事故で脳挫傷を負った作者の衝撃体験描いた実話漫画「交通事故で頭を強打したらどうなるか?」が壮絶と話題

スポンサーリンク
スポンサーリンク


突然の事故で“普通の生活”から切り離される絶望、「私」ではない意識に体を動かされる奇妙な感覚、日常を取り戻した先に待つさらなる壁……。

事故で脳挫傷を負った作者によるノンフィクション漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』(KADOKAWA/著・大和ハジメ)が3月30日に発売されました。作者自身の強烈な体験を元につづられた同作は、人間という生き物がいかに脆く、そして強いかを教えてくれます。

スポンサーリンク

ノンフィクション漫画『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』ストーリー

作者の大和ハジメさんは、19歳でトラックにはねられ意識不明の重体に陥りました。奇跡的に病院で意識を取り戻した作者ですが、家族の話とおぼろげな記憶を照合するうちに奇妙な感覚に陥ります。「私は“私”でない時も動いていた?」

物語の前半では、作者が“19歳の意識”を取り戻すまでのエピソードが家族の視点から描かれます。事故から目覚めた当初、作者の精神は子供時代まで退行していました。幼児のように本能的に行動し、意識や記憶は喪失している。家族は動き回る作者に喜びながらも、言いようのない不安に苛まれていきます。

その後はっきりと意識が回復した作者は、事故にあう以前の“普通の生活”に戻ろうとします。ですが大学に戻った作者を待っていたのは、さらなる絶望でした。脳障害の影響で授業に全くついていけないのです。日本語を話しているはずの教授の言葉が理解できない。「ああーーこの世界は“健常者用”にできているのだ」と、作者は自分の置かれた状況をあらためて理解します。

それでも作者は立ち直り、必死の努力で大学を卒業。社会人として「とある目標」を叶えるために邁進していきます。最後には表題である「交通事故で頭を強打したらどうなるか?」という問いに対し、ひとつの答えを見出すのでした。



勇気が湧く不思議な読後感

作者はあとがきで「事故のことはずっと考えないようにしていた。記憶にフタをし、目の前のことだけを考えて生きてきた」「そう、私は逃げてばかりだ。創作を始めた理由だって、そうしないと自分が潰れてしまうからにすぎない」と語っています。ですが事故にあったばかりの作者が幼児退行で心を守ったように、「逃走」もまた生命を守るため備わった機能にほかなりません。

交通事故により一瞬で人生を狂わされてしまう脆い肉体と、それでも営みを取り戻そうとするしなやかな精神。『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』には、生物としての「人間」が抱える根源的な強さと弱さが描かれています。「もしも自分や、自分の大切な人が事故にあったら」と薄ら寒くなり、「どんな不幸に見舞われても何とかなるのかもしれない」と勇気が湧いてくる。そんな不思議な読後感が味わえる漫画です。

国内最大級60万冊の品揃え!ソニーの電子書籍ストア【Reader Store】
初めてご利用の方にもれなく最大90%OFFクーポンをプレゼント!


参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000005-it_nlab-life

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
私の家族もこの作者くらいの年齢のとき事故に遭い、脳を打って意識不明の重体から復活した。作者みたいに当初は子供っぽくなって小学生のドリルからやり直して徐々に回復、普通に就職出来た。運よく後遺症ないみたいだけど、事故前より性格穏やかになったような。
名無しさん
創作活動や表現活動も「それをし続けなければいられない」的なところがそもそもはあるらしい。
だから、彼らが勝ち組とか幸せなる者とは限らない。苦しんだり、いろいろ破綻寸前だったりしてるからこそ産み出てくるわけだからして・・。漱石とか草間弥生さんとか見てるとね。
でもそこから出てくる上澄みというかダシというかを味わえる我々はありがたい・・が。
猫太郎
意識がないときに何か口走っていたとしたら怖いなあ。
名無しさん
19歳の時、バイクで普通車と正面衝突。5日間の意識不明、頭蓋骨骨折、顔面顔面陥没を経験しました。共に手術は、成功し顔も全くわからない程に、事故を経験してから味、匂いが2年程無かった。生活行動は普段と余り変わら無かったが耳鳴りや声の様なものがたまに聞こえていた覚えがあります。それと夢を見ると必ず寝ている自分を足元から見ていた夢をかなり多く見た記憶があります。後、雑な所が直りましたね。後遺症は、何故か雨が降るときに頭痛がします。それと、何度か凄い事故に巻き込まれましたが死にませんね。作者の方同じような事故に遭遇された方、生きる、死なないで良かったと手を合わせ感謝します。
名無しさん
同級生が小学生の時にダンプカーに轢かれ、意識不明の重体から復活を遂げたんですが、その後みるみる成績が上がり、のちに地元でも有数の進学校に入りました。
もともと成績で目立ってた印象は無かったんですけど。
あれは覚醒だったのでしょうかね??
名無しさん
脳梗塞で意識不明になった叔母もこんな感じだった。1ヶ月くらい意識不明だったけど、その間も起きてる時と寝てる時があって、寝返りしたり寝言言ったりしてて意識不明のイメージが変わった。
話が出来るようになっても初めは自分の幼い頃のことしか覚えていなかったようで、自分の母親が亡くなっていることも忘れていたから知らされた時はかなり落ち込んだらしい。
それから10年以上経った今は、普通の日常生活は送れているが、感情の起伏が激しく子どものようになった。
脳って本当に不思議…。


名無しさん
交通事故にはあってないが不慮の事故で昏睡状態から復帰したら自分が自分じゃなくなっていた
親も他人みたいで
皆んなが自分を変だと言う
自分を演じて生きる事が辛かったから県外に出た
人生って一度狂ったら結構大変だよね。
名無しさん
大学時代に頭部を何針か縫うことになった事故にあったが、間違いなく頭部をぶつけてからそれまでできていたことができないって感じたことは度々あった。幸い生活するのに支障はないレベルだったけど、趣味が今まで通りできなくなり苦痛になって、やめた。あと怪我した時しばらくどこかぼうっと第三者みたいに傍観した気分だった記憶。なんか自分でない自分が動いてるのをどこかでみてるような。頭打つとよくあることなんだね、知らなかったから知れてホッとした。
名無しさん
最初は作者目線で読んでいましたが、お母様が聴覚はあるらしいから、と歌を歌われた場面から作者のお母様目線に変わりました
我が子がこのような状態になったら母親としてどう捉え接していくかを考えながら読み、すっかりお母様に感情移入してしまいました
その後も読んでみたいと思います
名無しさん
うちの夫は小学生の時に自転車に乗っていてトラックに跳ねられて2週間意識不明だったそうで、脳がズレて血管がねじれて切れなかったから生きている。
後遺症としては知的には偏差値70超の人だけど、時々我慢できなくなってキレる。
「脳が疲弊した」という表現をするので、夫のための賃貸物件を借りて、我慢ができない時はそちらで過ごせるようにしている。
そこで無音で無干渉で脳を休めている。
夫は人体について専門家なので、自分の状態は把握しているようだが、症状がひどくなったのは40半ばから。
何十年後に出る後遺症もあると理解しているが、出会った頃の夫とは別人のこともある。
交通事故は生活の質を低下させる。
名無しさん
この下手系の絵が恐さ増していいね。
読み入ってしまった。
名無しさん
脳って、不思議だな。それと同時に怖いね。「物理的」に壊れると真面なのに真面じゃなくなるって感じになるのか。脳の主だった部分が損傷すると、脳の「他の部分」が補助的に働き始めて、脊髄反射?みたいな行動をとれる様になるのかな? 脳の「使われてない部分」って、この為にあったりして。そこにうっすらと記憶もされてたりして。
当たり前のようにやってきた事に違和感や疑問を感じて、今まで見えなかった別の切り口とも言えるような方向が見え始めて、そこから物事を考えてるようにも思えるな~。これを「目覚めた」って言うのか?・・・な。話が噛みあわないっていうのが、ちょっと不気味だな。


名無しさん
学生時代に自転車事故をして脳しんとうと全身打撲で入院。車とぶつかったあとに、自力で立とうとしたらブラックアウトして倒れたが、暗闇の奥に吸い込まれるような感覚が恐ろしかった…。意識障害とかはなかったが、退院してから全てのものの見え方が変に新鮮に感じて、家の周辺を何周もして確認してました。その後に特に変わったことはないですが、雨の日に頭痛や部分的な麻痺のようなものがでますね。知らないうちに何か変わった感覚とか身に付いてたりしてたのかな?
名無しさん
40代の終わり頃、居酒屋を出て歩き始めた所、突然視界が黒くなり気が付いたら救急車の中という事がありました。
一緒に飲んでた人の話だと突然棒が倒れるように無防備な体勢で倒れてパコンという音を立て後頭部を強打して動かなくなったそうです。
医者いわく座敷席であぐらをかいて飲んでいると立ち上がった時の急激な血圧低下で意識がなくなる症状で、意識が戻っても頭を打っているとそのまま死んじゃう人も多いとの事。
病院に搬送されてナースセンター横のICUに寝かされ家族も呼ばれちゃって「大げさな」と思いつつ自分の心電図などのモニター画面を見ているのは妙な気分でした。
次の日に精密検査した所、クモ膜下出血と、後頭部を打ったのになぜか前頭葉の脳挫傷で思ったより重症でしたが意識も記憶もはっきりしていて、寛解後に脳のチェックのため受けた国家資格が20代で受からなかったのに合格したりして脳は本当に不思議な器官です。
何と言うべきか
底辺企業のうちの会社に何人か交通事故で頭をクラッシュした人が来たが、後遺症が残らずに回復した人は神様に感謝しなければいけないのだなとマジで思った。
ボトルビン
この作品は、数少ない被験した方でなければ語れない貴重な作品。健常者は社会復帰してくれば自分たちと同じものだと思い理解しない。後遺症の事など考えないのが多いのでこのような作品が世に知れ渡る事で、いろんな後遺症に苦しむ・社会復帰に頑張っている方が多い事が伝わって欲しい。
名無しさん
随分前に読んだことあります。
本になったんですね。
まさに、知らない世界でした。よく漫画にしてくれたなって感じです。
名無しさん
脳卒中したからなんとなくわかる。脳へのダメージはときに失うだけじゃなく、得てしまう人がいるらしい。


名無しさん
20数年前にバイクで事故を起こし、脳挫傷?で1週間意識不明になって、目覚めてから自分の名前が書けなかった時は、重症だなと思った。
それからは作詞作曲したり墨彩画など創作が止まりません。
名無しさん
お父さん、頼もしい!
ご本人は、まだまだ大変でしょうが、新しい自分を受け止められますように。
shin_godzilla4
交通事故でどんな目に会おうとも、生きてるだけで良かったと思うなぁ(*´ω`*)
飯塚幸三や大津のおばさんに轢き殺された人々は、本当にかわいそう。。。
名無しさん
体が疲れてる時や体調が悪い時とかに、脳は起きてるのに体だけ寝てて、自分のイビキを聞きながらベッドに横になってる事が時々あるけど、それの逆バージョンみたいなもんかな
運転中に右足が自分で判断して勝手にブレーキ踏んでくれるのは助かってるけど、トイレ以外の用事で無闇に動き回られるのは困るな
名無しさん
知人は事故にあって意識不明になり、そこから三ヶ月間の記憶がないと言っていたな。
その三ヶ月間、普通に話したりしてたのに。
きっとこのマンガでい言うところの「脳が目覚めた」前のことを、この人とは違って全て忘れちゃったってことだよね。
名無しさん
脳症になったうちの子の様子とほとんど同じだった。まだ幼かったので、その時のことにはなるべく触れないようにしてるが、覚えてないみたい。


元兵庫県民
何より漫画の絵が怖い…
名無しさん
自分も事故ってはいないのに、意識が無いときに意図せず何か口走ったり、奇声をあげたりします。睡眠中ですが。
会社で昼寝してるときは注意せねば・・
名無しさん
脳のダメージから復活して、特殊な能力が開花するパターンも聞くね
人間の脳の機能はほんの一部しか解明されてないと聞くけど、驚くような能力をみんな持ってるのかな
名無しさん
これ昔、新都社で連載してたまんがだよね
まさか書籍化してるとは……
名無しさん
高校時代の友人で元々おっとりしてて
ぼーっとしてる感じで
そんなに頭良くなかったのに
鉄棒から落ちて頭打って一瞬記憶が飛んでた
その後学年で1~2を争う秀才になった
名無しさん
私は交通事故にあったわけではないのに、日本語を話しているはずの教授の言葉が理解できなかったです。


名無しさん
うちの亡くなった父は脳にガン転移。
子供アニメをみて、幼児のような言葉遣いに。
しかし、
放射線治療受けたら
元どおりに。
幼児になったことは、全く覚えておらず。
幼児の父も可愛くて好きでした。
生きていてくれるのが
一番嬉しい
名無しさん
記事を読んだだけで頭を強打した感覚に襲われました。ここまでになるような打撃だと痛いなんてものじゃないんだろうな……。
名無しさん
バイクで事故して頭を強打した、ヘルメットがあっても1週間の記憶が飛んだな〜
名無しさん
脳って本当すごいな。
(*´▽`*)
ある種の無意識下で行う行動…
怖い
名無しさん
頭を打って、成績が上がったというコメント多いですね。なにか、理解能力が上がったんでしょうか。
私は、頭打ってもないですが
得意中の得意な、パズルゲームがある日突然
できなくなった、やり方がわからなくなって
超初歩的なとこから、進めなくなった
なぜかは、わからないんだけど


名無しさん
仙台のとある議員も、頭を打ってから頭が良くなり議員になれたという噂がある。。。
ᏧäᏆᏬ
続きが読みたい!
toku3kujo
うちの近所のおっさんなんか、事故で頭打ったら宇宙語を話せるようになったんだぞ。すごいだろう!!
kxkurxlb
このマンガすげぇ。面白そう。見つけたら買うわ。海外の脳科学者や脳外科医にすごく薦めたい。これは貴重な作品だ。フェイスブックででも捨てアカウント作って広めよう。
名無しさん
私も交通事故で脳挫傷しましたが、手足は軽症で済みました。
骨折もしてません。
よく見たらあまりにも壮絶な体験をなさってるのですね…
名無しさん
強打したといっても、千差万別。
「こーなるよ」と思わせてはいけません。


名無しさん
脳ってすごいな…
名無しさん
交通事故の後遺症はどこかで必ずあるんでしょうね
名無しさん
作者のHPで読んだけど絵がかなり下手で恐ろしかった。
元々なのか、分からないけどかなり怖い。
話はなかなか良かったけど。
人生エロ目線
状況が全く違うけど、ウチの身内が術後肺血栓で意識不明になった時、HCUで看護師さんの呼び方だけには目を開けたんだけど、この男の人みたいにアベコベな目をしてたな
俺も聴覚は死ぬまで正常だとか聞いてたから、いる間はずっと話しかけてたけど、意識が回復した時に何か聞こえてたか?って尋ねたら、なんにも聞こえてない!って言われたわ
倒れたことすら覚えてなかった
名無しさん
全身麻酔の手術をして目覚めた時「怖いよぉ、怖いよぉ、怖いよぉ」って自分が言ってることに気が付いた時のことを思い出しました。意識は戻ってない、けどしゃべってて、看護師さんに「怖くないわよー、もう終わりましたよ」と言われたのに「だって怖いんだもん」(←幼児退行?)と答えていたのをおぼろげに覚えています。変な感じでした。
名無しさん
脳って不思議だ…


名無しさん
買う
名無しさん
脳は永遠のミステリー。
edy
絵が…
名無しさん
たしかにこの漫画の日本語がすでにおかしいもんね
名無しさん
読んだ
名無しさん
体験も絵も凄いな


名無しさん
私の伴侶はトラックにはねられ前頭葉が崩れて嗅覚を失い焦げ臭い匂いも分からなくなったから私が一緒に居ない時は不安になる
群馬の誇り、井森美幸命
何かを信じても、愛しても、それは自分を守る為に過ぎないから自分を守る気が無くなって初めて真の博愛が生まれるのである。
信じれば救われるのは自分であって世界ではない。
それを堂々と語りながら布教活動しているっておかしな話だ。
神がもしそれを許すならそれは神ではなく自分自身だろう。
あなたの脳で見ているこの世界はあなただけの世界で、本当の世界はそんな形をしていないんだ。
明日隅田川に来ればその姿が見える。
素振りをする素振り
記憶なくすまで飲むやつはこれの疑似体験してるだろ
名無しさん
「冬のソナタ」のヨン様も、頭を強打して盲目になってたね。
名無しさん
興味深い
名無しさん
頭は打たなかったのだが、背中を地面に強打して、それ以来、左の背中が重たい。
特に雨降り前は強烈に背中が凝る。
一生続くから、かなわん。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

「どうしよう、脳が目覚めた」という表現も凄いですが、皆さんの体験談も凄いですね。

全員に当て嵌まることじゃありませんが、頭を強打し、何かを失う代わりに不思議なものを得るケースがある。
自分であって自分じゃない。

自分じゃない時も自分は動いていた・・・。

実に不思議です。
自分が実際に体験するか、こういった実体験をもとに知るしかない。

脳挫傷なんて真っ平ごめんですが。

脳の不思議。
それを実際に体験していたいという奇妙な好奇心が無いと言ったら嘘になりますが、命あっての物種。

限りなく非現実的ですが、ジョジョのスタンド能力のような力が手に入るかもしれない。
・・・漫画の読みすぎですね。

この作品も漫画ですけど。

交通事故で頭を強打したらどうなるか?

国内最大級60万冊の品揃え!ソニーの電子書籍ストア【Reader Store】
初めてご利用の方にもれなく最大90%OFFクーポンをプレゼント!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント