【素朴な疑問】男性用の経口避妊薬、ピル的なものは何でないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


男性側が飲むピルがあってもいいのに、なんで?

避妊のためだけではないとしても、ピルを飲んでいる女性はたくさんいると思うんですが、なんで男性用の避妊薬って見かけないんでしょう?
科学者たちが男性用の避妊薬を開発中なんて話もたまに聞いたりしますが、結局のところ、いまだに見たことがない。

スポンサーリンク

男性用経口避妊薬は何故ないのか?各専門家の見解

一体なにが障害となっているんでしょうか。
まだまだ研究が必要なのか、資金の問題なのか、はたまた社会との関わり?科学?それともペニスと睾丸の中身の問題?
もう、こうなったら専門家に聞いてみましょう。

Lisa Campo-Engelsteinアルデン・マーチバイオエシックス研究所准教授、オールバニー・メディカル大学産婦人科准教授

これについては科学の問題だと言う人が多いですね。何百万もの精子をコントロールするのは、ひとつの卵子よりずっと難しいです。でもそれだけではなくて、他の要因もあると思っています。性役割が大きく影響しているのではないかと。簡単に言うと、私たちは生殖と女性を結びつけ、生殖関係はすべて女性の問題と思いがちです。そういう考えを持っていると男性の生殖について無視してしまうのです。

多くの人は男性の生殖を研究する「男性学」という分野を聞いたことがないと思います。この分野は医学学校でもあまり教えられていません。もし学生がこれを学んでいない場合、もちろん男性に対するそういった薬を開発するのは難しいでしょう。女性の避妊ホルモン薬の研究が始まってから50年も経つまで、男性用は研究されてきませんでした。

もうひとつの大きい問題は、薬の開発には医薬品会社の十分な資金が必要となります。研究者も、お金がないと研究ができません。医薬品会社は、男性は避妊薬に興味がなく、女性も、男性が薬をちゃんと飲むかなんて信頼できないということもあり、お金儲けにはならないと考えているのでしょう。でも実際には、これが矛盾しているという実証データを、我々は持っているんです。

男性の避妊法をもっと作ろうと考えている非営利団体The Male Contraceptive Initiativeが最近おこなった、生殖可能年齢にある男性に対して、男性の避妊薬に興味があるかという調査によると、大多数が興味があると答えたそうです。女性が男性を信頼していないという問題については、医薬品会社はカジュアルなセックスの関係と、しっかり付き合っているパートナーとの関係を分けていないようです。もちろん女性は、カジュアルなセックスの相手がちゃんと薬を飲んでいるとは信頼できないですよね。しかしある調査によると98%の女性が、付き合っているパートナーに対しては信頼していると出ています。付き合っているパートナー間で、男性が避妊薬を飲むというのならうまくいくでしょうね。でももう50年も、男性避妊薬がもうすぐできるといいながら、できてないんですよね。



Arthi Thirumalaiワシントン大学医学部助教授

長い間、男性避妊薬の開発におけるチャレンジは、男性が薬を飲むことに興味がない、もしくはしっかり飲むか、あてにならないということでした。しかし調査や研究によると、もうそれは問題ではないようです。男性も、家族計画の責任と役割を請け負うことにしっかりと興味を持っていて、男性避妊薬という概念についても強い興味を示しています。

もうひとつの大きなチャレンジは、医薬産業の資金が十分ではないということです。現在の研究は、大きな研究所か政府の出資によるものです。もうひとつ、ホルモン避妊薬とそうではない方法の区別をすることも大切です。ホルモン剤の場合、男性体内のテストステロンと精子の作られ方を変更することが必須となります。この方法の場合、ホルモンレベルを変更するので、気分の変化、ニキビ、性機能障害などの副作用が問題として起こります。なので、これは男性がどれだけそれを我慢できるかという許容性に関わってきます。

そしてもうひとつの弊害は、ホルモン剤の場合、精子の数を十分に減らさないと避妊薬として役に立ちません。それが大きなチャレンジなんです。容量が多いと悪い副作用が起こり、少なすぎると精子の数が減りません。そしてホルモン剤はプロゲスチンなどと混ぜて注射で投与されてきているので、そうなると何が副作用を起こしているのか確認するのが難しいのです。ホルモン剤以外の避妊方法は、精子の活動を止めたり、放出されないようにするなどですが、どの方法もホルモン剤ほどの信頼性がありません。どれも失敗する率が高くなってしまうのです。



Eli Ippカリフォルニア大学ロサンゼルス校薬学部教授

家族計画に興味のある人たちの間では、長い間男性避妊薬について話されてきています。現在、私たちはアメリカ国立衛生研究所と2つの政府機関がサポートする避妊薬研究の問題に取り組んでいます。

家族計画は、男性と女性がともに共有すべき経験ですし、それぞれの望みに従って貢献するものです。私たちは、家族計画のオプションを広げていきたいと思っています。男性の避妊薬に対する受容性を調査した研究がいくつかあり、男性、女性双方からポジティブな返答が見受けられたことに驚いています。

現在、ホルモン剤の研究をしているのですが、これらは経皮投与もしくは注射、経口剤という形になります。これらのホルモン剤はすべてアンドロゲンと混ぜて投与されます。混合されると精子の数を抑制するのに、より効果的になるのです。現在私たちは世界中で研究をしていて、良い結果が出て、個人が使えるようになることを願っています。



Katrina Kimportカリフォルニア大学サンフランシスコ校助産婦人科、婦人科および生殖科学准教授

男性の避妊方法は、存在します。少なくとも男性の体で避妊をコントロールする、コンドームの着用や精管切除などもあります。しかし、男性も女性もその方法に満足しているとは言えません。のちに子供が欲しい場合、精管切除はできませんし、95%以上の高い確率で避妊をしたいのであれば、コンドームや膣外射精は有効ではありません。確実な方法で高い避妊率を求めるのであれば、女性の体での避妊になります。

でもなぜ、成功率の高い男性の避妊薬がまだないのでしょう。大きな答えとしては、私たちは避妊は女性のやることだと思っている社会にいるということです。女性が病院へいき、避妊の道具を受け取り、それにお金を払い、副作用を経験するという考えがあるからです。お付き合いが真剣になると、女性側が避妊薬を飲むという重荷を背負うのがほとんどです。そのような考えが根付いているため、男性の効果の高い避妊薬の必要性や需要がないと考えられてしまうのです。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000004-giz-sctch

スポンサーリンク

みなさんの声

名無しさん
言葉が悪かったらすみません。
性行為=妊娠、出産というのは、女性にとって、もしかしたら命を落とすかもしれない、人生を左右する一大事。
かたや男性にとっては強烈な快楽はともないますが、小便をひっかけるくらいのこと。
女性は命懸けのことだから、避妊には真剣になるけど、男性は終わってしまえば、痛くもかゆくもないから真剣になれない。ゴメン薬飲むの忘れたわ〜くらいの。
その差ですね。
名無しさん
すぐ生でする女性よりもすぐ生でしようとする男性の方が何倍も多いということに反論する男性はあまりいないでしょう。
でき婚も『もし子供ができたら結婚しよう』などのベッド上の無責任な発言を信じてしまう愚かな女性がいることは確かですが、その責任は女性だけでなく男女どちらにもあります。
名無しさん
ピルは女性にとって、出産以外にも生理をコントロールできたり、利点があるのでここまで広がってる気がする。今後できる男性用避妊薬にも多分副作用以外にも利点があるから、そちらで広まる可能性がある。例えば、ニキビとか性欲過多とか薄毛とか髭が濃すぎるとかに効くなら、使う人もいるんじゃないかな。興味ある人も多いみたいだし、開発には価値あると思うな。
名無しさん
メンタル面で、男は多くの場合行為自体が目的で、後継者などの問題は二次的な物に止まる。
女性の場合は、行為の先、自分の子供を得るかどうかが先に来るのではないかな?
例えば、子作りで、男は行為は欠かせないと考えるだろうが、女性は体外受精でも得られるなら構わないと思わなくはないだろうか?
価値観の性差と言えなくもないだろうが、受胎をどうしたいか問題にしたいのは主に女性側で、それ故に受胎コントロールの鍵を女性側で握られるように成ったのかもね?
ぶっちゃけ、男の性犯罪者には繁殖権用に冷凍精子を確保した後で、パイプカットや去勢=人工排泄器付きの宦官にしても良いと思っている。
男が皆、旺盛な種馬と思われるのは侵害だろう。
名無しさん
女の方が快楽がというのはないと思うね。
最大値はたしかにその通りかもしれないが
みこすり半で果てる男がほとんどだから、自分のペースでいける男の方が全然いいと思うね


名無しさん
快感についての表現が男性にのみなされているのはフェアではない。
名無しさん
一番は男性が避妊薬を本当に飲んだかどうかなんて、目の前で飲んでもらわない限り女性側は確認できないよね。
それが一番なんだと思うけど。
名無しさん
あとは薬の効果の個体差
飲めば男性は生で中でと言うだろう
薬の効果なんか人それぞれ
薬飲んだのに中でしたら妊娠したと男に訴えられるのがイヤなんだろうね
名無しさん
エイズもあるからやっぱりコンドームしないとね
名無しさん
セックスしなきゃいいのに。
子供は欲しくないのにそんなにしたいんだ?
名無しさん
目の前で飲んだとしても、効果が出る前ならば意味はありませんね。
男性用の薬は性欲を無くしたり、勃起不全にさせる薬なので飲んだ後もセックスを求めるなら効果が出ていないことになります。
そもそも鬱病の薬であったり、性犯罪者への刑罰に使用される薬なのでカジュアルなセックスを望む男性が飲むはずありませんから女性が知恵を絞って飲ませなければなりません。


名無しさん
でもなぜ、成功率の高い男性の避妊薬がまだないのでしょう。
薬や手術に副作用が伴うものの、女性は妊娠等の重大なリスクから逃れられる。
男性には副作用があっても、なおこれを上回るメリットがないから。
ということで、今まで男性用の避妊薬は研究途上で、メリットに対する副作用が強すぎるとの理由で中止なっているとネットフリックスのとある番組で言っていて成る程と思った。
名無しさん
確かにどの薬でも副作用はありますが、ピルのリスクは具体的に40歳以上の処方を控えたり、心循環器疾患を抱えている人には処方できなかったり、10代は骨粗鬆症を招いたりと、一定数の禁忌に該当する女性がいます。
私自身服用していましたが、医療機関でのみの処方だったり、定期的な血液検査が必要だったりと、うがい薬のように市販薬で極稀に起こる副反応とは状況が異なります。
現状の男性用経口避妊薬はリスクだらけなのもわかっていますが、そもそもピルと同じほどの時間と研究費を費やして開発されましたか?
現実的に使えないのはあくまでまだ開発段階だからではないですか?
最初に述べた通り、一定数のピルを服用できない女性がいる以上、別の手段として安全に使える男性用避妊薬の開発に力を入れても良いのでは?と思うわけです。
名無しさん
ピルにもメリットばかりではなく、血栓症などの命に関わる重大な副作用もありますよ。
名無しさん
性行為に対する性差からくる意識差があるからかな?
女性は、年齢的に受胎できる期間が短いとされていて、更に月に一度短期間で、行為に対する衝動も男より限られている。
男の場合、行為の先もない所為で、行為自体が目的と成り勝ちだ。
一方で女性は、行為自体は手段であり、目的と成り得るのはその先だ。
器具による避妊以外、薬物でやるなら長期に渡る効果を期待するだろう。
それが、反バイアグラのような使えなくする物なら、多くの男は自尊心を打ち砕かれるので、心理的影響から性犯罪者以外には望ましくない。
一時的に性衝動を抑えるものでも、元に戻らずインポテンツが続くのではと思えば、心理的影響でそうなるおそれも強い。
そういった不信感をより強く感じるだろうから、薬物より器具で済ませばいいと考えるだろうし、それも目的の達成を損なう=快感を得にくいと思えば、必ずしも受胎しないという確率論を持ち出すのだろう。
名無しさん
女性の避妊薬よりも男性の避妊薬の方がリスクがはるかに高いって言ってるじゃん
服用を止めても長期間、副作用が出る事も分かってる
最悪男性の精巣の機能が著しく落ちて子どもが出来なくなる場合もある
また、その確率が高いんだよ


名無しさん
ホルモン剤の場合、精子の数を十分に減らさないと避妊薬として役に立ちません。それが大きなチャレンジなんです。容量が多いと悪い副作用が起こり、少なすぎると精子の数が減りません。そしてホルモン剤はプロゲスチンなどと混ぜて注射で投与されてきているので、そうなると何が副作用を起こしているのか確認するのが難しいのです。
現状では医師処方の(男性の精子数に対応した)ホルモン剤が一番可能性がありそうですね。
劇的な(あるいはコロンブスの卵的手法で)薬効を制御する市販薬は、、、少なくとも今の時点ではファンタジーの世界の話
と思っていたら急に話がトントン拍子に進んで
となってほしい。夢物語なのは百も承知。
名無しさん
ピルリスクは男=女、妊娠リスクは男<女、なの
確かに重大な副作用があるリスクを男女どちらが取るべきか、と言う話に不公平感はあるけど。
名無しさん
生殖機能の回復(要するにコントロール)に関する研究は大きな金の動く、原動力のある分野だとは誰しも理解できると思いますが、それでも精子形成の研究は難しいのが現状です。
そもそも生物の仕組みの差から(妊娠中はあらたに子供はできないことを利用した疑似妊娠薬としてのピルは生物の進化をうまく利用しているが、オスはとにかく妊性を上げる進化ばかりで人にとって都合のいいわかりやすいコントロールはない)薬の作成難易度が段違いであるので、男女の認識の差の問題とは別の議論として扱ったほうが良いのでは。
名無しさん
海外では子供はもういらないという中高年男性はパイプカットをしますよ。
それでも性病は検査しなきゃですが。
いずれにせよ日本より性に関する知識と意識が高いです。
名無しさん
男性の避妊薬の方が効果を出すほどの強さにすると副作用がかなり出るからです
男性にも女性の生理の様なホルモンのサイクルはありますが、女性のように排卵があって~等のような仕組みがないので、薬の仕組みとしても難しい


名無しさん
避妊の方法はいろいろあるが
発想を変えて挿入なしのエッチが基本にするのはどうなんだろう?
十分楽しめるし妊娠しないし
挿入だけが全てでないと思います
お互いが挿入望むならコンドームすればいい
名無しさん
過去の服用経験から。
男性用避妊薬ではなく、メンタルヘルスの、大量に処方された薬を飲んでた時の事。
一人エッチした時、精通感は有れど、射精はしないという、面白い副作用があった。
これ、もっと研究したら、男性用避妊薬に成らないかな?
バイアグラだって、元は、別目的の薬の転用でしょ?
避妊目的に研究して、悪い事は無いとおもうけど。
名無しさん
ドライオーガズムというやつですね。
良ければ具体的に薬の名前と用量をあげていただければ参考になります。
名無しさん
もし薬が完成したとして
彼女のことは大切に思ってるけど子供は作りたくない人が性行為しまくりたいから飲む薬でしょ?
副作用に性機能障害があったら絶対服用したくないだろうな。
名無しさん
男性側は妊娠させたくなければコンドーム使えばいいから必要ないでしょ。
生でHしたい、でも子供はまだ作りたくないっておかしいでしょ。
女性の場合(男性も無いとは言わないが)は犯罪に巻き込まれることもあるから、そのためにも必要だとは思う。
名無しさん
男性避妊薬薬の観点からはそれますが。
現在それなりに有効であるパイプカットを受けにくい土壌(女性の断種避妊手術含め)があるのは、日本は宗教的タブーがないのに結局は国家が子孫繁栄こそ正しいと思っていて、人口を維持する政治しか行わないからでは?少子化は仕方ないので、我が国は今現在の瞬間生きている人が亡くなった時点で閉店しますのでそれまでは保証しますみたいなことあってもいいのに。
結局産む作る権利は必要以上に護られていて、そうでない方の権利は蔑ろにされている故の問題が大きい気がします。


名無しさん
男も女も両方妊娠できる能力がありどっちが妊娠するかは半々の確率!にならないと真剣にならないと思う(笑)
名無しさん
よくよく考えると生殖器官の医療に関しては男性って不憫ですよね?
女性だと生殖器官のトラブルは婦人科で排泄の場合は泌尿器科と分かれているのに、男性は生殖器官も排泄器官も泌尿器科なんですよね?
やっぱり同じ穴だから?
名無しさん
女性生殖器と泌尿器系は病態が重なる事も多く、近年はウロギネコロジーといって領域横断的に産婦人科と泌尿器科で合同で治療にあたることも増えてきてますが、おっしゃる通り男性はいずれも泌尿器科単独ですね。
名無しさん
テストステロンをコントロールして男性が避妊をするアプローチは素人目に見ても一時的な化学的去勢なので、無理な気がする
飲んだら一時的に頭脳は大人だけど身体は子供になるとか、そういうアプローチはどうだろう
名無しさん
行く先々で殺人事件起きるようになるからダメだと思う…
名無しさん
男の方がゴム付けたくないけど妊娠もめんどくさいって思ってる人多いだろうから、需要あるのは当然な気がするけど…


名無しさん
男性の完全な避妊対策は性転換すれば完全な避妊対策です。
浮気男には性転換の刑をすべきです。
名無しさん
例え男性・女性用の経口避妊薬を使用していたとしても性感染症の予防にコンドームの使用を推奨します。
名無しさん
避妊を全て男性任せにするのはよくない。騙されたというパターンもあるかもしれないし、女性は自分で身を守るための行動をすべき。
ピルがいい例で日本の女性の使用率はとても低い。副作用も一時的らしいしメリットも多いと医師が言うぐらいだがやけに拒む人が多い。
もう少し普及率を上げた方がいいと思うね。
名無しさん
男性って動物としての本能で女性を妊娠させたいっていうのがあるんじゃないでしょうか?
まだまだ理性より本能に支配されているのだと思います。
名無しさん
つか、知らん女とゴム無しでよくできるわと思う。
名無しさん
男が経口避妊薬を手にしたら、世間の貞操観念は崩れまくりでしょうね。
どれだけ出しても妊娠の心配がないんですから。


名無しさん
性病や子宮頸がん、肛門癌の原因になるからコンドームつけて欲しい。
名無しさん
子宮頸癌は男性から移るからね
名無しさん
相手選べよw
名無しさん
若い時はアホだったからゴムなしだった。
若者よ、自分の性欲を発散する事より、相手を大切にしてあげた方が良いぞ!
名無しさん
↑失礼ですが、あなた、今もアホですね?
あなたに言われなくとも大多数の男性はそのくらい常識で、女性とお付き合いしています。
アホなのはあなたを含めたごく一部の男です。
今の今まで理解をせずに、男性としての責任も考えずにそのような行為をしていたことを人として未熟に感じますし、同性の先輩として強く軽蔑します。
あなたからそのようなことを言われる筋合いはありません。
若者より。
名無しさん
若者よりおじさんでも変な方は居るからね


名無しさん
ならば良し!
名無しさん
頻尿の薬で射精感はあるけど射精しない薬があるんだよね。
名無しさん
というか、経験人数とか今は普通にある概念みたいだけど、結婚するまでそういうことはしないのが常識だと思う。
名無しさん
あったところで…
パイプカットしてるよ、並に信用できない
名無しさん
なんだか申し訳ない…
名無しさん
パイプカットは怖いしなぁ(´;ω;`)


名無しさん
接して漏らさず。
名無しさん
薬なんか開発しなくたってコンドーム使えば良いだろ。
女性にとってそれでなにか問題ある?
名無しさん
ゴムですら、完ぺきではないのですがね。
名無しさん
完璧な方法ってタマ取るしかなくね?
名無しさん
確かにそうですね、男性用のピルができれば有名人やyoutuberのオフパコで妊娠させられただのと言うホラ吹き女が減るからいいんじゃないんですかね
名無しさん
着床しにくくなる薬と、精子の授精能力を殺す薬じゃ安全性が段違いだからだろう


名無しさん
>避妊は女性のやることだと思っている社会にいる
不公平。
避妊に失敗すれば心身ともに傷つき、ピルに実費を払い、服用を知られるとビッチ扱い。
名無しさん
出会い系駆使しまくって影でいろんな女と繋がって、最後は妻子も仕事も捨てて14年下の20代女のもとへはるばる北海道から大阪まで夜逃げして消えた40男は避妊より去勢が必要
名無しさん
どういうこっちゃねん?
名無しさん
ご自身の事かな?
名無しさん
だれのこと?
名無しさん
そんな薬があれば、俺が実験参加してみたい。
副作用なんて、どうでもいい。女性に迷惑をかけないことが大事
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

まとめると

・開発が難しい
・研究資金の問題
・ホルモン剤の場合の副作用への懸念
・経口薬は女性のものという概念

こんなところでしょうか。

う~ん・・・グーの音も出ませんね。

「お付き合いが真剣になると、女性側が避妊薬を飲むという重荷を背負うのがほとんどです」とあります。
本当にその通りで、男性側としては「飲んでいただく」とか「申し訳ない」という気持ちが少なからずあると思います。

男性側で出来る一番効果が高い避妊法は精管切除ですが、これはこれで後になって子供が欲しくなった時にアウトになるわけです。

う~ん・・・悩ましい。

何故こんなに自分が悩んでいるのかも謎なんですけど。
とにかく今現在、男性経口避妊薬は無いという結論です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント