アポロ11号を取り巻く陰謀論の真相は?月面着陸は嘘だったのか?宇宙人の関与…月の文明…捏造説

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アポロ11号(Apollo 11)による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。彼らは、1969年7月に米航空宇宙局(NASA)が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。

スポンサーリンク

NASAアポロ11号、月面着陸の懐疑派と陰謀論者

懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、宇宙飛行士だったら宇宙線で焼かれて死んでいるはずなので、月面に着陸していたとしてもそれは人間ではなかったと主張する人もいる。

その他、月面着陸には宇宙人が関与しており、宇宙飛行士らが発見した月の文明と共に隠ぺいされたという意見もある。だがほぼすべての陰謀説で「怪しい点」が指摘されるのは、地球に送信された画質の悪い写真やビデオ映像だ。

陰謀論者たちは、映像の中の影に不自然な点があることや一部の写真に星が写っていないことを指摘しているが、こうした説は科学者らによって何度も反証されている。

2009年には無人月探査機「ルナ―・リコネサンス・オービター(LRO)」が月面に残された歴代のアポロ宇宙船の残骸を撮影している。それでも、こうした説がなくなる兆しは今のところ見られないのだ。

1969年、「静かの海」にアポロ11号の着陸船が降り立った時、テレビに映る映像を疑ってかかった米国人は20人に1人もいなかった。米調査会社ギャラップ(Gallup)のデータによると、世紀が変わる頃でもこのイベントに疑いを持っていたのは米人口の約6%にとどまっていたとされる。一方、冷戦時代の敵国ロシアでは同時期、国民の半数以上が米国を最初に月に到達した国と認めることを拒んでいたという。

スポンサーリンク

出来事の重要性に比例する陰謀論

フランスの研究者で、陰謀論に関する広範な著作のあるディディエ・ドゥソルモー(Didier Desormeaux)氏は、出来事の重要性が増せば増すほど、とんでもない陰謀論を引き付ける傾向があると指摘する。

ドゥソルモー氏はAFPの取材に対し、「宇宙で主導権を握ることは人類にとって重大な出来事だった。それを攻撃することで、科学の根源と人類による自然支配という概念を揺さぶることができる」と述べ、そのような理由からアポロ11号の月面着陸が陰謀論者たちのターゲットになっていると説明した。

アポロ以前の陰謀論──1963年のジョン・F・ケネディ(John F Kennedy)大統領暗殺やUFOが墜落したとされる「ロズウェル事件(Rosewell Incident)」──でも画像は検証された。だがアポロでは、NASAが公開した画像の詳細な分析が陰謀説の基となった点がそれまでのケースとは違うとドゥソルモー氏は言う。

スポンサーリンク

「画像は思考をまひさせる」

ドゥソルモー氏によると「メディアイベントの視覚的解釈を中心に構築され、それがすべて仕組まれたものであると非難する陰謀論」は月面着陸が初めてだったという。

また同じ論法が、米国で相次ぐ学校襲撃事件をうそだとする陰謀論でも繰り返し使われていることも指摘された。画像は、よりゆがんだ論理的飛躍とともに提示されると「私たちの思考能力をまひさせる」というのだ。

NASAの史料編さん官だったロジャー・ラウニアス(Roger Launius)氏は、否定論者たちは他の人々が指針としている調査方法や知識を受け付けないと批判する。「彼らは政府に対する人々の不信感や、社会に対するポピュリスト的な批判、(科学的な考え方の)基本と知識の創出に対する疑問といったものにつけ入ってきた」

またラウニアス氏は、そうした妄想にメディアが油を注いだと非難し、「月面着陸陰謀論は、この出来事をより新しく、異なる視点で伝えたいという(メディアの)競争によってあおられた」と指摘している。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000018-jij_afp-sctch

スポンサーリンク

ネットの声

名無しさん
要約すれば…陰謀論者の陰謀ということですね
事実を無視して都合よく解釈する
当時の撮影方法や通信技術なども含めて全部合理的に解説されていても事実よりも陰謀の方を「面白いから信じる」と見えています
これまでもNASAはデマの広がり方にあきれて答弁することをやめたのです。真実は信じてもらえそうにない人たちだから
名無しさん
逆にあの映像が嘘だとしたら、色々な意味で逆に凄いんだが。
あの当時にあんな映像をスタジオで作れる技術があったのかと。
名無しさん
当時の宇宙開発はソ連より優れたアメリカと言うのを国民に知らしめるのが目的だったので、実際月へ行ったのは本当だとしても、白黒の低画質の映像だけでは説得力がないのでフィルムによる映像を後から作った可能性はあるでしょう。月面で燥ぐ宇宙飛行士のハーネスアクションの様な動きや、月の放射線の影響、そしてNASAがテレメトリデータを紛失したと公式に説明している上に、映像はハリウッドにより再編集されています。
名無しさん
>疑ってかかった米国人は20人に1人もいなかった。
>米人口の約6%がこのイベントを疑うようになってい
5%弱が6%に増えたところで誤差の範囲では
名無しさん
1969年にアポロ11号が宇宙空間を通って月面着陸したことこそが信じられない位に圧倒的に凄い!戦後24年後に月に到達するなんて、、。今考えても凄まじく凄い!!


名無しさん
月に残してきたものが、「かぐや」からの映像で立証されています。
名無しさん
超リアルなCGも無かった時代に、現代の解析技術を持ってしても特撮と見破られない撮影が出来る訳が無い。
名無しさん
月面着陸の真偽はさておき、法則として理解はしてたけど実際に金槌と羽根が同時に月面に落ちた映像は感動したもんだ。
名無しさん
現代の技術ならもっと確実に月面着陸出来ると思うので、どこか挑戦してくれる国や会社って無いかな…。
そうなれば当時の話が捏造だったのか確実になると思うのだけど。
ロシアの有人飛行やスペースシャトルなどは捏造説はない
アポロ時代は搭載できる小型コンピュータがまだないから手動で行ったことになる
月面着陸や再発進はぶっつけ本番手動でで成功したことになる
月と動画通信するには大規模な送受信設備がアポロに必要になる
グラム単位で軽量化するが月の石を大量に持ち帰るのは可能か
名無しさん
中国も月に無人探査機を送るなら、これを調べれば良いのに。
嘘だったら米国のイメージダウンに繋がるし。


名無しさん
小頭のいい奴が得意げに陰謀論を語るところを見聞きすることがある。結局多くはそういうレベル。
名無しさん
アポロ11号だけではないです。
その後の5回も着陸を成功させてます。^_^
名無しさん
嘘じゃないならもう一回月に行ってきてほしいんだけど。4k画質で。
名無しさん
月面着陸したのは本当だろうが、あのライブ中継の画像は作り物だったのではないかとは思ってますけど。
名無しさん
アポロ13号もやらせだったら拍手を送りたい。
名無しさん
アポロ11号の後、間も無く12、13・・・と実際月面に降りている。
ところを見ると陰謀ではないでしょう。
アポロ11号の数年前にソ連が月の裏側の撮影をしている。


名無しさん
火星探査機みたいなのを月にも送り込んで月に残してきたものを撮影したらいいのに・・・
名無しさん
去年中国の月球車は月の裏面に着陸した時いろいろな陰謀論も出でくるんで、そしてその月球車はついにNASAに発見された。
事実より人は自分の信じたいことしか信じない。
popo
映画、カプリコン・1を思い出すな。
森沢
では、地震計と距離測定用反射鏡はどうやって置いたのかね?
転送装置なんて言うなよ。
名無しさん
船外作業をして帰ってきた宇宙飛行士、NASAと関係者が想定していなかった事態が発生?!
船外は無酸素、船内は酸素が20%含まれる、帰ってきた飛行士に付着していた月の土がなんと”酸化”したんです、化学反応です。
船内は火薬の様な匂いで体調不良をNASAに訴えたそうです。
名無しさん
サンタクロースがいるかどうかの話に似てますね。


名無しさん
むしろ既に火星に
名無しさん
かぐやから見えてたやん。
名無しさん
星条旗が確認出来たってのも捏造なの?
名無しさん
月から持ってきた石が偽物説もあったなあ。
名無しさん
カプリコン・1だね
名無しさん
陰謀論に利用されてきたというのはわかったが、結局どっちやねん?


よけろナッパ
モルダー、貴方少し疲れてるのよ
名無しさん
最近、副島隆彦さん静かだなぁ。
人類が月に降り立ったのを認めたのか、飽きたのか…。
名無しさん
嘘でもほんとでもいい
映像でしかどちらも見れないんだもん
名無しさん
オーパーツに七不思議、ノストラダムス。。。
20世紀は夢があったなぁ
名無しさん
何年経っても話題がつきない論争。笑
名無しさん
スタンリー・キューブリック監督は仕事ができる男です。


名無しさん
もし仮に、アポロ計画のすべてが陰謀だったとしたら、
いったい何のために、こんな大掛かりな陰謀を企てたのだろうか?
という疑問が残る……
名無しさん
暇なのかAFP?
もっとすごいこと書いてるのかと思ったら、中学生の壁新聞みたいな記事だな
名無しさん
当時あれだけの映像を地球に送ってこれたのなら何故現在最高画質で中継出来ないのか?
何故アポロ以降50年月への有人飛行が行われないのか?
ちなみに50年前はカラーテレビが現在の有機ELテレビより高価な立ち位置。
名無しさん
刺した旗がないのが事実
こたろー
政治、経済、世の中ウソばっかり、もう何を聞いても驚かなくなった。
名無しさん
11号がうそでも後は 何回も月面着陸してんだろ
問題ない


名無しさん
京都太秦撮影所かも…
名無しさん
映画『カプリコン1』ですね
名無しさん
カプリコン・1に1票!
名無しさん
月面着陸はうそ?アポロ11号。
またゾンビのごとく、たまに話題になるね。
名無しさん
映像は嘘だけど、本当に月には行っているよ。
本当の画像は出せないんだよ。
色々と映ってはいけないものが沢山映ってるからね。
名無しさん
スタンリー・キューブリックは知っている!


名無しさん
旗の影だけが無いように見えるね?
sasaki
ちゅうごくにくらべりゃ、まだましだ。
名無しさん
ありえない言うたら国からの嫌がらせがありますからね。未だに、月の裏側はアップに出来ない。無いのがバレるからね。あはは。
名無しさん
今の技術でも有人での月面探査となればかなり難しいんじゃないかと思われる中、数十年前の技術であの成功ですからね・・・真相は藪の中ですわな
名無しさん
約50年も前に行けたのなら、今、普通に月、月面着陸してそうだけど。
名無しさん
当時できて、現代でできないというのが、やはり信憑性の低さの裏付けでしょうに。
そして、アメリカにできてソ連ロシアにできなかったというのもね。
現代のロシア人宇宙飛行士も、大笑いするそうで、月面着陸は信じていないそうですよ。
現代のハイビジョンどころか8K映像で月面着陸ライブ放送をやってみればいいだけのことです。


名無しさん
月面着陸とか当時の技術だと不可能だよ。
これから先、技術が進歩して本当に月に着陸できた時に真実がわかるはず。
名無しさん
月の裏側の事だから、誰も証明できません。
着陸が、いつも月の裏側なのが不思議です。
アポロ11号の旗と足跡をリアルタイムに配信すれば良いのにね。
名無しさん
答えは嘘800
名無しさん
もし本当に50年も前に月面着陸してたんなら、普通に考えて今頃月に何か作ってたり、もっと色んな研究ができてるって。
こんな当たり前のことが分からないって、相当な思考停止状態。
名無しさん
見たらわかるわ
旗がなびいてる
風があるのか宇宙には
ブタ
カプリコン1
名無しさん
国旗が風で揺れてる動画を見たような。


名無しさん
はやぶさ、はやぶさ2にも捏造論者がいますからね。
自分が理解できないことは全て嘘って考えなんでしょうね。
名無しさん
地震兵器とか日ユ同祖論とかピラミッドは宇宙人が作ったとか信じてる人はいるのだろう、ナスカの地上絵は・・・もあったかな。
名無しさん
もし嘘なら何千何万の人が関わり彼ら全部に箝口令を守らせるなんて不可能だろう。
バカバカしい。
名無しさん
周囲にも1969年の月面着陸を認めない人達は複数居ます。
彼等の主張は主に二種類に分類出来るようです。
一・1960年代の技術で人類を月面に送り込んで生還させるのは技術的に不可能。
二・地球と月の間には強力な放射線が存在するので、人類を月面に送り込む事は可能でも、地球に帰還後に宇宙飛行士は直ぐに放射線の影響で死亡するはずなので、宇宙飛行士が月面着陸後も長生き出来るはずが無い。
名無しさん
当時米ソ冷戦時代でソ連に技術的優位性を示すための米国のハッタリだろ?50年前の稚拙な技術で月に行けたなら、今ごろ民間宇宙会社が四苦八苦していないだろ?撮影技術なんてロケット技術に比べれば大したことないし。
名無しさん
陰謀論って、反論しても無駄なんですよね。「やつらは嘘をついている」という論法なので、どんなに論じたり証拠を出したりしても「捏造だ、嘘だ」と言って終わり。科学は誠実と信頼が大前提なので、彼らのやり口に科学的に対応することはできません。
ただ、陰謀論者と同じ論法で陰謀論者に反論するのはとても簡単です。「陰謀論者は嘘をついている、捏造だ」これで終わりです。
ていうかアポロ計画で月面にレーザー反射鏡を設置して、それで月との距離測ってるので。アポロが嘘なら誰が反射鏡おいたんだと言うね。
スポンサーリンク

管理人の率直な感想

「リアルなCGも無かった時代に、現代の解析技術を持ってしても特撮と見破られない撮影が出来る訳が無い」

このコメント通りだと僕も思うのですが・・・いかがでしょう。

行ったんじゃないですかね。
星条旗がなびいているとの疑問は、宇宙の風(エネルギーの風)で説明がつくのではないでしょうか。(詳しくないですが)

行っててほしいし、出来れば月面で何があったにせよ何も隠さず話してほしいなと願います。
まあ、ロマンですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇宙の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント