だいたひかる「がんイコール死だと思っていた」乳がん告知後に最初にやった事を語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク


乳がんで右胸を全摘出したタレントのだいたひかる(44)が9日、公式ブログを更新し、「病気発覚後、最初にやった事」を明かしている。

スポンサーリンク

がんは付き合っていく病気なんだ

だいたは「病気が分かって…まず最初に取りかかったのが断捨離でした!」と告白。「まだ乳がんの知識も浅くて、がんイコール死だと思っていた」というだいたは、「慌てて自分の日記やら思い出の服やら物やら…(思い出に浸る時間はもはや無いのだと)着古してテロテロになっているから、肌触りが良くて、部屋着にしていた、他人から見たら捨てるに値するTシャツなどなど」を処分したという。

「部屋を汚したまま果ててはいけないと思い、人生で一番断捨離がスムーズにできて、捗りました」と振り返り、「当時は告知から手術まで1ヶ月ほどあったのですが、1ヶ月で50袋は捨てました」と打ち明けた。

「がんは付き合っていく病気なんだ」と知った現在では「断捨離のピッチが病気発覚後よりは、牛歩並みになっていますが…」と反省しつつも、「また物が増えましたが 生きていると物は増えます!生きている証拠って事で…(自分に優しく)」と、ユーモラスにつづっている。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000122-dal-ent

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
飾らない言葉だから、気持ちがよく分かる。
一生がんと上手く付き合えるよう、今のQOLが保てるように応援しています。
名無しさん
ひかるさんらしいコメント。その明るさが大好きです。完全に元気になって、世の中にも元気のパワーを発信してください
名無しさん
私も20袋くらい捨てました。
いまだ生きていますが良いきっかけではあった
名無しさん
わかります。私も大病してなんとか助かったのですが、自宅に戻って最初にやったのは同じく物の整理からでした。
名無しさん
不思議な芸のピン芸を売りにしていましたが、早く復帰をして下さいよ。「ど~でもいいですよ」で始まる小話はクスッと笑いが勝手に出てきました。今はネタをドンドン作っていただきたいですね。


名無しさん
私ももし癌になったら、まずそれをやらなきゃと思っている。家族に残したくないものもあるからね。お気持ちよくわかります。
名無しさん
私の知り合いもガンが見つかったとき、家の中を掃除したって言ってた。
その勢いで「甥っ子姪っ子に去年お年玉をいくらあげた」っていうメモも捨てちゃって、今ちょっと困ってる、って言ってたな。
名無しさん
よくわかります。まさしく私もそうでした。今は洋服など買うようになり、また物が増えています。
名無しさん
えらいな!それはいいことをしたと思います。
断捨離して厄払い。きっと寛解されることと思います︎
名無しさん
無理しないで、ゆったり過ごしてください。
優しい旦那さんもいることだしね。
名無しさん
早くひかるさんが病気から解放されて、本当に心から笑顔になれることを祈ります。
ひかるさんが発信してくれる内容を読むと、心底そう思います。


名無しさん
読む人の同情を誘ったり心配をかけてやろう、気を引いてやろうって言う内容ではなくいつも冷静でユーモアがあるなと感心しています。
頑張り過ぎないでほしいなと思います。
名無しさん
本当に無理しないで頑張って下さいね。
どうしても乳癌だと小林麻央さんを思い浮かべてしまう。
自分の身体を第一に考えて暮らして欲しいです。
名無しさん
私の母もすぐに断捨離していた。潔かった。あれから17年。母は元気で楽しく買い物に行っています。
名無しさん
私はヤブに「癌だ」と言われた時、断捨離、終活、しました。写真館て遺影を撮り、納骨堂やオシャレな仏壇、骨壷、故人の好物ローソクを購入し、エンディングノート、リビングウィルを書きました。断捨離で失敗したのは、洋画のDVD.音楽のCD、昭和音楽のカセットを全部捨てた事。子供の頃や学生の頃のアルバムや写真を捨てたのは、まあ良かったような気がします。残された者は捨てるに捨てられないかもしれないので。結局、誤診で今も生きですが。だいたさんの言われるように、物が増えると言う事は、生きてる証拠。だいたさんも癌と共存しながら、楽しく生きて下さい。応援してます
名無しさん
もしも自分ががんになったら、この方みたいに元気に明るく出来るだろうか。
不安なのは誰しも同じ。きっと人並みに悩んだりクヨクヨ考えることもあるでしょうに、記事を読むとこちらが元気になる。
周りの人を幸せに出来る人、貴重だ。
寛解して長生きしてください。
名無しさん
そうですね。
私も最初がんイコール死と思っていました。
がんは長く付き合っていく病気で
日々普段では気づかない普通の事のありがたさを毎日感じで頑張っています!
これからも今の医療をそして自分を信じて
頑張って下さい!


名無しさん
いつもさっぱりとした性格で芸でもがんばっていた姿を思い浮かべます、生活感と病気のつらい状況もがんばれーとご自分自身でも励ましている文章も伝わってきます、お相手の優しいお人柄もありがたいですね!負けない貴方の姿を応援しています。
名無しさん
病気を患った方に限らず、自分は今のところ健康ですが、人はいつ急に死んでしまうかわかりません、そう思って使わない銀行口座、クレカの解約、ネットで登録してあるサイトのID、パスワードの整理かつ利用していないサイトの解約 などもやってます。
特に自分は利用していませんが有料サイトは家族が知らないでいるといつまでも会費が引き落とされてしまったり、解約に手間がかかったりするそうです。
名無しさん
同じ気持ちでした
わたしも入院する前、自分のものは結構捨てましたね
ひとまず生きて帰ってきたものの、またいつ再発、転移が見つかるかわからないから動けるうちに少しずつ片付けて行こうと思います
できればもう少し生きたいですけど‥
だいたさんと同じ病気です
お互いに、無理せず病気と付き合っていきましょう
名無しさん
断捨離して、スッキリ暮らしたい。
余計な物にスペースを取られるのは
無駄だし、急に自分に何かあったらと
思うと早めに手をつけないといけないなあと思います。
名無しさん
久しぶりにこの人のブログ読もう〜
前にもニュース記事になっていたとき、凄く素敵な方だと感じブログ読んだんです。
元気でますよ。ニヤッとしますし。
素晴らしい方!
名無しさん
ひかるさんには、復帰できるまで頑張ってほしいです。
真実を淡々と話すけど、がんはまだ治療に時間もお金もかかるし、体力と苦痛も伴います。
いつも笑顔だけど、毎日しんどいだろうな。
本当に無理しないで、あきらめずに治療してください。


名無しさん
癌の種類にもよりますがすいガンを患った義母はしたくても腰が痛く出来ず、亡くなった後皆で片付るのですが本人がやってくれると助かりますよね。思い出の品になってしまい中々片付け出来ないのが現実。まあ断捨離して元気になるのが一番ね。だいたさんにはまたメディアで色々話を聞きたいです。ガンになった時どう付き合っていくか患者だけでなく家族のモチベーションも変わると思うので。
名無しさん
癌以外の病気でも、似た経験をされた人は多いのでは。
14歳の時に癌になって長生きできないだろうと言われ、物や人には執着しないように生きようと思い、学校用品以外箱一つで収まる範囲を心掛けましたが、20歳超えたら物がたまりだした…。
死を間近に感じないと、人間はなかなか行動に移せないし、喉元過ぎれば熱さを忘れると痛感しています。
名無しさん
コレクションが趣味でいくら家族が処分して欲しいと頼んでもしなかった父がある日突然中古買い取りの人を呼んで、殆どのコレクションを処分した
亡くなったのはそれからだいぶ経ってからだし、初めて手術した頃は父がガンだとも私たち子供は知らなかったけど、もしかしたらあの時すでにガンの宣告を受けていたのかなとふとこの記事を読んで思い出した
名無しさん
本当に病気で、素直な気持ちで発信しているのがわかりますし
お人柄を拝見することができて
「まだまだ元気で、いつか復帰してほしい」と
本当に応援させてもらいたい方だと思います!
名無しさん
この人のブログはどこかの誰かと違って前向きでユーモラスで応援したくなる。
本当は必死に病と気持ちと戦ったいるはず。
それを払拭する姿勢に好感が持てるし、共に戦っている御主人との時間を少しでも長く過ごして欲しいと願う。
名無しさん
だいたひかるさんのがん告知後のブログは、本当に前向きでかわいらしく、素敵だなと思う。旦那さんもだいたさんを好きで大切にしてることが写真の表情から伝わってくる。
強い女性だし、中には弱いとこもあって、素敵なかわいらしい人間なんだなと感じます。
元気をもらいすぎなくらいで、応援したいです。


名無しさん
だいたさんのブログを最近拝読する様になりました。色々励みになります。
名無しさん
心に染み入る告白でした。自分は悪性腫瘍の可能性を言われたとき頭が真っ白になってひかるさんの断捨離のような行動がとれませんでした。ひかるさんしっかりしてるんだなあと感動しました。生きている=物が増える、なんか泣けてくる良い表現だなと思いました。
名無しさん
だいたさんの癌告白で初めて癌検診に行きました。
昨年、家族に癌が見つかり、今年の春先に旅立ちました。
癌と戦い、付き合っていくことの難しさを知り、一気に癌を身近に感じるようになりました。
だいたさんの近況報告はとても勉強になります。
これからもだいたさんが楽しく家族と過ごしていけるように願います。
名無しさん
だいたさんと古村比呂さんのブログはよく拝見してます
もともと物が多いほうではないですけど、私も病気が発覚してから更に減らしました
人間は立って半畳、寝て一畳
ストレスをためない程度に贅沢しなければ、必要最低限の物でも充分に生きていけます
名無しさん
わかります。
私は癌ではありませんでしたが、出血多量のショックで心停止した事があります。
その後、年齢関係なしに何があるかわからないから身の回りの整理はしようと、少しずつですが断捨離してます。
夫や親戚に自分の荷物の整理してもらうのも嫌だしね。
見られたくない物もあるし・・・
名無しさん
すなおに応援したい


名無しさん
私も、乳がんの告知を受けてから、断捨離まではいかないけれど、より、身の回りは綺麗にしたいという意識が強くなり、それが生きていく糧のひとつになりました。死を意識するとは、こういうことなのかなと思いました。
名無しさん
思い出に浸る時間がないという感覚、研ぎ澄まされたものだったと思います。
多くの人は自分は癌にならないような気持ちで応援しているのだと思います。
同じような決意で断捨離をして、自分の予測通りに早めにこの世を去った人もいるのでしょう。
だいたさんのように世の中に記録が残っていると日記も捨てやすいのかもしれない。
名無しさん
同病を罹患しています。
ひかるさんの、主張し過ぎない肩の力が抜けている感じのブログ、好きです。他の芸能人の方々のブログにありがちな、がんを売りにしたようなところが全くなくていいです。
名無しさん
右胸を切るのは、絶望的な中でとても大きく
今までに無い決心が必要だったはず。
断捨離する力があって、だいたさんは強い。
名無しさん
わかります!私も抗がん剤終わって気分的にまともになった時、家をかなり片付けました。自分の時間が有限だと知った時、こういう気持ちになりますよ。まあ、具合悪い時何もしたくね~どうせ長くないんだし、とも思ったこともあるので、本当、気分ですけど。
名無しさん
だいたさん、素敵です。
生き方が凛としていて前を向いてる姿にエールをおくらずにいられません。
だいたさんが幸せに笑顔で生きていける事を、病から早くに解放される事を心より願います。
自分らしく、自分を大切に頑張れ。


名無しさん
分かります。私も余命宣告されて終活と思い断捨離しました。全ての貯金で夢だった中古一軒家を買いシンプルのんびり余生を過ごそうと思ってたらストレスがなくなったからかあちこちに転移していた癌細胞が消えていました。
後ひとつリンパ節だけです。ひとつなら放射線治療も出来るかもしれません。色々なものを手放したら気持ちもスッキリするのかな。家族や親には全部捨てないでって泣かれましたので聞いてからの方が良かったかな。
名無しさん
今週、心筋梗塞のカテーテル手術をします。
すごくわかります。「心筋梗塞=ポックリ」と思っていた。
自分は診断でかなり落ち込みました。
実際、一昔前ならポックリか開胸手術です。
仕事や生活に悩んで「死んでもいい、死にたい」ではなく「ホントに死ぬよ」って思わざるを得ない大転換点です。
名無しさん
生きていると物が増えます、生きてる証拠
と、素晴らしいです。だいたさんは強いですよ、
私は自分がガンになったら、ここまで強くなれるのか不安です‥
名無しさん
着古してテロテロになっているから、肌触りが良くて、部屋着にしていた、他人から見たら捨てるに値するTシャツ
これよく判る
うちの嫁も中学の家庭科で作ったパジャマを最近まで使ってた
名無しさん
同じガンの方のニュースでも、だいたさんのは参考になるし、前向きに進む私になれる。
名無しさん
どうでも良くないネタだわ流石に。
最近見ない訳だ。
結構、キャラ好きだったんだ。是非、復活を望む。だから、先ずは治して!


名無しさん
>「50袋は捨てました」
瞬間に衣類をゴミ袋にまとめた数と分かりました。
母が脳梗塞で倒れ、今一生懸命に家を片付けています。
手足と口が不自由になった母も一生懸命にリハビリをしています。
だいたひかるさんも元気になって還って来れることをお祈りしております。
また「どうでもいいですよー」が聞きたいなあ。
名無しさん
自然体で、それでいて病気になった時の気持ちやらするべき事がよくわかります。いつもなるほどなーと読んでいます。
名無しさん
自分も再発しない願かけがてらやろうと思いつつ
仕事でヘトヘトになって手がつかない
断捨離って体力使う
名無しさん
実際、悪性なら手術成功しても10年後にゃ生きてない人のが多い訳だしな。
ある意味余命宣告されたようなもんだよな。
名無しさん
物が増えるのは生きている証拠…この方が言うと説得力がハンパないです。深いわ~
名無しさん
私も告知されたら多分捨てなきゃならないものたくさんあるなぁ。


名無しさん
「どーでもいいですよ」
とはいかない。元気になって下さい!
名無しさん
癌が心にも転移した何て言っている場合ではない。
名無しさん
やはりそうなるよね。
病気を告知されたらできる範囲で断捨離になるよね。
名無しさん
元気になれるよ
がんばれ
名無しさん
○○ちえ▲と違ってこんなブログならがん患者の私も気持ち良く読めます。
名無しさん
本当に頑張ってほしい。どこかの、ほらちえみと違って。


名無しさん
見た目も若々しく元気そうで何よりです。
名無しさん
不倫で罰が当たった結果。
男は断捨離したのかな。
名無しさん
部屋着ってボロになればなるほど着心地が良くなるから捨てられない。
名無しさん
どうでもいいですよ でしたが どうでもよくないですよですね。
名無しさん
再発を予防する薬の副作用と戦いながら
定期検査を繰り返す日々を生きることになる。
それでも、がん体質ならば最終的には末期がんになって
モルヒネを使用しながら骨と皮だけになって死んでいく
元の体に戻ることはない。
節制などせず動けるうちにやりたいことをやりつくすべき。
ガンに限らず、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、死に至る病はいくらでもある。
50過ぎたらいつ死んでもいいように準備しておきましょう。
名無しさん
断捨離をした。、、
納得です。


名無しさん
大病を克服すると人は尊大になる。
闘病中はとても敬虔なのだが・・・なんでだ?
名無しさん
ジャンプ放送局の常連だった竜王は生きていた
なつかしいなー
名無しさん
頑張って下さい
名無しさん
ちょっと残念なのが、だいたひかる=がん芸人 みたいにもうなっちゃってる。がんネタしか出てこないのが残念。
名無しさん
「どうでも良いですよ」ネタが又観たいです
名無しさん
この人好きですね。元気でまた活躍してください!


名無しさん
まあ頑張って
名無しさん
お大事にして下さいね
断捨離でまたスッキリ生き返る
元気出して笑って
しかし50袋は凄いわ 笑笑
名無しさん
あ!わたしも同じでした~
まず不要品は棄てました
・・・みんな同じなんですね。
名無しさん
ど〜でもいいですよっ
名無しさん
勇気をもらえる
名無しさん
どうでもいいですよ♪だったけ?
まぁどうでもいいのだけど


名無しさん
50袋も?!ずいぶんとお持ちだったんですね。一応公になるブログなんだから、衣類は寄付とかリサイクルできなかったのかしら。
名無しさん
あら、まだ芸能界に残っていたんだ(笑)
名無しさん
最初にやったことは断捨離、記事読んでるうちに嫌な気持ちになってきた、50袋も捨てたの自慢してるの?
庶民は5袋あれば足りる
名無しさん
なるほど中年男性はいつイクかわからないので参考にします
パソコンとかデータも注意ですね。パスワードとか残された人には迷惑になりますから
名無しさん
その気持ち分かります
私も脳腫瘍と診断され幸いにも良性でしたが検査結果が出るまでは脳腫瘍=死と思った私は家を片付け始め夫に縁起でもないから片付けるのはやめてくれと言われた事があります
再発し手術は2度しましたが再々発もあるので、だいたさんと同じで病気とは付き合っていくしかないと思っています
名無しさん
そんなに捨てる物がない


名無しさん
体をアルカリに傾けましょう。
名無しさん
バチが当たったんですね!不倫からの癌ですね。
名無しさん
「わたしだけ~」ではない。癌は普通の病気。
名無しさん
気持ちは分かる。
突然死ではなく癌の告知とかだったら、自分も死んだ後迷惑にならない程度にいろいろ片付けたりすると思うし。
むしろ、突然死に備えて少しずつ片付けしておこうかな。
名無しさん
癌をネタにすることろが卑しい
世間にはごまんといる
名無しさん
「物が増えると言う事は、生きてる証拠」・・・よ~し、どんどん物を増やすぞお~!!
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

「ガン=死」という時代ではなくなってきていますが、将来的にガンが日本人の死因のトップになると提唱する識者がいます。
ガンで死ぬことが当たりではないという医学の進歩と、ガンで死ぬことがいたって普通になる時代が来るという矛盾。

ガンに限らず、自分の命がそう遠くない将来に潰えると思わざるを得ない状況になったとき、あなたはまず最初に何をしますか。

だいたひかるさんは断捨離だったと言っていますが、これは昔からお婆さんなどが亡くなる前に行っていたこと。

老衰だろうが何だろうが、死を直感した人が行う行為。
それが生前に自分で行う身辺整理。

男性もそうでしょう。
捨てておきたいものは沢山ある。

エッチな本とか、エッチな本とか、エッチな本とか、いろいろあります。

だいたひかるさん。
とりあえず顔色もよく安心しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント