【見事に殺菌】紫外線C波(UVC)で新型コロナウイルス死滅!米コロンビア大学が実験【パンデミック対応でも期待】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスが数分以内に死滅

米コロンビア大学(Columbia University)の研究者らは長年、紫外線のこのような利用法に関する研究に取り組んでおり、現在のパンデミック(世界的な大流行)によってその取り組みの重要性が裏付けられる可能性がある。

紫外線C波(UVC)ランプは細菌やウイルス、カビ対策といった目的で、特に病院や食品加工業などでは以前から利用されている。

だが、UVC線は危険性が高く、皮膚がんや眼疾患を引き起こすため、人がいない状況でしか使用できない。

そこで、コロンビア大放射線研究センター(Center for Radiological Research)が研究対象としているのは、「遠紫外線C波」と呼ばれる紫外線だ。
遠紫外線C波の波長は222ナノメートルで、人には無害だが、ウイルスにとっては有害だと同センターのデービッド・ブレナー(David Brenner)所長はAFPの取材で説明した。
この周波数では、人の皮膚や目の表面を貫通できないというのだ。

このような特徴から、遠紫外線C波は人が密集する場所、密閉空間、感染リスクが高くなる場所でも使用可能となるため、現在のパンデミックへの対応でもその活用が広く期待されている。

コロンビア大の研究チームは2013年、薬剤耐性菌に対する遠紫外線C波の有効性の調査を開始した。
次に、インフルエンザを含むウイルスへの遠紫外線C波の利用についても調べ始め、新型コロナウイルスを研究対象としたのはつい最近のことだ。

感染性が非常に高い新型コロナウイルスを調べるためには、厳重な安全対策がとられた大学内の別の実験室に研究機材を持ち込む必要があった。
ブレナー所長によると、「3~4週間前」に始めた実験により、表面に付着した新型コロナウイルスをUVC線が数分以内に死滅させることがすでに明らかになっているという。

スポンサーリンク

売れ筋スマホ殺菌ボックス

UV除菌器 ケース 紫外線 マスク滅菌器 スマホ 除菌ボックス 除菌 コンパクト 滅菌 UV除菌器 抗菌多機能旅行ケース スマートフォン アクセサリー iPhone Android 家庭・オフィス用除菌器 簡単 マグネット 紫外線 ライト 殺菌

価格:8,090円
(2020/5/14 19:47時点)

スマホ 殺菌ボックス 紫外線 マスク 重複使用 UV 除菌ボックス 消毒ボックス 除菌box アロマ機能付き 携帯 マスク 消毒器 殺菌器 除菌器 ケース iphone Galaxy Xperia ipod タッチパネル 眼鏡 腕時計 補聴器 人気 おすすめ ウイルス 除去 対策 滅菌

価格:4,760円
(2020/5/14 19:47時点)

スマホ UV ライト 殺菌 ボックス マスク 99.9% ウイルス 除去 除菌 紫外線 消毒ボックス 携帯 メガネ uvbox

価格:3,980円
(2020/5/14 19:48時点)


参照元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000015-jij_afp-sctch&p=1

スポンサーリンク

みなさんの声

名無しさん
これ技術発見して特許持ってるのはコロンビア大学だが、当初からウシオ電気と日本の大学が参加研究し、ウシオが全世界の独占実施権を持っている。
病院内を自動で動き回り、人のいない病室を殺菌するUVCロボットは既に外国で実用化され中国やアメリカで導入されているが、この波長であれば常に照射できるので素晴らしい。
名無しさん
あまり関係ないけれど、一昔前のエアータオルって温風の出口の奥側に紫外線のランプがついていたもの結構あったけど、最近の手を出し入れするタイプになってなくなったよね。
結果、ウイルスが飛散する可能性があるからと稼働を止めているけれど、手を出し入れするタイプで紫外線ランプがなかなかついていないのってなんでなんでしょう。コスト面?
名無しさん
少し前にも、米国が太陽光によりコロナウイルスの半減期を劇的に短くできると発表していましたね、
史上最強レベルのウイルスですが、弱点もなければ、救いがありません。
ぜひ、有効な対策となって欲しいですね。
名無しさん
これが空港、鉄道、船舶などに活用出来たら画期的な話だが、過去のウイルス対策時に出てきてもおかしくない話だが、やはり実用には難しいのだろう。
名無しさん
世界中の街が午前零時には活動を止める社会になって、遠紫外線ランプを可能なあらゆるところに設置すれば感染を抑止できる。公衆トイレ、駅構内、デパート売り場、エレベーターなど考えただけでもたくさん設置できそう、しかもマンパワーもゼロで済む、コストそれほどかからない、ランプ交換だけでよさそう。


名無しさん
今はマスクも使い捨てが多いが、紫外線ランプを照射して、何度が繰り返し使えるようになればいいな。
携帯型になれば、消毒用としても使えたりすれば、消毒液は病院関係だけになっていいと思う。
名無しさん
遠紫外線C波というものと太陽光の紫外線がどう違うのか分かりませんが、日光浴が効くといった民間療法的な流行りがでそうですね。
南米ブラジルでの感染状況をみると、そうは言えそうにもありませんが。
名無しさん
放射能に勝てる生物は文芸作品上のGODZILLAをおいて存在せず、紫外線に勝てる遺伝子は未だ発見されておらず恐らく存在しない。
新型コロナウィルスは紫外線によって不活性化するという結論以外の推論は成り立たない。
よって、新型コロナウィルスが紫外線によって不活性することの証明作業と、同時並行で、紫外線装置の生産増産体制の整備に期待します。
名無しさん
確かアメリカか韓国の公式見解として、殺菌効果を謳った紫外線ランプについて、「コロナ対策には効果なし」の判定であったのでガッカリした記憶がある。
今後どういう製品が出てくるか判らないが、消費者の不安心理に付け込んだ怪しい商品が出てくるであろう事は注意したい。
名無しさん
少しでも有効なものは積極的に取り入れたいところ。
ただ「紫外線」なので、照射されないところ(物体の裏側とか)には全く効果が無い事もきちんと周知させる必要がある。
名無しさん
コロナが太陽光で弱るかもしれない、その太陽光で特に有効なのが紫外線なのでは?
それなら紫外線ランプが有効でもおかしくないと思う。
個人的に気になるのは、プラズマクラスターやナノイーが今回威力を発揮するのか否か。


名無しさん
物体表面はUVCで殺菌できるかも知れませんが、人から出て1分で吸い込まれる飛沫でどうなるか、それが一番知りたいところですね。
なかなか、3密で広がるウイルスに対処する方法が、高性能マスク以外見つからないのですよね。
名無しさん
効果ありそうだから使ってる。8wを4台並べて。
もちろん人体への照射は極力避けられる様にON/OFFタイマーで照射してる間は障壁を外さない様に。電流計も付けて確認。
換気もしてね。
名無しさん
遠紫外線C波はオゾン層によって遮断されるため、本来は地上に到達しないのだが、近年オゾンホールが広がっているため、地上に大量に降り注ぐ恐れがあり、環境問題視されている。遠紫外線C波はウイルスに限らずあらゆる細菌をDNAレベルで破壊して死滅させてしまうため、人体にとって必要かつ有益な細菌も全て殺してしまう。例えば、人間の皮膚には常在菌が存在し、この働きによって皮膚のphを弱酸性にしてバリア機能を保っている。他にも常在菌が外部の病原微生物の侵入を防いでくれている。こうした有益な細菌もすべて殺してしまう。これを人間に直接使うことで皮膚病などの副作用・弊害が出る危険性がある。動物実験だけでは駄目。
名無しさん
アホの俺にはよくわからんが、
人間に対する副作用がなければこれほどの朗報はない。色々と工夫してウイルス禍を防げたら最高だね。
何かのニュースに太陽光がこの新型コロナに効くってあったけど、その時はフェイクニュースかと思ったが、そうとも言えないかも。
やはり、太陽は素晴らしい。
名無しさん
「遠紫外線C波の波長は222ナノメートル」ということだが、危険だというUVCの定義は200ナノメートルから280ナノメートルなので、遠紫外線C波も危険だというUVCの一部。
米コロンビア大学は、UVCの全ての波長が危険なわけではなく、222ナノメートルだけは安全かもしれないという研究をしているという意味か?
名無しさん
紫外線ランプでの新型コロナウイルスに有効となる暴露時間も大切なポイントではないか?
確かに、接触感染を引き起こしにくくはなるだろうが、どの程度効果を期待出来るのか…


名無しさん
不安を煽る報道ばかりしないで、こういう明るい記事をもっと発信してほしい。
日々眠れないほど研究されている方に感謝の気持ちで一杯です。
紫外線がウイルスに有効ということが分かるだけでも、洗濯物は外にほそうかとか、短時間でもお日様にあたろうかとか、前向きになれます。
亀仙人のまゆげ
身体の表面に付着したコロナには効き目がありそうですね
費用対効果は疑問ですが、多少は感染拡大を抑えられるかも
名無しさん
NationalGeographicのtvdrama、HotZone中に、研究者がlevel4つう、エボラとかの強毒ウィルスを管理してる研究室に入る時に着る防護服やブーツを着替える部屋には紫外線照射されてた、たぶん、そういう設置はしてるってことだと思う、衣類や靴、着けてたマスクやバッグのようなモノに紫外線照射機買って、外出から帰ったら照射してる、紫外線が実際有機物を殺菌してるところを目で見ることはできないが、安心感を買ったと思ってる
名無しさん
紫外線を当てて殺菌する装置がクラウドファンディングとかで出回ってたり、
殺菌灯なんかは安く手に入るが、いずれも222nmではないので注意。
これは皮膚ガン、失明に繋がるのではっきり有害。
自宅では、遮蔽したうえで殺菌に使ってるけどうっかり1秒浴びただけで肌がピリピリ日焼けしてくる
名無しさん
既に人体に安全な紫外線灯はLED仕様のものだったか、我が国の医療機器関係の会社だったか他の方面の会社だったかが特許済みで製品化してますね。
まぁ、うちは送料込みで@1800円位で買った22形の直管で人体には有害な紫外線灯で色んなモン滅菌処理してます。
一々アルコール消毒液等で何度も何度もフキフキ等はできんしな。^^;
因に、紫外線灯は直に光を浴びたりとか、モノに反射してはね返ったような光に人体が当たらないよう何らかの工夫さえしとけば便利に使えてオススメです。
部屋の空気から衣類や履き物類から郵便物や宅急便類とか食品類とか、手間が殆ど掛からず手軽に殺菌できるのが良いですね。(^。^)y-。oO
例えば、余り使わない部屋の電灯を紫外線灯に差し替えておき、家中の空気を循環させるようにしてから30分程度点けてれば家中の空気も綺麗に滅菌とか。
名無しさん
その紫外線をウイルスが浴びたら一瞬で死滅するのか数分ないし数十分かかるのか、それで予防策になるかならないかの分かれ目になると思う。


名無しさん
ひとつ心配なのは、紫外線で変異して壊れずに残ったウィルスが、危険な変異をしている可能性がある事。
あくまで、確率の問題だが。
名無しさん
太陽光がCovid19にきくとアメリカの研究結果が出たときから紫外線灯がきくと思った。医療現場でなくても温泉施設などでは使い回しのくし
名無しさん
ブレナー所長が自責の念にかられる必要は皆無!
難しい事は分かりませんが、希望の光を示してくれた事に感謝したいです。
名無しさん
このような事態だから活用できるならよいが、長い目で見ると、あまりにも清潔な状況は人間の免疫を下げてしまうよね。
カエル
紫外線、日光の下でコロナウィルスは。。。って記事があったので、多分それ?
日本のあるメーカーは、オゾンを使って除菌を。。と、注文殺到していますが、中々追いついていないそうです。
オゾンがぶつかると幕が壊れてウイルスも壊れる。
そしてウイルスがいなくなったら、余ったオゾンは。。酸素に変わるだったかな?
変えるだったか。。
病室のテーブル等をアルコール除菌した後に空気の清浄をする。
今朝のニュースでやっていました。
確かに空気の清浄入るよなぁと、見ました。
名無しさん
ジェルネイルやレジンを硬化するUVライトやブラックライトは波長が異なります
殺菌消毒用にはちゃんとUV-Cと明記されてるものをご購入ください


名無しさん
紫外線は以前から殺菌装置などで使用されていた様である、室内のウイルスなど減らすのは良いだろう、空調で室内の空気を紫外線の中を通せばウイルスは死滅するだろう、死滅したウイルスはろ過して取り除けば良い
名無しさん
これ、本当かなぁ。
学者もピンキリだからなぁ。
ネイチャーに投稿しただけで、審査が通ったわけでもないんでしょ。どんなウソ研究だって投稿はできるんだし。
一般的な殺菌灯に使われる紫外線波長は危険だけど、ちょっと波長をずらせば無害ってにわかには信じがたい現象だなぁ。
名無しさん
殺菌灯って古くからあるけど、紫外線ランプなんだよね、LEDランプは殆ど紫外線が含まれないんだよね。
まさかLED照明化が感染拡大の間接的原因だったりして。。。
名無しさん
使い捨てマスク、再利用しているけど、天日干し使用かな。
昔からの知恵が効くなんて面白いですね。
名無しさん
UV-Cを使ったら、オゾンが発生する。
臭気を感じたら、使用を中止しなければいけない。
自分も使用しているが、使用時間は20秒以内にしている。
uni
商品化に絡み粗悪品や効果ない詐欺商品が出ないといいね。それまでに治療薬予防薬を期待します。


名無しさん
これこれ。
気になってたんですよ。
これが検証さられてランプが量産されたら非常に素晴らしい殺菌方法になる。
名無しさん
うーん、一見良いようだが、目にも安全なのかな?
失明まではしなくても、近視を促進したりするような危険性は無いのかな?
名無しさん
直射日光に晒すだけでも効果があれば、作業着や学生服の滅菌に利用したいですね。
さすがにマスクの再利用や医療着には危険でしょうね。
名無しさん
もう一つ、人間が新型コロナウイルスに感染しても何の症状も出なくする方法がある!
名無しさん
中国だかはすでに紫外線照射して走り回るロボット作ってたよ、おそらく床面(靴底にくっついて床に結構広がるらしい)に照射してるんだと思うが。
人感センサー付けて人が居なければ空間照射して常に動き回ってりゃ、手すりやドアノブとかも殺菌されそう。
名無しさん
これは直ちに航空機への搭載を研究して欲しい。
エアーの出口から殺菌されたエアーが出てくれば随分安心感がたかまる。
でなけりゃ、航空機搭乗はまさに3蜜なので!


名無しさん
人に無害なら、患者の安眠を妨害しないような形で、病院内はもとより、電車の中でも使えますね。天井に向けて照射すれば間接照明的に、青い光を楽しめそう。照明を工夫すれば、空や青い海のようなイメージを演出することも可能です。
名無しさん
今後にワクワクして寝れないんですね。
早く着手出来なかった自責の念にする必要はないと思いますよ。
名無しさん
例えば閉店後の店舗、無人のトイレ、レジの中や下駄箱など使い道は沢山ありそうですね。 「空間除菌」ってみんな好きそうなワードだし。
名無しさん
マウスは元々視力が弱いのでほとんど見えなくなっても調子よく見えます
人間で実験しないとダメですね
名無しさん
水虫用の紫外線治療機なら時々使用しています.新型コロナウィルスにも有効ならば有り難いです
名無しさん
222ナノメートルの波形出す紫外線ライトってあるのかと思ったらウシオに特許あるんだね
若干幅があって200から230nmになってるけど


名無しさん
防護衣やマスク、ゴーグルに照射すれば、再利用できるのかも?
名無しさん
特に女性に嫌われがちの紫外線だが今年の夏に限ってはコロナウイルス退治の強い味方
名無しさん
深紫外の研究は、日本のノーベル賞技術。政府は、知らないのかな
名無しさん
紫外線の場合、『遠』と付くと波長が小さくなるのね。
赤外線とは逆なのか。
名無しさん
最終結論を早く期待したい。
名無しさん
マーズアタックでの「インディアンラブコール」のように、案外簡単な手で駆逐できたってオチだったら楽だわなー


ナッシーダ
人がいない非営業時間帯なら使えそう?
名無しさん
日光にも含まれるらしいが、効果ないの?
名無しさん
とても有益だと思います。
名無しさん
病院、空港や航空機では有効でしょうが、
何でもかんでも殺菌(殺ウイルス)すれば良いわけではありません。
何故なら、所詮、人間は自然の摂理に対抗しても勝てないからです。
疫学的には、早く集団免疫を獲得して付き合っていくべきと思います。
名無しさん
一日も早く、良品が大量生産されることを祈ります。
何処に設置すれば効率よく滅菌できるのか、それまでに頭のいい人たちが考え出してくれるはず!
名無しさん
これが人体に無害で、ウイルス除去が確認されればすごい発明ですよね。いろんな店の入口に設置。
早く安心して居酒屋に行きたい。
子供とドラえもんの映画に行きたい。
名無しさん
おお!これええやんけ!
完全と言わんでも、少なくとも飛沫感染を低減できるし、3蜜にも使えるんちゃうやろか?
人に害がないんやったら、今は使えるもんは、藁をもつかむ思いで使った方がええで。
「人に害がない」んやったらな。
名無しさん
車のヘッドランプに使えば走りながら、コロナ駆除と思ってみたが…
しかし使い方には要注意。
人に当てると、長年の照射の蓄積でシワだらけになる可能性あり。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

ワードローブくらいのサイズで、人が入れることができて人体に無害な商品が出れば爆発的に売れるでしょうね。
コロナが終息してもインフルエンザや新型ウイルス対策、ノロ対策などにも使える。

めっちゃ高額でしょうけど・・・。
でも命はお金には代えられない。

次々と有名人の新型コロナ感染が明らかになり死者も出ている。
世間では風評被害やデマ拡散などの問題も起きている。

ウイルスが人体に害なのは百も承知ですが、人の心まで侵される現状を憂うばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント