【映画やドラマの裏事情】実は役を降板させられていたセレブ6人…その理由が実に悲しい

スポンサーリンク
スポンサーリンク


映画やドラマでメインの役に選ばれるのは名誉なこと。でも普通の仕事と違い、一度役が与えられたからといって、最後まで保証されているわけではないようで…。

スポンサーリンク

実は役をクビになっていたスターたち

撮影が始まる前、撮影の最中、もしくは撮影が終わった後に、クビになったり代役を立てられてしまったりすることもあるようです。
今回はそんな役をクビになったスターをご紹介。

アン・ハサウェイ


クビになった作品:『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(2007年)

2007年の映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』でキャサリン・ハイグルが演じた役は、もともとはアンにオファーされていたんだとか。が、撮影が始まる前にアンは降板。アンとジャド・アパトー監督の間で、出産シーンについての考えに埋めがたい隔たりがあったのだそう。

2012年に<Allure>のインタビューで、アンは次のようにコメント。

「出産シーンを入れたいというジャドの考えは正しかったと思うわ。反対はしなかった。問題は、私自身が母親になった経験がないということ。だから出産後、どんな感情が沸くかがわからなかったの」



チャーリー・シーン


クビになった作品:『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』(2003年~2011年)

人気TVシリーズだった『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』だけど、肝心の主演男優チャーリー・シーンが薬物中毒のリハビリに失敗し、スタジオで主に監督に暴言を吐いたりしたことから、ついにプロデューサーは意を決してチャーリーをクビに。その際、制作側はいかに彼が病んでいるかを11ページに渡る手紙に書き、それをチャーリーの弁護士に送ることで認めさせたのだとか。

手紙には、「まず、これだけははっきりさせておこう。あなたのクライアント(チャーリー)は危険な自己破壊行為を行っており、大変病んでいるとしか思えない」と書かれていたそう。

チャーリーが降板したのちには、アシュトン・カッチャーが新キャラクターのウォルデン・シュミットとして主役を務めることに。



ミーガン・フォックス


クビになった作品:『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)

ミーガンは最初の『トランスフォーマー』二作でミカエラ・ベインズを演じ、ヒットに貢献した…と思いきや、第三作ではクビに。理由は、イギリスの雑誌『ワンダーランド』のインタビューで、監督のマイケル・ベイに対して「(撮影現場では)ヒトラーみたいになりたがってた」、「彼との仕事は悪夢だった」と発言してしまったから。

これがエグゼクティブ・プロデューサーだったスティーブン・スピルバーグの逆鱗に触れ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーが代役に据えられることに。口は災いの元ですね。



ライアン・ゴズリング


クビになった作品:『ラブリーボーン』(2009年)

『ラブリーボーン』で娘を殺された父親ジャック・サーモンを演じたのはマーク・ウォルバーグだったけど、実は元々この役はライアン・ゴズリングにオファーされていたそう。なぜか勝手に「父親は太っているはず」と思い込んだライアンは、喉が渇いた時に溶かしたハーゲン・ダッツを飲んで27キロの増量に成功。

ところがライアンと監督のピーター・ジャクソンは、前もって役についての話し合いをしていなかったため、ライアン曰く「セットに現れるや否や、僕は間違いを犯した(と気付いた)…そして太った失業者になったのさ」。



スチュアート・タウンゼント


クビになった作品:『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』(2001年)

大ヒット作『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで、本来アラゴルンを演じる予定だったのはスチュアート・タウンゼント。が、ピーター・ジャクソン監督は今ひとつスチュアートに満足がいかなかったようで、彼が何週間にもわたる厳しいトレーニングを受けていたにもかかわらず、さしたる理由もなく撮影1日前にクビに。かなりトラウマになりそうな首の切られ方…。結局アラゴルンを演じたのはヴィゴ・モーテンセンで、この映画がきっかけで大スターの仲間入りを果たすことに。



シルベスター・スタローン


クビになった作品:『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)

エディ・マーフィーが主役のアクセル・フォーリーを演じて大ヒットし、彼が大スターになるきっかけを作った本作だけど、元々役をオファーされていたのはシルベルター・スタローンだったそう。しかしスタローンは役のキャラクターを演じるのを拒んで、脚本を書き換えようとしたんだとか。製作側はそれが気に食わなかったよう。

『ビバリーヒルズ・コップ』は興行収入2億3400万ドル(2018年8月時点のレートで約255億円)を記録する大ヒットに。スタローンはせっかくの機会を逃してしまったようですね…。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00010000-cosmopoli-ent&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
スタローン主演だったら、あそこまでのヒットはしていないと思う。
機会を逃したとは思えない。
名無しさん
ビバリーヒルズコップからエディーマーフィーを取ったら何も残らない。
スタローンは映画のヒットを見て自分の仕事ではなかったと思ったはずだし、当時は多忙だったのでどうでも良かったのかも…..
名無しさん
ハリウッド俳優ともなると、クビも不採用も時の運。
下手すりゃ、クビにならなかったら自身の評価が下がり、その後のギャラに影響が出ることも。
監督、キャストがコロコロ変わって名作か駄作かなんて作品は枚挙に暇がない。
要はやっぱりプロデューサーと脚本次第のところは大きい。
俳優にとって一番悔しいのは、自分から蹴った作品が大ヒット、シリーズ化まで成し遂げた時だろう。
ただ観客からしてみれば、ホッとした気分になる時が多いけどね。
そう考えると、名作の主人公は結構2番手3番手が決まっている事が多いから、やっぱり映画の神様っているんだなぁ、と下らないけど思う。
名無しさん
何故監督と相談もなく27キロも増量した?
名無しさん
スチュアートタウンゼントは身長でしょ。
原作のアラゴルンは高身長なのに、彼は身長が足りなかった。
むしろ、原作を読み込んだ本人の方から申し出があったように記憶してるけど。
(公開当時に撮影秘話を読みまくった時の古い記憶だから、記憶違いもあるかもしれないが)
少なくともトラウマになるような一方的な切られ方で問題になったりはしてない。
むしろ、「王の帰還」でクリストファーリー演じたサルマンのシーンが、映画公開版で全カットされたことの方が物議をかもしてたはず。


名無しさん
三船敏郎にスターウォーズのオビワン役のオファーがあったらしいが、よくわからない監督作品なので断ったと聞いたことがある。今にしてみれば、勿体ない話だ。
名無しさん
有名な話ではインディ・ジョーンズシリーズの最初のオファーはトム・セレックだったらしいが、彼が他の映画の撮影とかぶってて断り、ハリソン・フォードが主演をつとめたらこれが世界的大ヒット。ハリソン・フォードでなくても当時のSFブームを考えればレイダースから始まるあのシリーズは大ヒットしてたと思う。トム・セレックはずっと後悔してたらしいけどね。
名無しさん
役作りのために27キロ太るってすごい。
どうやって戻したか教えてください。
名無しさん
ビバリーヒルズコップはエディーマーフィーが演じたからヒットしたんであってスターロンが演じてたらあそこまでのヒットはしてないしイマイチ作品の一つになっていたよ。
名無しさん
クビになったとされる本人に実際に話を聞いたら「いや、実際は違うんだよ」てなことになりそうなケースがワンサカありそう。
名無しさん
エディマーフィーの黒人の若者の言葉遣いの特徴を捉えた早口でまくし立てるキャラは話題になったし、あれがなかったら、シュレックのドンキーのキャラもないし、吹替えの山寺宏一さえも、代表するキャラの1つになって、新境地のキャラの引き出しを1つ作れたと言ってもおかしくない。


名無しさん
作品を見た後のイメージを他の役者で考えるのが難しい。
その場その時の人の考えては当事者にしか判らない。
名無しさん
結果論だけど、ロードオブザリングはヴィゴ・モーテンセンだったから良かったと思う
名無しさん
スタローンにはエディ・マーフィのあの感じを出せないから出演しなくてお互いに良かったと思うなあ
名無しさん
一人に絞らず、試用的に何人かに、演じてもらい、その中から選ぶべき。
使ってみて、やっぱり違っかったというのは、選んだ側のミス。
見る目がないという事。
名無しさん
日本人もそうだけどセレブは何考えてるかわからん
名無しさん
アラゴルンは長寿の種族だから旅の始まりは87歳で、ある程度は貫禄ないといけなかった。スチュアートタウンゼントは若すぎたからダメになったはず。


名無しさん
金城武が「M:I-2」の敵役だったけどトム・クルーズより背が高すぎてクビになったというのも真偽のほどは、どうだろ。「主役と身長が合わなくてクビになった。」ってよくある話だし、俳優を売り出すためのガセ情報ってことも。
名無しさん
ハリウッドのこの手の話は面白いね。
日本ではあまり考えられない理由とか…しかもそれを当人がそれ程時間経過してないのにてん末を話すと言う。他にも多々あるんだろうな。
名無しさん
ミーガンフォックスとチャーリーシーン以外は、プロとしての行動の結果ですよね。
しかし、ハリウッドの映画やテレビ番組は超有名な役者でもちゃんとオーディデョンに参加してたりしますね。日本は作品よりタレントありきだからレベルが低い。
名無しさん
なるべく時になるべき配役が決まる。
実力が伴わなければ旬の俳優さんにチャンスが回る。素晴らしいシステムだ。
名無しさん
たしかスタローンが書き換えたかった脚本を元に作った映画がコブラじゃなかったでしたっけ?
名無しさん
アルゴラン役はヴィゴ・モーテンセンになったのは、最大のナイスな判断だ。


名無しさん
ライアン・ゴズリングの思い込み役作りで増量して失格という話はちょっと信じられないフライングw
『ビバリーヒルズ・コップ』ではスタローンがエディ・マーフィーのようなキャラを演じられたとは思えないし、もしも演じていたなら全く別物の硬質な刑事アクションものになっていたと思う。
この記事の中には、“この人が演じたのも見たかったな”という惜しい感じがするのは無くて、オリジナルで良かったと思います。
名無しさん
ミーガンフォックスの件はマイケルベイがミーガンにセクシーな部分ばかり要求したことに愛想を尽かしたから
トランスフォーマーは事前に客の意識調査をしていて、そこでもっとも期待が多かったのがメカアクションではなくホットな女性が出てることだった
マイケルベイはそれに驚いたと言っており映画はその方向で作られてヒットした
だからもっとセクシーにと言う話になったのである
名無しさん
スタローンはコブラのような刑事が合っている。
コミカルな演技はどうかと思う。
名無しさん
スタローン版のビバリーヒルズコップは興味あるね!!今となっては100パー無理だけど、都会の刑事が田舎で大暴れする…
コメディ色を排除したビバリーヒルズコップ!
実に興味深い。
名無しさん
役をクビになった悲しい理由で、私が真っ先に思い出すのは、エリックストルツ。古いけど。
バック・トゥ・ザ・フューチャーの1作目、半分以上撮ってから、コメディに向いてない、シリアス過ぎるとの理由でマーティ役を降ろされた。
結果、マイケルで大成功なんだけど。
私エリックストルツ大好きなので、じゃぁなんでエリックをキャスティングしたの!?っていう。
確かに彼の達者な演技力は、バック・トゥ〜には合ってなかったかもしれないけどさ。
びん
ライアン…


名無しさん
スタローンはビバリーヒルズ・コップのノンコメディ化を要求したので降板になった
そしてそれがコブラになったんじゃなかった?
たこぶ
スタローンもビバリーヒルズコップのプロット(友人の警官が殺害されて主人公が復讐する)自体は気に入ってて、スタローン版で書き直したのがコブラ。
同じプロットでもここまで違うのかと
名無しさん
まっっったく関係ないけど、年を取ったスタローンが梅沢富美男に似てる気がする
名無しさん
巡り合わせって、あると思う。
ビバリーヒルズコップはエディマーフィーじゃなきゃダメだと思う。
名無しさん
ミーガン・フォックスのトランスフォーマーは本当に残念だった
しかしあれだけのヒット作に2作も出演して次があると思わなかったんだろうか
名無しさん
スタローンは後悔してないと思うけど


名無しさん
でも、結局セレブであることに変わりはない。しかも、役者として干された、という意味かと思ったら過去にそういうことがあったという意味なんですね。しかもしかも、可なら前の話。
名無しさん
ビバリーヒルズコップは2までは面白かったけど3はイマイチだった
名無しさん
そのビバリーヒルズ・コップの脚本をスタローンが書き換えて撮ったのが「コブラ」
名無しさん
エディ・マーフィーだからこそのビバリヒルズコップ
スタローンでもシュワでもあそこまではヒットしてない
名無しさん
アン・ハサウェイはコメディ女優路線を模索していた感があるね
名無しさん
アン・サハウェイは今やハリウッド女優の中でも人気、実力ともにトップの女優です。2012年レ・ミゼラブルでオスカー、ゴールデングローブ賞で助演女優賞を受賞し一躍スターダムに駆け上がりました。
個人的にはダークナイト・ライジングのキャットウーマン役が好きでそれからファンになりました。


城航
日本の洋画タイトル、本当にどうにかして欲しい?
名無しさん
スタローンと言えば、「エクスペンダブルズ」にジャッキーチェンが出演する日は来るのだろうか・・
名無しさん
ライアン・ゴズリングの無駄な増量辛い!すぐ戻したにしてもそれも辛い。そんなことしてなんでシワシワにならないんだろ
名無しさん
ライアン・ゴズリングだけは本当の理由が他にありそう。
名無しさん
アンの無ケーカクの…てやつ観たことはないけど、タイトルから察するに降板で正解だった気がするw
ビバリーヒルズコップはすごく好きな映画だけど、あのコメディをスタローンがやるとこ想像するとオエッてなるわ。
名無しさん
「ラブリーボーン」のお父さん役にしては、ライアンは若すぎじゃ?


名無しさん
アクセルフォーリーがスタローン?
全く想像がつかない
あれはコメディアン出身のエディマーフィーだからこそ、うまくやれたと思う
名無しさん
スタローンでも吹き替えが下條アトムならイケてた。
名無しさん
父親は太ってると勝手に思い込み増量して役を降ろされた…これに関しては同情する気にもならんなww
名無しさん
グリーンマイルの主役にジョン・トラボルタがオファーされてたとかね
名無しさん
一人目の女優さんは、クビになったわけじゃないじゃん
名無しさん
やっぱりアンハサウェイは最高。


名無しさん
スタローンにあの役はできるとは思えない。
名無しさん
最初のアンハサウェイ、出産経験がないからとか言い出したら、役者なんかできないだろ。
弁護士したことない、失恋したことない、恋人が殺されたことがない、犯罪に巻き込まれたことがない…。
言い訳が苦しいな。
名無しさん
アラゴルンは大正解!
名無しさん
マトリックスの船のオペレーターしてたタンク役の人、ギャラで揉めて次作降板になった。
名無しさん
スタローンの案は後々コブラになった。あのマーキュリーのスピンターンが好き。
名無しさん
綾瀬はるかに似てるのか。


名無しさん
エディ・マーフィーだからヒットしたんだよ。
名無しさん
スタローンのアクセル・フォーリーも見てみたい。。。あ、怖い物見たさね(笑)
名無しさん
ビバリーヒルズコップは1も2も、主役のエディーはもちろん、脇役にもいい感じにスポット当たって相乗効果でヒットしたんだよね(3は違うけど)。
スタローンじゃあのマシンガントークも出ないし脇役も堅苦しく暑苦しい重厚なシーンだけ。ヒット作にならなかったと思う。脇役のジャッジ・ラインホールドなんてこのシリーズ以外で覚えている人いる?まさにこのシリーズならではのハマり役だったよ。
名無しさん
シルベスター・スタローンのビバリーヒルズ・コップって考えただけで、ぞっとする。
名無しさん
ダイハード3は、元々リーサルウェポン3だったとかね。
名無しさん
勘違いとか、入れ込み過ぎとか、しゃべり過ぎたとか、いろいろあるね、アン・ハサウェイの「出産後の気持ちが分らない」確かにそうだけどね‥‥そんなにスゴイ役者さんでしょうか?


名無しさん
アン・ハサウェイの理由のどこが悲しいの?
名無しさん
シルベルターは間違い
ふくちゃん
アン・ハサウェイの意見は悲しくなんかない
名無しさん
ビバリーヒルズコップはエディマーフィーのスタジャンが全て!
名無しさん
スタローンがアクセル?無理だろ!
キャラちゃうやん!
名無しさん
アンハサウェイのパターンはクビと言えるのか?


名無しさん
ライアン・ゴズリングみたいなネタを期待してたらどれも割とガチなやつだった…
名無しさん
役を下されるのは俳優(ActorまたはActress)。
名無しさん
バックトゥザ・フューチャーのマーティー役、エリック・シュトルツでしょう。三分の一を撮影し終わっていたのに、いまいちしっくりこないとの理由で降板させられ、マイケルJフォックスに代わって超絶大ヒット。厳しい世界ですね。
名無しさん
コッポラ作品の「地獄の黙示録」
当初は、マーロン・ブランド、スティーブ・マックイーン、ジーン・ハックマン、ロバート・レッドフォードをキャスティングしていたが、実現したのは、マーロン・ブランドだけだった。
名無しさん
溶かしたハーゲンダッツを飲むって凄まじいな
よけい喉が渇きそう
名無しさん
あの写真本当にタウンセンドか?


ボテボテ
あくまでも噂だけど、『恋に落ちたシェイクスピア』のヒロイン役は本当はウィノナ・ライダーになる筈だったのを、ウィノナの親友である筈のグウィネス・パルトロウが、プロデューサーのワインスタイン(ハリウッドを揺るがせたセクハラ疑惑の中心人物)へのマくラえイぎョうの末に奪取した…って話が有る。
名無しさん
アン、、、美しい。
名無しさん
サーシャ・ローナンのお父さん、レイチェル・ヴァイスの夫がライアン・ゴズリングってちょっとわかすぎる…
名無しさん
ミーガン・フォックスをクビにしたマイケル・ベイ監督には、本当にガッカリした!
名無しさん
俳優のくせに脚本書き換えようなんて
演じる気がないなら俳優なんてやめればいい
名無しさん
スタローンおじさんは自分でやりたがりタイプぽいからな
きっとグダグダになって終わってたからエディで良かったやん
とりまエクスペンダブルズ続編つくってやw


名無しさん
ハーゲンダッツは飲み物です
名無しさん
恐るべし、ハーゲンダッツ
名無しさん
文章がフランクに終わったり、敬語で終わったりとムカつく。
名無しさん
あちらはクビ話もスケールが違うね(笑)
アイス溶かして増量とかイッちゃってるわ
名無しさん
>>しかしスタローンは役のキャラクターを演じるのを拒んで、
役のキャラクターってなんだよ。ちゃんと訳せよ。
名無しさん
スタローンが降りたビバヒルが大ヒットし悔しさのあまりスタローンはコブラを作るも微コケ。さらにビバヒル2でコブラのポスターを出してコケにされた挙げ句コブラのヒロインを悪役として起用しブチ殺しましたとさ。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

スタローンがビバリーヒルズ・コップを降りていたのは驚きでした。
「スタローンは役のキャラクターを演じるのを拒んで…」そりゃそうでしょう。

あの映画はエディ・マーフィーじゃなきゃダメだし、エディ・マーフィー以外には考えられない。
もしスタローンが演じていたら、あそこまでヒットしなかったでしょう。

僕の中学の同級生にエディ・マーフィーに似ている奴がいるんです。

めっちゃ日本人ですよ?

両親もめっちゃ日本人だし、本人も口ひげなんか生やしていないし色黒でもない。
でも似ている。

きっかけは中学の国語の授業中でした。

国語の先生が、授業中に騒いでいるそいつに向かって「あのさ。エディ・マーフィーに見えてしまうのは私だけかな…みんなどう思う?」なんて言い出したんです。

一瞬みんな「ん?」とそいつを見るわけですが、今まで似てるなんて露ほども思っていなかったのに確かに似ている。

「似てるじゃん!」「何で今まで気づかなかったんだ!」と爆笑の渦が巻き起こったんです。

そいつはガキ大将的な存在だったので怒るかなと思ったのですが、本人も大爆笑。

こんなことってありますか。
中学生ですよ?両親も本人も日本人ですよ?口ひげも無ければチリ毛でもないし色黒でもないのにエディ・マーフィーなんですよ?

みんなに気付かせてくれたY先生。元気ですか?

そんな話はどうでもいい。

何だかあれですね、ハリウッドスターはワガママですね。
『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』だって言ってるのにチャーリー・シーンがクビになるって・・・。

『志村けんのバカ殿様』で志村けんがクビになるようなものです。

めちゃくちゃです。

時代かな。
『星の王子様ニューヨークへ行く』を観たくなった今日この頃。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント