネにしてもよしです。

そして、もう一つのリカバリー術とは、言い換えると『趣味や気晴らしを持つ』ということです。こうしたものがあると、落ち込みが深くなる前に気持ちを立て直すことができます。運動する、飲みに行く、ゲームをするなど、嫌な気分を忘れられるものを一つだけでなく、いくつか持っておくとなおよいでしょう」




「落ち込みやすい人」からの脱却

小日向さん「落ち込みやすい人は繊細で優しく、物事を真正面から受け止める真面目な人が多いです。そのため、落ち込んだときも他人を悪く思うことができず『自分が悪いのだ』などと自分を責めてしまったり、あるいは真面目さゆえに『こんなダメ人間ではいけない、もっと頑張らなければ』と自分を追い込んだりしてしまいます。

しかし、その繊細さと優しさは、まず自分のために使うべきです。不快感情でへこんでいる心の傷を、さらに自分で深くする思考をしてしまっては自分自身がかわいそうですよね。心で誰に何を思おうと自由ですし、楽しみも他人に迷惑をかけるものでなければ何をしてもよいのです。まず、そこを念頭に置いて、自分が傷つかない認知の仕方と心地よい気分転換を見つけてほしいと思います」

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00049305-otonans-life&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
今、仕事のミスをして非常に落ち込んでいます。
誰とも話もしたくないです。
全て自分が駄目だと思いたくはないが、思ってしまう状態です。
名無しさん
ごもっとも過ぎる記事ですね。
落ち込む人は本当に真面目で、二度と同じミスをするもんかと強く心に刻める人で、実際あまりミスをしない人が多いですよね。
落ち込まない人は、自分の気持ちを楽にするのが上手だから、乗り越え方を知っていて前者よりはミスの受け止め方が甘くてミスもしやすい。
落ち込む人は、人に失敗談を吐くことで気持ちも楽になれるし、何かしら励ましの言葉ももらえて自責の念が軽くなるだろうからどんどん吐き出せば良いと思う。
身近に吐ける人が居ないなら、ツイッター等で吐露したり。
とにかく自分一人で抱え込まないで、放出するのは大事ですよね。
名無しさん
発想に癖があるという事を知る事はとても大事だと思う。
自分はどんな発想の癖があるのか、能力は別として、上手く行っている人はどんな発想で物事を受け止めているかを考えて、自分に良くない事が起こった時、角度を変えて見てみるのが良いと思う。
長く落ち込んでいても、そうでなくても、同じ様に時間は過ぎて行く。暫く考えたら、その後は今後良い結果に結びつくようにするにはどうしたら良いか考える時間にした方が絶対に良い。
名無しさん
元々神経質で、ネガティブに物事をとらえがちなため、強烈に落ち込みやすいタイプだったのですが、最近ぐっとマシになりました。
それは「なるようにしかならない」と気づけたからです。
当たり前のことですが、長く生きてきて痛感するようになりました。
あの時も、この時も、落ち込んでもがいて苦しんだけれど、それで解決したか?と自分に問うてみると、解決した事は一つもなく、かえって自分を苦しめただけで、結局すべてなるようにしかなっていないのです。
残りの人生を少しでも楽に過ごしたいと考えるようになってからは、落ち込みかけた時には必ず「どんなに落ち込んでも解決しない。なるようにしかならない。」と言い聞かせています。そうしたら不思議と悩む事を中止できるようになりました。
この先、思い悩む事を中止できないほどの場面に直面した時のために、今は無駄に落ち込むことをやめて、パワーを蓄えておこうと思っています。
名無しさん
今まで数え切れないくらいミスをし、人間関係で悩みその度に落ち込み、自分はダメだと思ってきた。ずっと一人で抱え込み悩んできた。
初めて働いた時から7年目の今、自分でもどうしようもなくなって助けて欲しい思いで病院に行ったらうつと言われた。
それでも怠けてると思われたくないと無理をして働いたたが、会社に行けなくなった。
強制的に診断書を出されて休む事になった。
疎遠になっていた親父に相談したら、うつになるならないは紙一重。
勤労の義務、納税の義務を果たしているのだからそれでいいじゃないかとアドバイスをもらえた。
難しいかもしれないが、いい方向に考え方を変えていきたいと今は思っている。
落ち込んでいても始まらない。
次はミスしないように意識する。
そして深くは考えない。難しい。


名無しさん
一度負の感情に飲まれるとなかなか這い上がるのが難しい。
いいことがあってもそれを素直に喜べない。
自分のアイデンティティが崩れてく感覚は苦痛ですよね。
何事にもバランスが大事だと思う。
記事にもあるが落ち込むことで成長が見込める場合もあるし、落ち込みすぎると鬱になってしまう。
いかに自分で感情をコントロールできるかだと思うけど、難しいですね….。
名無しさん
子どもの時から何かした訳でもないが気に入らないと親に怒られることが多く、その度に自分を責めてた気がします。そうすると、落ち込みやすい人間になったと思います。
わたし自身の受け止め方も気をつければ良かったのですが、怒られてばかりだとそんな思考にもなれませんでした。
親から離れて暮らすようになると、否定されることも減ったし、好きにできるようになったので落ち込んでも変わっていきました。
環境も大事なんですかね?
名無しさん
ポジティブというより、「気にしすぎ」ない。人生、些細なことにこだわっている時間はないし、暇もない。人は自分が思うほどこだわってもいないし、他人は自分の人生を生きてはくれない。自分の人生を時間に置き換えてみると、落ち込んでいるより改善するための時間のほうが大切。
名無しさん
落ち込み過ぎるのも困るし落ち込まない人も問題なので、ベストは落ち込んでも立ち直りが早い、心の整理やコントロールが上手いのが良いですね
落ち込んで反省する。そして、今後の対策を立てる。リカバリーと再発防止
ミスやトラブルは全てさらに良くなるために必要な事と思えれば気持ちは前向きになります
自信と謙虚さを併せ持つ感じが最高です
名無しさん
落ち込んだり、どうしようもなくて、ひとり足搔くような、八方塞がりな時ってありますよね。
私は悩みや落ち込みが大きい時程、「神様は乗り越えれない試練を与えない」「きっと乗り越えられるから、試練を与えられたんだ」と、そんな言葉が脳裏に浮かびます。
多分、自分の何処かに「今の状況を抜け出したい」「打破したい」という思いがあるから、そんな言葉が浮かぶんだと思います。
「それがポジティブな人の考えだ」と言われたりもするけど、「でも…」「やっぱり…」だと、その状況からは抜け出せないし、堂々巡りですからね。
「あの時頑張ったから今がある」それを常に感じて今を生きてます。


にゃにゃにゃ
これは一言では括れない問題ですね。
名無しさん
「あんな無能な上司、、、」などと、他人を攻撃する感情からポジティブに、と言うのは、ちょっと良くない感覚だと思います。
良くないこと、失敗したことに、自分である程度受け入れて、反省内省して前向きに、それなら次はどうしようか?と思い、行動や言動を直していくから、それが巡り巡って自分が成長して、また失敗しても、直ぐに立ち直れるようになると思います。
落ち込みがちな人は、失敗した時に、友人などに話をしたりして、自分自身を知ることから始めたらいいと思います。
落ち込んでもいいんだよね。でいいんじゃないかな?
名無しさん
フローチャート書いたりするより、ポジティブな人と話す機会を増やす方がいいかも。そのうちに自分もポジティブな発言、思考になっていけた経験があるので。
同じ波長のネガティヴな人と愚痴を言い合う機会もあっていいも思うが、解決や改善には至りにくいかなぁと。
名無しさん
色んなことがありどん底も経験すれば落ち込まなくなりますよ。
落ち込まないというか…落ち込んでる暇があるなら行動した方がいいという結果を知ったのでそういう動きになります。
落ち込んで夜も寝れず悩んでもぐっすり寝たとしても次の日は何も変わってません。反省を込めて1日ぐらいは寝ずに自分を省みたとしても長々は全く無意味です。
ざっくり言うとしてしまったこと、なってしまったことはいくら悩んでも後悔しても変えられないので大事なのはこれからどうするかですよね。
名無しさん
落ち込む人というのは、考えすぎる傾向があると思う。
その思考パターンを変えるのは難しいので、考える対象を変えるのが効果的と思います。
失敗に目をむけるのでなく、なんで失敗したのか、次はどうしたらいいかという点にフォーカスし、失敗したのを他人に置き換えるぐらい客観的にとらえるとよいと思います。
名無しさん
私は「悩みがないのが、悩み」な人間です。別に叱られても、平気です。何故なら次は間違えないようにすればいいのだから。叱ってもらえるうちが花。本当に駄目で望みがなければ何も言われなくなります。それに、失敗したって、自分が死ぬわけじゃないんです。同じミスをしないように自分でできる対策を考えてこんどは期待以上の結果をだせばいいのです。叱られた、あんなこといわれたと人をグズグズ恨んでいるのは時間のムダ。


名無しさん
色々考えすぎて500円ハゲを二度程経験してから、あまり深く考えたり落ち込み過ぎるのはやめました。
ミスった時は自分で出来る後始末をやった上で、原因が何か、次どうすれば良いかをきちんと考えて終了です。
いつまでも考えていても、無かった事にはならないし。
またハゲ出来たら嫌だし。
名無しさん
わたくしは、全然落ち込まなくなりました。
49歳になった昨年(2018年)。
結局落ち込むだけ「無駄」。
メンタルがやられますよ。
わたくしは、数えで50歳になった昨年、自分自身のそれまでの人生を振り返って考えてみたんですよ。
わたくしの人生は、「失敗」だらけ。
「失敗」から学ぶことを考えてみよう!と頭を切り替えてみたんですよ。
そうしたら全然落ち込まなくなりました。
名無しさん
まず”落ち込む事イコール悪い事”みたいなのが個人的にどうかと思う。
誰でも多かれ少なかれミスや間違いはするだろ?
だから落ち込むくらい真摯に悩めるのは悪い事じゃない。
ただグダグダしてても時間が過ぎてしまうわけだから、悩む時間を決めるとか2人に話したら前を向くとか、自分に合った解決策を持っておくのがいいかもしれない。
名無しさん
事が自分だけなら気持ちの切り替えで乗り越えられるかも知れないが、相手がいる場合なかなか切り替えは難しい。こっちは切り替え&修整しても、相手がすでに「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」状態になってると常に「批難オーラ」を発せられるために関係修復も出来ない。「人は人」と割り切って軽度な付き合いでと思っても「仲直りしなさい」と周りに言われてプレッシャー。挨拶さえ返してくれなくなった相手とどう付き合えるというのか?ミスはミスだから修整する責任は負うが、誤解(見解の相違)から生じた相手の感情に振り回されるのは本当に苦痛。かと言って家庭や経済を考えると環境を変えるなんて簡単には出来無い。困ったもんだ…
名無しさん
わたしのための記事かと思いました。
仕事では比較的スムーズにきたのですが、私生活において、すぐ落ち込んだり、物事をオーバーに受け止めてしまう。兄はめちゃ前向きなので、生まれつきの性質もかなりあると思います。
受け止め方を、改善して楽に生きたいなと思う。
名無しさん
私は落ち込むことはあっても切り替えが早いタイプ。仕事の失敗はもちろん、親との死別など今までの人生には辛い事は沢山ありますが、自分でも良く耐えて乗り越えたもんだなーと感心するくらいポジティブ思考な人間だと思います。
やってしまった事、起きてしまった事は仕方ない、踏ん張ろう!の精神です。
これも周りの環境、人間関係全ての人に恵まれて今の自分があるのだとつくづく実感します。


名無しさん
性格が全て。
楽観的に考える人と悲観的に考える人で、同じ場で同じ体験をしても、性格1つで心理状態は大きく異なる。
難しいのが、悲観的に考える人に、楽観的に考える頭になりなさいと言っても、脳がそう感じるんだから無理なんだよね。
また、楽観的な性格でも悲観的な性格でも、感じる力が敏感か鈍感かによっても違ってくる。
ま、そんな簡単に落ち込まない性格になれるなら、世界で多くの人がノイローゼにならないと思うよ。
ピグ
カウンセラーのような専門家に話しながら自分の感情を整理していくのもよいでしょう、、
中々、良いカウンセラーを探すのが難しいです。
名無しさん
落ち込む時もあるが寝たら元気になる
いつまでも落ち込むだけでは何の解決にもならないから解決策や
改善策を考えたら、あとは行動あるのみ
名無しさん
性格形成時期の教育が影響を与えるという記事が本当であれば、今日の教育は生ぬるいとも言える。人を傷つける過度な体罰は許されないが、叱咤激励や拳骨位はその時期に実行しないとネガティブ思考の大人ばかりになってしまう。根性論とは少し違うがそうした教育を受けてきた世代は多少叩かれてもめげない人が多いよ。
名無しさん
飯食える程度の労働と割り切ればいい。
おちこむことはない。
何か皆でやろうとすると、どこかに歪みがでます。ミスしたのは自分のせいだけではない。組織風土、仲間の能力、時代、など沢山の要因がある。
視野を広げて見ると大したことはないと気がつく。
名無しさん
すぐ落ち込んでしまうので心に留めておこうと思います。急にハッピー体質になれないのは分かってるけど、楽な考え方に持って行けるよう意識してみよう。


名無しさん
何があっても落ち込む必要ない、人生短いし、何事もポジティブ思考で失敗は今後の糧にすれば良し、他人は自分が思う程自分の事しか考えて無いから気にしない!!
名無しさん
自分の周りにいる人を思い浮かべると落ち込みやすい人は真面目で、落ち込みにくい人はあまり頼りたくない人が多いな。要は叱られてもヘラヘラしてるから何も響いていないんだろうなぁ。こういう人は信頼も築きにくいよ。
名無しさん
ミスはいろいろな要因があっ慢心過信思い込みというなどの心の隙から生まれるミスに落ち込みが起こると思う。
じゃ運動選手プロ野球選手は落ち込まないのかって思わない?
落ち込みがあるから、日々向上を目指す
最後は自分の実力しか頼れないんだから、正直にプライドを捨て、目的に向かった最善を尽くすのみ
100点満点の人間なんて居ないと思うべし
だけど、120点を目指すことは必要だと思います!
名無しさん
落ち込んでます。
もう前を向くしかない状態。
初めて…人生の山を登ってます。
辛いし、怖いし、引っ込みたくなる。
けど、私は前に進みます。
支えてくれ人がいるから。
私も困ってる人いれば支えます。
人間はそんな生き物です。
名無しさん
次同じミスしないような方法を模索するのみ。ただ落ち込んで自分はダメだ、というのはミスするよりはるかに罪が重い気がする。
名無しさん
落ち込んでも終わったことは仕方ないと開き直ることを心掛けてます、切りがない。


名無しさん
落ち込む人は前に進める純粋な人だと思う
落ち込まない人は自分をわかってなくからまわりしてるのをきがつかない人だと思う
長生きする人って自己中な人多いけして自分のせいにしないからわがままだし人に気をつかえない人達
名無しさん
仕事で全くミスをしない人はほとんどいませんから。
しかし心の支えを失うと誰でも落ち込みます。それが仕事だと計り知れないダメージになりそうですね。私は祖父を失って鬱になりかけましたが年月をかけてかなり改善しました。
名無しさん
それより酷い経験があるかどうかだと思いますが!
あの時よりマシという比較対象があれば大抵平気ですよ?
名無しさん
考えすぎる傾向があるので生き辛くて苦労しています
自責感が強すぎたんだな~と思えました
好きなこと 楽しいこと やってみます
良い記事をありがとうございます
名無しさん
記事にある方法も有効だと思うが、仮に何もしなくても、歳をとればそれなりに強く(図太く)なって、落ち込まなくなる気もする。
名無しさん
昔は些細なことで落ち込んではそのことで頭がいっぱいになっていたけど、歳をとってからは、他人は他人にあまり興味がないということがわかり、歳のせいかすぐに忘れたりするので、全然気にならなくなりました


名無しさん
別に落ち込んだっていいじゃん
そこで無理して気丈に振る舞おうとするから辛い
徹底的に落ち込めば、そのうち満足するんじゃないかな
苦しい時に自分に嘘つくのやめない?
名無しさん
若いころ落ち込み過ぎて、最近では人の言う嫌なことを、聞かない耳を持つことが出来るようになりました。大事な事も聞き漏らしているかもしれませんが。
名無しさん
いつも仕事が遅れる人が居る。
事前に提出日が決まっているのに、「他部署が絡んでいるせいで」遅れる。
先日も、そのせいで不必要な残業を強いられた。
頼む、落ち込むくらい反省してくれ。
名無しさん
私は落ち込まないタイプだが、就学前の息子は落ち込む訳では無いけど「できない。無理や。」が口癖。
落ち込んでもいいけど、すぐに切り替えのできる子になって欲しい。どうしたらいいんだろうか?
育児って勉強続きやな。
名無しさん
落ち込んで良いことあるか?
あ、綺麗なおねーさんに慰めてもらえるかも的な妄想か(笑)
悩みなんて人に言っても解決しない
居酒屋で話し尽くして心が軽くなった気がしても一歩店を出れば何も変わらない生活が待ってる
じゃ落ち込む意味ないしネガテイブシンキングなんて時間の無駄じゃん
名無しさん
血液型は信用できないが、それでもB型は落ち込まない気がする。どうにかなる、今まで何とかなってきた、あの時に比べたら大したことない、そう思ってしまえるから…。ただ、100%楽観的なわけでもない。意外と用意周到で事態が今以上に悪化しないような対策はきちんとしていたりする。おろおろする人は物事が思い描いた通りにならなかった時の対策が甘い場合が殆どなのでは?B型は、くだらないことまであれこれと考えるのでパニックになることが少ないような気がします。


名無しさん
間違い、失敗に、あまりにも落ちこまない人もどうかと思いますが…。
きちんと反省出来ているなら良いですけどね。
時々…自分のミスを都合良く解釈し、正当化して、結果落ちこむことなくやり過ごす人がいるので。
名無しさん
個人的には墜ちるとこまで墜ちたら後は這い上がるだけなので、落ち込むときはそこまで行きます。
頑固なので慰めの言葉を頂いてもそこに納得しなかったりするんですよね。非常に申し訳ないのですが…。
でも、これ以上悪くはならない、と考えれるようになれば私の場合は少しずつ楽になれます。
名無しさん
私は落ち込みますが何くそ!次回からはしない!と思ってます!
落ち込まない人っていないと思います
表現するかしないかではないでしょうか
書いてある様に皆さん人間ですから落ち込みは必ずしも感じてるでしょう
受け止め方が違っても表現するかしないかでは?
名無しさん
自己肯定感が低い自分にとって、心に沁みますね。ありがとうございます。みんな、”しぶこ”さんにはなれませんからね。
名無しさん
非常に不謹慎な考え方なんですが、私の様なギャンブル好きは、働く→負ける→働くを繰り返すとかなり精神的に強くなりポジティブに物事に対応できる様になります。
名無しさん
極端に落ち込むけど次の日には完全復活します


名無しさん
私も落ち込みやすいので参考になります。
仕事も私生活も、乗り越えられるのも、乗り越えられないのも人間関係もあります。
最悪な上司や最悪な職場環境なら、乗り越えるのも困難だったりします。
リカバリー能力ももちろん必要ですけど。
名無しさん
嫌なことがあってもすぐ忘れてしまうタチだから、特に後を引くことはない。
名無しさん
「我々は艱難をも喜ぶ。なぜなら、艱難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し、練達は希望を生み出すことを知っているからである。」(ローマ人への手紙5章3節~4節)
名無しさん
途中経過はどうあろうが、最後にはうまくいくと信じなさい。そうすればいちいち落ち込まなくなる。
名無しさん
上司に叱責されたら、凄く落ち込むと同時に、上司をとことん憎んでしまう!自己嫌悪感より、そっちが上回る。プライド高いから(笑)
名無しさん
セロトニン型ss型が大多数の日本人はネガティブで落ち込みやすい人が多いって聞いたことがあります。


名無しさん
落ち込まない人なんて責任感が無いだけだと思うが。何でも人のせいにするタイプが多い。
名無しさん
うちの職場にいます。
ミスしても立ち直りがものすごく早い人。
ちょっときつく注意し過ぎたかな、とこちらが自己嫌悪してるのに、即、相手は明るくサラッとして、あぁ、良かったと思ったのも束の間。
反省していないのか、また、性懲りもなく次々とミスの連発。
仕事が全くできないわけじゃない、会話やLINEの文は表現豊か、話は盛るし面白い。
こういう人の頭の中、いったいどうなってるのか見てみたいです。
もう毎日何かしらしでかしてくれるので、怒られなれているのか、発達障害かなんかなのか、
困っています。
その割に、人のミスは突っ込んでくる、いったいどういう性格、いや、人格なのかわかりません。
こうなると、立ち直りが早い人より、じっくり考えてくれる人の方が応援したくなります。
名無しさん
落ち込みやすい悩みやすい人がそう簡単に思考の変化ができるわけないので、治らないと思うのですよ
自分にとって不快な苦手な環境や場や人と関わらないで生きていけたらどれだけ楽に過ごせることか、いかんせん仕事があり現代の労働環境でさまざまな人と関わらざるを得ないのでストレスフリーの生活はもう無理だ
名無しさん
泣きたいときはトイレで泣けと、あの人は、あの人は教えてくれた。
名無しさん
落ち込んでないと思っていても 体に出るからね。
名無しさん
落ち込むというより、原因になった人に対する怒りがわく。そしてものに辺りたくなる。これは病気か?


名無しさん
男性にきついこと言われるとすぐ落ち込みます。
まりも
兄弟姉妹
同じように育てたつもりでも同じにはならないだろ
名無しさん
怒られても、次の給料日には忘れてる(笑)
名無しさん
この考え方は数ある結論のひとつ
名無しさん
幼少期に形成されるんなら、もう治らないよねw自分は気分の浮き沈みが激しいけどそういう性格だと思って受け入れました。
名無しさん
ADHDなので、ミスをし叱責されると、とことん落ち込む。


名無しさん
人生うれしいことばかりの人はいないって言うけど、やっぱりうれしい楽しい事の量がすごく多い人っていうのは存在する。
そりゃ、そういう人は暗い気持ち引きずる事はないよね。羨ましいよ。
名無しさん
私は普段はそんなに落ち込まないけど寝る前に過去の失敗を思い出して「いいいいいーーー!」ってなります。安眠を妨げるのでどうにかしたい。
名無しさん
私の座右の銘と言うか、目標は 質実剛健ですが、羊都合権になってます。
名無しさん
落ち込まない。ってか、落ち込むけど、立ち直りは早いと思っています。なのに、なんか軽いみたいなコメントもあり、がっかり。軽くはないから同じ過ちも繰り返しません。結局、落ち込み方も、後への活かし方も人それぞれ。って事ですよね。
名無しさん
興味深い
名無しさん
よっぽど深いダメージをおった時は話は別としてて、基本的にはポジティブで落ち込まないタイプ。だって、考えたってしょうなないじゃない。仮に失敗して優勢から劣勢になったとして、くよくよ考えていたって、現実の『劣勢』は変わらない訳じゃない?後は名誉挽回のダメもとの特攻かけるか、潔く撤退するかしかないじゃない。後は野となれ山となれ。失敗した所で命まではそうそう失くさぬ。


名無しさん
落ち込んだ事なんかねーーー
名無しさん
認知ですか
名無しさん
これはa型の特徴ですね
名無しさん
私はおとなしくて人とうまく関われなかったんです。子供の頃は何か嫌なことがあると休んだりしていました。そして、とても落ち込みやすくて、仕事で叱られたすると眠れないほど落ち込んでしまい、そのうち辞めてしまうんです。しかし、ある時「あなたが泣いても笑っても、全く状況は変わってないよ。泣くだけ損だよ」とある人から言われました。それから、「苦しんでも意味が無いこと」だと納得し、今では全く落ち込むことが無くなりました。落ち込みやすい人、どうか一度、「苦しんでも苦しまなくても状況は同じだ」と考えてみませんか?
名無しさん
好きな人ばかり考えて、ちょっと冷たくされたら落ち込みます。
名無しさん
夫が失敗しても落ち込まない人なので物覚えが悪いけど、夫の親兄弟も同じだな。
笑えないような失敗談で大爆笑するような人達だ。酒飲んで道でひっくり返って救急病院に運ばれたとか車で事故ったとか。その話のどこで笑えるんだってことで盛り上がる。
失敗を失敗とも思わなければ、そもそも反省しないよね。


名無しさん
ボク自身落ち込んだとか思ったことがほぼ無くって、イライラすることも怒ったこともほぼ記憶にないし仕事でもやることやってあとはヘラヘラしながらいい感じにテキトーにしている。
結果、
能天気すぎる。
高田純次のそれ。
気が利かない。
やる気が感じられない。
と飲み会で言われた。
みんな疲れてるんだろう…。
大変なんだなーって思った。
名無しさん
落ち込むことがいいとか悪いとかではないけれど、自分のことを振り返って反省できるかどうかは大きい。
落ち込むけれど反省しない人が一番たちが悪い。
なんで俺ばっかり、、と悲しむだけ悲しむけれど、反省しない。
落ち込んでいる間はイライラしていたり、泣いていたり、、迷惑極まりない。
そこから反省したかと思えばまた繰り返す。
だからこいつを指摘しても面倒だと思われ、指摘すらされなくなる。
こーゆー方は自己肯定感が異様に高い。
幼児期に褒められ失敗なくきてることが多いし、失敗しても親がなんとかしてくれていることが多い。
今、過保護なまでに過保護な教育は、子どもの将来のためにならない。
名無しさん
この記事で言ってる事は理解できるけど、それができないから落ち込むんだよな〜
今の上司も常にパワハラまがいの口調でいつも話してくるし、仕事の指示にしても、こっちに何をして欲しいか抽象的な指示ばかりで具体的な指示がない。
意味がわからないから、下から下からへりくだって聞くけど、「だぁ〜かぁ〜らぁ〜!」と、更に抽象的な怒りの指示。
だから聞けなくなって、こっちの仕事もいつも中途半端に…
年齢も年齢だから仕事も辞められずストレスばかりで落ち込む毎日…
全てから逃げたしたくなる事もしばしば…
でも、こう言うの他の同僚に相談しても「根性が足りない」とか「そのくらい気にするな」くらいしかきっと言ってもらえないから、そもそも人に相談する気にもなれず…
1人で抱え込む毎日…
辛いです…
名無しさん
自分やその取り巻きの失敗は
ごめ~ん!
ええねんで。
下っぱには
すみません。
何してん!
(作業を今まで)何回やってん?
まだわからんの?
て、リーダーたちには日々凹みます。
グレてやる。
名無しさん
「落ち込まない人」は、ただのアホ。


名無しさん
落ち込みやすい人には共通点がある。
他人からの批判を何でも常に真に受ける。
そもそもミスや無知などを犯さない人は誰もいない。
完璧な人間などいないのだから。
落ち込まない人は、ミスを取り返すべくすぐ行動する。
そして他人の批評は、自分の感情からほぼ切り離して気にしない。
だから悩まないというか、悩んでいる暇がないのです。
名無しさん
自分はほとんど落ち込まないし立ち直りも異常に早いしリカバリー方法も分かっているが、どうやったらそうなれるか?と言われても分からないし方法を教えてもみんな出来ない
名無しさん
落ち込みやすい人は心から反省するからだよ。
反省したフリでいいんだって。
まぁ、経験がモノをいうだけどな。笑
フリはパフォーマンスが重要だからね。
名無しさん
クライアントに理不尽な提案を受ける羽目になり、今すごく落ち込んでいます。
無視するべきか、闘うべきか。
突破口を見つけるのは、難儀です。
名無しさん
毎日落ち込んでる
生きてることにも
名無しさん
“人は環境の産物”と言われるが、遺伝6割で、それを除いた諸々の環境要因が4割であることを指しているようです。
人、金、物、気候、文化…。様々な要因が絡み合うなかで人格は形成されます。ただ、そこに新たに“ネット”という環境が加わってからは、幼児期からその影響を多大に受けることが増え、他者の内面を慮る能力が大きく欠けるようになりました。
一刻も早く何らかの手を打つべきだが、親や教育者も多くがゆとり世代なだけに期待薄。


名無しさん
つまりサイコパスは人間界で最強という事か。
名無しさん
気分が悪い時はネットで悪態ついています
北海道のアパマンの社長は落ち込まないタイプだと思います
ああいう人にわたしもなりたい
名無しさん
俺も競馬で負け過ぎてヘコむけど2、3日後にはまた買ってるもんな
名無しさん
人種や民族でセロトニンの受容体だか分泌量が違います。科学的な根拠もほしい。
名無しさん
自分はこの世界でそういうキャラなんだと諦めて落ち込む
名無しさん
落ち込みやすいけれど、復活は早い私。
落ち込み続けて普段通り出来ず、また失敗するようなループ地獄にハマりたくないので
それはそれ
これはこれ
と、思考を分けている。
ちなみに失敗の事は暇な時にどうすれば良かったか考えている。
多分、失敗したあぁぁぁぁぁぁ!!って時に思いつく事って役に立たない事だし、やってしまったものは仕方ないし、その時にやれる事をやるしかない。
大事なのは次にやらないこと。
そして、命に関わることでなければどうにかなる。


名無しさん
訳の分からないことされたら「死ね」と念じながら落ち込まない様に
名無しさん
気の取り直し方は、早いうちにうまいやり方を身に付けたいですね。
それが出来ないとズルズルと引きずりますから。
自分の場合は、これから何をどうするか、そこに集中するようにしています。
名無しさん
心のどこかでケセラセラ。
心のどこかに空気穴を開けておく。
心の中が満タンになりすぎるとその重みで落ち込む。
自分はそういう思考でコントロールしてます。
名無しさん
トラブルは自分の責任で起こるとは限らないし、トラブルが起こっても責任なんか取らなくてもいい。
そう厚かましく割り切ればいい。
東京電力旧経営陣への地裁判決も、そう示してるじゃん。
名無しさん
私もそうでした。
カウンセラーの方にも心を開けず、あなたの罪悪感はどこから来てるの?と?
最近、開き直りました。
人は人、どう思われようが見られようが構いません。
自分の人生だから。
親が悪かったとか思うのかもだけど、結局自分で気づかないともったいない。
ハーブガーデン
落ち込む自分をしっかり見つめることができればそう悪くはないことだと思う。
厄介なのは、落ち込んだ感情を無理矢理封印して、さも、だいじょうぶなように自分をごまかすこと。


名無しさん
KYな奴、デリカシーの無い奴は落ち込まない。
繊細な奴ほど落ち込む。
いじめっ子といじめられっ子の違い。
名無しさん
落ち込まないのは学習能力がないから同じことを繰り返す。他人はたまったもんじゃない。この世の中自分1人で生きているわけではない。非常に迷惑だ。何も考えず生きているとも言える。
名無しさん
あはははは。
俺は典型的な【あまり落ち込まない人】だな。(笑)
叱られても失敗しても落ち込みを引き摺った事は無い。
精神疾患とも無縁だ
名無しさん
ストレス発散には『泣く事』が良いよ。思った以上にココロのもやもやを洗い流してくれる。
しかし、そんな偉そうな事を言う自分は、ストレスの捌け口が真っ先に『食』に向かう典型的なメンヘラー。。。。
名無しさん
何もかも、いい加減、にやっているから、真剣に落ち込むメンタルにならないです。
そもそも、失敗する前提でやってますから笑
名無しさん
良い記事だが、脳科学者や精神科医など、脳の仕組みから解説した方が、なお良い。
人間が生まれると、まずは死なないように、爬虫類も持っているような原始的な脳が、周囲の環境に合わせてプログラムの書き込みを始める。
それが情動記憶。
危険な環境に生まれたら、ヘビのように、警戒心や攻撃性を高めて、生き残りやすいように書き込みする。
逆に、安全な環境に生まれたら、警戒心を弱めて、穏やかな性格をプログラムし、子育てしやすいように書き込みする。爬虫類は子育てしないから、卵のカラがある。
落ち込みやすい人は、警戒心が強くプログラムされてしまった人で、理由なくいつも鬱。
痛覚が存在するのは、身を守るためだが、心の痛覚が過敏に設定されてしまった人。
対処法は、この仕組みを論理的に理解するメタ視点を持つこと。
そして、必要なら、適度に心の麻酔を使うこと。
適度な趣味、他の幸福などが、心の麻酔。
名無しさん
あなた方ねぇ、苦労したり、悩んだり、人を憎んだり、怖れたり、悲しんでいるとき、気持ちいいですか。あんな嫌な気持ちなかろう。その嫌な気持をなぜ心にさせるんだ。喜ばしてやれ。しじゅう楽しく考えさせてやれ。それが心に対するあなた方の義務だぜ。
暗い方面から、嫌な方面から人生を考えりゃあ、世の中に明るさ、何にもないわ。暗かったら窓を開けろ。光がさしてくる。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

悩みは人それぞれですが、対人関係で心をすり減らしている人が多いのではないでしょうか。

勉強や仕事や子育てがしんどいという人が多いとは思いますが、単純にそれだけで心を病むことはない。
出産や子育てによって産後うつや育児ノイローゼを発症する人がますが、結局は相談相手がいないとか理解者がいないとか、孤独が起因しているケースが多い。

僕は、いわゆる「何とかなる」と思って生きているズボラな人間なので、この問題に関して何をどう書こうかと迷っています。
どうしましょう。

「落ち込みやすい人は繊細で優しく、物事を真正面から受け止める真面目な人が多い」

そうだと思います。
がさつな人間は心を病むほど悩んだりしません。

そう、僕のように。

繊細で優しく真面目な人ほど心が潰れていくなんて馬鹿げていませんか。
そういう人ほど目の前にある幸せを噛み締めて日々過ごすべきです。

学校や職場にいる嫌な人。
悩む必要なんてないじゃないですか。
他人ですよ?

「知らねーよ、そんなもん」とはなかなか言えなくても、それこそ冒頭の上司の例のように「次こそは」と思えばいいし、反骨精神にすればいい。嫌な上司なら反面教師に。
本当に嫌で嫌で仕方ないなら「知るか馬鹿」でいいでしょう。

大人げないと思いますか?
あなたが病んで人生を詰んでしまうくらいなら、そのくらい屁のツッパリでもありません。

その人のためにあなたの人生があるわけじゃない。
あなたの人生はあなたのためにあるんです。

・・・なんだか自己啓発セミナーみたいになってきましたね。
キモいので、ここらへんでやめておきましょう。

とにかく他人の人生、もっと言えば嫌いな人間のために自分の幸せを捨てる羽目になったり見逃すようなアホな話はないんです。
前に進めなくなるくらい悩むことなんてないんです。

闇が深い人間関係の真っ只中にいる人こそ自己中上等でしょう!

もし僕があなたの友達で、あなたを悩ませている「自分が正解人間」がいるとしたら、代わりに僕がその人の顔の前で屁をかましたいくらいです。

・・・あれ?僕がまさに今あなたを悩ませている「自分が正解人間」になってたりしませんよね。

適当でいいんです。
「適当」「いい加減」の違いさえハッキリと理解しているならば。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント