【ナチス】ユダヤ人少年を人体実験で「四足歩行の犬」にした“死の天使”ことヨーゼフ・メンゲレ医師という悪魔

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アウシュビッツで人体実験を行う「死の天使」として恐れられたヨーゼフ・メンゲレ医師に、犬になることを強要された少年がいたという記録が残っている。四つん這いで走り、吠え、ユダヤ人を嚙みちぎるよう調教された少年の壮絶な人生を、本人の証言とともに振り返る。

17年前に発見された衝撃の証言録

「メンゲレの犬」──これはイスラエルにあるホロコーストとユダヤ人の抵抗の歴史博物館「ゲットー・ファイターズ・ハウス」のアーカイブで、17年前に発見された衝撃的な証言録のタイトルだ。

その15ページにわたるポーランド語の記録には、まるでハリウッド映画さながらのストーリーが綴られている。記録の主人公は、ユダヤ人少年のオットー。彼はアウシュビッツで攻撃犬として振る舞うことを強制され、最終的には、本物の犬ウィリーとの友情のおかげで命を救われたのだった。

文化研究で修士号取得を目指すタミー・バー・ジョセフは、ホロコーストにおける犬の役割──犬はユダヤ人迫害のために利用されることもあれば、ユダヤ人の命を救うこともあった──を独自に研究するなかで、この証言録を偶然見つけた。

「長い間、この物語にどう接するべきかわかりませんでした。誇張された作り話で、現実離れしているように思えましたし、その一方で、現実に起きたおぞましいホロコーストのさなかであれば、いかにもありそうで妥当な物語にも思えたものですから」

それでも彼女は、最終的にはこの物語が真実であると判断した。決め手となったのは、この証言がアーカイブに収録されるきっかけとなった情報源だ。

証言は、レナ・キュヒラー・ジルバーマンから寄せられたものだった。ホロコースト生存者である彼女は終戦後、約100人ものユダヤ人孤児たちをポーランドで保護したのちにフランスへ渡り、1949年に彼らとともにフランスからイスラエルに移住した。

1987年に亡くなったキュヒラー・ジルバーマンは、『100人の我が子たち』(未邦訳)の著者として知られる。彼女がフランスで世話をしていた子供たちの一人こそ、オットーだったのだ(本名かどうかは定かではないが)。



僕が「犬になった」瞬間

オットーの記録は次のように始まる。

「メンゲレ医師がアウシュビッツで囚人らを選別していくなかで、オットーの妹アルシアが母親から引き離された。アルシアは母親にしがみついて離れまいと抵抗したが、犬たちがアルシアに噛みつき……殺してしまった。犬たちは、今度は母親に襲いかかったが、うち一匹を母親が絞め殺した」

「オットーが一歩前に進み出る番が来ると、メンゲレ医師は、オットーを犬のように振る舞うよう調教しろと命じた。過酷な状況下で、オットーは四つん這いで走らされ、吠えさせられ、人々に襲いかかって噛みつくよう強制された」と記録は続く。

のちにオットーは、死んだ牧羊犬の代役として牧場に送られ、1944年11月に処刑場へ移送されるまで、本物の犬と一緒に過ごすことになる。
一人称で語られるオットーの証言もまた、文書内に現れる。

「アウシュビッツは……死を待つ行列だった。その行列に、母と妹は飲み込まれてしまった。メンゲレが指を1本上げて合図した……妹は母の腕から引き離されそうになっていた。だが母は我が子を離そうとせず、アルシアも手足を母の体に絡ませて強くしがみついていた。そこで奴らは犬たちをけしかけ、母と妹を攻撃させた」

この描写の後には、オットーの妹の死という残酷な結果が待ち受けている。

「その後、犬たちが母に襲いかかった。ところが力の強かった母は、一頭の犬に反撃した。母はその犬を膝で地面に押しつけ、両手を犬の喉にかけて絞め殺した」

しかし彼女もまた、娘と同じ最期をたどることとなった。

「犬たちは、母を八つ裂きにしてしまった」と、オットーは証言している。

オットーによれば、ヨーゼフ・メンゲレ医師は、このユダヤ人女性に攻撃犬を殺すほどの力があったことに驚き、こう言ったそうだ。

「残念なことだ、勇敢な犬だったのに。彼は何千人ものユダヤ人を八つ裂きにしてきた。総統に命を捧げてきたのに、汚らわしいユダヤ女に殺されるなんて」

オットーはメンゲレの前に呼び出された。メンゲレは、隣に座っている将校にこう告げた。

「この少年を調教して犬にしよう。そのうちユダヤ人どもに噛みつくようになるはずだ」

オットーの証言によると、彼はこの瞬間から「犬になった」のだった。オットーいわく、「鞭(むち)を手にした奴らは僕を四つん這いで走らせたり、人々に襲いかかって噛みつかせたり、延々と吠えさせたりした」。

この境地にオットーを追い込むべく、「奴らは僕をひどく殴り……食事を与えず飢えさせた。その後で奴らは、僕をけしかけ人々に襲いかからせたのだ」。

参照元:https://courrier.jp/news/archives/248989/

みなさんの声

名無しさん
これ以上の殺戮に等しい行為が今、新疆ウイグル自治区で行われている可能性があることを世界は認識すべきだと思いますがどうなんでしょうか?
名無しさん
戦時下で行われたナチスドイツの悪魔のような行為は非難されて当然。
しかしソ連によりドイツ人女性200万人が性被害にあい、その一割以上(多くは自殺)が亡くなっている事も忘れてはいけない。
特にベルリンで行われた事は「市街地を使った狩り」そのものであり、逃げ惑う女性を見て楽しみ、捕まえては乱暴をすると言うものだった。
戦勝国、敗戦国問わず、反省すべき事は反省しなければならない。ただしそこに脚色や創作もいらない。
名無しさん
戦後、逃げまわったメンゲレは優秀な医師ですが、人体実験と非道な事をやって、医学の進歩と言っても軍事のための行いです。
人間としての倫理観が欠如していたのでしょうね。


名無しさん
この様な惨たらしいホロコーストと同様な事が、現在中国新疆ウイグル自治区で行われている。特にウイグル族の女性に対しては、暴行や強制避妊が、当たり前の状態になっている。
早く解放されて自由になれる様に、国連や世界各国の厳しい目が必要だ。
名無しさん
家族の尊厳を卑しい感情で踏みにじったこの医師ヨーゼフ・メンゲレ。
永遠に人類に憎まれ、嫌われ、見下されるよう、記録を残すべきです。
そしてユダヤの人たちも、パレスチナを虐めることはいい加減にやめてほしい。
名無しさん
今やイスラエルがパレスチナ人の人権を踏みにじっている
この悪魔の循環はいつまで続くのだろうか
名無しさん
メンゲレたちナチスドイツの行いは批判されて当然。しかし、ソ連がドイツに攻め入って殺戮・強姦・放火などを行った事実はあまり知られていない。また、イギリス・フランスは昔の中国の清(しん)にアヘン戦争をしかけ、上記のような残虐な行為を行っている。現代では中国の新疆ウイグル自治区でも。これらの行為はストップされるべき行為。
名無しさん
ヨーゼフ・メンゲレが南米逃亡中に潜伏した村では、双子が生まれる確率が通常の10倍で、村人の証言によれば妊婦に何かの薬を与えてたとか、以前テレビ番組でそう紹介されていました。彼自身も以前から双子に興味があり、ユダヤ人を乗せた列車が到着すると『双子はいないか?』と探し回っていた様です。人間は一年に一人しか子供は生めない(平均)。ナチスは優勢思想により優勢な男女が子供をつくれば、その子供も優勢なはずと考えていた事から、双子を人工的に生む事が出来れば、優勢な子供を倍のペースで増やす事ができると考えていた様だ。南米でのヨーゼフ・メンゲレの話といい、ナチスの優勢思想といい、ヨーゼフ・メンゲレが存在しない今、確認のしようはないが、実際彼は双子を人工的に生む方法を確立していたのだろうか?


名無しさん
この手の実験は人道上許されるべきではありません。ただ、枢軸国側の実験だけが絶対悪だとされている風潮に腹が立ちます。連合国側だって散々酷い実験をやっていたでしょう。「勝てば官軍、負ければ賊軍。」という言葉がお似合いです。
名無しさん
メンゲレについて
映画「死の天使」はよかった。
彼には実の息子がいます。
悪行の限りをつくした父を持つ息子、戦後の事が描かれています
名無しさん
メンゲレ…非常にハンサムで、医者ですから頭も良く、バイオリンや芸術にも長けている。
そんな恵まれた能力・教育環境にありながら、恐ろしく『心』が育っていない。
人間ってそんな事あるのかと…、メンゲレを知った時、とても不可思議に思いましたね。
あまりの残虐・非人道的な行いから、戦争が彼を歪ませたというよりは、彼は元からそういう性質で、そうした時代が彼をしたい放題にさせたんだと思います。
今、育児をしていて一番大切にしている事は、『人の痛みを解る心』です。
頭の良さや、なんでも早くできる事が重要視される風潮ですが、それ以上に『人の痛みを解れる』かどうかはとても重要だと思っています。
そこが欠けている子はどんなに頭が良くても幸せにはなれませんから。
でも彼は天寿を全うしたようですね。
沢山の人々に苦痛を与えておきながら…悔しい事です。
天寿を全うしてはいけなかった人間だと思っています。
名無しさん
ナチスばかりが特別に邪悪だったかの様に語られるが、当時はどの国も少なからず非道極まりない行いをしていた。
そしてそれは今も変わらず行われている。
人間は誰しも少なからず非道で残虐な部分を持って生まれ、置かれた環境によってはそれが表に出てくるのだと思う。
名無しさん
ナチスが酷いと発言する外国人は多いけどさ。
杉原千畝みたいに、自分の命をかけてまで守った人はいないね。
そんなに、酷いとか残虐と言いながら、ユダヤ人がいると通報したり、ナチスへ渡したりした周辺国民はなんだろう?
当時のヨーロッパ人は、隠れナチスだったとか??
当時、人体実験ってアメリカもやっているんだけど。
それに関しては無関心なのって、なぜなんだろう?
無知なだけ?他の国だって、日本人捕虜虐殺はやってただろうに。


名無しさん
戦時下は人を狂わせた。どの国もそうだ。私の亡くなった父は陸軍兵。フィリピンに上陸。そこで捕虜となった。
そこでの経験は色々と聞かされたが全てではなかった。後年亡くなる間際少し自制が効かなくなってきたのか当時の自らの残虐な経験を漏らし始めた。
耳を疑う内容であった。
長年言えずに苦しんで心の奥底に隠して来たものであっただろう。
死ぬ間際の懺悔の気持ちがそうさせたのだろうか。
名無しさん
ナチスの蛮行は許されないが、何故かそれ以上の蛮行を行い、今も行なっている共産主義国に世界はどうしてこんなに甘いのだろうか。
名無しさん
犬のような生活をさせられた少年達も気の毒ですし、人に襲撃するように訓練された犬も可哀想です。どのような目的などでユダヤ人を収容場に入れたり、残酷なことをしたのかは分かりませんが、過去の過ちのせいでユダヤの人はパレスチナ人を攻撃したりするようになってしまったのであれば、その場合にはどちらも可哀想です。
名無しさん
この3人のドイツ人の写真が撮られたのは1944年。
ドイツ降伏1945年の前年です。
この写真の3人もドイツ軍があちこちの戦場で負け続けている事実を当然、知っていたはず。
敗戦になれば自分たちも追及されることは理解していたはず。
もうこの写真が撮られた頃から証拠隠滅作業に熱心に取り組んでいたのでしょうか?
名無しさん
今のウイグルはそれ以上の事をされてる。中国に占領されたら日本でも同じ事が起こるぞ!対抗するには憲法改正して軍備を増強して核を保有し
自主防衛するしかない!


名無しさん
イスラエルには祖父母をナチスに殺されたと言う方が普通に大勢おられます。そのような中の証言による立証であれば、何がしかの信ぴょう性は担保出来るかもしれません。
半島のは当事者をいくら探しても、怪しい証言をコロコロ変える本人しか出てこない。
これが何を意味しているのか、普通の頭なら容易に結論に至る。
名無しさん
ナチスだけではない。全ての戦争や内戦は人を鬼に変える。ルワンダの大虐殺では昨日まで友好的だった隣人が斧等で子供から大人まで大量に虐殺した。戦争は人間をたやすく変えてしまう。
名無しさん
長崎。広島への原爆投下も、核兵器の人体実験だった。これも、同等に扱え。ユダヤ人への迫害というが、なぜ迫害されたのかその理由には一切触れないのはおかしい。迫害理由が、ユダヤ人だからだとの説明は意味不明。旧約聖書を同じく聖典としていただく者として、差別する理由にならないからだ。ユダヤ人の名称に、特定の分野の物が付けられていることがある(色、鉱物、植物)が、これは、かつてのドイツにおいて、ユダヤ人を識別するためだった。つまり、そうしないと見た目では区別できなかったわけだ。そのユダヤ人を識別する理由は、彼らが経済分野を独占してしまったからであり、これは現在でも続いている。ノーベル経済学賞はユダヤ人のみになってしまった。ユダヤ人は事実上アメリカのキリスト教を飲み込み、ユダヤキリスト教として9000万人の福音派を擁するに至った。もはや、ユダヤ差別等存在しないのだ。この現実を日本人は知るべきだ。
名無しさん
本当に人間は残酷ですね。
戦争や宗教が関わるとさらに醜い争いが加速していく。
残虐な行為はなくならないかもしれないけれど、世界に発信し続け、誰かが意見することは大切ですね。
名無しさん
ナチスばかり特殊なケースのように言うけど、末期の戦争状態だとどこも非人道的な事をやってる。そしてどこも決まってこれは平和のための戦いであり、自衛戦争なのだと言う。人間はいつまでも平和のための戦争とやらをし続けている。


名無しさん
ウイグルに対しての非道な行いもそうだが、日本も、帝国主義時代に人体実験や虐殺を行っている部隊があった。慰安婦問題にしても、被害にあったのは、韓国、中国、台湾、インドネシア、オランダと、多くの国の少女に対して軍が主導して行っていた。国連で、加害者として証言した元兵士は、当時は戦地にいる誰もが行っていた事で罪の意識はなく、国に命じられて戦った自分が、何故責められなければならないのかと憤りがあったが、被害にあわれた女性達の証言を多く聞く内に、たとえ戦時下でも、取り返しのつかない罪を犯してしまったと自覚し、罪を償わなくてはならないと思い至ったらしい
アメリカ軍による空襲、機関銃乱射、核爆弾の投下でも、沢山の市民が犠牲になった。その後、占領下での少女への強姦も多くあった。何人や国の違いではなく、戦争や虐殺は人を狂気に突き落とす。権力者が歪曲した歴史ではなく、事実を知り、同じ過ちを繰り返さない事が大切
名無しさん
>犬たちは、今度は母親に襲いかかったが、うち一匹を母親が絞め殺した。
メンゲレが人体実験を含め非人道的な事をしたのは事実だと思いますが
犬=襲撃訓練を受けた軍用犬(シェパードかドーベルマン)でしょうから
この記述についてはにわかには信じられません
1VS1で格闘家が戦っても多分勝てません
まして犬は複数ですから
>死んだ牧羊犬の代役として牧場に送られ
アウシュビッツに一旦収容された人間(まして子供)が長期に亘って収容所外で作業についたというのもどうなのかな?
牧羊犬は一日中猛スピードで走る体力があるけど、飯も満足にもらえない収容所の子供が代わりを務められるわけもなく…
戦後、ユダヤ側の証言はナチス憎しでかなり盛られてる物が多いので
そこはきちんと判断すべきでしょうね
名無しさん
死んでもなお、永遠に許されない人間です。他の方も書いていますが記録に残すべきです。
このナチスの残虐な話を見るたびにとても本当に起きていたことだなんて信じたくない悲痛の思いになります。吐き気さえする。考えただけで恐ろしくてたまらないです。人類はこれを語り継いで決して永遠に忘れてはいけない。
名無しさん
戦争史上、最悪なホロコースト。600万人のユダヤ人がゴミのように闇に消えた。ヒットラーの優性人種差別を実践した悲劇を絶対に忘れてはいけない。生きる権利と価値をもぎ取られた哀れな犠牲者達が現存していたら、世界はまた変わっていたかも知れないと、つくづく思う。そして、平和な時代に生かされている今の命に感謝せざるを得ない。
名無しさん
当時の記録で観るより、体験者と話す。特に岐阜のチユネ館で話を聴くと助かった人は「捕まらなくて良かった」と言ってしまう。
多分、それは助けてくれた人の故郷だからだと思う。
祖父の話だと、日本とドイツが勝っていたら銃殺刑だったらしい。


名無しさん
生きたまま臓器を摘出したり、本人の意志関係なく不妊させられたウイグル人の迫害を許す対中国非難決議が通らなかったことに日本人として恥ずかしい限りであります!
名無しさん
メンゲレ親衛隊大尉は独ソ戦に軍医として従軍して活躍してる。その後負傷して、回復したあとの人事異動でアウシュビッツ収容所の観察医師として赴任した。
名無しさん
30年ほど前、長崎でアウシュビッツ展があり行きました。当時小学生でしたが、残忍さおろかさ、無惨さ。どんな言葉でおいつくそうにも衝撃がまさり今でも思いだします。戦争を知らない子供達でしたのでなおさら。
ガス室へおくりこまれたあとの遺体の髪で作った布がその展示の中にありました。忘れることはないでしょう、、、。合掌
名無しさん
ナチス旗揚げの町ミュンヘンの近郊から、近々バッハという男がやってきて、日本国民を実験動物として扱うではないか。
バッハの号令ひとつ、顔色をうかがう事だけが持ち味の政治家たち、JOCや企業人が集う。
己がメンゲレの犬の如き姿であることさえ解らぬのだ。
陰惨な歴史とはとのようなものではないのか
名無しさん
日本に対するアメリカの無差別爆撃では、一晩で10万人、原爆では一瞬で数万人の一般市民を殺した。いくらナチスでもこの記録は破って無いだろう。
何よりこの事を日本人は忘れてはならない。


名無しさん
イスラエルに移住したひとりのユダヤ人の証言だけでは信ぴょう性に疑問がある
犬のような奇抜な行動とらされたんだから人の記憶に残りやすい
看守のドイツ兵や生き残ったユダヤ人の複数証言ないと真実かわからない
名無しさん
ナチスの残虐行為は事実だが、この記事の信憑性は疑わしい。戦後、ユダヤ人による報復的な捏造報道があり誇張曲解も多い。
そして、忘れてならないのは正義である勝者の残虐行為が同じくらいあったのもまた事実。更に、ナチスの技術は現代にも受け継がれ生活の中に利用されているが、悪魔的人体実験の成果の一部もその範疇だという事。
名無しさん
日帝の悪行について書いてる人がいるけど、
中共のチベットでの殺戮、
旧満州国首都新京住民抹殺事件
ナチのロシアでの一村まるごと消去行為を 一つ二つじゃない 知れば薄くなるぞ…
俺、あれ知ってから、
ああ、証拠証言者を消せばプロパガンダもうてないんだな、と思ったもの
名無しさん
今でも、アーリア人は変わっていません。
プライドが高いくせに、ノーベル賞は20年間受賞していません。
ドイツは最悪だが、本当にヨーロッパビジネスはインド並みにどうしようもない。
自分に都合の良い様にルールを決める。
名無しさん
人間に対して行なってるからナチスは酷い‥‥となりますが、動物実験やら動物虐待などを平然と行なってる(直接手を下さなくても見て見ないふりしている)現代人もあんまり変わらないのでは???


名無しさん
>流石に創氏改名のような民族の誇りを踏み躙るようなことはしていないようですが。
強制などしていない。
日本人を装う為に進んで名前変えてた事実を知らないのか。
なぜかって?日本人を名乗った方が信用されるからだよ。
名無しさん
隣国は、ドイツは謝罪したが日本は謝罪しないとう言う。ナチスはホロコースト、日本は併合。全然違う!
名無しさん
残念、表現しょうの無い惨劇悔みだが、
当時代戦争は総動員生死を賭けた壮絶、今日の人道や禁止兵器も無く考えつく全ての攻撃態勢である。戻すことも出来ない史実。
(人体実験、都市殲滅戦略、核兵器、病原化学兵器、スパイ陰謀他)
それを今日どう活かすか人類の叡智。
過去を争っていては、新たな殲滅世界に陥る。
名無しさん
ユダヤ人の人体実験の記録は多くありますね。皮を剥いでランプの傘にした映像も残ってるし。人体実験を医学的に政治的に始めたのはナチスが最初かもですね。ナチスは、ユダヤだけじゃなくて、オーストリア、ドイツ人であっても、優秀な種の保存の為に、精神病患者や知的障害の子供だちを強制的に殺していた。ただ、こうゆう実験や差別はナチス崩壊後も日本でさえも様々な国で行われていると思う。人体実験は、現代の7つの大罪の一つと言われている。しかしユダヤ人が未だに各国で嫌われるも事実で、今のイスラエルとパレスチナの状況を見ても、負の連鎖としか言いようがない。東ヨーロッパのユダヤ教社会は、ナチスによって壊滅したけど、もし壊滅してなかったら、東ヨーロッパのキリスト教社会、中東のイスラム教社会が混乱してたんじゃないかと考える。
名無しさん
平和な日本ですら毎日のように殺人が起こってるし、殺人が合法になれば非人道的な実験が起こるのは当然の事なんかね


名無しさん
ナチスのホロコーストといい、関東軍の731部隊といい、思想や組織に染まってしまうと、人間は理性が働かなくなることを証明している。
名無しさん
アウシュビッツで犬になるように調教された男が精神病院に送られた後の様子を描いた『囚われのサーカス』という映画があるけど、実話ベースだったのか。突拍子もない発想でぶっ飛んでるなと思ってたけど、記事を読む限りプロットの大枠はほぼそ実話のままだ。
名無しさん
ナチスがあった頃からもぅ随分年月が経ったのに、地球上で全ての人が平和に暮らせていない。まだまだ平和への成長が出来てないんだなぁと感じる。
名無しさん
何がどうなったらここまで残酷になれるんだろうか。
教育というものは実に恐ろしい。
名無しさん
残念ながら、メンゲレと731部隊の石井四郎は、後世に永遠に語り継がれる事になるだろうな。


名無しさん
同じ人間の所業とは思えない。進撃の巨人の犬に咬み殺されるエピソードは本当でもっと酷い実話だったんだ。
名無しさん
スレイヤーは言わずもがなだが、ブラジルから来た少年も良かった
名無しさん
中国はこれ以上のことを、ウィグルやチベットの人々に現在進行形で行なっている。
名無しさん
そんなユダヤ人も今ではパレスチナを差別迫害排斥しているという事実を直視せよ
名無しさん
人道、非人道で言えば非人道だが、やる方も負ければ自分達が、同じような目に合うと思えば、勝つために何でもするだろ?


名無しさん
とにかく恐ろしい。おぞましい。
名無しさん
アウシュビッツの悲劇を訴えるその民族がパレスチナで今現在行っている行為は何なのだろうかと。
名無しさん
証拠はある話なのかな?ないなら眉唾。何とでも言えるからなあ。疑いたいわけじゃないんだけど。
名無しさん
このような人種差別と虐殺は独裁政権下では起こりうることを歴史が証明している。
名無しさん
日本にも731部隊がありましたね。
戦後国内の血液製剤による事件に関与した人物がいました。


名無しさん
今のコロナ禍で金の為に、悪しき行為をしている政治家や医師や薬品関係者はメンゲレと50歩100歩ですぞ
名無しさん
メンゲレがやったとすれば、他のメンゲレのやった生体実験が信ぴょう性がなくなるのでこのような話までメンゲレの仕業とするのはいかがなものか?メンゲレは頭脳が明晰で実験に対しては悪魔的に冷静で特に実験体=犠牲者への管理は完璧でこのようなむごいことを他の実験体に知られると自分の実験がうまくいかなくなる事を恐れていたので他の看守が暇つぶしにやったのではないか?メンゲレは人格者であったので多くのドイツ系に助けられ南米に逃亡後天寿を全うした。しかし、最後までナチスの考え方を持っていたことを息子が証言している。ヒトラーお気に入りのロケットの父、ブラウン博士も自動車のポルシェ博士も直接的にユダヤ人を迫害などしなかったがナチスの考え方には賛成していたことも事実である。
名無しさん
マスコミはウイグルに関してはダンマリですか?マスコミとして偉そうにするなら真実を世界に発信すべきだろ?
名無しさん
ドイツ人がその時にユダヤ人を消滅する理由が今だに理解出来ない。ユダヤ人が何の武装組織も作らなかったのが問題か。
名無しさん
戦時下でもない中国でこれ以上の事がウィグル自治区やチベットで行われている
国連は何もしない
こんな国でオリンピックやるんだ
国連加盟国はボイコットすべきだ


名無しさん
シーシェパードや、アムネスティーは、ウイグル自治区の中国共産党の非道な行為は、スルーですか?
名無しさん
イスラエルがパレスチナにしてる事は、
ユダヤ人がイスラム系に行なっている事、
何故、ユダヤ人と言わないのか?不思議。
名無しさん
ヒトラーよりも共産主義と逆の主義のマニュアルを作り出し世界を踊らせて、どちらに転んでも自分達が甘い汁を吸える様にした人達がこの世での絶対的な悪な事に気付いて欲しいなぁ。
マニュアルを作り出した人達がどう言う人達なのかに早く気付いて欲しい。
作り出した人達が居なくならないと世界の何処でこの先も続いてズーッと無くならない。
世界中で不幸な人達が増え続ける。
そう考えるとヒトラーは間違えだったか間違えでは無かったかは分かって来ると思う。
名無しさん
イスラエルが悪さをするとこういうニュースが流されます
名無しさん
結構コメントしてるの見てると、我々日本もマルタとかやってたのを知らなそうな人がいるな。


名無しさん
でもユダヤ教のイスラエルがパレスチナにしてるのは現在進行形だろ?
名無しさん
日本の731部隊も内容見ると思いつきで体系性のない馬鹿馬鹿しい実験が多いんですよね 科学的な実験な許されるなんて言いませんが、非科学的、子供の思い付きのような実験が多くて呆れます
名無しさん
永井豪の『バイオレンスジャック』みたいな話かと思ったのだが、違ってたか。
名無しさん
戦争は外交の手段と嘯いてる奴らの気が知れない
名無しさん
ドイツは同じ敗戦国だが、悪行は全部「ナチス」の責任にして今のドイツ人は「知らん顔」だもんな


名無しさん
そしてこの「100人の子供たち」がイスラエルで大殺戮してるんだから罪深いね
名無しさん
現在の中共に比べたらまだまし。ウイグル、内モンゴル、チベット虐殺は続いている。
名無しさん
ヒトラーは、キリスト教徒なのだろうか。
イエスは、ユダヤ人の司祭者たちによって処刑された。
当時のローマ法王は、ヒトラーの虐殺行為に異論を唱えなかった。
沈黙していた。
バチカンは、ユダヤ人が嫌いなのだ。
同盟国日本だけが、当時のユダヤ人を救った。
日本が勝っていたら、満州はユダヤ人の国になっていたかもしれない。
平安(ユダヤ名・エルサレム)時代を作ったのは、ユダヤ人(秦氏)だ。
日ユ同祖論、日本人には、ユダヤ人の血が流れていると思う。
名無しさん
対象がユダヤ人だとここまで語られる。
フン族ツチ族のルワンダ虐殺
カンボジアクメールルージュの大虐殺
ガザ地区でのアラブ人虐殺(ユダヤ人は今回加害者側ですね)
ウイグル族虐殺
ミャンマーでの虐殺
ここらへんは国連も我々も知らんぷりですよね。
名無しさん
今、イスラエルに済むユダヤ人がパレスチナ人に同じ事をしている。


名無しさん
今これと同じ事が行われてる!
名無しさん
どっかの国が日本に対して盛んと言っていたね・・・。
「ドイツを見習え」
名無しさん
人間は同じ過ちを永遠に繰り返す
名無しさん
何か知らんがドイツ軍は毎度ピシッと決まっとるな。
名無しさん
日本とナチスドイツを同列で語れる訳ないわ


名無しさん
下手すると日本人がそうされるよ。中国に。目覚めよう。
名無しさん
旧約聖書での聖絶と変わらない凄惨さです。
名無しさん
日本軍が行った行為には、触れないな?
名無しさん
今の日本政府はナチスと大差ない
名無しさん
不妊治療は双子が多い


名無しさん
で現代のイスラエルは?
名無しさん
ユダヤ人はパレスチナを攻撃するんじゃなくて、ドイツに復習しろよ!相手間違ってんだよ
名無しさん
ウイグルですね
名無しさん
無茶苦茶や。
名無しさん
さすがの中国もここまでは悪くないな。


名無しさん
ドイツと日本はちゃんと反省しないといけないね。
名無しさん
地球上で一番恐ろしい動物は人間。
死んだら2度と人間世界に生まれ変わりたくない。それが私の最期の願い。
名無しさん
この記事を読むと涙がでます!
まさしくナチスは人間の皮を被った悪魔としか言いようがないです。
しかし、日本でも昔、関東軍防疫給水部本部、通称「731部隊」が、満州のハルビン市近郊に拠点を構え、表向きには兵士の感染症予防や安全な給水システムに関する研究を行っていたが、秘密裏にアメリカ軍の捕虜を使い、残虐的な人体実験を繰り返し、生物兵器も作っていたのだからナチスだけを責められませんね。
731部隊の人が、現在も生存している人もいますので驚きます。
ナチスだけではなく、私達、日本人の祖先の一握りの人達もまさしく悪魔の所業をやってきたのです。
人間とは愚かな者で、産まれた時には無垢で愛らしい天使なのに、ひと度、戦争や独裁的権力を持つと悪魔になってしまうのだから。
名無しさん
日本も戦時中 中国人の人体実験をしていて、捕まえてきた中国人を 丸太と呼んでいて、生きたまま お腹を切って内蔵などを調べたり、どんな薬を飲ませると どうなるかとか、極寒の雪の中に何時間も裸で放置して 凍傷の実験したり
腕や足を切ったり、残酷極まりない人体実験をしていて、日本が敗戦と共にアメリカに、その人体実験の資料を全部 渡す事で 人体実験をした医師達は罪に問われなかったのは有名な話し
名無しさん
現代日本でも犯罪者が収監されるときは「四つん這いになり、ケツの穴まで見せ」舌を思い切りださせる。
ナチスのユダヤ人少年相手だけではない。
キリスト教においてはよりひどい行為をした経歴もある。
ヒトラ-率いるナチスはキリスト教徒である、教祖からの推薦の言葉も文書として残っている。
過去はさておき、現代でも各国で似たり寄ったりが行われていることを忘れてはならない。


名無しさん
命令でやったというのだから命令で自分の始末もつけるのが当然でしょうに、逃げ回ったんだよね。
仏教の世界観でいえば、もはや人間に生まれることはあり得ず、進化してもせいぜいゴのつく虫でしょう。
ただ、この残虐性は元々人間が持っているもので、サイコパスなどではないと思います。人間ほど人格の「振り幅」の大きい生物はいないでしょう
名無しさん
立場が変わると、人間はここまで残酷で非道になれるものか。
選民思想が、疑うことのない正義が、人をおかしくさせる。
いまも世界各地で、非人道的な行いが繰り返されている。
人間は時に、どこまでも残酷になれるんだなと。
ホモサピエンスの存在自体が間違いなんじゃないかとすら思う。
名無しさん
殆どの医師が、人(動物)を救うためか、金持ちになるために医師となる。
このゲス野郎メレンゲは、非人道人体実験を愉しむために医師になったとしか思えない。
ナチスヒットラーが無くても、こういう実験をしてたんだろうな。
名無しさん
こんな人間犬がいたなら証言者がいっぱいいるばすだろう
人間犬なんて見ることないから忘れるはずがない 噛まれた人も忘れないだろう
私も見たら一生忘れない
そんな酷い事をされた少年の事を言う人がいないユダヤ人がよくわからない。
イスラエルよ これ以上パレスチナに手を出すなかれ
国が欲しいならドイツ国内に作って貰えば良い。パレスチナがユダヤを迫害したのではない
名無しさん
最後まで読む勇気はないがこの事は伝統として今もドイツに残っている。犬は人間の指示通り動くように徹底的に訓練されるし子供は犬のように躾けられる。


名無しさん
1938年の日本はまさにナチスと同属、同類
聖矛リレーの実施(武器の矛を持った聖火ランナー)
地獄へ突っ走る国民性は80年経っても何一つ変わってない
今は要注意の時
名無しさん
アウシュビッツに関してはこういったことが残っている。だからこそドイツ首相の謝罪があった。
慰安婦の話ではこういった記録が無いのはなぜ?韓国は何を理由に今も騒いでいる?
韓国は、虚言、妄想、作り話、としか思えないのはそういった資料提出がないからです。
名無しさん
たしかに、ナチスがやった行為は野蛮で残酷です。しかし、一瞬で二つの都市を焼き、一般人数万人を焼き殺し、数万人の原爆症、後遺症、ケロイド等のデータを収集した米国の原爆投下こそ、史上最大の野蛮な人体実験だと思います。
名無しさん
日本国は戦中ユダヤ人に対して寛大な処置をしてきたと思う。しかしそのユダヤ人の科学者によって原子爆弾が開発され、実際使用された。戦後世界の金融市場秩序を操っているのはユダヤ人と聞くし、我が国に自虐史観を植え付けしていたのもユダヤ人と聞く。まわりまわってあなたたちも残虐極まりない人種ではないか・・少なからず私はユダヤ人に対して哀れみはない。しかしヒトラーよくぞやったとも思わない。携わりたくない人種である。
名無しさん
残酷の何物でもない、医師でありながら、人間の身体をしていても、心は獣であり、ドイツ人の恥ですね。同じ人として、悲しくなりますね。


名無しさん
倫理が欠落している人間に無駄に優秀な頭脳があるとろくな事にならないですね
何でこんな残酷な事が出来るのかな
名無しさん
全世界に向けて、自国で作成した凶悪なウイルスをバラ撒いて実地試験した外道な政府があるけど、ナチス以下だわあいつら
名無しさん
ただ単にそうなったのでもないかもしれない。
あの人の血が自分たちの子孫に降りかかってもいいとまで言ったのではないですか?
名無しさん
現在進行形のウィグルでの殺戮行為に目をつぶっているのは、恥ずかしい事です。
名無しさん
生き延びたユダヤ人。大変な時代を乗り切った。そして新時代ではユダヤ人がパレスチナ人を虐げる。


名無しさん
皮肉にもヒトラーは超愛犬家だった。唯一心を開いて共に生活し、共に死んだ。怪物の心を理解して寄り添ったのは犬だった。
名無しさん
四つん這いでユダヤ人に噛みつく??
ユダヤ人が抵抗できるのなら、足で蹴り飛ばせるのでは?
しかも、人間の口で人間を嚙み殺す??
ユダヤ人を震え上がらせるためのプロパガンダ?
名無しさん
日本も「丸太」と称する多くの捕虜をわざと凍傷させて人体実験を繰り返しました。
やってることは変わりません。
名無しさん
戦時下の人間の野蛮さと残酷さは、際限が無い。
名無しさん
SS長官ヒムラー「だって彼らはゴミにすぎないじゃないか」人間と見てなかったんだ。
名無しさん
やっぱナチスは史上最高にやることがマッドだ
名無しさん
長生きなどして欲しくない人物のうちの一人ですね…




スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント