三重県に実在するヤバい島『渡鹿野島』が本当にヤバかった…

スポンサーリンク
スポンサーリンク


売春島――。
今も公然と売春が行われ、そう呼ばれている三重県の離島・渡鹿野島について、静かな口調で切り出すのはルポライターの高木瑞穂さん(44)だ。

「ヤバい島」として長くタブー視されてきた島の実態に迫った高木さんの著書『 売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ 』(彩図社)は、ノンフィクション冬の時代といわれる中、じわじわと売れ続けている。
3年前に出た単行本は2万部を突破。昨年刊行された文庫版も5刷3万部に達するベストセラーになっている。

売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ / 高木瑞穂 【文庫】

価格:750円
(2020/5/8 14:34時点)


夜ごと体を売る女性たち、裏で糸を引く暴力団関係者、往時のにぎわいを知る島民……。
数多の当事者を訪ね歩いてきた高木さんへのインタビューから、謎に満ちた「現代の桃源郷」の真の姿が浮かび上がってきた。

売春島こと渡鹿野島とは?

売春島こと渡鹿野島は三重県志摩市の東部、カキの養殖で知られる的矢湾の中央部にある。
周囲約7キロ、人口200人ほどの小さな島で、渡航手段はピストン運航するポンポン船(小型船)だけ。
本土から隔離された島にはスナックやパブを隠れ蓑にした「置屋」と呼ばれる娼婦の斡旋所が点在し、管理売春で栄えてきた。
高木さんは文献や登記簿といった紙の資料にあたる一方、20人を超える当事者たちに直接取材して、島の盛衰を描き出している。

「暴力団員がいっぱい女の子を送り込んできた」

――「売春島」を取材したきっかけから教えてください。

【高木さん】
最初に週刊誌の記事を書くために島を取材したのが11年ほど前です。その何年か後になって偶然、この本にも出てくる「人身売買ブローカー」の元暴力団員と知り合ったんです。その男からは「あの島には暴力団員がいっぱい女の子を送り込んできた」なんて生々しい話もいろいろ聞いていたんです。
ただ、深く取材しようと思ったきっかけは2016年5月の伊勢志摩サミットですね。あのころ「会場の賢島の目と鼻の先に、こんな売春島があっていいのか」といった趣旨の告発風のルポが週刊誌にたくさん出た。もちろん売春自体は悪であり、許されることではない。ただ売春の従事者にもそれぞれの歴史があり、生活があるわけです。島の売春産業が凋落した今なら、暴力団のシノギ(経済活動)の邪魔にはならない。ベールに包まれていた当事者たちの声を全部聞き出せるかもしれない――と。




渡鹿野島の歴史

渡鹿野島の売春の歴史は、じつに江戸時代にまでさかのぼる。
江戸と大坂を結ぶ航路上に位置した島は、多くの船が停泊する「風待ち港」だった。
島の女性たちは休息する船乗りを相手に夜伽(よとぎ)をしてはお金を稼いだ。
そうして形成された遊郭は1957年の売春防止法の施行で一掃される。
しかし、「稼げる島」という噂は広がり、遠方から女性たちが乗り込み、売春を斡旋する置屋文化が出来ていく。



70~80年代前半にかけての最盛期

――1970年代後半から80年代前半にかけての最盛期には大型ホテルや喫茶店だけでなく、ゲームセンター、パチンコ屋、ストリップ劇場がひしめき合っていたそうですね。「夕方のメイン通りには、ポン引きから娼婦から客からもう、まっすぐ歩けんほどいっぱいおりましたわ」という住民の証言からは、一大レジャーランドのような繁栄ぶりが伝わります。この小さな島に売春産業が栄える特別な条件があったのでしょうか。

【高木さん】
70~80年代前半にかけての最盛期には、人口200人の島に60~70人もの娼婦がいたといいます。競艇場の建設計画もあったそうです。地方の消防団なんかの慰安旅行がたくさん入ってきて、そういう団体客で島は潤ったんです。
売春のルーツもそうでしたが、繁栄したのも地理的な理由が大きいはずです。女の子を抱えて売春を斡旋する置屋にとっては、隔離された島だと女の子を管理しやすい。客にとっては風光明媚な離島というのは非日常を味わう絶好のシチュエーション。客も限られた選択肢の中からでも必ず女の子を選ぶ。だから女の子たちはある程度の稼ぎを確実に手にすることができた。そういうバランスがあったわけです。その活況は、派遣型のデリバリーヘルスが登場して風俗業の多様化が一気に進んだ2000年ごろまで続いていきます。




ロングなら「女の子の暮らす部屋に宿泊、朝ご飯も」

――島ではどんな売春システムが受け継がれてきたのでしょうか。

【高木さん】
プレイの料金は基本、60分の「ショート」が2万円、翌朝までの「ロング」が4万円。うち半分くらいを置屋が取って、残りが女の子の取り分だったという話もあります。ただ、システムはそのように決まってはいても、女の子に「仕事、仕事」という感じはなかったそうです。
一応、宴会に呼んだ女の子のうち、客が気に入った子と“自由恋愛”になって……という建前です。ロングの客で、旅館に部屋を取っていない場合、自由恋愛の末に女の子が暮らしている部屋に行って朝まで過ごす。だからプレイの時間も内容も実はあいまいなんですね。
ロングを選択して女の子の部屋で一晩過ごした客は、そこで女の子が作ってくれた朝ご飯を一緒に食べるわけです。相手がタイの女の子だったらトムヤムクンを作ってくれる……なんて情緒あふれるおもてなしもあったようです。しかも帰るときは船着き場まで女の子が見送りに来て、「また来てね」と手を振ってくれる。つかの間のアバンチュールというか旅行気分を味わえたそうです。
最初は何も知らないで家族連れやカップルで島に来る。そこで初めて売春のことを聞いて、あとになってから1人で再訪する、という男性客も多いと聞きます。




警察官が退職して元締めのマスターに…

渡鹿野島で売春の“手入れ”を指揮していた三重県警の警察官が取り調べをした置屋の女将と親しくなって退職。
その後、売春の元締めである置屋のマスターになった、という信じられない実話もある。
ほかにも島の魔力や魑魅魍魎を伝える逸話には事欠かない。



なぜ売春する女性が島に集まったのか

――そもそもこの本は、1995年に彼氏に騙されて売春島に売られた当時17歳の少女が対岸まで500メートルを泳いで逃げた……という衝撃的な証言の紹介から始まります。事の真偽は本を読んでいただくとして、最盛期の島にはどんな女性が集まり、どんな暮らしをしていたのでしょう?

【高木さん】
1980年代から90年代後半にかけての時期でいえば、借金で首が回らなくなった日本人の女の子、それからホストや暴力団員になかば騙されるような形で売られてきた子が多かったみたいですね。
取材の当初はやはり、売られた子は厳しく隔離されて借金漬けで絶対に島からは出られない――というイメージを持っていたんです。「人身売買ブローカー」だった暴力団員の話でも、女の子の買い物にも置屋のママが付いていくという。その女の子が商店に入ったらすぐに自動扉を閉めて逃げられないようにする。そこまでやるんだ、というわけです。でも実際は、バンス(借金)を置屋に払い終わった子は自由になったらしいんです。それでも90年代までは島は栄えていて結構稼げたから、借金を完済してもだらだらと居ついちゃう子が多かったそうです。
彼女たちに聞いた話だと、島の人も優しいらしいんですね。女の子が居酒屋に行く。すると男連中は「誰々ちゃん飲め飲め」みたいなノリでおごってくれる。だからお金もあまり使わないんだ、と。結局、島が売春産業で栄えることで島民は何らかの恩恵を受けている。だから女の子を大切にするのは当たり前、という感覚だと思います。これは衰退期の今になっても変わらないらしいですね。




「売春島」の現在は?

――2016年のサミットをきっかけにクリーン化の流れが加速したと聞きます。島の現在はどうなるのでしょう。

【高木さん】
風俗が一気に多様化した2000年ごろを境に、島の売春は衰退に向かいました。今はかろうじて残っている、風前の灯火ですね。今年1月現在の情報では、島で稼ぐ女の子は日本人2人、タイ人2人の計4人。島に住んでいるのはタイの女の子1人だけ。あとの3人は仕事に応じて通っている。置屋は実質2軒ありますが、いずれのオーナーも高齢です。
取材を通じてとくに印象に残っている言葉が2つあります。一つは、島で8年ほど売春しているミドリ(仮名)という女性がふっと漏らした「この海に万札垂らすと、人魚(=私たち)が食いつくんよ」というしゃれた言葉。笑みを浮かべてはいたけれど、このままこの仕事を続けていていいのかなあ……という迷いも含んだような哀愁が漂う話し方だったのが心に残っています。
もう一つは、置屋オーナーの女性の「もう、この島の歴史は死なしといたほうがいいよ」ってひとこと。売春を斡旋する置屋なんだから「島の浄化、クリーン化なんてけしからん!」って威勢のいい話をしてくれると思ってたのに「もうダメなものはしょうがないよ」というんです。時代が終わるとはこういうものなんだと思いましたね。

参照元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00037303-bunshun-soci&p=1

みなさんの声

名無しさん
4/18(土)22:03
昔聞いたことがある。某農協の団体さんが伊勢参りと称して毎年行っていた。
名無しさん
4/19(日)7:26
添乗員していたとき、ツアーでこの島に宿泊しました。注意事項として、上から厳しく「何にもないからお客様に外を出歩かせないように」と言われたのを思い出しました。
ツアーは女性客が多かったし、ああ〜、そういうことだったのねと納得しました。
名無しさん
4/18(土)22:39
失踪した女性記者の問題を解決しないと、このしまに未来はないと思うけどね。
名無しさん
4/18(土)21:38
失踪した女性記者の方が気になる
名無しさん
4/19(日)8:05
そんな事件があったんですねぇ。知らなかった。当時、売春に関しては「必要悪」みたいな感じで大目に見られてたんでしょうが、外国も絡んでの人身売買なんてことになると、そこを暴かれては困るヤカラが大勢いたんでしょうね。


名無しさん
4/20(月)4:41
三重県には他に高校生が行方不明になった事件もあった。
名無しさん
4/19(日)16:57
それは三重県警がへぼで逮捕出来なかったあの男が犯人です。
名無しさん
4/18(土)22:07
辻出紀子さんですね
名無しさん
4/19(日)7:47
30年前に何もしらず、に行った事がある。目的を持って来た友達に現地に付いてから教えられ驚愕した。何人かの若い女の子が部屋にきた。中学生位の幼い娘までいた。
私は遊ばなかったか、中居さんに何しにこの島に来たの?と凄く罵られた記憶がある
名無しさん
4/20(月)10:04
たぶん同じ頃、何も知らずに家族旅行で行きました。こういっちゃなんだけど田舎の、さらに田舎の小島の旅館なのにやたら豪華で、もうせんの敷いてあるエントランスの休憩所の長椅子、それにかけてある大きな和傘が金や朱塗り、出てきたウェルカムドリンクはたぶん梅酒(自分は子供だったので梅ジュースかも?)でやたら色っぽいというか華美で、子供心ながらに竜宮城みたいだなと思った記憶があります。
名無しさん
4/20(月)22:51
渡鹿野島とはいえ、幼く見えても、中学生様の子が、遊び相手になっている事はないですよ。


名無しさん
4/18(土)21:54
こうゆう所も含めて今衰退してるところって官民一体になって強みを生み出す事を考えないとなかなか人を呼び込むことって難しいなと思う。
名無しさん
4/19(日)8:04
先月行ってきました。街は人もほとんど居ません。
温泉もあり、静かなリゾートって感じで気に入ってます。
廃墟が点在しているので夜出歩くのは少し怖い感じですが、そもそも出歩くいたところで何も無いので必要ありません。
旅館の売店で事足ります。
良い所でした。
名無しさん
4/19(日)9:09
私は『はいふう』という旅館に宿泊しました。旅館から出ることなく過ごしましたね。観光は島を渡る前後で、島は温泉と料理を楽しむ場所として家族で楽しんできました。
名無しさん
4/18(土)23:57
「わたかのじま」って読むんだよ1982年に社内旅行でお世話になりましたね
翌日駅のホームで同僚がお世話になった女の子とバッタリ、驚いたのはお母さんと親子で稼ぎにきていた事(^^;;
ある意味で「伝説の島」だよね
名無しさん
4/19(日)10:30
仕事関係の人に接待で行ったことがある。それなりの大型のホテルにチェックインして部屋でくつろいでいると、中居さんが来て「食後はどうされますか?」って聞いてきてショートっていう事で近くのバーみたいなとこに行った。そこで待ったいたら10人ほど女の子がずらっと並んでお願いします!って言われるが全員相当可愛いくない子ばかりだったので、一緒に行った人とお先にどうぞどうぞって譲り合って、最後は選ばずにごめんなさいした記憶が蘇りました。もう25年も前の話です。場所によると思いますがあれはひどかった。
名無しさん
4/22(水)22:25
今時は普通の女の子の方が怖いよ。こういうところの女の子は常に検査をやってんだよ。素人のほうが危ない。


名無しさん
4/19(日)6:05
志摩スペイン村が出来た時にこの島にも家族連れや女性グループ等といった宿泊客が増え、そちらの観光需要へとシフトを目論んだがけど、スペイン村が最初だけで、客数が減少したらまた戻ったところまでは知ってるが、その後の衰退はここの記事に出てるような感じでしょうな。
名無しさん
4/19(日)7:56
伊勢神宮とセットで数年前に15人前後で船着場近くのホテルに宿泊しましたが、夜に仲間が1人だけ外出してやっと1軒見つけたって言ってました。夏はホテルから水着で走り出して、目の前の海に飛び込めるぐらい海が綺麗です。
名無しさん
4/18(土)22:27
あっちこっち空家が在ったりして過疎の島って感じだよ。大型リゾートホテルも倒産したしね。
置屋も直では無く島の小料理屋が受けてって感じかな。
そもそも今時島に行く人も居ないしね。
今は、漁業で街起こしやってますよ。
名無しさん
4/19(日)12:11
90年代に名古屋に住んでいた頃、そう言う島が三重にあると、話には聞いたことがある。具体的な情報は、あまり伝わってこないため、知る人ぞ知る島で、今どきそんな島があるのかと、半信半疑だった。
名無しさん
4/19(日)10:28
サミットの頃、週刊紙によく取り上げられていたので、この島の存在を知りました。その頃は既に衰退してしまったと聞いて、埼玉県の西川口にも盛衰があったことを思い出しました。
名無しさん
4/19(日)13:07
例の元警察官は、この島の摘発担当だった三重県警の元警部補の事を言ってるんでしょう。何冊かこの島を取材したノンフィクションの書籍があって彼にインタビューしたものもあるけど、なんで今のこの事態に、この島の事を取り上げるか理解に苦しむ。


名無しさん
4/20(月)5:27
1970年代にモーターボートでのクルージング中に全く知らずに海図上で良いと思って父と上陸、いわゆる置屋の喫茶店に入った。流石に異様な雰囲気に気付き、後からこの島の実態を知った。
島自体は安乗湾の奥にある風待ちの静かな所。
名無しさん
4/18(土)19:35
この島ってハート形してるんですよ。いろんな意味で象徴的と言うかなんと言うか。
名無しさん
4/19(日)19:37
静かで食品とかもちゃんと買える所なら是非とも1人でのんびりキャンプというか夜営しに行きたいですね。海の幸も美味しそうだし、もしドローンとかも飛ばせるなら映えそうだし。
ま、ドローンも持ってないしインスタもやってないけど…。
名無しさん
4/18(土)23:38
的矢湾内の良い場所にあるので、桟橋付きの別荘が似合う場所だと思っています。
名無しさん
4/19(日)0:34
20世紀の話し、その頃の志摩はインフラも貧弱だったから陸の孤島も多く存在し、そこには良い温泉と旨い飯と気立ても良い女性が多くいた
名無しさん
4/19(日)17:45
昔は、伊勢参りと称して、多くの会社や消防団や農協の方々が訪れてました。今は、衰退しているようなので、寂しいですね。


名無しさん
4/19(日)6:16
タクシー運転手に勧められました♪初めて聞いた時は本当に驚きましたが衰退していると聞いて寂しく思います。
名無しさん
4/18(土)20:55
某同和団体は、昭和20年にわざわざこの島で再建の会議を開催したらしいね
名無しさん
4/19(日)17:25
以前、取材していた女性記者が行方不明になった事件を思い出した。
名無しさん
4/18(土)22:42
ここもかなり有名では?新島と一緒でとっくにオワコンらしいが
名無しさん
4/19(日)3:26
新島はそっち系は終わったでしょうが、いい島だと思いますよ。
名無しさん
4/19(日)19:15
島民にとってもようやく本来の静けさを取り戻したという感じでしょう


garo
4/19(日)0:36
懐かしいなぁひと昔前は足繁く通ったわ
島で稼いでた女の子で名前はあかせないけど最寄駅の近鉄鵜方って駅周辺でスナック持てた子も何人かいるよ
名無しさん
4/18(土)23:38
新コロで仕事がなくなりそうなので、時間が出来たら行ってみたいが、感染拡大したらよくないので行けない。ジレンマだ。
ジュピター
4/19(日)18:23
こんなシステムのキャバクラが台湾にあったね。今は無くなったと聞いたけど。
名無しさん
4/18(土)19:24
そんな島があったんだねぇ
名無しさん
4/18(土)20:57
人魚伝説の映画の舞台ですね
名無しさん
4/22(水)5:27
刺身が旨くて、安価に行けるなら、行ってみたいね。


名無しさん
4/19(日)1:19
ドイツでは売春がちゃんとした仕事として認識されている。儲けに応じて税金も納めてる。
こういうのも考え直してみてもいいかもね。至る所にあるのは問題だけど今残ってる所位は残しても良いと思う。
名無しさん
4/23(木)7:47
ヘラヘラと行ってお世話になりました。とかこんな場所に家族と行きました…正気?
名無しさん
4/19(日)10:30
まだやってるとは驚き。
名無しさん
4/20(月)5:00
昔、ロングコース使った事あります。
名無しさん
4/21(火)19:52
金はいいが最高もうないか
名無しさん
4/22(水)21:41
詳細は山崎大紀へ。


名無しさん
4/21(火)20:18
伊勢参りと言えばこの島。
名無しさん
4/20(月)10:55
AIDSは大丈夫なんか?
名無しさん
4/19(日)9:04
全盛期に行ってみたかったなぁ
名無しさん
4/19(日)23:56
記者さんあんた取材に行ったな…(笑)
名無しさん
4/18(土)19:29
すすきのとか3000円って聞いたことあるけどな
名無しさん
4/18(土)23:27
20年位前から渡鹿野島に釣りに行ってます。当時は数十人のピンクコンパニオンと同じ渡船に乗ることも多く、目のやり場に困りました。釣りをしていても売春婦が釣りより楽しいことしない。などの声かけもありました。今は普通にファミリーとか女子グループが観光に来ています。昔の売春等のイメージは全くありません。


名無しさん
4/19(日)8:45
三重県民だが手入れがあるのが警察の情報が漏れていてお咎め無しというのは聞いたことがある
昔は日本人ばかりだったのが外国人が増えた頃から衰退したように感じる
何時であっても対岸で懐中電灯で合図をしたら迎えの船がやってくる
明るい時に島に行くと多くの女性のお迎えが待っていて宴会のコンパニオンとしてやってきて個別で話をつけ夜はホテルに戻らない人が多数だった
色んな団体がここで宴をやってた
連絡先を教えると何度もまた来てと電話が来て困ってた人がいた
伊勢は神宮があって風俗を営業出来ないので松阪、鳥羽、志摩に分散してる感じ
名無しさん
4/18(土)22:37
令和になっても公然と営業している(今は中国武漢ウイルスこと新型コロナウイルス(新型肺炎)大流行大蔓延で自ら一時休業していますが)、大阪市の飛田新地や松島新地みたいに、今でも栄えているわけじゃないですよね。逆に言えば過去に売春で栄えた、今は廃れてしまった三重県のある島ですよね。
名無しさん
4/23(木)18:24
市内のデリバリー店でバイトしてた10年ぐらい前、男と未成年らしい数人を含めた女性集団がテイクアウトで買いに来てたらしい、俺が休憩で店に居ない昼間に。何回か国府の船着き場まで配達に行った事もあったな、受け取りに来たのはオバサンも居たし、未成年の可愛い娘も居たな、買春してた娘かどうかは知らないけど。
名無しさん
4/19(日)4:28
30年程前に私は勤め先の慰安旅行で渡鹿野島に行きました。もうそれは、今まで体験したことのない島中の女全てが売春婦であり、誰でも声を掛ければやらしてくれるシステムでお金は翌朝宿泊先迄集金に来ました。私が宿泊した旅館には家族連れがいましたが夜の異様な風景にどうしているのか心配したぐらいです。道端では酔った男が女を追いかけ回す光景がそこらじゅうで有りましたから懐かしい思い出です。
名無しさん
4/19(日)9:50
ドイツ、アメリカなど欧米にはまだこういう場所が実は意外に多くあります。日本人は素直で純粋で真面目なのでこういう場所を綺麗事で葬り去ろうと必死で、その結果、気持ちの悪い2次元のアニメで性欲を見出そうと必死です(笑)。
名無しさん
4/21(火)7:31
昔は別名ピンク島と言ってた島かな。青年団、消防団、農協、ジジイの親睦団体等が頻繁に慰安旅行に行ってた。


名無しさん
4/22(水)11:03
昔地元の高校生が街のイメージを浄化しようと頑張っていました。結局外人の売春婦が増えてイメージが悪くなりました大人の事情かもしれませんが住んでる人は堪らないでしょうね。
名無しさん
4/19(日)4:13
数年前に夫婦で伊勢神宮の参拝バスツアーに行ったときに、この島のホテルに泊まった。不思議に思って調べたら、売春島だと分かった。でも、売春とか関係なく、ひっそり暮らすにはいいところかなという気はした。
名無しさん
4/19(日)0:23
何年か前に女友達3人とこの島に旅行に行った時そこの仲居のおばさんにホンマに売春島?と聞いたところ昔は忙しい時はみかん箱いっぱいのお札が入ってたと言う話しを聞いた事があった。
名無しさん
4/19(日)7:41
出会い系を含めたSNSで今までの売買春が変わったかな。素人なんか、セミプロなんかよくわからない女性が多くなる。パパ活と言う名の売春活動。まぁそう言う時代って事か。
名無しさん
4/18(土)22:39
他にもカルト村とか秘宝館とか三重ってパラダイス感強いよね
名無しさん
4/18(土)23:01
昔は、23号を走っていると、お色気秘宝館とかいう看板があちこちにあった。


名無しさん
4/19(日)9:26
♫その名も〜 国際 秘宝館〜(^。^)ってCMでしたね
名無しさん
4/18(土)21:28
このあたりは牡蠣の名産地でもありますよ。
名無しさん
4/18(土)21:42
ここ一度で良いから行ってみたいんだよね。しかし人数が激減したな。
名無しさん
4/19(日)2:16
白都真理主演で海女が銛持って人を殺しまくる「人魚伝説」っちゅう映画を思い出してしまった。そういえば、その監督ものちにこの近くで自殺したんよな。
名無しさん
4/19(日)7:46
宴会中もピンクコンパニオンのワカメ酒やら乱痴気騒ぎだったが、宴会終わったら女が何人も来て取り合いだった!
名無しさん
4/20(月)19:53
奴隷にされ、苦しんでいる女に虐待を加えつづけたことを深く考えてほしい。


おいたな茶坊主
4/19(日)0:17
何か哀愁を感じるね~(-_-;)島に騙されて売られて来た女の子達は今、何処でどうしてるんかな?
名無しさん
4/19(日)7:23
北村一輝主演の濡れた赫い糸というのを思い出す
名無しさん
4/19(日)5:05
今の子は性欲が無いというか、二次元三次元で足りてるw
名無しさん
4/18(土)22:40
フィリピンかタイに行ってしまうもの!今は。
名無しさん
4/18(土)23:27
長い文章だがおもしろかったなあ
名無しさん
4/20(月)17:40
ある意味有名なスポット


名無しさん
4/19(日)21:58
こんな事が事実なら朝鮮人じゃ無いのか
名無しさん
4/19(日)0:27
ベアゲルター
名無しさん
4/19(日)0:50
久しぶりにすごく味のあるいい記事を見たなあ。
名無しさん
4/18(土)20:05
何だかちょっと行ってみたい。別に買春はしないけど。

管理人の率直な感想

凄い話だ・・・。

思いのほか知っている方が多くてビックリしました。
僕が知らなかっただけでしょうか。

そこに人の生活がある以上、島で生まれ育った人もいるわけですよね。
この生活が当たり前だと思って育つとしたら何とも怖い話です。

遊びに行ったという話も多いですが、小心者の僕はとても遊びに行けそうもない・・・。
今は衰退したとはいえ、ちょっと行けないですよ。

家族連れの旅行者はどういうつもりで行ったんだろう。

島の形がハート形というのも興味深い。
ハートとは一番縁遠い場所。
因果めいたものを感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学の物語
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
レオンをフォローする
誰かに読む物語

コメント