【怖い話】亡くなった母親が立っていた…みなさんの「この夏ひんやりした出来事」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


TOKYO FM「シンクロのシティ」のコーナー「Voice of Tokyo」では、ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。
その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
東京の街の人に「この夏ひんやりした出来事」を聞きました。

スポンサーリンク

テーマ「最近ひんやりした出来事」

◆中目黒でキャッチした31歳の男性
「職場の先輩が言ってたんですけど、家で寝ていたら霊が見えたらしく……。朝起きたら足に違和感があり、見ると足に手の痕がくっきり残ってて、ちゃんと写真に残してたんです。それを見せてもらってひや~っとしました。怖くて家に帰れず友達の家に泊まってるみたいです」

◆四谷でキャッチした27歳の女性
「深夜2時とか3時にシャットダウンしたはずのパソコンが勝手に起動して動き出したときはヒヤッとしました……。いきなり画面が明るくなってWindowsの起動音とか音楽が鳴って……。」

霊感は?
「ないです、ないです!」

今度ついたときパソコンのモニター見たら映るかも……!
「一瞬で閉じます!! ノートパソコンなんでパーンと!(笑)」

◆四谷でキャッチした19歳の女性
「この前、家族との京都旅行で伏見稲荷大社に行ったんです。途中までは家族と登っていたのですが、しばらくしてお母さんが『御朱印もらって来て』と言ってきたので、そこから上は私一人で登ることになったんです……。

御朱印をもらった帰り道、気がつくと道に迷ってしまっていたんです。人っ子一人いなくて……周りはシ~ンと静かで……何かの気配も感じました。いくら歩いても人が誰もいなかったんです。すると、ふと上のほうを見たらお爺さんと犬がいたんです。そのお爺さんにすがる思いで道を尋ねて付いていったら……、突然犬の足が止まりお爺さんが言いました。『もう大丈夫だよね?』そう言ってお爺さんと犬はどこかに消えてしまったんです。そして、ふと下を見たら……人がたくさんいて、『戻れた! わーい!!』っていう話です」

◆51歳の男性(番組に寄せられたメールより)
「2、3日前、気配を感じて振り返ると、50cmくらい開いた障子の向こうに亡くなったはずの母親が立ってこちらを見ていました。二度見したらその姿はなくなり、母のパジャマだけが物干し竿にかかっていました。整理するために洗濯したのですが、捨てて欲しくないのかな」

◆44歳の男性(番組に寄せられたメールより)
「先週のことです。我が家には縁日でもらった金魚がいました。トイレの窓際にいて、朝トイレに入るといつもパシャパシャと元気に水音をあげていました。その日もいつもどおり、朝トイレに入り座っているとパシャパシャと水音がしました。振り返って餌をやろうとすると、金魚がお腹を上に向け浮かんでいたんです。金魚が死んでしまったショックと、では今の水音は?と、背中がひんやりしました……」

(TOKYO FMの番組「シンクロのシティ」放送より)
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00010006-tokyofm-life

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
先輩の実家で飼っていたネコが死んじゃって少ししたある夜に、二階の部屋で寝ていたら、廊下に聞き覚えのある鈴の音が聞こえたそうです。
そんなはずはないけれど、ネコが階段を降りていくように、遠ざかっていく鈴の音に、思わず恋しくて追いかけて一階に降りたら、
和室のコタツで寝てしまっていたお父様の手から落ちたタバコで、コタツ布団がくすぶり始めていたそうで。
教えてくれたのかな?もちろん偶然かも知れませんが、心がほっこりした数少ない霊体験の話でした。
名無しさん
身内や知り合いが会いに来てくれるのなら顔は分かるけど、見ず知らずのオバケさんは勘弁して欲しい。
言いたい事があるなら関係者に…、と思う。
名無しさん
亡くなった方が現れるなら会いたいものだ。
一番怖いのは生きた人間
名無しさん
夢でも幽霊でもいいからもう一度会いたい、声が聞きたい人はいる。
名無しさん
学生の時病院の当直のバイトをしていた時の話
主な仕事内容は電話番院内巡視患者が亡くなった時の霊安室の解錠など
ある晩仮眠をとっていた時金縛りにあった金縛りは何度か経験があったのだがいつも怖いので解けるまで目を開けた事は無かったがその日は部屋の電気も点いていた事もあり目を開けてしまった
ふとベッド脇の目隠しになっているカーテンと壁との隙間に目をやるとそこに一人の女性がこちらをジッと見つめて立っていた。
不思議だったのは女性だと認識できるのに年齢が不明
目が合っているから顔もしっかり見えているはずなのに若いのか中年なのか年寄りなのか全く分からなかった事
数分の出来事だったと思うのだが突然内線が鳴り身体が動くようになった既に女性の姿はなく急いで電話に出るとナースからで
「すいません霊安室の鍵開けといて下さい」
本人が直接伝えに来たのだろうか


名無しさん
記事もだけどコメント欄もおもしろい!
みんな結構不思議な体験してるんですね。
名無しさん
悪いことしてる人達は霊にこらしめてもらえばイイと思う。
名無しさん
自分は昔から家族に何か大きい事が起きると不思議な出来事が起きたり、夢に神様と呼ばれる白い生物達が出ます。最近では、3ヶ月も棚の上に置いていたリュックが地震もないのに夜に突然落ち、その後今まで経験した事がないくらい私の親指が突然パンパンに腫れました。冷やしてウトウトして数時間経った頃、腫れが引いてきたくらいの早朝に田舎にいる母から連絡がありました。その旨は、私の兄が仕事中に誤って親指を切断してしまい、大きい病院に運ばれ親指をくっつける先程手術が終わったという事でした。私が焦ると思い、手術が終わってから連絡してくれたそうです。
終わった時間は私の親指の腫れが引いてきた時間くらいでした。
こういうお知らせのような事がたまにあって、もう慣れてしまいましたが改めて思うと不思議ですし、ご先祖様が教えてくれてるのかと思います。ただもう少し物理的ではない、痛くならない方法で教えてほしいなとたまに思います。
名無しさん
今年の8月に愛媛県にある某ホテルに一家で泊まりました。朝方3時過ぎに金縛りにかかり、ベットの下から右手を引っ張られる感覚があったので、隣に寝てる妻の名前を呼ぼうとしましたが、ふと入り口を見ると、女性の姿が!。
思わず「うわぁっ」と叫んでしまいましたが、よく見ると洗濯して干してあった妻の服でした。とりあえず、安心しましたが、後で気になって調べましたが、そのホテルのフロントあたりで女性が亡くなった事件があったそうです。
二度ヒヤリとしました。
名無しさん
以前住んでいたマンションの廊下を歩いていた時のこと。
先からコツコツコツコツと足音がしたと思ったら私の横をすれ違って行ったっけ。
足音と空気が動く雰囲気と香水をハッキリ感じた。
ちょいちょいそんな経験があったけど
あれは怖かった。
数日後、3件隣の奥さんがその日に亡くなってたのを知って体が震えた。


名無しさん
昔、病院に勤めていた時、夜勤中に1人の患者さんが亡くなった。霊安室に移したあと、ご遺体を1人にはしておけないと言われ、家族が来るまで付き添う事になった、怖かったが特に何も起こらず、静かに夜がすぎた。朝になって出勤してきた他のスタッフにその話をしたら、逆にスゴイ!と言われた。やはり怖いのは生きている人間だと思う。
名無しさん
話を聞くたび何度でも言いたいけど、夜中に勝手にパソコンが起動するときはリモートも疑ったほうがいいと思う。
幽霊よりも怖い話です。
名無しさん
家の居間を出る際にドアを閉めようとしたら、グニャっと肉のようなものを挟んだ感触があって閉まらなかった。家族の誰かの指でも挟んでしまったと思い、振り向いてドアを開けたら居間には誰も居なかった。
ドアの周りには挟まるような物は何も無く、背筋が寒くなったのが唯一の不思議な体験だったな。
名無しさん
そう言った世界は有ると思うが、もう少し登場の仕方はなんとかならないかなぁ。
最近の動画は、嘘か本当か分からないが、あんな出方されたら、お互いお願いがあっても、分かり合え無いよなぁ…
冷静にそっちの世界の事とか、いろいろ聞いてみたいです。
名無しさん
現在中3の息子が保育園に通っていたときの話。
園庭が無い保育園だったので、そこでは近くの公園に園児を連れて遊ばせていたんです。
家に帰ってきた息子は
「今日はお婆ちゃんと砂場で遊んだ」
「今日もいつものお婆ちゃんと遊んだ」
「バスで来てるって言ってた」
など、教えてくれました。
ある日妻が保育園に行ったときに、「公園で優しいお婆ちゃんがいつも遊んでくれているそうですね」と先生に言ったら、その先生は青い顔をして「○○君はいつも砂場でひとりで遊んでますが、、」と言われたそうです。
今となっては幽霊なのか息子の妄想なのかわかりませんが、当時はなぜかあまり怖いと感じませんでした。
幽霊であったとしたら、園で友達が少なかった息子と遊んで頂いて感謝しています。


名無しさん
会社後輩の実家の話ですが、後輩の弟は霊感が強くて金縛りは日常茶飯事で記事に有る様な手形とかも結構あるって話。一緒に住んでる御婆さんが心配して弟君の部屋は御札まみれらしいのですが、ある日の金縛りが余りにも酷かったので、無理矢理目を開けようとしたら耳元で「やめとけ」って声がしたそうです。
名無しさん
中学生の時、夕暮れ時、家の前の道を学校の先生が自転車で通って行った。
母に〇〇先生が家の前通ったって話をした。
翌朝学校に行ったら、夕暮れ時のその時間に、全く離れた遠い場所で、先生が交通事故で亡くなったと聞かされた。
先生、亡くなった事分からなくて自転車で家に帰ったのかな。
名無しさん
昔借りてた部屋に霊道が通ってたらしく、私が寝てると通れないって霊感の強い親戚の所に出たらしい。夜中に男の人がいるな〜と思ってたけど小太りのおじさんがいたと。
一度だけ、実際には動いてないけど引きずられた感覚があった。本当に邪魔だったのね…。
男の人と子供がいるのは感じた事あるけど女の人は今までないなー。
名無しさん
実家に帰省していた時、夜中に原因不明の腹痛に悩まされて両親の寝室で寝てました。
ふと足元を見ると白いモヤモヤが見えて、起き上がって良く見たら白い着物を着た女の人が…
その直後、母方の実家より祖母が亡くなったと電話が…
そういえば、しばらく母方の実家には行ってなかったので最後に会いに来てくれた、叔母が亡くなった時も同じようにお腹が痛くなり、虫の知らせってあるのかなと思いました。
名無しさん
身内が死ぬとき、皆母に会いに来たようです。母の両親と三人の兄弟、甥っ子も夢に出て、翌日には亡くなりました。両親は高齢でしたが甥っ子は事故で、母は「皆最後に勝手な事言って、結局私が最後まで置いて行かれた」と愚痴っています。
今年88歳ですが、自分が死ぬときは、うちに来ると言ってます。


名無しさん
でもたまにあるよね…
亡くなった方が出てくるとか…
自分の祖父は若い時真っ暗な山道で若い女性を乗せたそうであるがその人はドアを開けずに車内に入り後部座席に乗り気付いたらいつのまにか消えていたそうだ。
本当かどうかは別として本当であれば鳥肌が立つ話であった。
名無しさん
うちの母は生前、私が遅刻しそうになると階段の下から壁をドンドン叩いて起こしてくれる習慣がありました。そして亡くなってからも何かあると壁をドンドン。最近はそういうことも無くなりましたが、親はずっと親なんだなと有り難く感じます。
名無しさん
五年ほど前、母の知り合いの家に用事があり母を乗せて車で送って行きました。1時間ほどで帰りました。高台にあるので帰りはくだり坂。1ヶ所民家の壁を避けるようにカーブがあり、そのカーブに差し掛かりました。壁を挟んで向こう側は見えないのに人がいると思いました。カーブを曲がって直線に入った時、7.8メートル先に首のない透明な男が歩いていました。もうひとつ、1ヶ月ほど前、駅方面から夕方車で帰っていると、自宅近くの坂道を登っていると、100メートルほど先に白いドレスを着た女が手を広げて立っていた。
名無しさん
夜中トイレに行った時、廊下の窓みたら、黒い人影が見えてこんな田舎こんな夜中歩いているなんて珍しいなと思ってたら、その人影が両手万歳したら、いきなり消えた。
夜中、自分の部屋に向かう足音がしたから、部屋でまってても、なかなか入ってこなくて、翌日家族に聞いたら誰も自分の部屋にようがなかったらしい。
忘れたころ、いろんな体験してます。
名無しさん
亡くなった、父と
夢の中で、電話してました。
私「母に用事があるから、早く母に電話かわってくれ!亅
父「おー!久しぶりや!元気しとるか?亅
私「はいはい、元気やけど、お父さんは?元気なん?亅
父「おー、元気!元気!亅
で、夢からさめました。
なんだか現実っぽい夢すぎて…
しかも、父は、亡くなる20年前ぐらいから、仕事中に大怪我して、身体が少し不自由になったり、病気になったり…
あの世では、健康な身体になれたのかな?
私、ちゃんと、夢の中の電話中に「あなたが父だったことで幸せに暮らしてます亅って伝えたかった。


名無しさん
看護見習いだった私と若い看護士と二人、深夜のオムツ交換終えて、地下1階で3人くらい座れる
ソファーで一休みしていました。突然ソファーが、上下に激しくガタガタしてお互い顔を見合せ、一目散に一階にかけあがりました。
揺れていた時、回りをみても揺れていたのは、ソファーだけでした。その奥には、霊安室がありした。もちろん、地震などではありませんでした。怖いと言うよりそういうことってあるんだと思いました。
名無しさん
数年前あるビジネスホテルに泊まった時の話ですが、宿泊したシングルルームは最上階の角の部屋なのに天井や壁を叩く音がした
流石にぞーっとして部屋を変えて貰ったけど、その部屋も不気味で怖くて笑
ホテルのフロアーで一夜を明かそうとしたら、エレベーターが勝手に動きだし、階ごとに泊まる姿を見て、そのホテルには朝早くにチェックアウトしました
二度と行くか!!
名無しさん
ある温泉地に友人と行った時。現地の友人がその友達との5人で車二台に分乗し観光に連れて行ってくれ、その帰り道。現地の友人が「これから通る道の脇の木で女の人が首吊ってたんだ。先月。」と。ヤバくない?とかいいながら、いよいよその木が見えて来て。ふと見ると、枝の下に何が白いものがぶら下がっていて。?と、思いじっと見ると下を向いていた顔がコッチに向いて。ゾクッ。目が合った?と思った瞬間、「何もないねー」と友人の声。ハッと、見直すと、何もなく、見間違いかとホッとしました。ですが、翌朝、友人から今日行けなくなったと連絡があり、詳細を聞くと、もう一台の人が帰り道に事故を起こしたと。なんで?と思って皆で朝食を食べて時、友人が「あの人、あの木で首吊った人に迷惑だとか酷いこと言ったからバチが当たった」と、言ったのを聞いて、ゾッとしました。その時のその子の声がいつもの声でなく、全く知らない女の人の声でした。
名無しさん
20年程前にパチ屋でスロを打ってた時。けっこう出て良い感じの時に腹痛でトイレへ。戻ってきたらヤクザ風のヤツが座ってた。話しかけたら素直に退いてくれたが、ヒヤリとしたわ。
名無しさん
幽霊より簡単に友達を裏切れる日本人の人間関係の方が怖いよ


名無しさん
生まれて初めての金縛り。
耳鳴り 叫んでも耳鳴りで自分の声は聞こえない
そしたら女の子が居た。小学生くらいの髪が茶色い女の子。でもね、目が猫だった…
ねこ娘だったのか…?
名無しさん
アップル系は知らないけど、Windowsのパソコンは勝手に立ち上がる事って有ったような気がする・・・。
名無しさん
二件前に入院した時のこと。
夜中なかなか寝れずにいたら、薄暗くは付いていた廊下の電気が突然バンと消え、ベット左側に黒い影。
お腹の中に入って右側に抜けていった。ズズズっと入った感覚が恐ろしかった。
死神がお迎えが来たのかなと思ったが、その後無事退院できた。
名無しさん
今は中2の娘が、まだ保育園に通っていた頃のこと。
迎えに言って、今日は何したの?と聞くと「おうち(園庭の角にある小屋)のなかでおかあさんとあそんでた」と。おままごとかな?ごっこ遊びかな?と思っていましたが、毎日同じような話をします。「娘ちゃんのお母さんは、ここでしょ!保育園にはいないでしょ!」と言っても「うーん。そうなんだけど、もうひとりいるの」と、無邪気に言うので、空恐ろしくなって「もうその人とは遊ばないで。お友達と遊ぶんだよ」と、言い聞かせました。
仲の良い友達はいたのに、決まって園庭ではおかあさんと遊んでいたそうです。
今でも思い出すとヒヤリとするのに、娘は覚えてなくて、話して聞かせると大笑いするのです。
名無しさん
私は幽霊と話してみたい
なんでそこにいるの?
死んだことには気づいてるの?
なにか未練があるの?
色々聞いてみたい


名無しさん
幽霊よりこの超異常気象のほうが遥かに怖い
名無しさん
夜にスーパーに買い物に出かけて帰る時、向かいの車に中年で小太りの男性が運転席に乗っててこっちが顔を上げて相手を見たらすぐ顔を反らした。じろじろこっち見んなーっとばかりにライトつけたらその車の運転席には誰も乗ってなかった。
幽霊って車にも住み着くのかーと思いながら帰った夏の夜
あの軽自動車の車の持ち主は無事だろうか?
名無しさん
オヤジが死んで四十九日も過ぎぬ頃、夢でオヤジを見た。怖かったので「それ以上一歩でも近づくと親といえどもぶちのめす。」と言ったら消えた。次の日、お袋の夢にオヤジが出てきた。お袋も怖かったらしく「あんた、なにか思い残した事があるなら言うて。こっちでなんとかできる事ならなんとかするから。」と言ったら
消えた。次の日、本家の伯父の夢にオヤジが出てきた。伯父が我が家に駆け込んで来てお袋に「あんたあんたあんた、弟に熱いお茶上げてくれてるか、弟が夢に出てきて「お兄ちゃん、女房が毎日水は取り替えてくれるけど、最近熱いお茶を上げてくれない。俺、お茶が欲しい。」って言うてたで。」と言う。お袋の顔が青くなって「この一週間ぐらいお茶あげてなかった。」と言った。大慌てで仏壇にお茶を上げた。
名無しさん
娘と公園でボール遊びしていた時に「パパの後ろに髪の長い女の人いるから気をつけてね」って言われたので、後ろを確認したが誰もいない。
だが、娘はしきりに「危ないよ」って言っている。
なので、とりあえず「松嶋菜々子似やったらお持ち帰りやな(笑)」って独り言みたく後ろに聞こえるように冗談言ったら、直ぐあとに「あれー…パパの後ろの人が急に居なくなったー」って…
その時は流石に傷ついたわ(T_T)
名無しさん
お婆ちゃんが亡くなった日、オープン前の職場に、お婆ちゃんがきました(笑)。
トイレ掃除してたら『トイレ使わせてもらったよ♪ありがとう(^-^)』って。!?って回り見たけど居なくて。
お婆ちゃんの声だし、嫌な予感がして、
店長に言って携帯見たらついさっき亡くなったと連絡が入ってて、帰らせて貰いました。その時の店長、見える方で、『お客さん入れた?気のせい?』と言っていて。。
見たことを店長に話したら、そっか、身内のかただったんだ。会いに来たんじゃないかな?って。その日を境に少し見えるように。今は自分で命たった亡くなった彼と彼の月命日に毎回会ってます(笑)って言うより、毎日枕元に立ってくれてます(笑)辛すぎて後を追うこと考えてたけど、近くで見守られてます(((^_^;)そんな心配なら遺すなよって話ですけどね(笑)


名無しさん
某老舗旅館で、一人で泊まった時の事。深夜に金縛りに遇い、来る来ると感じていたら、壁から4列に行進してくる日本兵の集団が現れました。踏まれる!と思ったら、列が二手に分かれて、布団の脇を行進して壁に消えて行きました。
それから、一人で旅館に泊まるのはやめました。
名無しさん
学生時代、彼女のマンションに通いで半同棲みたいな感じだった
同じフロアに頭のおかしな爺さんがいて、夜中に廊下で奇声をあげる
その度に俺が怒鳴りに行ってた
彼女が夜勤でいなくて、俺は彼女の部屋でテレビ視てたと思う
また夜中に奇声をあげるから文句言いに行った
そしたら屋上に続く階段に座ってた
カラフルなジャージ着て、こっちを見て、ニヤニヤしてた
文句だけ言って部屋に戻って寝た
翌日、彼女に話したら、あのお爺さん先週飛び降りたって
震え上がった
名無しさん
職場でよく目撃例のある場所がありますが、若い社員が面白がって行っても現れないのに、その場所に用事があって作業とかしてて、意識してないときにふと現れるのは不思議
名無しさん
船戸夫妻に霊障があればいい。
名無しさん
数年前まで九州某所に住んでました。
ま〜出るわ出るわ!
朝晩構わず家具を動かすわ、日が暮れて1人で部屋にいると笑い出す女の人がいるわ!
誰も信じてくれないのでもう誰にも話さなくなりましたが、言い出したら話が終わらない!
今は人手に渡ったあの家の場所を言っていいなら言いたい!
1000%ハッキリ言えるのは、私は霊感など全くないです。
霊感なくてもあの家は凄いです……
信じて貰えないと思うけど、本当に凄いです…


名無しさん
飼っていた動物たちにまとめて逢いたいよ。いつでも会いにきて…
名無しさん
18歳の時に就職して家を出た。その下宿先での引っ越し作業も一段落して寝ていると目の前に死んだ爺さんが現れた。家族は誰も信じてくれなかったけど爺さんにしてみたら一番下の孫だった故に心配だったのかな?
名無しさん
宇宙人はいても幽霊はいない
名無しさん
私は幽霊でもいいから死んだ猫に会いたい
名無しさん
金縛りは身体が極度に疲れた時の睡眠時に起こるみたい。
慣れてくると金縛りで遊べるよ!マジで!
耳鳴りがしてきたきた〜!ってなった後に息苦しさと戦うんだ。


名無しさん
うちはテナントを借りてクリニックを営んでいます。うちの前に借りた人は開業した直後に大病したり事故に遭ったりと続かず曰く付きの物件だったことは後で知りました。で、開業直後から生首が出るんですよ。最初は正面に居ました。ニヤニヤ笑う顔に「どいて、邪魔!」と突進したら消えました。次は足元に出たので「危なっ!蹴っ飛ばしちゃうでしょ!」消えました。次は部屋の隅の天井近くに。「見おろされるとなんか気ぃ悪いわ」他にも見かけるたびに「エエ御身分ですこと。こっちは借り入れ金返さないかんのに」と嫌味言ったりしていたらいつの間にか見なくなりました。余談:今年で14年です。開業時の借り入れ金は5年前に繰り上げで完済しました。
名無しさん
うちに帰ったら人気がないんで、あれ?と思って寝室のドアをあけたら、妻が正座して、私に隠してる事あるやろぉー?と言われた時はマジびびった!( ̄▽ ̄)あ、幽霊は猫飼えば出ないそうです!
名無しさん
子供の頃、友達と鬼ごっこして遊んでた時の話。
収穫が終わった直後の畑で、子供の背丈でも隠れられるような場所がないくらい広い場所。
その近くに、戦没者の遺骨を集めてる集積所があって、壁が一部崩れて中が見えた。友達と一緒に中を覗き込んだりしてたら、急に「こら!そんな事して遊んだらいかん!」ってお婆さんに叱られた。
でもそのお婆さんの服装が、TVドラマとかでしか見たことないようなモンペ姿。白髪をお団子みたいに束ねて、木の棒を杖みたいにして持ってた。
今まで全く見たことのない人。友達と顔合わせて「誰?」みたいな感じになったけど、とりあえずごめんなさいって頭下げて帰る途中、後ろ振り向いたら誰もいない。杖ついたお婆さんが、もう居ない。
その瞬間、友達も私も、物凄く冷たい風が吹き抜けていく感覚になって、全力で走って帰った。
でも、その友達はこの出来事を一切覚えていない。
名無しさん
つい2、3日前ですが夜中にバナナが残っているのを思い出して食べようと台所の電気をつけてバナナの置き場所へ。
2本残っていたのですが、黒い点がチラホラと皮の上に。「ん?」と思いビニールを被っている(ビニールを破くだけで1本1本取り出して食べています)バナナに手を伸ばしたらワラワラと動き出し何匹かは散らばり。。。所謂アノ黒光りする奴の子供が少なくとも5、6匹・・・慌てて流しへ。お湯を流し込みしばらくしてから生ゴミに。ヒヤッとしました。。。
あの、逃げたあいつらが今頃どうなっているかを考えて毎夜ヒヤヒヤしています。。。
暑い季節、ソッチにも気を付けましょう。。。
名無しさん
母が自宅近くでマンションを借りた時の話しです。2万円代でエレベーターつきの1K、不動産の方から鍵を渡されて、今日から自分の部屋で好きな事が出来ると喜んでいました。その日は、わたしも一緒に寝る事にしましたが何時間たっても寝つけないのです。わたしは、母を起こさないで夜中に自宅へ帰る事に…ところが母が早朝に帰ってきました。あのあと一人で寝ていると目が覚めて天井から男のうなり声が「うぅ~うぅ~」と聞こえてきたから住むの怖いっ!!と言うのです。父がそんなに嫌なら俺が住んでもいいぞと言うので、ご飯を食べる時以外は、マンションにいる事になりました。1年以上たった頃、父が寝ていると突然金縛りになり枕元にスラックスを履いてる人が見えたので、目線を上にあげると、男がすごい形相で睨み付けてきたそうです。父は、恐ろしくなり「うわぁ~!」と声をあげると消えたそうです。あれから、すぐマンションを解約しました。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

生きていると、多かれ少なかれ怖い経験や不思議な経験をするものです。

でも「この夏ひんやりした出来事」ですもんね・・・。
今年という縛りがある。

そうですね。

先日、仕事に大遅刻したんですよ。
起きて時計を見たらビックリ!

歯を磨き、着替えてダッシュ。

着いて一通り謝って、ウォーターサーバーでグビグビと水を飲んで振り返ったら無表情無言の先輩が立っていました。

この人に謝っていなかった!

「すみませんでした、ご迷惑をおかけしました!」と謝りました。

「まあ・・・仕方ない」と去っていきました。

ああいう時って思いっきり怒ってほしいと思うのは僕だけですか?
無言とか、仕方ないと済まされるよりもゲンコツの1発でも貰った方が余程気が楽になるんですけど。

ヒヤッとしましたね。ええ。

・・・かなり話として弱いですよね。
こんなもんです、僕の生活なんて。

心霊体験か。
遭遇する人は遭遇するし、しない人は全くしない。

僕は後者ですし無神論者ですが、この世には人知を超えた何かがあるとは思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オカルト系の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント