2019-09

スポンサーリンク
雑学の物語

本当は怖い童謡『はないちもんめ』日本の歴史的な闇を抱えた作者不明の歌の意味

罪のない幼子に、なぜそこまでできる!連日のように流れる幼児虐待のニュースに胸がつぶれる思いをしている人は多いだろう。 子供同士のいじめももはや“悪ふざけ”ですまされるレベルではない。そう憤慨した後で、テレビやネットのなかった頃はど...
エンタメ

アラフォー以上は知っている??意外なバツイチ芸能人たち

毎年報道される芸能人の離婚。毎年何組もいる上に、円満離婚ならばワイドショーでもさらっと流される事が多いので、いつの間にかあの人もバツイチだったなんてこともあるのではないでしょうか。 今回は「意外なバツイチ有名人」を紹介します。 ...
人間関係の物語

親切を仇で返す…人を利用し簡単に裏切るママ友『みなさんの意見と経験談』

自分が誠意を尽くしたのに、それが裏切られると人間は非常に悔しい思いを抱えることになる。ましてそれがママ友の「本当はNGな行動」だとしたら……。 同情したから協力したのに 小学校のママ友から、「うちの夫のDVがひどいの」と相談されてい...
スポンサーリンク
人間関係の物語

【米国ディズニーで起きた感動物語】パニック発作を起こした自閉症の少年を優しく介抱した白雪姫【SNSで喝采】

夢と魔法が奇跡を起こすディズニーのテーマパーク。ミッキーやミニーなど人気キャストが心のこもったおもてなしで、私たちを出迎えてくれる。 そんな中、米国のディズニーのテーマパークでの白雪姫による神対応が、SNS上で話題となっている。 ...
暮らしの物語

自殺、孤独死…急成長の事故物件サイト「成仏不動産」の若手社員が語る現実

年間の自殺者は約2万人。推定の年間孤独死者数は2.7万人。世界有数の自殺・孤独死大国である日本で日々生まれているのが「事故物件」だ。 怪談やオカルトの定番である事故物件は、強烈なマイナスイメージが先行するゆえに不動産賃貸や売買にお...
オカルト系の物語

【怖い話】亡くなった母親が立っていた…みなさんの「この夏ひんやりした出来事」

TOKYO FM「シンクロのシティ」のコーナー「Voice of Tokyo」では、ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。 その声を聴き、リスナーと共に考えるのは...
エンタメ

「働く意思見せろ」夫に責められ専業主婦からマンガ家へ…セミフィクション『夫の扶養から抜け出したい』悪い意味で話題に

結婚、転職、昇進……ライフイベントによって様々に変化する「肩書き」。 専業主婦の抱えるモヤモヤをリアルに描いた漫画『夫の扶養から抜け出したい』が話題のイラストレーター・ゆむいさん(31歳)。 作品のベースとなったというご自身の「専業...
暮らしの物語

「トイレを譲って頂けませんか?」腸の難病、潰瘍性大腸炎の患者会『かながわコロン』がトイレカードを作成【ネット上で物議】

「トイレを譲って頂けませんか? 病気のため、便意や尿意を自らの意思で抑えきれません。」 腸の難病である潰瘍性大腸炎の患者会「かながわコロン」が、こんな文言が書かれたトイレカードを作成した。外出先での急な便意に悩む患者への普及と周囲...
暮らしの物語

ドコモショップ「解約だと来店予約できない」話題になった件は本当だった…「一部店舗で事実」と認めるも疑問の声は止まらない

「ドコモショップのオンライン来店予約システムで、『新規契約』を選ぶと予約枠が多数表示されるのに、『解約』を選ぶと予約枠がほとんどなくなる」――8月上旬、こんな内容の記事がネットメディアに掲載され、「ドコモは解約されたくないから、解約の来...
雑学の物語

ほっこりする・・・人生に疲れた人に見てほしい『天皇陛下の親父ギャグ集』

大勢の市民が天皇ご一家を出迎えた、8月19日の那須塩原駅前。集まった人たちからドッと笑い声が上がる場面があった。 天皇陛下がハンカチでお顔の汗を拭きながら、笑顔で「ハンカチ王子」とつぶやかれたのだ。 陛下の親父ギャグ好きは今に始...
スポンサーリンク