【面白】バカと天才は紙一重!世界の歴史的な珍兵器たちがアホすぎる

スポンサーリンク
スポンサーリンク


人類の歴史とほぼ同じ長さを持つ、兵器開発の歴史。
その歴史は真面目な物だけではない。
安全保障関連の書籍を数多く手掛けてきたジャーナリストの伊藤明弘氏は、「これまで開発された無数の兵器の中には、『それは本気なのか』と突っ込みたくなるようなヘンな兵器がたくさんある」という。



※本稿は、世界兵器史研究会『ざんねんな兵器図鑑』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

スポンサーリンク

撃つ前に首を鍛えないと気絶する銃


第一次世界大戦ではさまざまな近代兵器が発明されましたが、なかには「ヘルメット銃」なる珍兵器もありました。この銃は、文字通りヘルメットと銃が合体してしまったヘンテコ兵器です。

1910年代にアメリカで設計されたこのヘルメットの特徴は、ヘルメットの上の部分に銃が付いていることで、かぶった人の目線に合うように照準器も付けられています。撃ち方は簡単で、ヘルメットから伸びる細いチューブを口に含み、息を吹くだけ。するとチューブから空気が送られ、自動的に弾が発射される仕組みになっています。

このヘルメットを使えば、目標を正確に撃ち抜くことができます。頭を向けて目標を見ることが、そのまま銃の狙いを定めたことになるからです。しかし、そこには致命的な欠点がありました。銃を撃ったときの衝撃がダイレクトに首に伝わり、間違いなく首を痛めることになるのです。だから、実用化はされませんでした。

スポンサーリンク

武器がイラストだったハリボテ戦車


戦車の開発は、第一次世界大戦で起こった塹壕戦からでした。強力な塹壕を突破するために、各国はこぞって戦車を開発しようとします。1915年にフランスで開発されたフロト・ラフリーは、そんな最初期の戦車の1つです。

この戦車は全長7メートル、高さ2.3メートルで、とにかく壁のように大きく細長いのが特徴。計画では前と後ろに機関銃4門を搭載し、さらに左右それぞれに大砲2門、機関銃6門を載せたとても強い戦車になるはずでした。

しかし、実はこの戦車、あまりに開発を急いだので、武器を載せるのが間に合いませんでした。テスト走行でお披露目されたフロト・ラフリーは、左右に載せるはずだった大砲と機関銃を、実物に近い「絵」でごまかしてしまったのです。なので、実際に載っているのは車体前後の機関銃だけ。こんなだまし絵みたいな戦車で性能も悪かったので、当然、不採用となりました。

スポンサーリンク

どこに飛んでいくかわからない爆弾大車輪


パンジャンドラムは、1940年代にイギリスが開発した走る爆弾です。敵のトーチカに突っ込ませて爆破する使い捨て兵器でしたが、完成したのは爆薬を詰めた本体を巨大な車輪で挟んだだけのシロモノ。車輪についたロケットモーターの力で、車輪を回して前進するようになっていました。

さて実験してみると、ロケットの力がバラバラでうまく前進できずに横転したり、それどころか急に向きを変えて味方のいるところに突っ込んだりといっためちゃくちゃな動きをしたため、不採用となりました。この見た目とインパクトから、今日では珍兵器の王様としてよく知られています。

スポンサーリンク

全長600メートルの氷でできた巨大空母


第二次世界大戦中、連合国はドイツの潜水艦Uボートによる攻撃に悩まされており、反撃する方法を探していました。この話を聞きつけたイギリスのジェフリー・N・パイク博士は、とんでもない計画をまとめあげました。氷でできた巨大な航空母艦、通称「氷山空母ハボクック」です。

この空母は全長約600メートルもあり、空母というより人工島に近い性質を持っています。搭載できる航空機の数も150機と桁違いです。そして材料はというと、ほぼ全て氷の塊。パイク博士は氷と木材を混ぜたコンクリートならぬ「パイクリート」を自作して、船に使おうとしていました。氷はいつか溶けてしまいますが、内部に冷却器を大量に追加することで船の形を保ち、もし敵の攻撃で損傷しても、海水を凍らせてくっつければ修理できるので、「絶対に沈まない」というのがこの空母のウリでした。

早速アメリカ、イギリス、カナダの3ヵ国が協力して計画が始まりましたが、試作してみると運用にものすごいお金がかかることがわかり、計画はたった1年で「凍結されて」しまいました。

スポンサーリンク

交代制で飛行中に休憩できる戦闘機


B‐29などの戦略爆撃機は、長い距離を飛んで爆撃任務を行います。爆撃機を守る護衛戦闘機のパイロットは、その間ずっと1人で機体を操縦しなければならないため、非常に大変です。こうした事情からアメリカ軍は、パイロットの負担が少なくて済むように、2人交代で操縦できる戦闘機の開発を求めました。その結果、普通の戦闘機を横に2つつなげるという、とてもおかしな形の飛行機が1946年に登場してしまったのです。

F‐82ツインマスタングは、P‐51マスタングという戦闘機の翼同士をつなげた形をしています。コックピットもちゃんと2つあり、どちらか一方のパイロットが休憩中でも、もう片方のパイロットが操縦できるようになっていました。

一見すると合理的な考え方ですが、さすがに2つの機体を直接くっつけるのはうまくいかなかったようで、翼を再設計したりエンジンを調整したりと、普通に造るより余計に手間がかかってしまいました。

スポンサーリンク

ドイツの鬼才フォークト博士の珍作


普段はあまり意識しませんが、飛行機は左右対称が当たり前。なぜなら、そうしないと機体のバランスが崩れて墜落してしまうからです。しかし、そんな飛行機の常識を超える左右“非対称”機にこだわった設計者がいました。その人物はドイツのリヒャルト・フォークト博士。彼が考えた飛行機で最も有名なのがBV141です。

BV141はエンジンとコックピットが別々に分かれたヘンテコな形をしています。これは「見晴らしのよい偵察機を造る」という考え方から生まれたもので、確かにこの形ならエンジン部分が邪魔にならず、とてもよい視界が得られます。問題はその性能ですが、実際に飛ばすと思いのほか安定しており、軽やかに飛ぶ姿は関係者を驚かせました。

結局BV141は採用されませんでしたが、フォークト博士はこの経験から、斬新すぎる形の飛行機をどんどん設計していくようになります。そのなかからほんの一部をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

なぜそんなに左右対照がイヤなのか


次にご紹介する飛行機はBV P.111というもので、前と後ろのパーツが左右にずれてしまっています。飛行機を真ん中で真っ二つに切ってしまったら、こんな形になるのでしょう。性能についてはよくわかっていませんが、果たしてこの飛行機は本当に飛ぶことができたのでしょうか。それすら疑ってしまうほどヘンテコな形をしています。

スポンサーリンク

コックピットがない?


最後に、フォークト博士が考えた珍飛行機のなかで、最もヘンテコなものを紹介します。BV P.163は、一見するとコックピットがどこにも付いていません。ではどこにあるのかというと、なんと、主翼の両端。こんなヘンなところにコックピットを付けて、パイロットはちゃんと飛行機を動かせるのでしょうか。主翼が左右に広がっているのでコックピットも2つあり、左側が操縦担当で、右側は機関銃担当になっていました。こんな飛行機を本当に飛ばそうとしていたら、パイロットだってたまったものではなかったでしょう。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00031487-president-soci&p=1

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
ヘルメットガン実際に作った技術者がいたが、技術者曰く銃口が指向してる方向は大体あっているが当てようと思っても無理だった。
ヘルメットをかぶっただけの状態では安定せずヘルメットにハイポッドもしくは安定させるためのグリップをつけて両手で握ってやれば、なんとかなるという結論だったけどそれじゃ意味ないよな。
名無しさん
この本はちょうど今読んでいるが、暇潰しには面白い。
普通はアイディア倒れになる物も実際に作っちゃうのは恐れ入る。
そこには設計者や企画者の執念を感じる。
名無しさん
意外と戦争てこんな物が後世の人に役立ったりする反面
どう見ても役に立たない物も作ってしまう。
ある意味思考や発想が凄いのか麻痺して狂っているのかもしれない。
名無しさん
とはいえ、ヘルメット銃は南北戦争で、第一次大戦に先立ち本格的な塹壕戦を経験した米国において、その課題を把握したからこそ生まれた兵器なのだろうし、フロト・ラフリーにしても、戦車の黎明期において、陸上戦艦という呼称で呼ばれたことからもわかるように、設計者が設計に当たって洋上艦船の影響を強く受けたといったことがあったのだろう。
日本でも、軽機関銃の設計にあたり、使い捨ての弾倉を作るのがもったいないからと熊手のような装置を付け、機関銃が弾を自分で掻き込んで装填するようにしたら、現場で作動不良が相次ぎ、とんでもなく不評だったということもあった。
日本の場合は、貧者ゆえの工夫だけど、兵器には、それぞれの国がおかれた状況等が、色濃く反映されるわけで、たんに笑うだけでなく、状況、歴史まで含めて、興味深く見るといいと思うよ。
名無しさん
ヘルメット銃が1910年頃だとすると名銃コルトガバメント45口径も同じ頃M1911として米軍に正式採用され未だに愛好者は多い。同時期にライト兄弟が動力式の飛行機を初飛行させた。後世に残る発明、進歩の影に珍兵器と呼ばれる挑戦も数多く有ったのでしょう。


名無しさん
お笑い兵器が大半だが、戦車やガトリング砲、火縄銃も当初は珍兵器扱いないし曲芸用と思われてた時期がある。
技術の発展や運用法、兵器の本質が分かってから初めて価値が見えてくるもの。
まあ、障害物突破の為のジャンピング戦車とか、隠れたまま撃てるヘルメットガンや曲銃とか、違うそうじゃない、とツッコミしかない珍兵器があるのも事実だが。
名無しさん
ハボクック、BV141、パンジャンドラムはYOUTUBEに紹介動画があるね。
当時は珍兵器だけど、今考えれば時代の先取りだったのではという兵器もいろいろあるし、未来では発展した珍兵器が実用化されてるかも。
(日本軍の潜水空母伊400型も当時は奇想天外兵器のレベルだけど、潜水艦に航空機を搭載して長距離攻撃というアイディアは航空機→ミサイルという形で、現在では潜水艦発射型弾道ミサイルとして実用化されてる)
名無しさん
発想はいいものはあれどそれが現実的かというと駄目すぎるから珍兵器だけど
中には当時の技術力の問題で駄目だった奴も有るのが面白い
とはいっても英国面が大きい気がする珍兵器
名無しさん
フォークト博士はドイツではけったいな飛行機ばっかし設計してたけど、日本では土井武夫っちゅう弟子を育てたし、戦後はアメリカに渡り、ウィングチップ・ウィングレットの有効性を発見した研究でも実績残してるんやで。
てのはともかく、ロシアの円形戦艦も入れてあげて欲しかったな。
イギリスのポールトンポールデファイアントなんかもたいがいやけどな。
そうそう、フランス潜水艦のシュルクフもね。
名無しさん
今は珍だけど当時は超がつく大真面目。案外温故知新で当時のものを現代技術で復活すれば役立つものもあるかも?
名無しさん
確かに大半は笑いものなんだが、1つの優れた発明というものは何百もの荒唐無稽な失敗作の上に出てくる。
今の日本のダメなとこは、そういう失敗を許容する余裕のないこと。失敗できる環境づくりが大事だと思う。


名無しさん
BV141が「エンジン部分が邪魔にならず、とてもよい視界が得られます」というのは大ウソ。筆者さんは確かめもせずに、良くある説の受け売りをしたのですね。
フライトシミュレーターで本機の視界を確認しましたが、長い胴体のある左側は、目の高さよりやや下の視野が広範囲にわたって制限され、普通の双発機よりずっと劣ります。偵察機としては致命的ですし、一般的な左回りトラフィックパターン(着陸誘導コース)を回るのさえ不便です。実用化されなかったのは当然では。
ご参考までに書き添えますと。フライトシミュレーターの機体は、飛行性能は必ずしも実物通りとは限りませんが、三面図から3Dモデルを起こしていますので、パイロットから見た視野は、ほぼ正確に再現しています。現代では実機を作る際、モックアップ(原寸大模型)の代わりにCADでパイロット視界などをチェックしますが、あれと同じことです。
名無しさん
>なんとかなるという結論だったけどそれじゃ意味ないよな。
塹壕から頭ださずに撃ちたい辺りが着想だろうから無駄の多さはともかく必ずしも意味ないとは言えないが
WW2の戦車でもやはり精度に難があるにもかかわらずリモコン機銃が設計されてる
名無しさん
日本には安全装置に砂糖を使った機雷が有ったけどね。
敷設後に砂糖が浸水して信管まで達すると機雷は無効化される。
ある意味珍兵器だな。
てか、パンジャンドラムを見る度に機動戦士Vガンダムの敵のザンスカール帝国のタイヤ型兵器のアインラッドとツインラッドを思い出すわ。
名無しさん
パンジャンドラムなんかは、バッテリー式にして
セグウェイの二輪で立つ技術とか現在の駆動制御を応用したり
GPS搭載して指向性を持たせたりしてやれば、多数の車両で
敵陣地に飽和攻撃!とかすごい兵器にできそうな気もする。
名無しさん
【対戦車地雷犬】
敵戦車に地雷を仕掛けるよう、犬に特殊訓練を組ませる。
いざ、実戦投入したら、犬(地雷付き)は敵陣地ではなく、大好きなご主人様のいる方へダッシュしてしまう。
【鳩ミサイル】
まだ、機械の発達が不十分だったころ。
エサを報酬に特殊訓練を組ませた鳩を搭載した、ホーミングミサイルを発案。
鳩がつついたボタンの方に曲がる仕掛け。
実験はある程度、うまくいっていたが、「やっぱ、鳥に運命任せるのはダメなんじゃね?」という声で、開発は中止された。
今だと、動物愛護団体が激怒しそうな珍兵器。
名無しさん
ダメだ、笑いが止まらない(笑)
そして「きっとこれらは真剣に考えて生み出された(?)はず」とか思うと、ますます笑いが。。。
必死だったんだろうな。
必死だったんだろうけど、ちょっと間違ったんだろうな。
その「ちょっと間違った」が、平和だとここまで笑えてしまうのが何とも。
考え出した人に申し訳ない。
申し訳ないと思いながら、また思い出し笑い・・・(^_^;)


名無しさん
ドイツの左右非対称飛行機が挙げられてるけど、BMWのオートバイはライトが左右非対称なやつが多くて、伝統引き継いでるのかなと思っちゃう。用途が違うライトを左右に並べてるだけで、差し支えないらしいけど。
名無しさん
特攻機・桜花は「発想はトンデモだが、技術的には優れている」らしい。
いったん、パイロットを守らず、エンジンも付けないという前提にしてしまうと、クイクイ曲がる飛行機ができ、技術者は面白かったらしい。
名無しさん
こういった斬新なアイデアは面白い。上手くいくもいかないもいろいろあるだろうけど、柔軟な思考は良いね。
名無しさん
ツインムスタングは夜間戦闘機として実用に耐えましたね。同じレーダー装備のブラックウィドウよりも運動性が格段に良かったし。
名無しさん
ヘルメットガンは、形こそ違えどやりたいことは、現在活躍している戦闘ヘリの機関砲システムだよね。
発想は良かった。
名無しさん
しかし、フォークト博士の考案した翼デザインの飛行機に、今では大勢の人が、普通に乗っていたりしますね。


名無しさん
実戦配備に至らなかったら、オスプレイが最新事例として乗っていた可能性があったのでは。
名無しさん
イギリスって発想はすごいけど、実際どうなるかの予測が全く出来ないのかな?
試験する前にわかりそうな物がかなりあるけど。
名無しさん
ヘルメットガンも反動の少ない小口径弾丸にするとか、パワードスーツの体に固定出来るメットとかなら普通に役立ちそうだ。
名無しさん
これはアイデアに対して実際の技術が追いついていなかったから
今となっては笑い話になっている、というだけの話で
記事中の「パンジャンドラム」を技術の進歩で実用化したのが今話題のドローン爆弾である。
名無しさん
>飛行機は左右対称が当たり前。
単発プロペラ機の場合プロペラの回転の力が有るために左右の翼の長さや形が違っていたりしますよ
名無しさん
そもそもヘルメットって被ってる間に少しはずれるから、いざ撃つときに的もズレると思うけどね。


名無しさん
外見や用途はともかく、韓国軍の兵器の大半はこの列伝に加えていいと思う。漁船ソナーとか。
名無しさん
今の戦闘機のヘルメットの原理は、珍兵器があったからできたんでしょうね、失敗は成功のもとなんだね
名無しさん
走る爆弾は以前CSの番組で実際に作ってやってたな。
確か回転させるロケットの出力が弱くて泥の原っぱでスタックしてた。でその後はお約束の火達磨状態でわろた。
名無しさん
ビートたけしの親父さんが戦争中、軍に言われてダミーの木製飛行機(空襲時のおとりにするため)の塗装に
駆り出されたものの、アメリカの爆撃機にあっさり見ぬかれてスルーされ軍の人に殴られたって話してたな。
名無しさん
歴代のガンダムも同じ。
センサー集中してそうな頭部に、バルカン二門とか、振動凄そう。
ZZなんて、メガ粒子砲とか集束出来なかったメガ粒子で、微少穴が空きまくってそう。
名無しさん
実用化されそれなりに活躍したトンデモ兵器としてなら英海軍のモニター艦。
7000tの船体に15インチ砲2門搭載、どう見ても主砲撃ったら転覆しそうなデザインが凄い。しかもWWⅠならともかく40年代に新造艦造ってしまう英国面(笑)


名無しさん
ヘルメット銃は、塹壕で戦うことを考えると悪いアイデアではないと思う。
名無しさん
日本軍も、殺人光線(大出力の電磁波発生装置)を開発しようとしていましたよね。
名無しさん
ガンダムは60mmの回転砲身式の機関砲を頭に積んでいるんだぜ。
60mmっていったらほぼ戦車砲だぞ。これを連射するって何事か。首が飛んでくか、ひっくりかえるわ。
なんで20ぐらいで我慢できなかったんだ、設定作った人。
となんども思った。
名無しさん
F‐82ツインマスタングは、長距離戦闘機としてでなく夜間戦闘機として活躍したんじゃなかったけ。(´・ω・`)
柴リーマン
>全長600メートルの氷でできた巨大空母
>試作してみると
>「絶対に沈まない」というのがウリ
「絶対沈まない」というが「絶対溶けない」とは言ってないのがミソ
しかも一度作っちゃったのかよ……(呆れ
名無しさん
正直フォークト博士に関しては奇抜ではあるが
経緯を知ると合理性の塊なんだよなぁ


名無しさん
で、先月の千葉某所での「某・国家的イベント」には、そのような「珍兵器」は出展されていたのだろうか?(謎)
名無しさん
ヘルメットガンを笑ってはいけない。
レーザー兵器が小型化されたとき、「エメリウム光線」という名で復活するだろう。
名無しさん
ヘルメット銃は、連邦のモビルスーツに採用されて、ガンダムの初戦でザクのモノアイ粉砕したよね
名無しさん
ガンダムは頭部にマシンガンが付いているが・・・
その発想はヘルメットに銃を付けた事が起源なんだろうか・・・
名無しさん
>パンジャンドラム
ドイツの「ゴリアテ」の先祖みたいな。
>氷山空母ハボクック
ゲーム「鋼鉄の咆哮」では、コイツと戦えます。火炎放射で炙るのが吉。(指揮90以上のレールガン乱射でもいいですが。)
名無しさん
ヘルメットガンを文献で読んだ技術者が開発者したのが、後のペズン計画におけるギガンである。(勝手な想像)


名無しさん
それ本気か?という意味では回天、震洋、桜花も。人の命をなんだと思ってるんだと言いたい。
名無しさん
後は戦闘機なのに旋回銃座以外に武装無しのデファイアントなんかもありますよ。
名無しさん
鎖ガマもおかしな兵器だと思う。
名無しさん
頭部の武装という考えは後のガンダムのバルカンに繋がる
名無しさん
ZZガンダムのハイメガキャノンを思い出したのは自分だけじゃないはず。
名無しさん
改めてピストル大名の強靭なフィジカルに敬服せざるを得ない。


名無しさん
鶏「卵を温める予定が、核地雷を温める羽目になりそうです…」
くろねこ
ノーズフェンシングでやられそうだ・・・
名無しさん
まぁ手で撃った方が確実よね(笑)
名無しさん
銃座もコックピットっていうんですか
伊達倉
日本も風船爆弾という武器をつくってたな、全然役にたたなかったけど
名無しさん
ムチウチになったらたまらんち。


名無しさん
飛行機のヤツはなんか、紅の豚を思い出した。
名無しさん
ハイメガキャノン
名無しさん
後のハイメガキャノンとツォーンだな。
名無しさん
お笑い韓国軍は?
名無しさん
パンジャンじゃん
名無しさん
写真つきでお願いします。


名無しさん
日本だってそうだった。
「連発式火縄銃」なんてのがあったし、終戦前には「人間魚雷」や「人間機雷」なんてのがあった。
隣の韓国には「鶴羽船」なんてのがあった。
これは船体を軽い鶴の羽で作り、蝉の下腹みたいな鞴を伸縮させて空を飛び、更には水に浮かんで航行出来る水陸両用の飛行船だった。
梅ちゃん
みんな英国面に堕ちろ……
大車輪やら前に撃てない戦闘機やら氷山空母やら……
名無しさん
某隣国は、80発中3発命中という自称世界最強の自走榴弾砲を実戦配備するなど、お笑い兵器満載で抱腹絶倒なのだが。
名無しさん
めちゃおもしろい。
名無しさん
パンジャンはスパイ対策のダミー兵器。
そんなものを未だに本気で信じてるのは日本人だけ。
名無しさん
日本人の自殺兵器がシャレにならないし一番最低だと思う。


名無しさん
bakabombこと桜花が入ってない。
名無しさん
自爆ドローンの猛威とか、15榴の砲弾を上向きに埋めただけの対戦車地雷とか見てると、先進国の贅沢兵器もある意味珍兵器に見えなくもない。
名無しさん
お笑い韓国軍の兵器もお忘れなく。
名無しさん
戦争中にこんなヘンテコな兵器を真剣に開発していたのに笑えますね。
名無しさん
ツインムスタングは名機やろ
名無しさん
ツインムスタングは名機ですよ。


名無しさん
プロペラの前に機銃座を設けた飛行機もあったとか(笑)
名無しさん
ツインマスタングは成功機だろ。
名無しさん
海水は凍らねぇだろ。
名無しさん
銃だから首を痛める。
バズーカなら無反動なので無問題。
名無しさん
ヘルメット銃は、反動で脳震盪が起きかねない。
さおたん
氷山空母は昔「氷山空母を撃沈せよ!!」という題名で漫画化された事がある。
結局沈められなくて、氷山空母ごと地上部隊で占領しちゃうんだけど。


名無しさん
空母信濃
戦艦大和並の防御力を持った空母のはずが、あちこちから水漏れして、4発の魚雷で沈没。
竣工から10日で沈没は世界最短記録。
名無しさん
ニコラ・テスラの地球を真っ二つにする装置
和藤内
ペリーが日本へ来航したとき、日本人の丁髷はヘルメット銃だと思っていたらしいぞ。
名無しさん
お隣の国の段差を乗り越えていけない戦車や、燃料を積むと火器類が積めないヘリコプターや、一度沈んだら二度と浮上できない潜水艦は載せてあるのかな?
名無しさん
一番は日本の特攻機だろ。
パイロットを爆弾の付属物として扱い、使い捨て。
誰が考えたのかは知らないが世界で一番バカな兵器。
名無しさん
ヘルメット銃は塹壕戦特有の発想で、塹壕から出ず目だけ出せば撃てるという狙いだったろう。Bv141が不採用になったのは、試作機が良好な性能を示したものの、大型化すると性能低下が甚だしくなるなど設計に柔軟性が欠けていて、より強力なエンジンによる高速化の要求に応えられなかったためだ。珍兵器といえば日本の風船爆弾や自爆専用のバカボン桜花やテルミット弾特攻機なんかも相当なもんだよね。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

探偵ナイトスクープを観ていると、日本にも各地に「自称エジソン」がいて、実にアホな発明をしているのが分かります。
大概は爺さんなのですが、彼らはいたって本気。

大マジなんです。

マジでアホな発明を続けている。
でも、僕はそういう人が好きです。

何事にも良し悪しがあって、アホにも「良いアホ」「タチの悪いアホ」がいる。

アホな発明をする人はご多分に漏れず良いアホです。

ただし、今回の記事の発明は兵器ですからね。
人を殺傷するための発明ですから称賛は出来ない。

ん?採用されたら敵より先に自滅するのでどっちみちダメなのか。

ボツにした人がまともで良かった。

ざんねんな兵器図鑑


スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント