キティちゃんのオーパーツ?縄文時代の遺跡から発見された「ネコ型土製品」その正体は…

スポンサーリンク
スポンサーリンク


福島県立博物館に展示されている、とある縄文時代の土製品が話題になっています。
ずんぐりフォルムに小さなとんがりが2つ付いているのですが、みなさん何に見えますか?
現代でも通用しそうな、猫ちゃんグッズみたいに見えませんか?
さすが昔の人たち…素敵なセンスをお持ちです!

ただ、実際のところ詳細はよく分かっていないようなのです…。

福島県立博物館で11月17日まで開かれている企画展「あにまるず ANIMAL × Zoo ―どうぶつの考古学―」で展示されている、「ネコ型土製品」です。郡山市内にある縄文時代の遺跡から発掘されたもので、大きさは横5~6センチ程度と、手のひらにも乗せてしみじみ見つめて楽しめるスケール感です。目鼻はなく、いたってシンプルな造形ですが、逆にモダンな印象も感じさせますね。こんな雑貨がセレクトショップに並んでいても、ぜんぜん不思議じゃないかも…といった雰囲気です。

しかし、こんなもの、いったい何に使っていたのでしょうかね…? 福島県立博物館に聞きました。

―現代でも通用しそうなデザインで驚きます。この土蔵品は何に使われていたのでしょうか。

「実はよく分からないんです。現代の感覚でいえば、ネコのかたちに似ているので『ネコ型土製品』と名付けていますが、本当のところは、ネコなのかどうかさえもよくわからないんです」

―ええっ…。そうなんですね。

「現在のペットとして飼われているネコは『イエネコ』という種類ですが、日本に来たのは弥生時代になってからと言われています。この土製品は縄文時代の遺跡で発見されているので、数千年ほど時代のずれがあるんです」

―それでは何をモチーフにこんな造形を…。

「イエネコとは違って、現代では絶滅しているのですが『ヤマネコ』という種類のネコは縄文時代からいたようです。ただ、ヤマネコをかたどったのかといわれると、本当のところはわかりません」

「考古学というと難しいイメージがあるので、動物という切り口でやさしく紹介したかった」という同展。縄文時代から古墳時代の動物造形品など約200点が展示されています。ほかにもクマ型の土器や、頭に小鳥をのせた盾持ちのはにわ人など、古代人と動物との関係をうかがい知ることができる考古資料がいっぱいです。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-11001536-maidonans-life

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
我々は太鼓の昔からキティーちゃんを崇めるDNAを持ちあわせていたらしいw
名無しさん
ネコかどうかは不明とのことですが、縄文時代の人もネコはかわいいと思ってたならロマンチックですね
名無しさん
よく見たら、口の所が✕になってますね
キティちゃん?オーパーツですね
名無しさん
ねこだぁ!と思ったけど。しかし、猫が日本に入ってきたのは、ずぅ―っと後のことだょね。にしてもさ、縄文時代の人は、現代人を超えるセンスを持っていたね。その頃の生活を知りたいと思う。矢張り埴輪の職人がゐたのだろうか。
縄文時代にはデザインに優れた焼き物が多いが、弥生時代には実用的な焼き物が多いように思えるのは、自分の知識が乏しいからだろうか。
どう考えても、縄文時代よりも、弥生時代が古いと思えてしまう。
とは言え、時代測定技術や機器が進化していることからすれば、縄文時代の方がより古いのだろうね。縄文と弥生の間には、大きな隔絶があると思えて仕方がない。間をつなぐ時代が何処かに隠れてはしないだろうか。
名無しさん
土器を作っているお父さんかお母さんが余った粘土で子供のおもちゃを作ったのかも知れないと思った。愛情を感じます。


名無しさん
どう見ても猫ですやん
名無しさん
神のモチーフを下僕が作ったに違いない。
名無しさん
明らかに今までの縄文とは感覚が違う!
フェイクだと本気で思ったくらいです。
これからも、こういうのが発掘されて欲しい!
重要展示品が結構撮影可なんで(ダメな物もあり)機会がある方はぜひ!
名無しさん
何かの一部が剥がれて磨耗したようにも見えますが、そうとしても奇跡的な可愛さですね。
アニミズムの時代なので、山猫を神格化して型どったのかもしれませんし。
何にせよ作った人はセンスありです。
名無しさん
毎日を生きるのに精一杯で『娯楽』なんて概念もきっと無かった時代。
そんな時代の人が『必要』と思って一生懸命土をこねて造ったのがこのネコちゃんだった……
そう考えたら頬が緩んでしまった(笑)
名無しさん
縄文時代は人と神が地上で共に暮らした最後の時代。
これは神の現身の埴輪なのだ….


名無しさん
縄文時代にイエネコはまだいないという話はさておき、これが猫だったとしたら、縄文人も猫の可愛さに悶えたのかと思うと…(^ω^)
名無しさん
ねこがまだ飼い猫になってなかった時代だとすると、ねこは結構まだ激しい性格を人間に見せた頃じゃないかなあ。ねこと関わったり、ヨシヨシ出来なくても、ねこ好きな人がいたのかな。
名無しさん
古代から地球を支配していたのは、ニャンコでございます。人間は使用人です。
名無しさん
この時代いた猫はオオヤマネコだったらしい
名無しさん
その「猫の肉球跡付き器」の写真も見てみたいな。
名無しさん
逆さまで、女性のヒップと脚かもよ


名無しさん
むささび埴輪が見たいよう!
名無しさん
鬼かも…
ネコにしか見えないけど
鬼?
縄文時代に鬼って概念あったのかな。
名無しさん
はるか昔の人に親近感湧きます。
名無しさん
猫がツメをとぎ、縄目文様はほつれ取られてしまった…
名無しさん
いろいろしてたら、この形になってしまったとしても、現在生きてる私たちの話題になってると知ったら、喜んでくれるかな?
名無しさん
こどものおもちゃではなかろうか


名無しさん
ほしい。この博物館で、グッズとしてレプリカ売ってたりするんだろうか。
名無しさん
紛うことなき「ネコ」。どんな人が作ったんでしょうね。
名無しさん
いつの時代も遊び心旺盛な人はいるものだ
名無しさん
ねこはじだいをこえます。よろしくおねがいします。
名無しさん
その時代にはネコはいなかったと言っている
名無しさん
きっと縄文時代の女の子の作品だろう。


名無しさん
本当に猫の何かだったら、今も昔も愛でる物は同じなんだと、なんだかロマンチックな話ですね。
名無しさん
ネコの世界にも縄文時代があったんだな
名無しさん
鬼かもしれない
名無しさん
思った以上に猫だったし、思った以上に可愛いフォルム
名無しさん
これ参考にキティの土鈴ストラップが商品化されそう。
名無しさん
猫の形だけでもかわいいい!
猫好きにはたまらない。


名無しさん
普通にハピンズとかブルーブルーエとかで売ってそうなネコ雑貨みたいで可愛い♪
名無しさん
発掘場所に取れた様なリボン型の物はなかったのですか?
名無しさん
そもそもこういう物自体、ほぼ推測と想像だけの物
名無しさん
昔の人も猫好きな人がいたんですかね?
名無しさん
ゆるキャワなムササビの土偶も出てきたし、猫ちゃんの顔に決まってる!
名無しさん
100%ネコちゃんでしよう!


名無しさん
ショーケースにポツンと置かれた画像
哀愁帯びててなんか可愛い…
名無しさん
この型はねこちゃんだ!
間違いにゃい!(ΦωΦ)
名無しさん
捏造なんじゃない?と思わなくもない
名無しさん
口がバツ印になっている猫って、ムスティー?
名無しさん
見た瞬間、Eテレで放送された「ねこねこ日本史の縄文時代の回」が頭にパッと浮かんだ…
名無しさん
猫以外に見えないにゃー


名無しさん
形はボンくん!新しい旅本まだかな…
名無しさん
招き猫として。
資産運用。
名無しさん
キティさんのご先祖様だな
尊い
名無しさん
乳首が2つあるおっぱいではないかな
名無しさん
このシルエット。
顔を描きたくなってくろ。
名無しさん
上下逆にしたら、引っこ抜けた歯の形じゃないか!
なんて、穿った見方しながら、目や口らしきものが見えるような見えないような。。。作った人にごめんなさい


名無しさん
目を細めて眺めるとなんとなく鼻と口、左目が浮かびあがって見える様な気がします。まさか本当に?。笑。
名無しさん
これにリボンをつけたらキティみたい。
何かしら動物に癒しを求めていたのかもしれません。
名無しさん
手に収まるサイズだから首や足裏のツボ押しかもしれない
名無しさん
ネコ型おたま置きか箸置き。
またはネコ型ツボ押器。
名無しさん
日本人のフィギュア好きは縄文時代からのDNAなのか?
名無しさん
トトロ!


名無しさん
イタチとかオコジョにも見えなくはないなぁ。それかヤマネコを手懐けようとした人がいたのか。なんにせよ、大昔から動物好きな人がいたんだと思って想像すると楽しい。
名無しさん
ニャァァァァァン!
名無しさん
トロ!!
縄文時代でもいっしょ。
名無しさん
目潰しの武器かもしれん。
シラケさせてゴメンネ。
名無しさん
キティちゃん土器?
名無しさん
ごめんなさい。
ブリブリザエモンかと思いました


名無しさん
ツボを押す器具ですね♪
名無しさん
縄文人 開眼!
攻めてる近代アートの始まり!!
名無しさん
ブリブリざえもん!
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

「本当のところはわかりません」

わからないのかよっ!
と、ツッコミを入れたくなったのは僕だけでしょうか。

贔屓目に見ても、というかどう見ても猫ちゃんにしか見えないのですが・・・。
簡素な造りなので決定打に欠けるんですかね。

ネットの声にあるように、確かによく見ると口元にバッテンがあるように見えます。
キティちゃんにも見えますよ。

大の大人が真剣に作ったものとは思えないので、子供の作品だと推測します。
いや・・・僕が真剣に作ったらこの程度のクオリティのものしか作れない。

「で…出来た」とドヤ顔するかもしれない。

本当のところはよくわかりません。

皆さんはどう思いますか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント