【事故物件サイト管理人・大島てる氏が語る】あるオーナーの悲劇「練炭自殺の現場にマンションを建てたら…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


以下、大島てる氏のお話です。

スポンサーリンク

事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」

私は平成17年(2005年)から、事故物件の情報提供サイト「 大島てる 」を運営しているのですが、こうした仕事をしていると、ときには事故物件のオーナーから「サイトでの掲載を取り下げろ」と強く抗議されることもあります。数年前、都内某所のあるマンションのオーナーからも、何度かそうした抗議がありました。しかし、その一件は後に予想もしていなかった結末を迎え、不幸な形で“解決”してしまうことになるのです。



なぜ私は「大島てる」を立ち上げたのか?

そもそも、私が「大島てる」を立ち上げたのは、不動産業において「告知義務」を果たさない業者が少なくないからでした。告知義務とは、宅建業法で定められた義務の一つで、借り主(買い主)にとって心理的瑕疵となる事項がその物件にある場合、貸し主(売り主)は必ずそれを事前に告知しなければならない、とされているものです。

たとえば、前の入居者がそこで自殺していたり、あるいはその部屋が殺人事件の現場になっていたとしたら、業者は契約が成立する前に、必ずその旨を伝えなければなりません。しかし、なかにはそうした事実を隠して部屋を貸し出したり、売り出したりする酷い業者がいるのです。私が「大島てる」というサイトを作ったのも、そのような被害を防ぎたい、との思いからでした。そのため、たとえ事故物件のオーナーから抗議が来たとしても、掲載を取り下げることはまずありません。



有料駐車場で起きた練炭自殺

しかし、今回ご紹介する都内某所の物件は、少々特殊な経緯を辿っていました。マンションが建設される前、そこには有料の駐車場があったのです。マンションを建てるつもりで土地を手にした所有者が、建設工事が始まるまでの間、そこを駐車場にして日銭を稼ぐ、といったことは特段珍しくはありません。むしろ、土地の有効活用の例としてはよくある話でしょう。ただ、そのオーナーが不運だったのは、土地を遊ばせまいと駐車場にして貸し出している間……そこに停められていた車の中で、練炭自殺が起きてしまったことでした。

私のサイトには、事故物件の所在地だけではなく、その外観写真も掲載されています。「ここがその事故物件である」ということを明示するため、スタッフと手分けして写真を撮っているのですが、その駐車場にはたまたま、私が直接足を運ぶことになりました。

私は、サイトに掲載する事故物件の写真は、あえて晴れた日の明るい時間帯に撮るよう心がけています。しかし、そのときは情報を得てからすぐに現場に向かったものの、着いた頃にはもう夜になっていて、一応写真は撮りましたが、これは改めて撮り直さないといけないな、というような仕上がりでした。ただ、もう一度その駐車場を訪れる時間がなかなか作れず、ようやく再訪できたときには、そこにはもう、新しいマンションが建っていたのです。



マンションのオーナーから内容証明が届く

先程も述べましたが、マンションを建てる前に、その土地を駐車場として貸し出しておく、というのはよくある話です。私も新しいマンションを見上げながら「それはそうだよな」と納得しましたが、それでも「この私有地で自殺があった」という事実は変わらないので、そのマンションの外観を撮影し、サイトに掲載したのです。

すると後日、マンションのオーナーから「写真の掲載をやめてほしい」と抗議がありました。弁護士を通じて、「この新しいマンションで自殺があったと勘違いされてしまうではないか」という趣旨の内容証明が送られてきたのです。正直なところ、そのオーナーの言い分にもわかるところはありました。ただ、私としては、「直前にこの場所で自殺があった、そんな歴史を持つマンションである」ということを、入居を検討する人たちに伝えたかったわけです。だからこそ、抗議に応じて掲載をやめるわけにはいきませんでした。

しかし、その後も相手側からのクレームは続きました。そのうちに「訴えるぞ」という強い抗議も届くようになりました。もしかしたら、今回は掲載を取り下げたほうがいいのではないか……。それは、そんな風に悩み始めた頃のことでした。何気なく点けていたテレビに突如、そのマンションの姿がパッと映ったのです。



今度は小さな子供が……

「あれ? このマンションは……」と思った瞬間、私はニュース番組に釘付けになりました。まさに抗議を受けていたそのマンションにおいて、小さな子供が突然心肺停止に陥り、そのまま帰らぬ人となった――。テレビは、そんな痛ましいニュースを伝えていました。

駐車場時代の自殺から何年も経たないうちに、まったく同じ場所で、2人目の死者が出てしまった……。報道によると、後に司法解剖を行っても、その子の死因は不明に終わったそうです。それ以降、オーナーからの抗議はピタリと止まりました。



事故物件がまったくないエリアで、なぜか連鎖した「死」

この一件で不思議なのは、そのマンションの周りには、こうした事故物件がまったくない、ということです。周辺に事故物件が一切ないのに、その土地、その座標では、時を置かずに2人も死者が出てしまった。このことをどう解釈すればよいのか……私にはわかりません。

しかし、2回であれば、それは単なる偶然として片付けることも可能かもしれません。ただ、これが3回、4回と続いていくと、そこには“何かがある”と言わざるを得ません。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00013273-bunshun-soci&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
私の祖父は、火災で亡くなり大島てるに載っています。
土地は更地にして、売るつもりもなくそのまま所有していますが、何故売るつもりもなく、手放すつもりもないのに晒し者にされなくてはいけないのでしょうか?
身内を亡くし、それを世間に晒される気持ちも考えて頂きたいです。
名無しさん
サイトの運営目的に同意できる部分はあるけど、今回のようにホラーストリー仕立てにして記事にしたりトークライブにするのはどうかと思います。過去の出来事と、現在起きたことを根拠なく結びつけてショービズ化するのはご遺族の方や、そこで亡くなられた方たちにとても失礼だと思います。
名無しさん
大島てる氏の行為に対する意見は色々あるけれど、こそこそしていない点は肝が座ってるなと思います。
この件については、練炭自殺の前もあるかもね。そもそもトラブルが続く建物は土地の由来や歴史を調べた方がいい気がします。
ちゃんと地鎮祭はしてるでしょうけど、少子化が進む現代、土地を手放す人は多いわけで、元の地主が皆話してるとは限らない。
名無しさん
自殺や事故で死んだ過去より、暴力団事務所の場所や発砲事件の場所を記載してほしい。近隣の暴力団事務所の場所は告知事項である。実害のリスクも高く、重要な情報だ。
名無しさん
長い歴史で見たら日本全国戦争やらなんやらで、もともとの土地で死んでいったりすることが何回もかさなって現在の状態を考えると、東京なんてほとんど事故物件になると思うけど。それ考えたらどこにもすめないか。


名無しさん
駐車場の写真を載せられなかったのは大島てる氏のミスで、マンションの写真をとった理由も言い訳がましい。
このマンションのオーナーは可哀想だと思う。
名無しさん
立ち上げた目的は告知義務からでしょう。マンションが建てられる前の駐車場の事件を載せるのは目的が変わってきている
名無しさん
事故物件が発生するのは、オーナーにとっては不幸だと思う
ただ利用者側の立場にとってみれば、事故物件には住みたくないし、事前に情報を知りたい
ルールも緩く、死亡後1人でも住めば教えてくれないケースもある現状、個人的には大島てるサイトの存在はとても有難い
実際に、住もうか検討した場所が結構凄惨な事件現場で、サイトのおかげで事前回避出来たことがある
名無しさん
この記事では、2つの不幸な事件がなにかその土地にまつわる不思議な現象であって、あたかもその場所そのものが原因であるようなことがほのめかされている。
しかし、科学的な根拠はいっさいないため、そうとは断定していないし、当然できるものではない。
こうしたことがあったことについて、仲介業者などは客から聞かれれば事実として教える必要がある。よって、ネットで事実として公表することはやや行き過ぎかもしれないが、仲介業者のか中には教えないものもいる可能性があるから、その点だけ取れば正当性があるように思える。しかし、あくまでそういうことがあったというだけで、同時にそういうことが起きていない期間についても十分言及すべきであるし、科学的な根拠は一切ないことを念の為に強調する必要がある。そうしないと、市場における風説の流布に該当し、土地の売買価格に根拠なく影響を与えることになる。
名無しさん
駐車場の件は告知義務ないでしょう。
心肺停止という偶然が起きたから自分を正当化するのはおかしい。
所有者への営業妨害を引き起こしている。
私の住んでいるところは戦災者が非常に多いらしい。
そもそも過去にそこで人が亡くなってない土地なんてほとんどないでしょう。
告知義務を果たしていない物件を晒すのはまだわかりますが、このような営業妨害は許されるはずではないと思います
名無しさん
これは消費者と提供者の双方が納得する解決方法なんて無いように思える。
自分は過死因によるけど、気になると言えば気になる。
正直に言うと自殺や殺人のあった部屋は嫌だ。
消費者の側からすれば、(特に験を担ぐ人は)何年前であろうが人が亡くなった住居に住みたくないでしょう。
「じゃあ知らせなければいい。知らなければ気にもしないでしょ。」と言うのはフェアじゃ無いと思う。
現行の「一旦他の誰かが住んだら次からは告知義務がなくなる」という法律もどうも納得いかない。
一方、提供する側からすれば自分に落ち度がないのに、資産価値が下がるのは納得いかないでしょう。
つーことで、その場所で不幸があったと言う事実は消せないので、どちらかが割を食うことになる。
まぁ、それでもいいよと言って値下げ要求をせずに住んだり、土地を買ってくれる人が世の中の多数派であればいいだろうけど。


名無しさん
この手の話は夏の風物で、今の季節になると盛り上がる。
曰く付きの土地や物件というのは必ずあるもので、科学的に説明のつくものもあれば説明のつかないものもある。
ただ、一つ納得のいかないのは、都内は戦時中空襲でほとんどの地域が死体の山になったわけで、全てが曰く付きになっても良いと思うこと。
特に、多摩川は死体の流れ着いたところ、死体を集めて焼却したところと曰く付きになると思う。
今は住宅街になっていて、そこそこ人気の地域は地元の人に聞いたところ地獄絵図だったとか。
名無しさん
事故物件ではありませんがまだ私が4、5歳の時に千葉市の花見川区の某町に住んでいた貸家で不思議な体験をしました。今思えばその町の外れに花見川と言う橋があり良く自殺する方がいてその川の斜面には無数の藁人形があり、私自身も藁人形を打っていたであろう女性を見た事がある町です。その貸家の真裏には墓地がありました。トタンの塀で遮っているのですがある日から夜中に気配を感じ目が覚めると必ず障子を開ける方がいるのですがそれは子供ながらにこの世の方では無いと感じるのです。そして必ず手招きをしているのがわかるのですが毎回怖くて布団をかぶりいなくなる迄じっとしていたのです。親に話しても信じる訳はなかったのですがある時に両親も見たらしくお寺に相談しお坊さんがお経しに来たのを覚えています。言うまでもなくその後直ぐに引っ越ししました。あれはなんだったのかはわかりますませんが今までも忘れない程の事だったのは事実です。
名無しさん
サイトを立ち上げた時とニュアンスが変わってる気がします。
自宅で最期を迎えたいというケースも増えてきています。
自死・他殺と病死は分けるべきだと思います。
裏取り無しに載せられるなら、
泣く泣く手放したマンションに、炎を燃やしておいたら高く売れなくなる、シメシメと善からぬことも出来る訳で。
ホテルのフロントで働いてる方ならお客様の自死のケースに立ち合われてる人もいるでしょう。
地方ならテレビニュースで流れても反映されないものなのだなと思いました。
事故物件は看護師さんが喜んで借りるそうですよ。
病院が移転してるケースもありますけど、その度に土地に炎の印するのでしょうか。
告知無くてもおかしい部屋は存在しますしね。
恐らく太古から、人が亡くなってない土地なんて存在しないと思います。
そろそろこのサイトも黙認出来ないところにきてる気がします。
正確じゃないし。
名無しさん
観るのを予約してた部屋が事故物件だったということを別の会社を通して知ったので前もって言って欲しいと思いました。
一人住めば報告義務はなくなるとか言うけど何十年経っていようが何十人過去に住んでいようが嫌です。
名無しさん
でも土地の段階での駐車場内の自殺って書く必要あるの?それってすごく迷惑だと思う。書かれているとやっぱり良い気はしないので住むのは躊躇してしまう。でも知ることもなかったらそれはそれで良いような。殺人事件は嫌だけど。


名無しさん
仕事柄、大島てるさんのサイトはたまに利用しますが、口コミだけで成立しているために間違った情報が掲載されてしまっていることがあるようです。
あるマンションの取引で、大島てるさんのサイトではその物件が「人が亡くなった事故物件」として掲載されていましたが、新築時から管理している管理会社も把握はなく、警察にも確認しましたが何の履歴も無く。
(人が亡くなっていれば、自殺他殺病死問わず警察を呼んでいるはずで履歴が残ると思われ、更に管理会社にも警察から連絡が行くと思われます)その情報の根拠は「以前の販売図面」だそうですが、その図面も「告知事項あり」との記載のみで内容が確認できないのに人が無くなっていることが前提の情報掲載でした。
告知義務を盾に正義を振りかざすなら全情報に関してとことん確認作業をすべきでは?
実際に迷惑を被っているオーナーは複数いると思います。
名無しさん
自分は仕事上、某不動産屋と緊密な関係にあります。
数年前に自分の近くに大島てる掲載の火災跡地に建売り戸建が建ち、その某不動産も扱う物件でした。
事故物件ではないが、事故地であるその物件をどう掲載するのか興味がありましたが、特記事項は無記載でした。
出しゃばり過ぎかと思いましたが、不動産屋に事故地の事実を伝えましたが、聞いて聞かぬふりで最後まで特記は無記載でした。
そのうち一組の客が付き、購入を検討したところ、そこの奥様が嫌な気を感じたそうです。
珍しい事に霊媒師をよび、鑑定したそうです。
問題有と判定されたそうです。
そのお客なのか、別客なのか解りませんが数カ月が経ち物件は売れたそうですが、入居後、早々に引越たと聞きました。
現在はどうなっているのかは不明です。
名無しさん
これは土地の情報を提供すると言うよりは、曰く付きの土地の情報を見つけて楽しんでいる様にしか見えない、現在建っている物件の情報ならともかく、物件が建つ前にこんな事があったとか何人亡くなったとか、物件のオーナーに対する嫌がらせにしか感じ無いし、亡くなった方の遺族の方にも失礼だと思う、物件の情報にも知らなくて良い情報と言うのはあると思う。
名無しさん
不動産会社で働いてるんですが、大島てるさんのサイトによって売買が流れたり、トラブルを起こされたりと困ってしまうケースはあります。
確かに「告知義務」はありますが、5年、10年…と年数経ってる前のことを持ち出されても正直困るんですよね。
住人が一度住めば次から告知義務がないことに不満を持つのは理解出来ますが、オーナー様や不動産会社からみるとその物件を扱うことが困難になります。
またこのサイトの情報は不確かな物も多いですし、自然死までも載せられてることがあります。
事故物件サイトがあることには何も思いませんが情報をしっかり精査して正しい情報を取り扱って欲しいです。あと、数年経って何事もない物件はサイトから削除してもらいたいですね。
名無しさん
「大島てる」を立ち上げたのは、不動産業において「告知義務」を果たさない業者が少なくないからでした。
であれば、建物が立つ前の事故は掲載する必要ないのでは?
掲載するとしても、写真は出来る限り発生時点のモノを載せるべきだと思う。
「建物が立つ前の駐車場の時の事故である」と記載しても、マンションが写ってる写真が掲載されてたら誤解する人いそう…
マンションオーナーに同情するなぁ


名無しさん
うーん、確かにこの方のサイトは事故物件隠しなど業界の悪習慣に対する消費者側の防衛サイトとして有効ではある。が、すっかり忘れているようだが、日本の都市部は空襲の際に極めて多数の方が悲惨な死を迎えており、都区内ではほぼ全ての地域でボーリングすると当時の焼け跡の残骸の地層が出てくる。さらに中心部では関東大震災の焼けた層も確認出来たりする。地域の戦史に興味があって、山手空襲などどの辺でどれくらいの方が亡くなったか、プロットしてみたが、今は高級住宅街でも数百人単位で焼死されている地域もある。下町などは数千の方が炎から逃れ飛び込んで沸騰死した運河の跡に立派なタワーマンションが建っている。
そのような先祖の怨念は残っていないのだろうか?
地鎮祭などするのは無意味なことだろうか?
本当の問題は死者を弔わず忘れてしまうことではないだろうか?
名無しさん
建物内はともかく、建築現場についてまで言及するとキリがないのでは?過去に遡れば、その場所で空襲で亡くなった人もいらっしゃるかもしれませんし、大昔にそこで倒れて亡くなった人もいらっしゃるかもしれませんし。「その場所で事件や事故ががあった」と強く思い込む、今生きている人の思念が、いろいろ不幸な現象を引き起こしている可能性もあるかも。
名無しさん
否定的な意見が多いけど、でも、じゃあ引っ越し先の選考基準にそこで普通とは違う死に方をした人がいたかどうか気になるし調べられるなら調べるでしょう?
そこに穢れがあるのでは?って潜在的に意識するから。穢れってのはわかるけど、じゃあ科学的に説明は今はできない。あるとは思うけどあるとは言えない。でも気になる。
幽霊は?魂は?怨念は?意思は?形が無いけどあるかも?ってモノに対する潜在的な想いが人にはあるから、こういうサイトやニーズがある。
バチが当たる!って真逆の立場で戒める場合も立場の違いで事柄の定義の本質は同じ。
晒し者や不利益になると言う想いももっともだが、それは相手側があるとして相手側にもそれを避けたいという想いもある。
死という現象は1つでも、それに至る過程を誰もが気にする。病院や自宅で病死は受け入れられても自殺や変死、事故死はその現象に嫌悪を抱く。
論点と本質が違うから噛み合わない。
名無しさん
都内なんて空襲で死体だらけ
何を今更
名無しさん
このサイトは不確かな情報が多い。「不動産業者が言っていた」とよく見かけるが、これは不動産業者がオトリ広告をし、それの言い訳として聞いた内容を信じてしまい投稿するという流れだ。所有者からすると損害しかない。一般人は面白半分に見ているだろうが、所有者からすればたまったもんじゃない。(本当におきた事はいいと思う)
名無しさん
この人のしていることはただの自己満足だ。
その建物じゃなく、その場所で亡くなった方の情報も載せるべきと思うなら、戦争で亡くなった方の情報、昔の戦や大病で亡くなった方の場所も調べ尽くして載せるべきでは?
そしたら広島や長崎、空襲のあった東京などの大都市、流行病のあった京都などは、人の住める場所など無くなる。
この人のしてることはただの自己満足。
するなら、「その建物で事故があったのに、隠している物件」のみに限定すべきだろう。
この記事など、ただの偶然以外の何物でもないのに、あたかも自分に正義があるよう。
子供が原因不明の心肺停止?
それが事故ですか?
不審な第三者がそんなこと嗅ぎ回っていたら、それ以上の情報なんて出さないよ。
それをまるで不審死のような書き方。
なら老衰で亡くなった方のいる建物はどうなんでしょう?
何を持ってこの人は区別してるんでしょう。


もんむ
あまりにも凄惨な事件の現場だと考えてしまうけど、戦国時代を超えてきた長い歴史のある日本、あちこちで自殺や殺人が起きているはず。
ここ数年近所でも吉野家店内で殺人があったし、駐車場でも殺人があったし、高校では同級生を殺して家に火をつけた事件もあった。知らない事件もそれ以上にあるはず。
時に確かに変な気が流れているように感じる場所もあるけど、たいていは大したこともない場所になってる。
夏だし、こういうホラーもありだとは思うけど。
どこ吹く風
う〜ん、自分は非常に気になるので自分が家を借りる時と、買う時は血眼になってこのサイトで調べたな。
でも、所有者が病死や老衰の場合は、載せなくてもいいと思う。
名無しさん
あの、自殺があろうが、殺人事件があろうが、そこに住んだとしても、何も起こらないと思います。起こっているように見えるのは、結びつけているだけ。もし起こっているというなら、他に何もない物件と多数比較しないと、その証明にはなりません。単に、人間の心理として気持ち悪いだけ、もし知る事がなかったら、知らぬが仏で、事故物件なんて関係なしに、幸せに一生終える事が出来ると思います。
告知義務はあっても、さらす権利はないかなと 思うのです。私は、安く住める方がいいので、そういう意味で、この大島てるって人の物件見た事があります。私からしたら、物件より この人がやっている正義感と言う名の、所有者を陥れる行為の方が、嫌だと感じます。
名無しさん
大島てるには事件性のない「病死」物件も掲載されています。
もちろん住所、部屋番号明記。
治療法がないため病院を出た結果だったり、遺された時を家族と過ごしたいがための自宅療養だったり、突発的な病による突然死だったりしても掲載されてしまうのです。
何年もの間、全国に晒されるのは御遺族にとって辛いことだと思います。死ぬか見送るか、明日は我が身かもしれません。
静かに自宅で逝くことが難しい時代になってしまいました。
名無しさん
仏陀が幼い息子の死を受け入れられない母親に、誰も亡くなった人がいない家からカラシの種をもらってきたら息子さんの薬になると言った話を思い出した。カラシの種はスパイス大国のインドではありふれた食材なんだけど、人が亡くなったことの無い家なんてないわけで。あちこち訪ね歩いて他にも身内の死を悲しんだことのある人と話すうちに母親は悲しみを受け入れるのよね。亡くなり方によってセンセーショナルな扱いをしてイベント企画化するのは死者への冒涜では。あったってことをただ静かに記載するだけじゃダメなのだろうか。死は街中のどこにでもあるけど、身内にとってはひとつひとつ特別なもの。


名無しさん
今のところは生まれた家で住み続けて引っ越しもしたことないけど、前の事を気にする自分としては住居を探すことになればこういうサイトがあってくれたほうがありがたい。
個人でやってて有名になってるサイトだからトラブルも多いんだろうけど、たとえこのサイトがなくなったとしても、住居に関して気にする人は多いと思うし情報の口コミサイトはできると思う。
名無しさん
子供の頃に住んでた家が、過去、首吊りがあったという事故物件でした。
地元では有名だったらしいのですが、入居者が短期間で変わる為、うちが入る時には不動産屋にも教える義務は無かったそうです。
そこに住むようになってから、家族の性格が変わったようになり、家庭内トラブルの連続で母親が病みました。
事実を知ったのは引っ越してからでしたが、近所の皆さん、知ってて黙っていたそうです。その癖、裏では噂して楽しんでいた。
そこに入居していた家族はやはり全部、家庭内トラブルが元で一家離散しているそうです。
母は結局、病んだまま亡くなりました。
賛否両論あるでしょうけれど、個人的にはこういうサイトは必要だと思います。
名無しさん
最初は怖いサイトとかって有名になって、当時見た時には怖いと同時にこういうサイトも必要なのかなって思った。実際自分が物件借りる時にお世話になった。
ただ、最近階段話しだしたりちょくちょくメディアに出たしたりして正直どうなのかなと思い始めた。亡くなった方にも人生があったわけで事情もある。自分の死をネタにしだした大島てるを遺族や本人はどう思うだろうか。
名無しさん
先月まで、事故物件サイトに載ってある、3階建てのマンションに住んでました。オレンジの階段のマンションです。告知は、されませんでした。霊現象はありました。手をつかまれたこともありましたが何故か、その部屋を出たいとは思いませんでした。今回、引越しをするきっかけがあり、引っ越しましたが、そのきっかけがなければ、今も住んでいたと思います。
完全に、霊障を受けて、憑かれてたんだと思います。
今は、そのマンションを引っ越してよかったと思っています。
名無しさん
事故物件は、亡くなった人が悪さをするわけじゃない。
例えば自分が死んだとして、次に住む人を苦しめようとは思わない。(だから空襲は関係ない。)
亡くなった人の問題ではなく、その土地が不運を呼ぶかもね、という話。
事故物件じゃなくても悪い土地はあるので、大島てるの物件を避ければ済むというものでもない。
病みたくない人は最低限、朝日の入る明るい物件、風通しこ良い物件を選ぶこと。
(玄関の向きも鬼門を避けると尚良いけど、信じるか信じないかはあなた次第)
そして科学は全てを解明していないので、科学的根拠がないからといって、存在していないとも言い切れない。
科学者は霊の類を「いるかもしれないし、いないかもしれないね。まだ解明されてないから」と言う。
地動説も最初は信じてもらえなかったし、悪い土地ってあるかもね、と思うのは自由だと思う。


ぽんた
そんなサイトをつくること自体、死者への冒涜になりそうで、そんな汚れたものを見るのも、やめたほうがいいと思う。
住みたいと思ったところへ住めばいいし、たとえ、その地図には載っていなくても、そこに踏み入れた瞬間に、なんとなくいやな感じがするとか、そういう自分の感覚を信じた方が絶対にいい。
亡くなった場所にいる人もいるでしょうけど、さまよってる人も大勢いるのよ。そのサイトを見たせいで、いやな感じを気のせいだと思ったりして、本当の自分にとっての事故物件に、住んでしまったりする可能性だってある。怖い映画を見るのと同じ、軽い気持ちで、そんなの見たりしない方がいいよ。
名無しさん
偶然も4回起きれば必然となる、という考え方があります。ですからやばいのかどうか、1回ぐらいでは偶然としか言えませんので、大島てるの警告は問題が3回起こった時点で掲載すれば良い。
ここに出てくるストーリは問題の再現は1回ですから、偶然と言って良いでしょう。事故物件の開示は重要ですが、駐車場とマンションでそれも1回目ではちょっと我田引水のストーリーにしすぎですね。
名無しさん
正義が常に正しいとは限らない。
大島てる氏の場合は行き過ぎた正義感が強すぎる気がします。
何事ケースバイケースであるべきで、彼が行っているのは新たな「呪い」を掛けているに過ぎない。
心理的瑕疵を「増幅」しているだけ。
何も知らない人が何も知らないまま、何事も無く過ぎていくのが普通。
「この世に不思議な事など何も無い」のが世の中。見えないものを見させるのはあくまで人の心だけ。
唯単に不安を利用して商売をしているだけでは?
名無しさん
安全神話が崩壊した日本で〝殺人〟のニュースが絶える事なく、自殺も少なくない…
今回の件だとたった一人のせいでマンション一棟が〝事故物件な扱い〟は、少々酷だ。
確かに借りる側が、その物件情報の知る権利に対してそれを補完する情報は必須だろう…
ただし今後、事故物件は増え続ける一途…
事故物件を避けていたら、住む場所が無くなっていくなんて事にもなり兼ねない。
つまり知る権利を補完する〝大島てる〟情報は有益だがそれだけをしていたら事故物件の烙印を押された賃貸物件は値下げをしたり、それでも借主が現れなかったり…と
単に、貸主の家賃収入が減収するだけ…。
故に本当に借主の権利を保護したいのであれば事故物件の貸主にきちんとお祓い・祈祷をさせ、霊を沈め、それを大島てるやそのスタッフが見届け「この物件はきちんとお祓いされております」的な情報を添付していくべき、では!?
名無しさん
不思議系のものをあまり信じてないので、何気なく思うが、広島に住んでるが、爆心地周辺は、事故物件と言われても仕方がない痛ましい歴史がある。
だが、私は恐れもしないし面白がりもしない。
ただ、犠牲になった方々の冥福を祈る。
亡くなった方々の事が気になるのは仕方がないが、隠すこともないが、さらすこともないと思う。


名無しさん
なんとなく映画「残穢 住んではいけない部屋」を思い出した人は多いと思う。大島氏も業界改善を大義名分にしているけど、実際はネットでの晒し的に感じてしまうし、告知義務とはいえ不動産側の裁量次第になってるのが問題なら、気になる居住予定者が官報など公的なデータベースで能動的に確認可能になるよう法改正まで考えて活動すべきじゃないでしょうか?
名無しさん
考え方としては、一理ある
そして、霊障がある場合もあるという事も知っておかなければならないのかもしれない
建物は新しくても、その土地に憑いている事はある
ただ、霊が出てもなんの問題もない場合もある
物が落ちてびっくりする人は、ちゃんと考えないと駄目かもしれないね
多分、摩訶不思議な事は、沢山あるんだと思うけどな
名無しさん
自殺や殺人があってもダミーで1ヶ月でも人が契約すれば次から通知不要になるからな。
知らぬが仏というか、忘れ去られた方がいいこともあると思うが。。。
賛否あるにしても役所が取り締まればいいだけだし個人がやるべきことではないと思うよ。
まぁ、役所がやらないからやってるんだろうけどね。
名無しさん
憶測ですが‥
10年以上前に某タワーマンションで飛び降り自殺があったのですが、大島てるには掲載されていません。管理会社と組合で風評被害対策をしたそうです。
対策をすると掲載されない?具体的にどんな?そこは気になりましたが知り得ませんでした。
近隣物件は物凄い昔の自殺や事件までたくさん出てます。
概して事故物件が価格に反映されるとして、それを公表されたくない側が”何かの形”でお願いすると掲載されないとしたら。ボランティアでこれだけのサイト運営しているんだとすれば本当に頭が下がりますが
名無しさん
駐車場だったときのはマンション物件には関係ないかと思いますが…。使命感はわかりますが…もう少し考えて運営されたほうがいいかと思いました。
名無しさん
事故物件であることを告知しなければいけないのは不動産屋の義務ですので、物件を公表するのではなく不動産屋の名前を公表すればいいのではないでしょうか?
この方のサイトの物件が近所にありますが、書いてある事と事実は全く違うので、一方的に書かれた大家は気の毒ですよ


名無しさん
私がマンションを購入する時はこのサイトで確認してから購入しました
賃貸なら引越できますが購入したら曰く付きとわかっても中々越せないから参考にしました
名無しさん
個人的には大島てるのサイト運営に賛同です。
科学では証明できないことが世の中には多々ありますから。
昔、殺人事件が発生した家だと知れ渡っている物件に、安いからと入居した家族がいました。なんでわざわざあの家にと大家さんも別の物件を薦めたそうですが、事件があったことを了承してる上で、しばらく住んでくれるならありがたいと貸したそうです。ですが、数年後入居した家族の父親が自ら命を絶ちました。
大家もやっぱり貸すんじゃなかったと後悔したと聞いてます。
わたしも殺人の被害者、大家、新しい入居者の家族がみんな同じ学校だったので、子供ながらにめちゃめちゃショックでした。
偶然で片付けられない何かってあるんです。
名無しさん
マンションが建つ前の駐車場で起こった事件なのに新築のマンションの写真をサイトで晒すのは、悪意があると受け取られても仕方ないかな。
小さいお子さんの突然死は痛ましい事ですが、それを過去の事件と関連性があるかのような書き方をするのはマンション所有者だけでなく亡くなった子まで冒瀆しているように感じます。
まるで、また死亡者が出たのを自分の「正義」が正しかったのだと勝ち誇ってるようで、読んでいて不快になりました。
名無しさん
思うにこれは、、私刑なのでは?
告知義務違反をした業者は、宅建協会の指導や民事での訴追が正しい指摘方法のはず。
大島てるさんが、1円の広告収入も印税も受けずにいるのでしたらまだ救われますが、云わば「勝手に」事情も知らずに掲載することは、一種の暴力だ、と思いました。
名無しさん
かつて、東京大震災や空襲で亡くなった現場は都内でない所がないぐらい屍があったことでしょう。
また、お墓の跡地や刑場であった所も今や家や建物が建っていることでしょう。
名前から、古戦場だったと思われる所もあります。
このように、地縛霊はあります。
交差点によくお花があるのを見かけます。事故で亡くなった場所なのでしょう。
不動産はよく調べないと怖いです。
名無しさん
大島てるさん、事故物件芸人って知ってますか?
その芸人さんも殆どの物件で心霊現象は無かったように言ってます。
そういう話を聞いたらただ単に事故物件を掲載するんじゃなく本当に心霊現象があったとか謎の死者が出てるとかきちんと確認した物件だけを掲載してもいいんじゃないですか?私も賃貸物件を所有していますが自殺や殺人こそありませんが独り住まいで突然の心筋梗塞で亡くなったとかありますよ。直ぐに発見されたから建物の傷みはありませんでした。
管理をお願いしている不動産会社からは自殺じゃないから瑕疵物件では無いと言われたしその後入居された店子からも何も言われたことは無いです。本当に何か起こったならともかくそこで死んだってだけで事故物件って一括りにされても困ります。
あなたもオーナーになったら分かりますよ!私は好きでオーナーになった訳じゃなく亡くなった両親からの相続だし古いからフルリフォーム。元は取ってない


名無しさん
日本の平野で平安時代から現代までを括れば、陰惨の無い土地は無いよ。
必ず過去に人の生き死にが関わっている。
江戸時代では、親族の土地の一角に墓地を置くことが当たり前だった。
それを昭和初期から墓地を集め、お寺や自治体が運営する霊園に集めた。
だから、処刑場跡、合戦場跡、空襲による被害跡、並びに自然災害跡とか、言っていたらどの土地でも住めないよ。
だから、事故物件で騒ぐのも、度が過ぎれば嫌がらせとなる。
常識の範囲内で祭祀し、弔い、すべき事をしていれば、大騒ぎする問題では無い。
多くの事故物件は、精神的な問題が関わって住めない人が出る。
一方で、事故物件でも問題無く、暮らしている人もいる事を考えるべきでしょう。
日本の平野は、狭くて、貴重な土地だ。
問題を暴き、宣伝する様な事は、誰が得をするんだ?
名無しさん
本来「情報共有」と「多様化」は一対でしょ。情報開示によって被害を被るのは多様性が無いから。逆に言えば多様化が推進されるなら、情報隠蔽は多様化の否定に繋がる誤った選択。個人的な利害に基づいた選択で社会発展の足枷になる事は現代情勢としては容認されないよね。公益性を優先するのが正しいと思うよ。
名無しさん
悪徳業者がいなければ必要無かったからね。
不動産が悪いわ。
聞かれたら答えなきゃいけないが聞かれるまで言わない業者はかなり多いからね…
あと事故物件に人が住んで退去したら、2人目の人からは言わなくて良くなったり…めちゃくちゃすぎる。
名無しさん
事故物件だから掲載するのではなく、なぜ事故が起きたかを分析し、理由が判明したものだけを掲載すべきでしょう。
偶然に事故が続くことだってあるはずです。
ハッキリ言って、霊的にとか、怨霊とか、すべてオカルトであって、風評被害を広げているとしか思えない。
名無しさん
事故物件に住みたくない人がいて、貸す側は一人誰かが住めば告知義務が無くなるルールをいいことに、事故物件と承知した人や架空の人物を住ませて告知しなくてすます業者がいることを考えると、大島てるの存在価値はある。
名無しさん
何年以上前の出来事になれば風化するものなんでしょうね
人の噂も75日ということわざは、通信機能=お披露目機能が発達しちゃってからは死語というか用を成さない言葉になってしまっている気がする。
で、災害の規模を測ろうとしだしてるみたいに思います。
風化させちゃいけないってよくいうけど、そんな悪事が思いつきもしない方が平和かも知れないなら
引きずるのもどうかと思うこともいっぱい。


名無しさん
土地なんて連年と続いて今がある。江戸時代に不慮の事故でなくなってたら事故物件なのか?
地鎮祭すればそんなサイトに載ることはないのではないの
過去をたどれば戦争で焼きの原になり無念に亡くなった人だっている。事故物件って何なのだって思うけどね
名無しさん
コンサートや出張に行くとき、宿泊先の確認の為、利用しています。事故のあった部屋も清掃後、臭いなどの問題がなければすぐに利用することを知ったからです。やはり、事故のあった部屋、建物に一人で泊まるのは怖い!サイト助かります。
名無しさん
賃貸マンションや賃貸物件を所有してますが、事故物件になると大変です。そうならないように祈ってます。
所有側には、マイナスなサイトですが、借主側にすれば貴重なサイトというのも理解はできますが。
名無しさん
告知義務の停止に関しては定かな法律は無かったと思いますが、風評が無くなれば告知しないと聞いていました。そう考えると、《大島てる》がある限り風評は無くなりませんね。永遠に告知義務が発生します。
しかし、過去を遡れば震災や戦争時の空襲で焼け野原になった東京23区は何処も告知義務が有りそうですね。大島てるさん頑張って掲載して下さい。
ぼちぼち
数年前にポスティングの仕事をしていた時、昼間なのに暗い雰囲気の家や、近づくと重い空気感の家、訳もなく背筋がゾッとする家…があった。
霊感が強くはないが第六感?には素直に従った方が良い。
名無しさん
人が亡くなった場所を晒して何が楽しいのか?
考え過ぎかもしれないが、掲載されることによって人々の中にその場所への思いが残り、魂が成仏されない可能性もあるのではないか。
土地所有者の気持ちを考えず、自らの裁量だけで、掲載するなんて、良い死に方しないだろうな。


名無しさん
土地には記憶が残ります。土地は生きているからです。次々に悪い事が起きると言う考え方もあるでしょうが、『そういう人が寄ってくる土地』なだけだと思います。いわく付きのマンションに住んでも全員に災難が降りかかってくる訳ではないですよね。逆にそういう土地を好む人もいます。
地下水が淀んでいる(流れていない)所は、上に住んでいる人は体調不良になりやすいです。見えないけれど土地も生きている事を忘れずに。
名無しさん
全ての人に公開される意味はありますか?
私ははっきり言ってないと思います。そこが、お化け屋敷かのように扱われ、軽く心霊スポットのようにされている(住民がいるのにもかかわらず)ことを多々見たり、警察沙汰になってることもあります。
こういう声を無視し、公開し続けるのは、果たして本当の正義なのか。これを今一度考えてほしい。
不動産屋さん向けのサイトにして、不動産屋さんでしか見れないようにはできないのでしょうか。
名無しさん
霊がいるかいないかは別にして 事故物件は 何か 人に悪い感情を与える原因があると思います。
家の傾き・周波数・雰囲気・日当たり・他色々
人がなくなったと聞くだけで 気にしなくても 無意識に心の底でよくない感情もできるのではないでしょうか
名無しさん
載せるならきちんと調べて掲載して欲しい。
知り合いの家族が亡くなっているが自宅では亡くなってないのに載っている。
自殺があって経営者が変わったアパート、自殺があった一軒家、載ってない。
大島てるは信ぴょう性がないです。
名無しさん
駐車場の事故は本当に運が悪かったとしか言えないが、安いけど駐車場でコツコツ稼いだ方が良い。マンションなんて不動産屋が儲ける為だけだからリスクが高い。大半のオーナーが無知で不動産屋に丸め込まれてるから建ててはならない。10年は儲かっても惨劇が待ってる。話違いだけど知識が無ければマンションビジネスは絶対儲からない。不動産に関する法律が日本は甘過ぎる。建築での手抜き工事なんて日常茶飯事だから。
名無しさん
幽霊の存在を信じるのも大人気ない。ただの偶然としか言いようが無いのでは?駐車場の頃の話をされても報告する必要はないような気がする。マンションが建っていた中で事故が起こった場合のみでしょう。自分は一切信じない人間なので事故があった部屋だと言われても気に入ってしまえばそんなことは忘れている。


名無しさん
不動産に関しては貸し手と借り手の情報格差が大きい。
そこを埋めるピースとしては画期的だし、意義のあることをやっているとは思う。
ただしこの記事程度のことでホラー仕立てにするのには違和感がある。
また、遺族など不快に思う人が出てくるのは当然だし仕方がないですね。
アゴダシ
私はこのサイト嫌いではありません
むしろ好きです
ただ、警察官の友達に聞いたけど、サイトは全然、情報が少ないらしいです
住宅火災での焼死や身元不明の河川、海の死体そんなのは報道されるけど、自宅で首吊りとか、飛び降り、山中での練炭自殺とかは遺族感情もあり、全く報道されないためサイトに載ってないそうです
文中にも出てきますが、
遺族、土地の所有者など勝手に載せられて不利益を被っている方々が結構おられるみたいです
そういった方々を名前を売りたい弁護士が集めて法的手段を取るという動きが出てくるかもしれませんね
名無しさん
共感できる部分もあるんですが、たまたま見ていた物件である芸能人の家を見つけてしまいました。コメント欄でわかったんです。
芸能人の家族がそこで自殺をしていたから掲載されていたんですが、そこはマンションでなく持ち家ですし、これを掲載するのはどうなのかな?と疑問に思いました。
名無しさん
大島てるは便利に利用させてもらっています。
一度取引が行われると告知義務は無くなりますが、サイトには情報がそのまま残されています。
これは運営の杜撰さですが、そのお陰で履歴がよく分かります。
掲載された方は気の毒です。
名無しさん
今、国は政策として、病院でなく自宅での終末期を迎えてくれという方針を明らかにしている。
主に高齢者の話になるわけだが、いまや子がいない夫婦や、親と子が同居していないところなど、ざらにあるわけで、その人が亡くなった後、いわゆる空き家問題になる可能性が高い。その人が在宅で死去した後の家は事故物件扱いなら、これからそんな空き家でかつ事故物件が増える傾向になってしまうのか?
変死と自然死は扱いが違うのかな。
名無しさん
人の死を気持ち悪いものとして取り扱うのか?何年何十年何万年経っても魂はそこにいるのか?何か不幸な事が起こると先祖が苦しんでいるから、家の方位が悪いとか時期が悪いとか不安心を煽って商売にする人が絶えない。亡くなった人には静かに安らかに供養する方が良いけど。


名無しさん
一つ疑問が、、。
子供が自宅で急に心肺停止になって亡くなることをニュースで伝えるでしょうか?
大変な出来事ですが、事件性や事故の可能性がなければ、ニュースで伝えることはないと思います、、
名無しさん
確かにお互いに不利益なのかもしれない。
だけど後から出されてもっと価値が下がるよりマシだと思う。
知ってても尚住む人もいるからいいと思う。
霊感等がない人は気にせず住める可能性もあるし…
精神的に弱い人・ヤバい人が住んだら同じ様な事が起こる可能性もある。
名無しさん
なぜその場所がいわくつきだとか関係のない人に知らせるのか?
借りるとか買うならわかるけど…
この人はこれを仕事にしているんでしょうか?
私は若い頃幽霊が複数出る家に住んでいました、ほんと出るの…
窓から女の人が入ってきてとか玄関から人が廊下を走ってくる音とかで、幽霊の出る場所は必ず悪いとは限らないらしいですよ。私が聞いたのはその住んでいた幽霊屋敷を出ていく人は出世するよという人がいたんです。今ですか…確かにあの家出てから良いこともいろいろありました。不思議なことはありますね
名無しさん
土地にまつわる因縁を甘く見ない方がいいと考えてます。ただ、大島てるのサイトが全ての事故を網羅しているわけではないので、このサイトに出ていないから安心出来るわけではないと思いますよ。
名無しさん
事故物件ではありませんが、友人宅の近くに単身者向けの16世帯入る二階建てのアパートがありますが工事をしている際、古井戸を適当に扱い埋めていました。井戸があった場所の部屋は人が長く住みませんね。何かあるのかな?って思ってしまいます。
名無しさん
たまにチェックをしてる
そしたら隣のアパートに火のマーク
いつの間に亡くなったんだ?隣で分からないのに大島てるさんはどう情報を得てるのかな?
あと、近所で自殺や他殺ワイドショーでも取り上げてた事件もあったけどそれは火のマークが無かったよ


名無しさん
不動産業者です。アメリカではこうした事実は告知義務すらありません。日本だけなのです。また人の死は自然な事ですし、その場所で亡くなった事実を気持ち悪いと考えるのは、なんとも国民感情ですし、この記事でいう、亡くなった方の人権もありますから、やはり死の情報サイト感が否めなくサイト自体は反対です。無論、告知義務はしっかりとしています。
名無しさん
全く根拠が無いのでやめた方が良いと思う、検討の材料と言うより止めろと言ってるようなものだし、人の死は偶然重なったとしか思えない。オーナーサイドからすると根拠が無い事実ですが、不利に働くしかないので貸す側からすると困ると思う。
名無しさん
住まいは不思議なもので、そこに住むようになってから不幸が続くことが実際にあるのです。理屈では分からないですが、何かしらの因縁があるのは否定しきれません。住まいを探す立場としては事前にそういう場所は避けたいのが本音。大島てるのようなサイトは必要だと思います。
名無しさん
親戚が事故物件と知らずに住んでいる。サイトがある事で私は知る事ができた。親戚に幸せに暮らして欲しいと強く願っている。
名無しさん
私の叔母の家も大島てるに載っています。
1人暮らしで病気で家で亡くなっており、その後家を不動産会社に売却し家は取り壊して新しい家が建ち新築一軒屋で売りに出され今は新しい方が住んでいます。
自然死で新しい方も住んでいるのに事故物件扱いは身内から見ても気分が良いものではありません。
名無しさん
確信犯的な不動産所有者とその気はない人まで一緒くたにされているのが問題なのは確かなんですよね。事件が風化されないのも善し悪しかとも思います。


名無しさん
直前にあった場合は伝える必要があるけども、直前ではない場合は知らせなくても良いのですよね
借りる方からすれば気になる内容ですが、大昔の過去にまで遡ればそこら中で誰かは死んでいます
土地所有者からすれば迷惑な行為、営業妨害でしょうね
片方の正義は、もう片方の悪
名無しさん
事故物件だからと何かあるとか、嫌な感じがするとは限りません。部屋の内観をすると事故物件でない場合も凄く嫌な感じがする部屋はありますね。でも、本当に怖いのは、亡くなった方より、生きている人間ですから。
名無しさん
大島てるもどうなのかとは思うけれど、そういうことを伝えない業者がいるというのが元凶ではある。聞かないと教えないみたいなスタンスを取ってる業者が多いのは事実。
名無しさん
大変デリケートな問題です。ひたすら誰も悲しまない在り方を追求して欲しいです。その姿勢があれば応援したくなります。
多くの人に喜ばれても、悲しむ人を増やすことがあったら悩ましいことです。
極上の料理に一滴の毒が入ったら、台無しです。
名無しさん
事故物件になっても、誰かが一度住み、その後になると事故の説明をしなくても良くなると聞いた事があります。
だから、不動産関係者は、事故物件に会社の若い人を1〜2ヶ月間、仮に住まわせると聞いたけど本当なの?
名無しさん
そういう場所は土地それ自体に問題があるのでしょう。一番は公園化が無難なんだが。そういう場所に遊具等は危険だから置かない方がいい。


名無しさん
自殺や殺人があった部屋には住みたくないし、この手のサイトはありがたい。
でも、それは物件がそのままで部屋をリフォームしただけとかそういう場合。
何年も経っていてその当時の建物が無いならもう良いと思う。
人が死んだ場所が駄目なら、東京の広範囲は空襲で大勢亡くなってるし、広島や長崎だって原爆で大勢亡くなってる。戦争や災害で被害が大きかった所は住める場所無くなるでしょ。
名無しさん
多くの物件を扱っていたら、確率的には起こりえる。それを霊のせいと決めつける様な風潮に問題がある。
恐ろしいのは霊ではなく、人間の行為。
ガソリンを撒いて火をつけるような、非情な霊などいません。
名無しさん
統計的根拠も必要
駐車場も長大で、マンションも大規模ななれば成る程
何らかの事件確率は高まるし
自然死(普通の、自宅で見取死)は問題外で
(夫婦が1年も経たず、連続自宅で自然死も問題にされそう)翌日発見された孤独死
腐敗で問題? 事故死は?
自殺、事件はNG、基準は何処なのでしょうか。
名無しさん
事故物件といわく付物件とは違う。
問題が有るのはいわく付物件。
各地にあるいわく付物件は何故か分からないが、不思議事が次々起こる。
名無しさん
確率というのはきれいに分散するものではない。
サイコロでいうと同じ目が続いたり続かなかったり予測できない。
だから事故が同じ場所で続いても不思議ではない。
名無しさん
知人が6年前に引っ越した先がたまたま大島てる物件でした。引っ越してすぐ会社の人がサイト見て発見。いわゆる心理的瑕疵?腐乱死体と書いてありましたが、部屋まではわからないし未だに住んでますが私も何度も泊まってるけど全く何もない。(本人はどこでも結構金縛りにあうからわからず)
アパート自体は2階建てで各部屋ロフト付きですが、これが影響してるのか元は3階建てだったみたい。
知らなくていい事もあるけど、知人はもうネタにして開き直ってました。


名無しさん
霊的知識が欠落している現代の日本人。
左翼思想の人達を指をさして嘲笑うのに、自分も同じ敷物の上に立っていることをまるで理解していないのが、悲しい事です。
物質しかありえないという固い信仰にも似た信念には、頭が下がる思いです。
どんなにハード(建物)を調べてもわからないです。ソフト(霊、念)によって良くも悪くもなるのです。しかし、こればかりは、当の本人が何度も同じ痛い目に合わない限りは、決して受け入れようとしない人が多くて残念な限りです。まがい物が沢山混じってるからと言って、無視するにはリスクがあり過ぎるのです。
名無しさん
批判的な人の意見も分かるけど、批判的な人だって事故物件買ったり、借りるの嫌でしょ。嫌だから知りたいと思うでしょ。そしたらこういうサイト活用するよね。
名無しさん
霊によって思いや主張は違うだろうが、自殺者と戦争の犠牲者を一緒くたにするのは何か乱暴な気がするな。ただ生者が憎い悪霊とは違って大事なことを伝えているような気もするんだよな。
名無しさん
うちの近所の人は真夏に孤独死して、発見も遅れたけど大島てるには載ってません。載ってない物件もたくさんあると思いますので載ってないから安心とはいかないと思います。
名無しさん
数年前の年末に、東京下町の著名神宮にて、跡取である姉弟間の怨恨で、惨殺事件があった。犯人である弟は「死後怨霊となる」と遺したそうだが、何故か大島てるには掲載されていない。大島てるも、怪しいと思う。
名無しさん
告知義務の範疇なのか微妙な事案。
裁判やってほしかったな
子供の死との因果関係はないと思うのだが。。。


名無しさん
本当に関係があるのか分からないが、もしあればこれを取り除けるように考えて欲しい。先祖から続くものを大事にしたいからね。
名無しさん
借りる側は楽しく幸せな暮らしがおくれるように住居を選ぶ。
もしその住居や土地にいわくがある事故物件なら知る権利はあるだろ。
いわくがあるのを知らされず、事故物件に住み病気や命に関わることがおきたら責任とれるのか?
私は大島てるを賞賛しています。
名無しさん
他人事だから興味津々で覗けるサイト。でもマンションオーナーとしてはたまらないよね。事件や事故を起こされたら本当に大変だと思う。お金もかかるし、少しでも噂が消えてほしいと願っているはず。
大島てるは、もっと淡々と情報を集めてる人かと思ってたら、人の不幸をこんなふうにホラー小説風に書き立てる人なんだと知って、ちょっと嫌になったなぁ。
名無しさん
犯罪者居住状況サイトがあれば参考になるかも。
犯罪を繰り返す者にも人権はありますが再犯被害を防ぐのも大切ですよね。
名無しさん
家を買うとなると、、こういう情報はありがたいけどね。
名無しさん
大島てる氏は素晴らしい。賃貸や分譲マンション購入時参考にする者は多い。不動産業者が隠蔽したり正しい情報開示しないから悪いのであり、大島てる氏を叩くのはお門違い。
不正に立ち向かう有益な情報提供に、日々感謝している


名無しさん
オーナー側にしてみれば迷惑なのは間違いないよね。
それで噂広がって尾ひれがついて借りてつかなかったらとんでもない損失になるし。
告知義務とかから義務感でやってるのかもしれないけど、無許可でやってるうえに、損失を保証してるわけでもないんだろうし、オーナーにとってはデメリットしかないもんな。
たしかに借り手側は助かるだろうけどなぁ・・・。
名無しさん
事故物件で何か出るお部屋の場合、影響を受ける人と受けない人がいる。大島てるさんのおかげで、予め避けたい人は避ける事ができる。
東京の某所に退魔専門の神社があって、そこでバイトしてた時に住まない方がいい地域をたくさん教えてもらった。
家もそうだけど土地もいろいろあるので、弱い人は要注意ですね。
みにくいブタ
この記事の子供の突然死ですが、乳幼児突然死症候群など明確な原因が特定できないものも実際あります。が、何よりそこを聖地などと呼び、記事に晒してただでさえ悲しみにくれる親御さんをさらに苦しめてますよね。
火災で亡くなってしまったり、病気で孤独死してても晒されている方がいる様ですね。
人はいつかは死ぬんですよ、人の死を何だと思っているのでしょうか?
名無しさん
怖い体験ではないけど、久しぶりに帰省した実家で前触れもなく高校時代大好きだった人の夢を見て目覚めたときぼーっとびっくりしながらふと掛け布団をみたら高校生の時に使ってた布団で寝ていたことに気づいた。私が寝ている間に母が寒そうだからともう一枚押し入れから出して掛けてくれた布団だったがあの頃の想いが布団に染むついているのかと思った。学生の頃の片思いの念でも布団にくっついてる(?)のに死人の怨みや悔いの思いはもっと強いんじゃないかと思ったよ。
名無しさん
いつまでも掲載するのは問題だと思う。不確かな情報もあるし。駐車場での件なんてやってることは嫌がらせ。
自殺に、こどもの心肺停止なんてなんの関係もないし不思議でもなんでもない。
この人不幸な最期を迎えそう。
名無しさん
掲載はどうやってるんだろうか?
あれから一年、災害で多数の人が亡くなった地域に炎のマークが無い、あそこの家は大丈夫だったんだろうか?情報が欲しくて大島てる検索してみたらほとんど事故物件のない平和な地域になってます、災害死はノーカウント?
殺人事件の現場は数日で炎マークがあった


しんたほ
こんなホラー仕立てのトークにしているの、初めて見た。こういうのはイカンのと違うかね。
名無しさん
なんか矛盾を感じます
告知義務は半永久的にあるのでしょうか?
このサイトはずっと掲載されてますよね。
あと、私の自宅周辺であった
自殺や殺人事件の物件や土地は全く掲載されてません。把握されたら掲載、把握できなきゃ不掲載ではサイトの主旨に反するし不公平ですよね?
名無しさん
火災で搬送され病院で数週間後に亡くなられた事案など告知義務に含まれないような案件も掲載しています。ネット掲載には法的規制あれば良いと思います。
一般市民
地方の歴史のある小学校など敷地の広い元地は墓地が含まれているはず。
自分の小学校もそうだったし、カルト界では有名な小学校だし、じぶんもこの目で有り得ない集合写真を見た。それは今でも忘れられない。何年何組、撮影写真屋も証言できる。
もちろん、その組だけ後に撮り直し。
名無しさん
たしかに気味が悪いと思うけど、戦国時代の鎌倉、京都、第二次世界大戦の主要都市。
考えたらきりがない。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

初めて大島てる氏の顔を見ました。

事故物件の情報提供サイト。
賛否あるかと思います。

新生活や転勤・転職などをきっかけに引っ越しをされる方は、部屋の間取りが自分の希望通りで、立地が良く家賃も安いとなれば「事故物件だったりして…」と頭をよぎるでしょう。
中古物件を購入される方もそうですね。
そういう方々の不安を取り除くと言った意味で、事故物件サイトは有益だとは思います。

しかし、非常に困るのはマンションやアパートや駐車場のオーナーさん。
また、自宅や親類宅が載っていた際には困るどころの話じゃなくなる。

毒にも薬にもなるサイトだと思います。

個人的には、写真まで載せる必要があるのかなと疑問です。
分かりやすいのは確かですが、ちょっとやりすぎなんじゃんないだろうか。一個人がそこまで踏み込んでいい問題なんだろうか。と考える。

あとは、ネットの声。

みなさんの声が全てを物語っているでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オカルト系の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント